PDCAサイクル【失敗例】は”P”の精度が悪いと全て失敗する!この事実をあなたは知っているだろうか?

本日はPDCAサイクルは絶対無敵じゃない、ちょっと間違うと とんでもないことになるという話しをさせてもらいます。

PDCAサイクル

1x1-trans_-9897575

PDCAサイクルというのは結構評価高いですよね。

例をあげれば本屋に行けばpdcaサイクルの本がたくさんあったりしますし、大企業では承知の技術でしょう。ですが、pdcaサイクルの”穴”はあまり言及されませんよね。

PDCAサイクルの落とし穴

ぼくも、前に記事にしたことがあったりして、過去にPDCAサイクルは重要だと。

そんな話をよく聞かれるとは思うんですが、ぼくの今のPDCAサイクルへの評価はそれほど重要じゃないって考えてるんですね。

PDCAサイクルにはある欠点があって、Pの段階でミスすると時間の浪費につながってしまいます

PDCAサイクルとは

で、PDCAサイクルの意味を言うと、P=計画、D=実行、C=チェック=検証、A=アクション=行動ということなので現実に行動してみて検証する、それが失敗したらなぜ失敗したのかを判断、また行動、検証するという流れということ。

だけど、このやり方最初のPにミスがあると機能しないんです。当然のことなんですけど。

PDCAサイクルの問題点

どこが問題かと言えば、Pの大切さが解説しきれてない所です。漠然としてて、それがないような気がするんです。

ぼくの大学受験のときは、毎日何十時間も勉強づけだったんですが。とにかく、何十時間も勉強にあけくれていました。でも全然、成績がよくならなかったんですよね。

じっさい、毎日朝9時から夜の24時まで勉強づけなんです。

効果が出ない原因

で、食事中でも勉強する、トイレにいるときでも勉強する、といったぐあいのことをしてたんですけど、とにかく全然成績よくならないんですよ。

もちろん、当時は真剣にいろいろ試しました。それってなんだったのかとか思いましたね。そのときは、ぼくはPDCAを使ってたんですよ。

Pは長い時間勉強できれば満足、成績がよくなるはすだ。D=実行、でもCから→の検証しても、成績が良くなってないんです。

どうして?それはまだ勉強時間不足だからって考えてたんですね。

毎日朝9時から夜の24時まで勉強してたんですけど、そんな風に考えていました。

質の大切さ

その後、勉強の質の大切さに気がつき、今度は効率性を追求することにしたんですね。

でも、最初のころは全くそんなことも知らないので、とりあえず長時間勉強できたら満足してたんです。

ところが、そんなにしても一向に成績が良くならないというんで、悩んでましたよ。そんなことを必死でやるうちに、気がついたんです。

Pに間違いがあるって。とりあえず長時間やればいいかなと思って必死でしたね。でも、それじゃダメ。

そんなことをぼくは知らなかったんですよ。

軸はPである

で、当然なんですけど、PDCAでは本来Pを軸にすべてが成り立って進行している。

だからPにミスがあるとそのあとは総くずれになるわけです。ですから、とにかくPが大切ですね。

PDCAで何が重要か

だから、Pが最重要で命をかけないといけないくらい大切ってこと。

そんなに大切なんですけど、PDCAではPもDもCもAもすべてをセットにしているんで、Pの最重要性という部分を強調していないんですよ。

Pの戦略の部分がうまく機能していれば、そのあとのところもすべて機能する成功すれば、その後はすべて成功するんですよ。

だから、Pのステップで成功させようとしてたんですね。

Pを重視するために

Pをインプットしてから、全体をつかんでからそこから逆算した計画にする。

ネットビジネスの中で、もしPDCAを使用するとしたら、これは集客段階でミスありでも合格点にするといった感じでテストを連続してやるとか、そんな話しで精一杯なんですよ。

例えば教育や販売が戦略の場合、これはすべて知識レベルで解決可能ですね。

結局、Pをきちんとしておくためには、知識が大切なんですね。

何より知識を

ですから、ネットビジネスではPDCAを本当に使う用事はないも同然、とにかく知識レベル優先

どうしたらお客さんがファンになってくれるのか、その辺のところをわかっているかどうかが大切なんですね。

現実としてブログを書くとしたとき、どうしたらそのブログにたくさんの読者ついてファンになってくれるのか。

そこのところは、PDCAとかで検討するんじゃなくて、どうしたら読者ファンになってくれるのか、そんな知識を仕込んでおくことが最も大切なんです。

ですから、PDCAのサイクルを動かすんじゃなくて、とにかくそれに必要な知識レベルの部分を追及すべきなんです。

そのようにすれば、D、C、Aもすべて回るんですね。

つまるところロジカルシンキング。最後はそこに行き着くんですよね。

PDCAとのつき合い方

現実としてはまず仮説を作る、そして検証を重ねて行くという連続するこの工程と同じなんです。

このあたりでの題点は、仮説のステップでどのくらいのいいものを出せますかということで、それが最も大切

そうあるべきなのに、仮説が大事とか、とにかくPが重要という部分の強調がなされてないんですよね。

ですから、伝える方にも少しは問題ありと僕は感じてます。これだからPDCA万能ではない。

だから正統な努力を追求すべきですね、というお話しをしてきたんです。

まとめ

ここまで、Pの重要さを理解し、知識を身につけ、仮説を大事にすることでより上手にPDCAサイクルとつき合っていこうという話でした。

以上です。ありがとうございました。

PDCサイクルとは何かをわかりやすく説明してみたよ

皆さんはよく聞くPDCAはご存知でしょう。Plan (P), Do (D), Check (C), Action (A)
の頭文字をとったもので、チャレンジングな目標を達成するための計画手法です。

私自身、このやり方を初めて知ったのは2~3年まえです

今回はPDCAサイクルを紹介します。
仕事やプライベートにかかわらず、あなたが人生において掲げたすべての目標に役立つはずです。

そもそもなぜPDCAサイクルがうまく回らないの?

ビジネスマンの方であれば、PDCAを知らない人は少ないでしょうが、PDCAをうまく回せている人となると、そうはいないのではないでしょうか。

コンサルタントとして働くPDCAサイクルの第一人者、川原慎也さんによると過去のクライアントとの経験から、P(計画を立てる)とD(実行する)はできるけれど、C(振り返る)とA(改善する)が難しい、という人は多いと言います。

しかしよくよく話を聞いてみると、そもそも多くの方ができていると考えている計画こそが、実は計画の体をなしていないのではないというのです。

すでに、計画からつまづいているんでるんですよね。

まずはゴリゴリ”攻める計画”を立てよう

1x1-trans_-3822130それはなぜかと言うと、
今まで取り組んできた仕事の進め方ややり方をPDCAに当てはめようとしている」ことに起因していると言います。

現代は、バブル崩壊以降、失われた10年、あるいは失われた20年などと言われる低成長の時代です。

成長を目指す企業が、これから流れが早くなる世界で「今まで通りのやり方をPDCAでうまくマネジメントしよう」などとは行かないんです。

まずはPDCAに対する認識、特に“P(計画)”に対する認識を見直す必要があります。

「今までの仕事の進め方のままでうまくマネジメントしよう」などと考えるのではなく、会社の業績を向上させるために変化すべきことをマネジメントする、と考えるべきであり、それこそがPDCAの使いどころなのです。

″Plan”目標達成するためにはPlanが一番大切

1x1-trans_-3822130PDCAサイクルで一番大切なのは、Pなんです。
特に、“過去志向”ではなく“未来志向”の立場、つまりリスクを取った
チャレンジングな攻める=前進する目標を立てることが大切です。

つまり、このままじゃだめだという現実をしっかりチェックし、どこへ向かっていくべきなのかというゴールをイメージすることが非常に大切になります。

まずは現状の仕事の進め方ややり方のままでは、出せる結果も大して変わらない、という現実をまずは直視するべきですね。

未来志向で計画を立てよ

1x1-trans_-3822130今を生きる”なんて言いますが
何の為に”今を生きるのか”と言えば、「より良い未来の自分」の為です。

これは、“過去志向”から“未来志向”への変化と言える。
具体的に過去志向とは、
「今までがこの業績なんだから、これからの目標はこれくらいかな」
と過去に囚われることであり、

未来志向とは
「3年後、5年後にはこんな会社にしたい」という想いが先にあり、
「だとするとこのくらいの目標を設定すべきだ」と未来を見据えたチャレンジが前提にあるのです。

未来志向はポジティブに物事を考える上で大切なことだと思います。

著者も、「5年で売上2倍のような成長を果たす会社は、そもそもそれを目標として掲げている」と説きます。

この目標であれば、少なくとも1年で20%の成長をしなければならないことになり、その上で必要な要素がわかり計画を立てていくはずなのですね。

大切なのは、そのチャレンジングな高い目標を本気で目指すことで起こす
攻めの計画です。

“Do”目標をいかに達成するか

1x1-trans_-3822130ビジネスの世界では“目標”と“計画”は混同されがちです。

目標を細分化した上で、
では、その細分化された目標を
どう達成するか、計画を立てないといけません。

例えばビジネスで例えるならば、年間の売り上げ目標に対する計画として、月別の売り上げであったり

商品やサービス別の売り上げに分解したり、顧客別の売上に分解したりしますよね。

これは典型的な誤りであり、ただ“目標”を分解しただけであり、“計画”ではありません。

しっかりとした計画が立てられない、月毎に分割して小目標なるものを前倒しして立てていきましょう。

大切なことは、“チャレンジングな高い目標”を達成するための計画を作り込むことなのです。

準備をすること

1x1-trans_-3822130その為には下準備が必要です。
特に、組織ならば、様々な”ゴール”から
逆算した計画が、必要です。

そのための変化を起こす計画を策定するための準備時間が必要となります。

ですが、チームマネジメントをする課長・部長にとって、そのための時間を確保することは非常に厳しく、

計画作成のための十分な時間がとれていないということが多くのビジネスマンにとって現状のようです。

何が一番大事かを見極め”決断”せよ

1x1-trans_-3822130時間を確保するための分析ツールが紹介されてましたので紹介します!
それが以下。

緊急度と重要度についてグラフ化したものです。
ここで、日ごろの現場での作業はAやCに入り、計画作成はBに入ります。

大切なことは、Bに取り組む時間をしっかりと確保すること。
それ以上に大事なのはDなどは100%切り捨てる、BCは他人に任せるなど
後回しにする事だ。

計画は変化を生みだすための計画である事が大前提

少しだけでもいい、「前進せよ

日ごろの作業に忙殺されることなく、変化を生みだすための計画を立てること。

また、短期計画を個人だけで行う場合
前倒しする勢いでないといけないです。

計画の中での想定外は1x1-trans_-3822130

経験上、長期計画の場合はほぼ100%その通りには進みません笑

短期計画にしても、「想定外が起きて当たり前だと認知する事」が大事です。
繰り返しますが、
実行段階で注意することは、どんなに良い計画を立てたとしても、想定外は起きて当たり前、ということです。

そうしたときのためにも“C”と“A”があるのであり、PDCAを諦めずに回し続ける心構えが大切です。

“Check & Action”戦略的PDCAと超短期サイクルでの改善と行動

D“実行”、C“評価”、A“改善”のプロセスは必ず一連の動作で考えるべきだと著者はいいます。

例えばあなたが計画を立てるならば、D“実行”を行う毎日の終わりに日々の振り返り、CAを実施するイメージです。

顧客や相手のニーズは時代や環境と共に変化しますから、その中で自分や自分の会社に求められていることは何か、ということをしっかりと理解することが大切です。

例えば営業を中心に活動している企業は、今でも「営業はどれだけ靴のかかとをすり減らしたかが勝負」ということを守り続け、“訪問数”が評価されるべきな時代がありました。

しかし、
市場規模が頭打ちになってきている市場における営業では、数よりもむしろ質だと聞きます。

例えば、メイン顧客見込みに対するアポイント時間が正しい評価基準として用いられるべきなのですね。

このように、従来の数重視のオペレーショナルPDCAではなく、顧客のニーズを的確に満たすことを目的とした
〜攻める戦略的な〜PDCAが求められているのです。

この戦略的PDCAについて意識しなければならないことは、D“実行”、C“評価”、A“改善”のプロセスをセットで考えるべきだということです。

変化を伴う実行をただ”100%”行え1x1-trans_-3822130

変化を伴う実行は容易ではありません。

松下幸之助氏の言葉を引用したい
「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに原因があるように思われる。最後の最後まであきらめてはいけないのである」

どうしても少しつまずいただけで、この変化はうちには合わないのではないか。という疑念が生じ、変化を受け入れられなくなってしまうのです。

だからこそ著者は、上記のようなPDCAサイクルを提案しているのです。

本当のAはActionじゃなくAdjust

PDCAの“A”はAction(行動)ではなくAdjust(改善)であるとも言われています。本書でも、初めは行動と使われていますが、最後には改善として言及されます。

確かにActionでは、その前のDoとの違いがいまいちわかりにくいですよね。

PDCAのDCAの本質は

Doで行ったことを、Checkを経てAdjustする。
このイメージでしょう。

こちらの方がぼくにもしっくりきます。

このAdjustにおいては、今の自分に足りないものは何か?ということを「考える」ことが必要です。

人は、どんなに才能があっても、どんなに努力しても、十分ではありません。
「考える」というスパイスが、PDCAには必要です。

まとめ

ぼくは、ビジネスマンの業務効率化はもちろん、日ごろのどんなチャレンジにも役立つツールとしてPDCAを用いることができると感じました、!

PDCAサイクル自体、回す回数を増やせば、精度も上がるでしょうし、よりムダも省き効率的に動けるはずです。

“戦略的な”PDCAを回して、人生を前にゴリゴリ動かしましょう

大量行動の法則で人生に勝とう!成功体験がない人がおこなうべきたった一つの事とは

あなたは大量行動の法則を知っているだろうか?

勉強やスポーツ、その他の事柄であれ最初の段階は、圧倒的な量を費やして取り組みましょう!

って事なんですよね。

とくに、初期の段階では大量にpdcaサイクルなどを回すことがあなたに”スキル”を身につけさせます。

大量に行動することのみがあなたには必要です、!いかに、大量行動で抑えるべき事柄を箇条書きしておきます。

自分を追い込むこと

あなたが、まず取り組むべきは”量を増やすこと“これに尽きるんですよね。

理由を挙げると、こここそがコントロールが可能な箇所の”筆頭事項”だからですね。

まず、ここをコントロールしましょう

トッププレイヤーは

例えば、ネット界隈で有名なイケダハヤトさんは、ブログを書き出した時に一日中10時間〜はブログに当てていたと聞きます。

他にはtopYouTuberのヒカキンさんは一日動画を5本は最低編集しているとか。

目指すべきは、1万時間の法則の箇所でしょう。

計画→行動

他人を見て比べる人って世の中多いですけど、これはひたすら意味がないんですよね。

他人に使うエネルギーがあるならば、その時間で、自分なりの目標「ゴール」を作り”120%の自分“を目指し前に前進しましょう。

以下に詳しく説明します

計画を立てる

計画を立てる際に最初に把握すべきは自分が望むゴールです

ゴールは「何か」「いつまでに」「ゴールの先は何か」〜と多角的に明確にしましょう。特に数値を使うとより明確になります。

あなたの立ち位置は

次に大事なのは立ち位置を把握することです。

今あなたは、ゴールとどの位離れているのか

その上で今の立ち位置からゴールまでの距離を詰めましょう。

あなたが成功しない理由は

あなたがなぜ、成功しないのか、その理由を下に4つ書き出して見た。

あなたが成功しないのは”量が足りない“以外に下記の4つが当てはまっているからと考えられる。

以下に説明しよう

1.ゴールからの逆算のルートが間違えている

これは、全体像を把握していない、に似ている。

いわゆる、”明確な行動”でなく漠然とした行動をしているのだ。

この場合の、解決策は研究をよりする事メンターなどに質問する事を勧める。

2.階層化しているか

これは正しい努力ができているかどうかの判断基準だ。

少しつづ、でも着実にあなたは前進しているだろうか?

結果が出ない人は、「早く結果を、出したい、出したい」と焦りがでてするべき手順を疎かにしてしまう。

3.「型」に忠実か

いきなりだが、あなたは「本質」がわかっているだろうか?

例えば、質の高いメンターがいて指示をもらっても、それと同時に「意図」を把握しなければならない言葉には中々現れない、「意図」を見抜かないとあなたの「再現性」がないのだ。

何が本当に大事なのか、、その意図を一般的に「指標」と呼ぶ最初〜中盤までには「指標」を元に計画立ててないと、

ムダ〜ムラを省いた行動が出来ず、あなたが成功体験を得るのを邪魔し、精神的な邪魔を100%してくるのだ。

この成功体験を得るまでは自己流は避けて、「型」をひたすら反復→継続→熟練させ、スキルまで引き上げるイメージでしょうか。

成功するまでPDCAサイクルを回し続けよう

たゆまぬ奮闘と再生への絶え間ない努力によってのみ我々は衰退から救われる

この言葉は、トムクルーズが主演を演じた、ドイツの軍人シュタウフェンベルクの言葉です。

ぼくは、この言葉を聞くと、ひたすらPDCAサイクルって大事だよな!って思います笑

たゆまぬ奮闘→PD
再生への絶え間ない努力がCA

のイメージですね笑

PDCAサイクルの具体的なやり方

たゆまないPDCAを高速で回しましょう

PDCAの数は、1週間のものから、今から1~2時間の物など、大量に複数個作ればそれでいいんですね。

PDCAは量の増加の為に

上にもかいた通り、量のみが質に転化します

ダメな箇所があってもメンターをつけつつ、大量行動して直していけばいいんです。

量のみが質に転化しますからね。

ひたすら、型が身につくまでは正しい型を反復して取り組むのみです。

大丈夫!あなたは報われます!

メンターのマネを

このブログでは度々、成功体験があるメンターを一人ないし二人は、近くに雇う事を進めています。

理由としては

①彼ら「成功者」の考え方やマインドをインプットする事

②彼らの行動を再現するだけでなくその「意図」を把握して”指標’を見抜くことで大きく成長することが可能なこと

③、①②の答えあわせをメンターに相談するためです。

「成功体験のある」彼らに師事することで悩む時間が大幅に短縮できます

早い段階でメンターをみつけましょう、

まとめ

今回は、PDCAサイクルを用いた大量行動のやり方やメンターの正しい使い方を書いて行きました。

成功体験がない段階ではこの記事を何度も見返して、足りない箇所を補って頂けたら幸いです。

地頭が良くなる方法とは!地頭というものがどんなものなのか疑問に感じている人へその概要やそれを良くするために必要なことについて紹介!

今日は地頭を良くするにはどのような方法があるのかを、みなさんに紹介していきたいと思います。

一応、こんな記事もいいかな、と思い、書いてみます笑

地頭って?

1x1-trans_-5232142

そもそも地頭って何?って思いますよね。

一概に定義は難しいのですが、学校教育などで与えられたものではなく、その人が本来持っている頭の良さ。というと分かりやすいと思います。

人と会話をしている中で「あの人は地頭がいいよね」「あの人は頭の回転が速いよね」「もとから頭がいい人なんだよ」などということをみなさんも聞いたことがあるかと思います。

地頭とは、論理的思考力やコミュニケーション能力など、いろいろあるというのがぼくの考えです。

今回、このいろいろあるという要素を、ぼくなりに細分化して話をしていきますね。

地頭を構成している要素について

地頭を構成している要素として、頭の回転、抽象思考、具体思考、ロジカルシンキング、PDCAサイクル、情報の処理速度などが挙げられます。

そしてこういうのが大体4つくらい集まったものが、地頭に関係しているとぼくは考えています。

頭の回転と処理能力について

頭の回転とは、単純に情報の処理速度のことです。

「あの人は頭の回転が速い」というのと、「地頭がいい」というのは、ぼくはほとんど同義だと思っています。

なので、頭の回転が速い人は、地頭がいいということになります。

頭の回転の速い人は、議論をしていても、すぐにこちらに対する反論をいってきたり、議論の本質や本題からずれ始めたらすぐに軌道修正をできる人です。

頭の回転と処理能力は密接に関わっていると思います。

話をしていて、課題解決策を見出すまでのスピードが異常に早いとか、話をしている内容の全体像をとらえ、整理をしたうえで発言ができるというようなことだと思うんですよね。

処理能力を高める方法とは?

どうすれば処理能力を高めることができるかというと、ぼくは、やはり幅広い知識を身につけることが非常に有効的かつ効果的だと思います。

書籍やインターネットを使い、幅広い分野やジャンルのものに触れる、知る、聞く、読むなどをすることによって、頭の回転を速くすることができるはずです。

同じ話をしていても、それを1分で理解できる人と30秒で理解きる人だったら、30秒で理解できる人のほうが絶対に強いですよね。

要するに、時間単位で処理できる情報量の多さと、そしてその情報を点で処理するのではなく、線で情報を繋げて処理をできるようにすることが大切です。

これを常に意識・癖づけをして、倍速で普段から処理をしていくと、自然と他の人より頭の回転は速くなりますよね。

これは積み重ねていくと、ものすごい差がつくと思っていて、今以上に友だちとの会話なども早く理解できるようになります。

そうすると、「この人の言いたいことはこういうことだろうな」とか「この話の落としどころはここだろうな」とかが自然と分かるようになっていきます。

なので、頭の回転というのは、たゆまぬ努力で倍速の勉強という訓練をすることで高めることができるのです。

PDCAのサイクルについて

PDCAのサイクルが早い。これは世間でもよく言われていることで、みなさんも耳にすることがあるかと思います。

これはなにかというと、仮説を立てて、その仮説が合っているかを検証する速度のことです。仮説を立ててから、実際に検証・行動をしたうえで、仮説が合っていたかどうかを確認する。

実際に確かめて、仮説があっているかどうかを学ぶ、という一連のプロセスが、地頭がいい人はすごく早いのです

PDCAの流れを早くするには?

この流れを早くするためにどうしたらよいかということですが、まず、演繹法と帰納法を適切に使って、論理的にものごとを考えるロジカルシンキングを行います。

このときに精度のよい仮説やプランを立てることが、PDCAのPにあたります。

これは計画ありきになりますが、精度のよい仮説やプランを立てることができれば、このPDCAを早く回すことが可能です。

このPDCAサイクルをぼくは否定をしませんが、仮説が間違っていたら意味がない行為になってしまいます。

なので、PDCAを早く回すためには、Pが有効であることを分かっている状態でないと意味を持たなくなります。

地頭がいいという人は、このPの精度がよいプランを立てることができ、素早くPDCAを回しています

なので行動すれば行動した分だけ結果に現れ、周りから見るとすべてが順調に、おのずと成果がでるように進めているかのように見えるのです。

抽象思考、具体思考とは?

抽象思考、具体思考とは、ものごとを抽象的にとらえることができるか、考えられるか、ということです。

これは、情報を階層ごとに正しく整理ができるかどうかという点が大きく影響してきます。

全体像をいかに把握しているか、これについては他の記事で説明しているので、そちらをぜひ見てください。

地頭を構成している要素と地頭との関係

ここまで、抽象思考、具体思考、ロジカルシンキング、PDCAサイクル、これらを説明してきました、。頭の回転はすべて、地頭に関係していることが理解いただけたかと思います。

そして、これらは、普段の積み重ねによって鍛えられていくものであります。

すぐに身につくものではありませんが、普段から心がけて行動に移すことにより得られるものなので、みなさんぜひやってみてください。

地頭を良くするための土台づくり

ここでもう少し、みなさんにお伝えしたいことがあります。地頭がいくらよくなったとしても、知識がなかったら意味がないものになってしまうのです。

もちろん地頭がいい人は成功しやすいのは間違いないのですが、それだけで成功できるわけではありません。

ビジネスをするうえでは、そもそもどうやってお金を稼げるのか、どうやって行動をしていくのかを考えたときに、地頭が良くても、知識がないと残念ながらそれはうまくいかないのです

なので、どうやったら面白い記事がかけるのか、どうやったら売れる本が書けるのか、どうやったら相手を納得させられる文章を組み立てることができるのかといった場合を考えまず。

すると、それには地頭のよさよりも、知識のほうが重要となり、書き方を学んだほうが早く効果をだすことができるのです。

地頭をよくするためのまとめ

地頭が良くなくても、知識さえ用意してその知識に基づき行動すればたいていは上手くいきますし、もちろん逆にある程度地頭がいいほうが、目的地のゴールまで最短ルートを辿っていける可能性が高くなります

土台となる知識を蓄え、そして今回紹介した、具体思考、抽象思考、ロジカルシンキング、PDCAサイクル、頭の回転というものを日ごろから訓練して身につけて、地頭をよくしていきましょう。

今回の紹介は以上になります。 ありがとうございました。