「死にたいあなた」でも本当は「死にたくない」30代のあなたへ

頭のなかが「死にたい」という思いでいっぱいで、ほかに何も考えられないってひとは、冷たいようだけど私には助ける事ができません。

「いのちの電話」や「こころの健康相談統一ダイヤル」などのホットラインに電話をしてください。

でも心のどこかに「本当は死にたくない」って気持ちや、考える余裕がすこしでもあるなら、

これから話すことが何かしらの助けになるかも知れません。

外的要因

もしあなたの「死にたい」という気持ちが内的要因、心の病(うつ病)やその疑いがあるなら、

クドイようだけどすぐ読むのをやめて専門家に相談してください。逆効果になるかも知れないからです。

これからお話をするのは、あなたをそこまで追いつめるものが、

外からの要因による場合の対処や助言、また病的にならないようにする予防のための話しだからです。

30代と年代をくぎったのは外的要因を絞り込みやすいから。

これからその年代になる人、またはその年代を通り過ぎた人にとっても30代の外的要因がなんらかの参考になるかも知れません。

ここでいう30代とは、その前後も含めていっています。

29才の人が30才の誕生日をむかえたとたん、たった1日で周りの環境が変わるはずはありませんから。

またわたしはまったくあなたのことを知りません。「なにも私のことなんか分からないくせに」と思うのは当然です。

でも勝手な一方通行のはなしの中に、ひとつでもヒントや助けが見えれば幸いです。

第一歩は「死にたい」に向きあうこと

「死にたい」とまで追い込んでいる気持ちに向きあうことができれば、あなたは救われます。

でもそれができないから悩んでいるんですよね。多くの場合それはストレス(外的要因)です。

ストレスから逃げたい、でもどうしても逃れることができない、こんな人生はイヤ!いっそ死んだ方が楽だ。

その気持ちが高じて「死にたい」になっていることが多いんです。つまり本当は「死にたくない」のです。

でもその状況から抜け出せないで絶望して、逃げるエネルギーやパワーを失っているんだよね。

まずあなたのストレス(外的要因)が何によって起きるのかをさぐらなければ向きあえません。

原因や要因をみつけることが.「死にたい」に向きあう第一歩だとおもいます。

30代の特徴

いっぱん的に30代は仕事と結婚、住まいの問題などの分かれ目にさしかかる年代。

結婚した女性にとっては、子供が生まれ子育てに悩んだり、ぎゃくに子供ができなくて困る時期。

また結婚生活そのものに疑問をもつ年代。

社会人にとっては仕事には慣れてきたけど、このままでいいんだろうか?仕事と家庭、子育ての板挟み。

さまざまな決断がもとめられる悩み多き世代。

さらに健康面でも20代では若さにまかせて頑張れたけど、体力の衰えが気になりだす。

婦人科系の不調やメタボ体質がリアルに身体にあらわれだす年代。

そんなストレスにおしつぶされて、人生そのものに希望を失い「死にたい」という気持ちにまで追い込まれがちな危険な年代なんだ。

そんななかの2つほど例をあげて考えて見ます。

悩みの多い子育て

核家族化がすすみ、アドバイスをしてくれるお祖父ちゃんお婆ちゃん(経験者)がいない中での子育て。

夜泣きがひどくて睡眠不足の毎日、経験のない未熟な自分が子供を育てられるんだろうかという不安。

そんなストレスでノイローゼにおちいり、なにがなんだか分からなくなってしまう。

いっそ子供を殺して自分も死んでしまえばどんなに楽かとまで、おもいつめてしまう。

そこまで追いつめてしまうのはいった何が原因なんでしょう。

睡眠不足から?適切なアドバイスがないから?ダンナに子育ての理解がないから?経済的不安から?住宅事情の問題から?

ひとによって様々なんだと思うけど、そこから抜け出すにはストレスの原因を見つけて、ひとつひとつ向きあっていくしかないと思います。

社会人の悩み

社会人にとって、20代のときは経験が少ないからしかたがないと許されたミスも、30代ではもう「若いから」の言い訳は通用しない。

同期に入社した同僚は確実に実績をあげていて認められているが、自分はいまだにうだつが上がらない。

この仕事は自分に向いていないんじゃないか、転職しようにも家族や家のローンもあってカンタンには行かない。

他人と自分とを比べたり、他人との差がでてくる時期なんだ。

そこでどうして自分はダメなんだろう、このままじゃ一生平社員のままなんじゃないかとか、将来に対する不安が増してくる。

そしてプレッシャー⇒不安⇒ストレスという負の連鎖に陥って精神的にまいってしまうんだ。

とにかくそこから抜け出すためには、次のことをして見てください。

負の連鎖の原因を見つけるために

あなたがいま抱えている悩みはいったいどこからきているんだろう。

不安、プレッシャー、ストレス負の連鎖の原因を見つけるためには、心の中にたまった感情を全て書き出してみてください。

とにかく思いつくまま書きなぐってください。

最初は苦しい、つらい、イライラする、ねむれない、怖い、不安でたまらない、消えてしまいたい、死にたい、

みたいに感情と気持ちしか出てこないかも知れません。

それでも書き続けるうちに、少しずつ具体的なことばがでてきます。

たとえば「子供の将来が不安」とか「家のローンが負担」とか「アイツは私より優秀?」とか・・・・・。

こうなればしめたものです。心の奥底で気付かなかった負の感情が少しずつでてきて、負の連鎖の原因が見え始めるのです。

逃げるエネルギー

ここまできたら次の段階「原因から逃げる」ことをためして見てください。

あなたのなかに「逃げることは負け、たえて我慢することは美徳」という固定観念があったら捨ててください。

あるひとが「我慢するより逃げることのほうが決断とエネルギーが必要」と言ってます。

逃げると言ってもケースバイケースで千差万別です。

とにかくどんな方法でもいいから、いまあなたを苦しめている原因からいったん逃れる努力をして見てください。

そうすればいっときでも心が軽くなるはずです。

心が少しでもかるくなれば、根本的な悩みから逃げるエネルギーがうまれるはずです。

まとめ

「死にたいあなた」でも本当は「死にたくない」あなたの解決方法はさまざまです。

前にも言ったけど私はあなたのことを知りません。でも一方通行の話しの中で、すこしでも逃げるエネルギーのヒントになれば幸いです。

ぜひ今の状態のままで我慢するより、逃げることを選択することを願っています

若者はバブル世代の価値観を真に受けるな!20代や30代前半の若い世代の方へ今の時代を生き抜くために本当に必要なことを紹介!

20代や30代前半の若い世代の人だと、50代・60代の中高年世代、いわゆる「バブル世代」から「おれたちが若いころは、借金をしてでも車を買った」

だとか、「おれたちが若いころは、もっとお酒を飲んだ」だとか、そういう類の話をされることがあると思います。

ですが、実はその考え方は、今の時代には合っていません。
正確には、『今はもう、そういうことができる時代ではない』のです

時代が異なるという事

これらの中には、さも先輩からのアドバイスといったような口ぶりで「今の若者にはこれが足りない」という説教をしてくる人もいます。

ただ、上にも書きましたがとにかく
「真に受けない」「聞き流す」事をお勧めします。

バブル世代とぼくらでは時代が違う

その理由は、若い世代の収入にあります。

例えば、
現代の新卒がもらえる給料は平均20万円程度なのですが、この20万円という金額は昔からさほど変わっていません。

それにたいして、現代はインフレの影響で物価が昔よりも上がっています。
つまり、給料自体はあまり上がっていないにもかかわらず、物価だけが上がっている状況なのです。

また、この状況はひたすらこれからも続きます。

敷かれたレールがなくなるのは必然

さらに言うと近年の日本では年功序列制度も廃れつつあり、将来的にも不安定になってきています。

当ブログでもひたすら、「東京生まれ東京育ちでポジションがある人」以外は
敷かれたレールはないと書いています。

この部類以外の人の場合、仮に大学が
東大、慶應、一ツ橋辺りでも、意味がありません。

この様な大学に入ってもトータルで見たら人生の圧倒的な敗北者になるのは必然もう大学にいく意味はありません。
時代はひたすら変わっています
もはや、敷かれたレールなんてありません、時代錯誤も甚だしいです。

バブル世代は時代の変化に対応していない

そんな中で「おれたちは飲み歩いていた」とか「車が」「家が」「ブランドのスーツが」というようなことを言われても、間に受けないでください

彼らバブル世代は大学にさえ出ていればまず就職できたんですよね。

その一方で、大学進学率が上がった現代では大学に進学したというだけでは就職できないのと同じです。
そういった背景を理解せず頭ごなしに「若者の○○離れ」というのは、視野が狭いとしか言いようがありません。

今と昔では、あからさまに時代が違う

1x1-trans_-6060694

ですから、若い世代の方はあまりバブル世代の言うことには気にせず、これからどのように生きていくのかを自分で判断して欲しいと思っている。

周りの人がこう言うからこうしようとか、友達はああいう風にしているから自分もこういう風に生きようとか、
そういう考えかたをすると選択を間違えてしまう可能性が高いからです。

自分を信じよう

バブル世代や敷かれたレールが何か変だと感じたら、自分を信じてください。

50代・60代のバブル経験者が言う言葉に惑わされずに「自分はこういう風に思うから」と自分を信じて、自分はこういう道にいきたいという感情に従って欲しいと思います。

そう生きるのが幸せです。
そして、自分の道を切り開かなくてはいけません、
自分の人生を生きてほしい

まとめ

ほかの人の言葉は、ただの可能性のひとつに過ぎません。自分の人生を決められるのは自分しかいないので周りに選択を委ねたりはせず、とにかく貪欲に知識をつけて自分が今何をすればいいのかということを判断してやってみて下さい

バブル世代のアドバイスを真に受けて車や高いスーツを買うと、後悔することになると思うので、自分のフィーリングに従って生きて行って欲しと思います。