「死にたいあなた」でも本当は「死にたくない」20代のあなたへ

頭のなかが「死にたい」という思いでいっぱいで、ほかに何も考えられないってひとは、冷たいようだけど私には助ける事ができません。

「いのちの電話」や「こころの健康相談統一ダイヤル」などのホットラインに電話をしてください。

でも心のどこかに「本当は死にたくない」って気持ちや、考える余裕がすこしでもあるなら、

これから話すことが何かしらの助けになるかも知れません。

外的要因

もしあなたの「死にたい」という気持ちが内的要因、心の病(うつ病)やその疑いがあるなら、

クドイようだけどすぐ読むのをやめて専門家に相談してください。逆効果になるかも知れないからです。

これからお話をするのは、あなたをそこまで追いつめるものが、

外からの要因による場合の対処や助言、また病的にならないようにする予防のための話しだからです。

20代と年代をくぎったのは外的要因を絞り込みやすいから。

これからその年代になる人、またはその年代を通り過ぎた人にとっても20代の外的要因がなんらかの参考になるかも知れません。

ここでいう20代とは、その前後も含めていっています。

19才の人が20才の誕生日をむかえたとたん、たった1日で周りの環境が変わるはずはありませんから。

またわたしはまったくあなたのことを知りません。「なにも私のことなんか分からないくせに」と思うのは当然です。

でも勝手な一方通行のはなしの中に、ひとつでもヒントや助けが見えれば幸いです。

第一歩は「死にたい」に向きあうこと

「死にたい」とまで追い込んでいる気持ちに向きあうことができれば、あなたは救われます。

でもそれができないから悩んでいるんですよね。多くの場合それはストレス(外的要因)です。

ストレスから逃げたい、でもどうしても逃れることができない、こんな人生はイヤ!いっそ死んだ方が楽だ。

その気持ちが高じて「死にたい」になっていることが多いんです。

つまり本当は「死にたくない」のです。でもその状況から抜け出せないで絶望して、逃げるエネルギーやパワーを失っているんだよね。

まずあなたのストレス(外的要因)が何によって起きるのかをさぐらなければ向きあえません。

原因や要因をみつけることが.「死にたい」に向きあう第一歩だとおもいます。

20代の特徴

20代は人生の中でいちばん大きな変化がおきる年代です。

いままでの中学や高校とはまったく違う、学校・先生・生徒といった関係が一変する大学(キャンバス)生活。

または学生生活を卒業して、はじめて社会人としてふみだす年代。

つまりそれまで親にまもられていた環境が、一人前のおとなとして生活していかなければならない転機となる年代。

それだけに受験戦争・就活の成功や失敗で命運がはっきり分かれることも多いんだ。

あなたの人生はこれと違うかもしれないが、これから話す20代の特徴を知ることは、ストレス(外的要因)の原因を見つけるキッカケになるかも知れません。

環境の変化と不安

はじめて社会人となるのもこの年代に多いとおもいます。いままでの学生時代と一番ちがうのは人間関係と仕事です。

学生時代にはイヤな人と付き合う必要はなくて、じぶんの気に入った友だちとだけ付き合ってればよかったはずです。

でも社会ではそうはいきません。苦手なタイプの上司でも同僚でも、仕事ではイヤでも付き合わなきゃなりません。

また学生時代の仕事は勉強することですが、勉強からはお金は発生しません。テストで失敗しても成績が落ちるだけ。

ところが会社での仕事はお金と直接結びついています。

あなたがミスをすれば上司におこられる、ミスがつづけば出世や給料にひびき、生活にも影響するかもしれない。

そんな環境の変化が不安を増大し、プレッシャーとなりストレスがたまってしまいます。

固定観念〜負の連鎖

「20代は若さにあふれ活気があり、未来にむけて果敢に挑戦する年頃」とか良くいわれます。

期待される年代だけど、それにくらべ私はこれといったスキルも無く活気や気力もあまりない。

はたして自分は期待に応えられる仕事ができるんだろうか?

「若さみちあふれる20代」という固定観念がかえって、プレッシャー⇒不安⇒ストレスという負の連鎖に陥ってしまうんです。

ひとはそれぞれみな違うんです。早咲きもいれば遅咲きもあります。要領の良いひともいれば不器用な人もいます。

どちらが人生の勝者になるのかなんて誰にも分からないのです。

20代は感受性の強い年代、未経験のことが多い年代だけに、固定観念や人の意見が気になり、揺れ動く年ごろなんだ。

とにかく負の連鎖にはまらないこと、もしはまりそうになったら次のことをして見てください。

負の連鎖の原因を見つけるために

あなたがいま抱えている悩みはいったいどこからきているんだろう。

不安、プレッシャー、ストレス負の連鎖の原因を見つけるためには、心の中にたまった感情を全て書き出してみてください。

とにかく思いつくまま書きなぐってください。

最初は苦しい、つらい、イライラする、ねむれない、怖い、不安でたまらない、消えてしまいたい、死にたい、みたいに感情と気持ちしか出てこないかも知れません。

それでも書き続けるうちに、少しずつ具体的なことばがでてきます。

たとえば「昨日あの人にこう言われた」とか「ミスを指摘された」とか「あの上司の目つきがこわい」とか・・・・・。

こうなればしめたものです。心の奥底で気付かなかった負の感情が少しずつでてきて、負の連鎖の原因が見え始めるのです。

逃げるエネルギー

ここまできたら次の段階「原因から逃げる」ことをためして見てください。

あなたのなかに「逃げることは負け、たえて我慢することは美徳」という固定観念があったら捨ててください。

あるひとが「我慢するより逃げることのほうが決断とエネルギーが必要」と言ってます。

逃げると言ってもケースバイケースで千差万別です。

とにかくどんな方法でもいいから、いまあなたを苦しめている原因からいったん逃れる努力をして見てください。

そうすればいっときでも心が軽くなるはずです。心が少しでもかるくなれば、根本的な悩みから逃げるエネルギーがうまれるはずです。

まとめ

「死にたいあなた」でも本当は「死にたくない」あなたの解決方法はさまざまです。

前にも言ったけど私はあなたのことを知りません。でも一方通行の話しの中で、すこしでも逃げるエネルギーのヒントになれば幸いです。

ぜひ今の状態のままで我慢するより、逃げることを選択することを願っています

20代の自動車保険!おすすめは?正しい自動車保険の選び方を説明するよ!

自動車を購入してオーナーとなると、まずは自動車保険に加入しなければいけません。しかし自動車保険は若い世代ほど高いというのが一般的。

習ったこともない保険への加入をし、高額な保険料をこれから支払っていくという「大人な生活」を突然スタートする人も多いことでしょう。

そんな不安いっぱいなビギナーオーナーに向けて、保険を正しく賢く選ぶおすすめの方法をお教えします!

20代向けの保険会社とそうでない保険会社がある

実は保険会社のうち、インターネットを活用するタイプの保険会社は若者向けで、大きく割引される傾向にあります。

保険料の計算は大雑把に分けると「年齢・免許証の色・ノンフリート等級・補償内容」で構成され、年齢別事故率(全社で共有されている)を元に、数年に一度、各社がどの年代の人を割安にするか決めます。

ネットで得割を狙え

インターネットを駆使する保険会社は基本的な価格設定が代理店タイプより安く、20代の割引率をあげてターゲットにし、逆に中高年の割引率を下げます。

理由は若い人のほうが保険料が高いので中高年にいっぱい契約してもらうより保険料回収の効率がよく、WEB経由でスムーズなやり取りができる世代相手なら様々な経費削減につながるから。

20代の若い方々は代理店経由よりもダイレクト系、かつWEBでの手続きが発展している保険会社をメインにランキングサイトでの比較をオススメします。

自動車保険の種類と保険の構成とは?最低限これだけ覚えておこう!

自動車保険には大きく分けて「強制保険」と「任意保険」の2種類が存在します。いずれも通称ですが広く一般的に使用されている呼称です。

強制保険

正式名称「自動車損害賠償責任保険」または「自動車損害賠償責任共済」、略して自賠責保険。

契約が義務付けられていて未加入車両は車検も通らず、公道を運転すると懲役刑や罰金刑が科され、違反点6点となって即座に免許停止処分!

任意保険

一般に「自動車保険」と呼ばれるのはこちら。

自動車事故で発生する損害は自賠責保険だけでは賄いきれないので、任意保険加入が推奨されています。 駐車場を借りる際などに加入必須であることが多いです。

次に、保険を構成するざっくりした項目を覚えましょう。 自動車保険はその大まかな構成さえ把握できればどんな会社も同じ仕組みです。

項目は「対人・対物補償」「人身傷害補償」「車両保険」「特約」の4つ。

対人・対物の賠償補償

「対人・対物(たいじん・たいぶつ)」と略されます。

相手に対する怪我と物損の補償です。保険を利用すると基本的にノンフリート等級が翌年3等級ダウンします。

人身傷害補償

保険加入している車に乗っている人(運転手含む)へ対する補償で、怪我を発端とした損害への補償です。 たとえ過失100%でも補償してくれます。

車両保険

自分の車の修理費用を補償し、補償上限額は「契約時の車両の時価額」。安価な「エコノミー」タイプと「フルカバータイプ」が有ります。保険を利用すると基本的にノンフリート等級が翌年3等級ダウンします。

特約

いわゆるオプション。 あれば便利、という程度のものが多いです。

まずは最安値の保険料にするための設定にしてみよう

ムダを省くために「必須→場合により→余裕があれば」の順で段階的に補償を追加していきましょう。

強制保険(自賠責)は国管轄でどの保険会社経由で加入しても補償内容に差はなく、保険料も一律なので省略します。

必須の基本補償

・対人賠償 =無制限 ・対物賠償 =5000万or無制限 ・人身傷害 =3000万(車内のみ)

場合によっては付帯

・車両保険 =エコノミータイプ(余裕があればフルカバー) ・搭乗者傷害

余裕があれば欲しい特約

・各社の特約

「対物賠償」は無制限もしくは5000万の2択ができる場合があります。 「人身傷害補償」は生命保険や傷害保険と被ることがあるので、最低額の3000万円で十分。

ただし、障害の追加発症や収入損害で高額が見込まれる方などは上限を上げましょう。

また、車内のみ補償か車外も補償かの2タイプがあり、安さを求めるときは車内のみにします。

保険料の半分くらいは「車両保険」が占めているため、自分でメンテナンスできる職業の人や古い車ならいっそナシにしましょう。

「エコノミータイプ」の車両保険とは、自損・当て逃げ・転覆転落・車以外との接触を補償しないかわりに、保険料を大きく抑えるコースです。

「搭乗者傷害」の良い点は怪我の内容が確定したら直ぐ払ってくれる事ですが、傷害保険や生命保険などの加入があればそちらに費用を回し、搭乗者傷害は外してしまいましょう。

特約については各社の内容をじっくり読み、よほど気に入ったものは付帯しましょう。

なおガス欠などに対応するのはロードサービスなので、自動付帯かどうかは別途確認しましょう。

節約し過ぎに注意!補償の厚さは備えの厚さ

いくら保険料を節約したいからと言って、切り詰めすぎるのはNG。

保険会社では事故を起こし過ぎる人に対してペナルティとして「対人・対物以外を付帯させない」という処置を取ることが有りますが、それと殆ど変わらないような補償内容にするのは自らを守る壁を薄くする行為です。

保険は固定費!お金で安心を買う物

本来ペナルティレベルの補償内容だ、なんて運転者も同乗者も安心できませんよね。

保険料の大半は車両保険が占めているので、保険料が高いのは高価な車であるか、年齢に合わない割引率の保険会社を選んでいるかが主な原因です。

高価な車なのにエコノミータイプの車両保険にしたら、当て逃げされて補償もしてもらえない!なんて、馬鹿馬鹿しいと思いませんか?

安いと思ったらロードサービスがなかった!という人も散見されますから、契約前に「WEBページ→重要事項説明書→不明点をコールセンターへ」くらい慎重に行いましょう。

まとめ

自動車保険は携帯電話と同じで新規を大事に、長年の人にはそんなに特典がないという産業。

毎年安くなるところへ移動していくものと考えて、スマホの買い替えと同じくらいじっくり好みを探って見てくださいね。

若者はバブル世代の価値観を真に受けるな!20代や30代前半の若い世代の方へ今の時代を生き抜くために本当に必要なことを紹介!

20代や30代前半の若い世代の人だと、50代・60代の中高年世代、いわゆる「バブル世代」から「おれたちが若いころは、借金をしてでも車を買った」

だとか、「おれたちが若いころは、もっとお酒を飲んだ」だとか、そういう類の話をされることがあると思います。

ですが、実はその考え方は、今の時代には合っていません。
正確には、『今はもう、そういうことができる時代ではない』のです

時代が異なるという事

これらの中には、さも先輩からのアドバイスといったような口ぶりで「今の若者にはこれが足りない」という説教をしてくる人もいます。

ただ、上にも書きましたがとにかく
「真に受けない」「聞き流す」事をお勧めします。

バブル世代とぼくらでは時代が違う

その理由は、若い世代の収入にあります。

例えば、
現代の新卒がもらえる給料は平均20万円程度なのですが、この20万円という金額は昔からさほど変わっていません。

それにたいして、現代はインフレの影響で物価が昔よりも上がっています。
つまり、給料自体はあまり上がっていないにもかかわらず、物価だけが上がっている状況なのです。

また、この状況はひたすらこれからも続きます。

敷かれたレールがなくなるのは必然

さらに言うと近年の日本では年功序列制度も廃れつつあり、将来的にも不安定になってきています。

当ブログでもひたすら、「東京生まれ東京育ちでポジションがある人」以外は
敷かれたレールはないと書いています。

この部類以外の人の場合、仮に大学が
東大、慶應、一ツ橋辺りでも、意味がありません。

この様な大学に入ってもトータルで見たら人生の圧倒的な敗北者になるのは必然もう大学にいく意味はありません。
時代はひたすら変わっています
もはや、敷かれたレールなんてありません、時代錯誤も甚だしいです。

バブル世代は時代の変化に対応していない

そんな中で「おれたちは飲み歩いていた」とか「車が」「家が」「ブランドのスーツが」というようなことを言われても、間に受けないでください

彼らバブル世代は大学にさえ出ていればまず就職できたんですよね。

その一方で、大学進学率が上がった現代では大学に進学したというだけでは就職できないのと同じです。
そういった背景を理解せず頭ごなしに「若者の○○離れ」というのは、視野が狭いとしか言いようがありません。

今と昔では、あからさまに時代が違う

1x1-trans_-6060694

ですから、若い世代の方はあまりバブル世代の言うことには気にせず、これからどのように生きていくのかを自分で判断して欲しいと思っている。

周りの人がこう言うからこうしようとか、友達はああいう風にしているから自分もこういう風に生きようとか、
そういう考えかたをすると選択を間違えてしまう可能性が高いからです。

自分を信じよう

バブル世代や敷かれたレールが何か変だと感じたら、自分を信じてください。

50代・60代のバブル経験者が言う言葉に惑わされずに「自分はこういう風に思うから」と自分を信じて、自分はこういう道にいきたいという感情に従って欲しいと思います。

そう生きるのが幸せです。
そして、自分の道を切り開かなくてはいけません、
自分の人生を生きてほしい

まとめ

ほかの人の言葉は、ただの可能性のひとつに過ぎません。自分の人生を決められるのは自分しかいないので周りに選択を委ねたりはせず、とにかく貪欲に知識をつけて自分が今何をすればいいのかということを判断してやってみて下さい

バブル世代のアドバイスを真に受けて車や高いスーツを買うと、後悔することになると思うので、自分のフィーリングに従って生きて行って欲しと思います。