コミュ障でも高学歴だと就活は有利になるの?それとも不利?

高学歴だとそれなりの企業に就職できるでしょう。それは、企業側が専門知識が豊富な学生を求めているといった事情もあります。

しかし、問題なのが高学歴でもコミュ障の学生の就活です。高学歴の学生を求めている企業も、高学歴であってもコミュ障の学生だったら採用に二の足を踏むかもしれません。

高学歴とコミュ障という組み合わせがマイナスの相乗効果を出しているのも否めないからです。どうしてそうなのか、何か対策があるのか、考えてみました。

高学歴でもコミュ障が就活の障害になることも

高学歴だと、知識も語学もあり、それを仕事に活かせるので就活に有利に働くことが多いでしょう。企業もそんな人材を求めていることは間違いありません。

就活戦線の中でもそんな高学歴の学生は勝ち組となるのは間違いないのです。一方でそれに「コミュ障」という言葉が付いたらどうでしょうか。

これってかなり気になるワードですよね。

コミュ障だとアピール力に欠けてしまうかも

せっかくの高学歴なのですが、自分の能力を就活の場でうまくアピールできないのがコミュ障学生のウィークポイントといってもいいでしょう。

これだからこそコミュ障というものなのですけど、就活となるとやはりデメリットとなってしまうんですよね。

アピールするもしないもそんなのは、履歴書を見たらわかるのでは?多くのコミュ障の人は思うでしょう。しかし、そうではなくて、面接の際は自分の言葉でアピールしてもらいたいということなんですよね。

その場で自分で高学歴をアピールできるかどうかってかなり重要なことなんですよ。

高学歴をアピールするのってどうしたらいいの?

大学でこんな勉強をしていました…そういったこともいいでしょう。でも、何か足りないとは思いませんか。

大学でできることと企業でできることって違うんですけど、それでも就活生は大学での勉強しかアピールすることはりませんから、もっと詳細にこの部分に明るいとか、知識ではだれにも負けないと言い切れたらすごいですよね。

それがコミュ障だとなかなかうまく言えないんですよ。

コミュ障の場合高学歴が邪魔をする?

コミュ障だからこそ先々のことを考えて、高学歴を取得したと考えたいのに、それが就活では不利に働くということがあるのでしょうか。

これは、コミュ障だからこその問題ですね。高学歴は就活の邪魔にはなりません

むしろメリットと考えないと高学歴になった意味がないのです。大事なのは如何に高学歴なのか、どういったことをしてきたのかを説明できる会話力なんです。

高学歴だというプライドが邪魔をする場合もある!?

高学歴であるというプライドはあったほうがいいでしょう。それが糧になるからです。

しかし、コミュ障の場合はそのプライドが変なふうに邪魔をしてしまうんですよね。プライドが高くて自分を表現するのが不得手ですから、人からの印象が悪くなってしまうんです

そのプライドの高さが就活のときの面接の場で出てしまったら、うまくいかないときがあるんですよね。

高学歴だから大企業への就活しか考えていない

これはある意味正解です。高学歴で知識の高さや専門性を活かせるのは大企業が一番です。そこで克服したいのがコミュ障ですよね。

コミュニケーションの能力が圧倒的に低いのがコミュ障ですから、せっかくの高学歴がコミュ障ということでせっかくの知識が宝の持ち腐れになってしまうケースもあるのです。

反対にコミュ症の克服よりも、知識を活用してくれる企業を探すための就活をしたほうがいいかもしれませんよね

高学歴にありがちな気をつけたいこと

変なプライドなら持たないほうがいいです。高学歴の人はそういった面が多々あります。

また、コミュ障の人でしたら、自己表現ができないのにプライドが高いので、さらに悪い評価を受けがちとなるのです。その点には十分に気を付けるようにしましょう。

コミュ障だからと言って自分の殻に閉じこもっていては、何の解決にもならないのです

周りを見下してしまう

高学歴の人がしやすいのが人を見下してしまうことです。知識をひけらかす自慢にもつながります。

特にコミュ障だと、会話ができないのに、自分の優位なところはここで挽回しようと饒舌になりがちなのです。

対人関係でも気をつけたいのですが、就活の面接のときにそういった面が顕著で多弁になってしまうと面接する人も引いてしまうので気を付けるようにしてくださいね。

面接する側の心理は?

コミュ障だとわかると、採用しても扱いにくいだろうなという意識になってしまいます。専門性を買われて採用される場合もあるかもしれませんが、極端なコミュ障だとマイナス面ばかりを指摘されることも多いでしょう。

できるだけ就活の際には、コミュ障と悟られないようにしたいものですね

まとめ

コミュ障だからダメだと思わないことが大切です。まずは自信を持つようにしなくてはいけません

高学歴の場合、自信が変なプライドを持ってしまって、人を見下してしまうこともあります。そういったことがないようにしたいものですね。

それと、コミュ障だからだめだと思わないことが大切なんですけど、企業が求めているのはコミュニケーション能力だということもしっかりと意識しておかないと成功する就活も失敗しかねないので気をつけてくださいね。

【経営者】学歴は関係ないというけれど高学歴ほど目的意識が高い!

経営者に求められているのは優れた経営力であることは間違いありません。多くの人は学歴は関係ないといいますが、されど学歴です。

高学歴な人ほど厳しい受験戦争を勝ち抜いてきているので、経営に際してもそういった競争に打ち勝つ力というのは決して侮ることはできません。また、高学歴の人ほど知識が深く、さらに高い目的意識を持っているのです。

そういった力は、逆境にも耐え抜いてそれを突破する力と考えてもいいでしょう。

経営者には高学歴が多い!

現在の大企業のほとんどの創業者は立身出世を地で行くような人たちばかりでした。パナソニックの創業者である松下幸之助は丁稚奉公から成り上がった人で、決して高学歴ではありませんでした。

ホンダ技研の創業者である本田宗一郎もそうですね。それは戦前の時代だからこそという意見もあるでしょう。

何もなかった時代と現代とはやはり比べることができません。幅広い知識が必要でそれは経営に携わる前から併せ持っていなくてはいけない時代となっているのです。

そうなるとやはり必要なのは学歴ということですね。

高学歴が成功する…それは目的意識の高さ

高学歴の人が成功する…これは事実です。「学歴は関係ないよ」という人に限って高学歴が多く、自分が成功しないときの保険のように使っているのは間違いありません。

もっとも、それも若い世代の話しであって、中高年世代になったときに自分の現在の姿を見て「やはり学歴だった」「学歴は関係なかった」という判断になるのです。実際には、目的意識の高さによります。

高学歴の人は、これは言うまでもなく目的意識が高いです。特に難関国立大学を目指してそれを突破している人は、並々ならぬ上昇志向の持ち主と考えていいでしょう。

高学歴は暗記力があればなんとかなるというものではない

大学全入時代と言われて久しいのですが、名前だけ書いて合格する大学もあります。それは置いといて、大学受験は記憶力さえあれば乗り切れる、と考えている人も少なくないでしょう。

しかし、最高ランクの大学となると暗記力だけでは合格することはできません。そういった大学はオリジナルの問題を出すことが多く、解法を丸暗記したとしても応用力がないと解くことができないのです。

だからこそ、難関大学に在籍している学生をほしがる企業は多く、逆に考えれば難関大学の学生は就職に関して言えば超売り手市場と考えていいのです

大企業はなぜ高学歴で優秀な人を集めるのか

大企業の多くは高学歴の新卒者を集めます。反対に大企業に入りたいために高学歴を目指すということも考えられるのですが、これには多くのカラクリがあるのです。

大企業が優秀な学生を集める、優秀な学生は大企業に入りたい。どちらも相関関係にあり、さらには依存関係にあるといってもいいでしょう。

大企業は常に成長していかなくてはいけません。商品開発能力も求められますし、経営力も求められます。

世界を相手に戦っている企業ですから、それに見合った優秀な人材を確保したいのです。反対に学生はどうでしょうか。

大企業は総合企業ですから、自分のやりたい仕事が必ず見つかるところです。だからこそ大企業に入るのです。

そのために、厳しい受験戦争を勝ち抜いてきたのですから、当然と言ってもいいでしょう。

入社してからの対応が違う

公務員でもキャリアとノンキャリアに分かれます。これは明確に上級公務員試験に合格して公務員になった人と、一般の試験で公務員になった人では、公務員としてのスタートから違ってくるのです。

これは、企業でも同じです。適性検査や入社試験などでふるいにかけられ、入社時は同じスタートだと思ったとしても、実はスタートの時点から、現場組とエリート組に分けられているのです

エリート組も現場に配属されますが、公務員のキャリア組と同様で、経験を積ませるという位置づけであるのは間違いありません。

何故高学歴はエリートなのか

現場の人は仕事が早くて確実にこなせることを求められます。高学歴者(エリート)は、考えることを求められるのです。

現場でも考える力は必要ですが、それはいかにして与えられた仕事をこなしていくかを考えることです。高学歴者に求められるのは、目標を定めていかにしてそれを達成するかを求められるのです。

言うなれば、英才教育を受けて将来の経営者になるためのものと言えるのですね。

高学歴の経営者の考え方

高学歴の経営者は高学歴の社員を求めるということです。それは自らが経験してきたことの裏返しと言えるのです。

学歴のない経営者は叩き上げで経営者になったので、人を教える力というのがないことが多いです。ですから、教育をしているつもりでも作業をさせていることが多いのです。

高学歴の経営者は、後継者と思った人には現場主義を大切にしながら、考えさせる教育をするのです

高学歴が役に立ってきたことをしっている

高学歴の経営者は、高学歴で助けられた経験が多いです。それは知識であったり人脈であったりします。

人脈でいうと、経営者が多いというのもモチベーションの高さにつながるでしょう。人脈を利用して得られるインスピレーションの多さにも助けられているはずです。

高い理想を持っている

高い目的意識を持っていることは間違いないのですが、目的が理想となるとさらに高みを目指していくことになります。高学歴の経営者は間違いなく先の先を見ているのです

まとめ

人の能力は学歴で図れるものではありません。学歴のない人でも大成する人もいますし、そういった人の中からすぐれた経営者はたくさん出ています。

それでも、高学歴の経営者が求められているのは、まずは人を選別しなくてはいけないからです。厳しい受験戦争を勝ち抜いてきた実力と、高い目的意識を持っていることは間違いないですから、まずはその時点で選別の第一関門を突破しているということになるのですね。

個人ブロガーのブログが検索で上位を大企業と争えば負けるよって話。そしてその対策戦略を話したい。

個人ブロガーが1ヶ月ブログを運営して悟った、アフェリエイトは恋愛と似ている。

バカはブサイクと同じ、とにかく手数がかかるということで、

それなりにぼくは資本が最初から何千万とかある高学歴みたくある大企業が運営するブログ~ドメインではないので、それなら戦略がいるでしょ、ということで、

自分の持てる力を持って、最大公約数的に勉強してみたんですけど
勉強してみて分かった、わかったというか悟ったことは、やっぱりお金を含めた資本がある強豪と打ち合うと敗北にしかならないということですね。

自分の、戦闘力~立ち位置を明確に把握せよ

1x1-trans_-4645716ネットビジネスというのは、恋愛とすごく似ていると思っていて
要は個人というのは、恋愛でいうと不細工と同じなんですよ

じゃあ恋愛で考えてみたらわかるけど、ブサイクとイケメンがおんなじ手数で
例えば合コンとかナンパとかしたら、これはイケメンのほうが勝つ確率が高いんですな、

ビジネスもアフィリエイトも一緒で、個人と最初から~1000万単位でお金を使えるのやつが同じサイト数、同じ読者数、同じ手数でやったら、それゃ、後者のほうが勝つじゃんという話なんですね。
個人は、力負けしますよね。

なのでやっぱり、皆イケメンとか、資本家は嫌いだと思うけど、
何で世の中の人がネットで袋叩きに叩いたり、ねたんでるかというと
やっぱりそれだけ結果出やすいんですよ

イケメンは言わずもがなだし、
ネットビジネスも、資金が潤沢な大企業には中々勝てません。

間違った行動は”絶対”にするな

1x1-trans_-4645716

ネットビジネスなら

例えば、ネットビジネス「アフィリエイト」とかだったら
大企業とか、結果が出てる人をひがんだり、ねたんだりして、さ。
やったりとかごちゃごちゃ言ってたりね

そりゃ、大企業の方が有利ですよ。
潤沢な資金があれば、美味しいポジショニングを取りやすいです。
個人のブログ運営者が検索で上位を狙うのは、ひたすら「負け戦」をしてるんです。

現実を直視せよ

上と被るけど死ぬほど大事だから
重ねて同じニュアンスで言及しておく

現実を直視せよ=ゴールと立ち位置は
明確に把握しないといけない。

例えばさ、
①「魔法のアフィリエイト術みたいな

魔法みたいなものを探して、1日15分30分とかでやるだけで成功します??」
みたいな”ノウハウ”集とか

②「0から3ヶ月で、偏差値30からあなたも、東大??慶應??」とか

何なんだろう、、、
これ恋愛で言ったら、

③ブサイクなくせに、「オレの中身とか性格を見て判断してくれ!」みたいな感じですよね?

安易な解決策に飛びつくな

あのね、、、、
これで上の奴に言いたいのは、、
長くなりそうだな笑

短く言えば

①「あんな、それなら、わざわざ他人に言わないで自分でするだろ、?」

②君は、その学力なら先じて、「中学生用の英語~数学の参考書をしたら?」

③まず、清潔感だせよ、!本屋に行って「清潔感の出し方」みたいな本買って

その本に書いてある事を全てやれ!
みたいな所だろうか、
話が、逸れそうなんでここで、
やめておこう笑

結果が出ていない時に心掛けるべき2つの事

①安易な解決策に飛び付かず、

ゴールと計画を立てて、コツコツ積み重ねること→これは”王道”だ。

②立ち位置を常に把握せよ

ゴールを策定した上で今のぼくはどこにいるのか?

あと、どのくらいでゴールにたどり着くのか、

・100m走で例えよう 3

100m走ならば、
始まりは0なわけで、100がゴールだよね。

そこから30m走ったら、あと70mを
そこから40m走ったら、あと30mな訳

ここらの立ち位置は、自分がわかりやすい”単位”で把握しておく事は
“心が折れない為”に必要だと思うんだ。

大半の人は上記に書いた事が出来ない、手数も足りない

こうは、書いたけど大半の人はめんどくさがってしないし、
できてる人の悪口とかねたんりとかひがんだりとかしてる訳です。

こんな事を言って、行動しない内に人生終わっちゃうと思うんですよね。
アフィリエイトの世界でやってる人間が多いのに稼いでる人がいないっていうのはそういう人が多いんですよね。

積み重ね=手数、これ以外に”突破”する方法はない

精神論になるんだけど、
とにかく、勝てる可能性がある土俵に入り手数を出すしかないんだよね。
1回きりの人生で、個人どうやって稼ぐか、手数以外にありえないです。

例えば、ひたすら内職みたいな感じですね。バイト3つ掛け持ちするみたいな感じ、
ブラック企業、1人ブラック企業上等、みたいな考え方ですね。

トータルで結果を出したいなら行動力を最大に

要はネットビジネスなら稼げれば良いわけですよね。

効率とか良かろうが悪かろうが、結果としてキャッシュが入ったか、ですよね。
例えば、ライターさんでも
1文字1円とかでも、1日1万文字書けば日給1万になるじゃないですか。
1人でも28日くらい働ければ、誰でも30万近くいきますよね。

あとはサイトとかも、頭良い人とかは、大企業のサイトは、10記事作ったら1個2個当たるのかもしれないけど、
個人は30~50記事作って、1個2個当てるくらい。

だから、個人のアフィリエイトっていうのは、とにかく、文字とか音声とかを投げまくる。とにかく。

結局、結果がすべてなので

ネットビジネスなら

コンテンツをネットに投げまくって、大企業の人の10倍20倍の手数は最低投げる

ネットビジネスなら例えば、100万いけば、中身はなんであれ、もういいのかなと思う。
大企業は例えば10個くらいのサイトで100万いくかもしれないけど

個人の場合は100個300個作って、
何があれで売れてるのか分からない、なんだか良くわからないけど
結果として、100万振り込まれましたって、これでいいわけですよ。

100万だと、現実味がないならば
ニッチなキーワードとか
それで、市場規模の0.001みたいな

小銭をコツコツ稼いで、それであわせて何十万かになれば、みたいな感じです。
そういう感じでやっていけば、なんとかなるということです。

ナンパなら

恋愛でもブサイクなやつはイケメンの10倍20倍、出会いを増やす

イケメンが10人ナンパするんだったら、ブサイクは100人ナンパする。
そしたら、結果は一緒じゃないですか。

確かに手数とか労力はかかるけど、いくら稼いだかとか何人の女を口説いたら
その結果が重要な訳でしょ、

人生にショートカットはない

無いものを悔やんだり、なんとかしようとしたりしてもしょうがない、
突き詰めたら、その暇があれば、行動しながら考えようってなります。

人生にショートカットはない
世の中にそういう魔法とかは無いので。
自分が今できることをやるべきです。

まとめ

とにかく、手数を!

成功したい分野に圧倒的な時間を
投下する事を心掛けましょう。

上の記事を何回か見返して
正しい積み重ねの確認に使って頂けたら幸いです

高学歴の男性が恋愛で上手くいかない理由はひたすらトーク「喋り」が原因だと思う

高学歴男子はモテる!そんなふうに思っていません?ぼく自身もネットとかテレビとかでも聞くんですけど、実際は周りを見てると恋愛に発展せず彼女ができない男が多いんですよね。

つまりは、いくら学歴が高くても女子からしたら彼氏にしたくないと思ってしまうような行動や言葉を無意識でしてるんですよね。

この記事を読んだら高学歴男子だからこそ陥りやすい残念な勘違いを知ることで恋愛のヒントを得られるように書きます。恋愛を成就させ彼女を手に入れる方法についてご紹介したい。

高学歴男子が恋愛で勘違いしていること

「高学歴な男子はモテる」これは昔から日本で言われていることですよね。高学歴男子は確かに女性からの支持も高いのでしょうけど、あくまでも一流企業に勤めている男性に限った話です。

高学歴でもなかには就職をしないでフリーターやアルバイトをして生活している人もいる訳なんで笑

いくら学歴ばかりがいいとはいってもそれが結果「つまりお金」につながっていないと女性からの人気は低くなってしまいます。

また高学歴男子の場合、その頭の良さからどうしても上からの意見が多くなってしまいがちです。

答えがわかってしまうんでしょうね「あー、そのパターン笑」例えば「そんなことも知らないのねw」

という言葉、知っていて当たり前のように話を進めてしまいがちなんですよ、ぼくもたまに思う事があります。

あなたは知っていることでも決して当たり前にことではありません。相手のことを考えず自分基準で話してしまっている証拠です。してはいけない失敗パターンですよね笑

こういった男性に対して女性は疎ましく感じ、一緒にいても楽しくないと思ってしまうのです。

酷い男だと自分の知識をアピールすることが自分の良さを相手に伝えているつもりになっていますが、女性の場合は不快な気持ちになっていることも多々あるのです。

とりあえず黙ってろ‼︎って奴答えがわかってもねどちらかといえば相手が知らない前提で説明できる方が男性としての評価は高くなります。

高学歴男子の場合自分の基準に縛られすぎてしまい、それを相手に強要したり聞き入れなかったりしてしまいがちです。

女性が何かを話したり相談したことに対しても自分の意見を押し付けてしまいますが、女性にとってはあくまでも話を聞いて欲しいだけなんてこともあるのです。

いくら高学歴男子がモテるとはいっても勘違いしてほしくないのは、恋愛は相手があってのものだとういうことでしょう。

それを理解できないといくら高学歴男子といっても恋愛で成功することはありません。むしろ“高学歴なのに残念な人”のレッテルを貼られてしまうのです。

高学歴な男性が女性にモテるために絶対に止めるべきこと

では女性にモテる為に、今すぐ絶対に止めて欲しいことについて説明します。あなたの何気ない言動が、女性が離れていく原因になっているかもしれません。

・母校自慢

自分が卒業した大学を引き合いに出しながら「友達に外交官がいてさ」「○○大学卒業なんて大したことないよ」など母校を自慢してしまう男性がいる。

確かにその学校を卒業したことはすごいことなんでしょうが、自分の学歴を自慢しているに過ぎません。

逆に大学時代の話ばかりしていると今の仕事に自慢できるところがないとも取られてしまいます。

あえて友達の話をする時に母校の話は必要ありませんよね。同じ大学出身の女性でない限り母校自慢はマイナス要素にしかなりません。

・論理が多い

男女は違います。男はロジック、女は感情の生き物。

女性の意見に対して聞く耳を持たずに「それはおかしいよ」「つまりは~」などいっちゃう男性では一緒にいる女性は疲れてしまいます。

女性に意見を求められた場合は意見を話してもいいのですが、相手が求めていないのに勝手に答えを、話すのは止めましょう。

こういった言動の一つ一つに気を付けないと女性は離れてしまいます。高学歴だけで女性は付き合いたいとは思ってくれません。

それは女性側に問題がある場合もありますが、男性として魅力を感じられないと思われているのかもしれません。

高学歴男子がモテるためにできる5つのコツ

では高学歴男子が女性からモテる為のコツについて紹介します。今年こそは彼女が欲しい!そんな男性は参考にしてみてくださいね。

・こだわりすぎない

まずは相手の話を聞き受け入れることからはじめましょう。女性はこうあるべき、恋愛はこうあるべきなど高学歴男子はこだわりすぎてしまう傾向があります。

まずは相手のありのままを受け入れた上で、否定しないようにしましょう。付き合う相手の学歴も求めてしまいがちですが女性の人間性を理解した上で判断できるようにしたいものです。

・アピールしすぎない

両親は医者だから、勤めている会社は一流だからなどの話の中に自分の良さをアピールしすぎるのは止めましょう。

また専門用語などの難しい言葉を使って会話をする男性がいるのですが、相手の女性も同業者でない限り何を話しているのかわかりません。

誰にでも分かる言葉で話すことは相手の為にもなります。

・否定しない

相手の個性を否定・服装を否定するなど自分の価値観を押し付けないことも大切です。まずは相手の良さを受け入れた上で、どうしても気になるところがあれば話してみてもいいでしょう。

否定したくなることも実は自分自身で勝手に思い込んでいることかもしれません。

・ファッションセンスを磨く

女性からモテる男性はやっぱり外見も大切です。自分なりのルールがある男性も多いのですが、

今流行りのファッションに興味を持ったり女性から人気のあるファッションを学ぶなどの工夫も大切です。

・話のセンスを磨く

話していて楽しい男性は女性からの評価も高いものです。話の幅が広かったり、自慢話ではなく自然と相手の気持ちを読んだ会話ができる男性は女性からの評価も高いものです。

まとめ

高学歴男性だからこそ陥りやすい恋愛のポイントについて説明しました。見直してみると意外と当てはまる部分も多いのではないでしょうか。

高学歴なのにモテない男性には実は原因があります。その原因に気付かずに女性が悪かったなどと否定していてはいつまで経ってもすてきな彼女はできません。

せっかく高学歴なのですから、ちょっとした心掛け次第でよりすてきな自分をアピールできるはずです。