頭がいい人の共通点や特徴というのはわかりやすいのでここで大紹介します!

頭がいい人には共通点があるんですよね。そこをしっかり押さえておくとすぐに頭のいい人というのがすぐにわかってきますよ。

頭の良い人の特徴はわかりやすいですよね。話していても理知的な部分がすぐにわかるのでうらやましい気持ちになります。

そのような頭のいい人の共通点や特徴を大紹介しちゃいますね。そういったことで普通の人とどこが違うんだろうといった部分もわかってくるのです。

頭がいい人の共通点というか特徴は?

1x1-trans_-1428861

頭がいい人の定義ってなんでしょうね。学生だったら勉強ができることでしょう。

仕事だったら仕事ができることがイコール頭がいい人ということになるんでしょうね。知識が広い人なんかも頭がいい人に分類できるでしょう。

他にも頭が切れる、回転が早いとか判断力に優れているとか頭のいい人の定義ってたくさんありますよね。しかし、なんで頭のいい人もいれば、頭が悪いといった失礼ですけど、そんな人もいますよね。

なんかお金持ちと貧乏人以上に、頭のいい人と悪い人がいることに釈然としないものを感じませんか??

頭がいい人の共通点と特徴

頭がいい人にはやっぱり共通点があるんですよ。それに特徴ですね。

見た目で賢そうだなと思う人もいて、実際に賢いんですけど、やっぱり見た目って大事ですよね。そして、頭がいい人の特徴というか共通点にはやっぱり様々なものがあるんですよ。

第一に集中力です。これが頭がいい人の特徴に挙げる人が多いですよ。

頭がいい人は抜群の集中力を発揮します。頭の回転が早くて瞬時に判断できるのも集中力のなせることですよね。集中力が高いと、普通の人では時間のかかることも、かなり短時間で片付けることができます。

同じことをやっていても集中力の高い人は飲み込みも早いしすぐにマスターできるんです。だから、自然と頭がよくなっていくということですよ。

頭がいいから集中力が高いのか、はたまた逆なのか…にわとりが先か卵が先かと同じような感じですけどね。

記憶力がいい

記憶力が高いのも頭がいい人の共通点であり特徴ですよね。頭がいい人は記憶力がいいですよ。

これは間違いありません。学校の授業でも授業を集中して聞いていて、家に帰って勉強しない、塾にも行っていない人が試験では上位というか一番をとったりするんですから、

以下に授業で聞いたことが頭に入って記憶されて、それを試験でいかんなく発揮しているかということですよね。

集中力と記憶力があって、それを試験で実力を発揮できる頭の回転の良さもあるんですよね。

頭がいい人は論理的な思考ができる

1x1-trans_-1428861

論理的な思考って何?って言われそうですが、これって説明すると難しいのですけど、物事を聞いて読んで理解して、それを証明し結論づけて発表できること…なんのことやらですけど、

たとえばアメフトのルールを聞いて理解して、それを他の人にわかりやすく説明できるということになります。

アメフトのルールってわかりにくいですよね。オフェンス専門ディフェンス専門で人が分かれているというのを理解するにも時間がかかりますから。

曖昧な答えを出さない

普通でしたら、わかりにくい説明になってしまってあやふや、あるいは曖昧な答えになりそうなところを、頭のいい人は論理立てて丁寧にわかりやすく説明できるんです。

これって、きちんと理解していて、頭の中で整理ができているからできるんですよね。

わかりやすく説明できる

自分の中で理解できているのも頭のいい人の共通点であり特徴でもあるのですが、それを人にわかりやすく説明できるのも、頭がいい人の特徴ですよね。

きちんと判断ができる

1x1-trans_-1428861

頭がいい人は判断力が高いですよね。これも誰もが認めることではないでしょうか。

というか、間違った判断をしないのはすごいと思います。そして、間違った判断をしないから説得力があるんですよ。

これはもう一種の才能といってもいいかもしれません。

物事に対して的確な判断ができる

普通の人だったら判断に迷いが出ることが多いです。しかし頭がいい人は回転も早いですから、瞬時に判断ができるんですよ。

しかも、説得力があるから周囲も納得するんですよね。こういった人って周りにいませんか?

論理的思考ができる

論理的な思考ができるので、判断したことに間違いがないのですよね。

時間をかけたら頭の中でいろいろなシミュレーションができるのですが、頭がいい人はそれを論理的に考えて瞬時に判断してしまうのです

まとめ

こうしてみてみると、頭がいい人の共通点や特徴というのは、集中力と記憶力の高さが根本にあって、持って生まれた論理的思考と判断力があるということですよね。

これって生まれついての才能なら、反対に生まれてからは挽回できないのかなと思ってしまいます。

それでも、本を読むことで論理的思考を養うことができるということですし、頭がいい人の代表選手のような将棋や囲碁の棋士ですが、これまでの様々な棋譜を覚えるということですから、努力もまた大切ということですよね。

頭がいい人って字が下手なのか!何か根拠はあるの??

頭がいい人は字が下手という説があるんですよ。字が汚いと頭が悪そうに見えるのですけど、実は反対だということですよね。

その根拠というか理由みたいなものはあるのでしょうか。文字はその人の人柄や性格を表しているといいます。そうなると尚更字が綺麗なほうがいいように思えるのですがどうなのでしょうか。

何事も見た目だけで判断してはいけない…ということを考えると字が汚い人は頭がいいのかなという気もしてきますよね。

頭がいい人は字が下手??

字が下手な人ってそのまま、頭が悪そうに見えますよね。しかし、実際には頭がいい人は字が下手という説もあるんです。

頭がいいんだから字が下手でもいいのでは?といった単純なものではないみたいですよ。これはテレビにも良く出てくる頭のいい人の代表選手みたいな人が言っていましたね。

本当に頭がいい人は字が下手というのは、頭がいい人であり、さらにいろいろな生徒を見てきたのだから説得力があるんですよ。

本当に賢い人は字が下手だけど…

東大合格者の字を調査した結果があるそうです。それによると、合格者のトップグループは字が下手だったそうです。

そして、注目すべきは第2グループは字が綺麗だったということです。これは俗に「美文字の秀才と悪筆の天才」というらしいのですが、まさにその通りの結果となったようですよ。

頭がいい人は2種類いる!

頭がいい人は2種類いるということです。それが天才と秀才です。

これってなんか分かるような気がしますよね。秀才はきめ細かくて細部までちゃんとしている印象ですが、天才は小さなことは全然気にしなくて真理だけを追求するので、

字が綺麗か汚いかは無頓着で気にしたこともなさそうですからね。

天才は、アイデアがあふれすぎて、それに手や言葉がついていかない、すなわち書いてる文字がみみずみたいな文字になるってことです。

天才というとごくわずかで一般的ではないような気がしますけど、大学にトップクラスに入れそうな人は総じてこんな傾向にあるらしいですよ。

ですから、周囲にいる人で字が下手な人は、ものすごく頭がいい人なのかもしれませんね

人は見た目で判断してはいけないけど

人を見た目では判断してはいけないと言われています。確かにそうですし、偏見なんかが起きてもいけませんからね。

そうは言っても、外見という部分はやっぱり性格を表していたり、頭の良さを表していたりするんですよ。性格で判断するとせっかちな人というのはなんとなく、字が下手な印象ですよね。

常に焦ってして字をきちんと書かない印象があるんです。一方で食事などできちんとゆっくり噛んで食べる人は何事も丁寧で字も上手な感じがします。

たとえばのんびりした人なのに、歩くスピードが速いという人も見かけないと思います。ですから性格と動作やしぐさというのはやっぱり比例するというか、そんな感じがします。

それでも、頭がいい人は字が下手ということですから、なんとなく矛盾するような気がするんですよね。

天才と秀才と字のうまい下手

上述していますが、天才と秀才といった頭がいい人の二通りのパターンで字がうまい下手かというのは分けられますね。天才というと滅多にいないような感じですから、ここでは天才肌と思うようにしてくださいね。

字が綺麗な人は、几帳面で真面目、さらには常識的というイメージです。一方で字が下手な人は何事もそれほど気にしない、ある意味自由奔放ということです。それと他人の目を気にしないのも大きいですよね。

字が下手な人の特徴

字が下手な人は、下手であっても気にしない人なんですよ。気になれば字を綺麗に書きたいなんて思うはずなのですけど、それを気にしないのは、ある意味自由奔放ですよね。

すなわち天才肌ということになるんです。

さらに深く字のうまい下手を追求してみると…

字のうまい下手というのは、どういったふうに判断するのでしょうか。「達筆だから…」こういった表現をすると昔ながらのわかりにくい字を表現する時にも使われますよね。

現在は、わかりやすく丁寧に書かれた文字を綺麗と呼ぶ傾向にあるようです。反対にわかりにくい字は下手ということになりますね。

筆圧がつよかったり角張ったり…

筆圧が強かったり角張ったり…要は書き方に一貫性がないのは字が下手な典型といえますよね。

字の大きさが安定していない

字の大きさが安定していないのは、まさに自由奔放に書いているからです。というよりもまったく気にしていないんですよね。

人に見られるということも意識していない傾向が強いです。

まとめ

あたまがいい人は字が下手であっても気にしないというか、ひょっとしたら気にしていても頭の良さに自信があるので、字が下手というのも十分に挽回できると思っているのかもしれません。

そのくらいに思わないと一般の人には理解できない世界ですからね。

人に見られても恥ずかしくないように字を上手に書きたいとか、頭が悪いように見られたくないといった意識が働くのですが、頭がいいので字が下手でも気にならないという理屈になるのでしょうね