勉強のスケジュールの組み方の本質! 勉強量が増える一日のスケジュールの立て方とは

今日のテーマは一日のスケジュールの立て方です。

よくあるのが逆に無駄な時間が多い、逆に勉強ができないっていうことが起きたりする。

どういう一日のスケジュールを立てると、うまく勉強量を増やしたスケジュールの組み方が増え効率よく勉強できるのかということをお話していきます。

1日を3つに分ける

まず最初に人間は時間があると油断する。一日のノルマを後にしてもいいかなとなってしまうわけです。

1日をまず3つに分けましょう

午前の部、午後の部、夜の部、ですね。

午前の部は12時まで、午後の部は18時まで、夜の部は寝るまでですよね。まずは3つのタームに分けていただきたい。

そうすることで3つ期限が生まれるわけです。

先ほども言ったんですけど、まだ時間あるしって思っちゃうことが油断につながってくるので、午前までにこれやんなきゃいけない。

午後までにこれやらなきゃいけない。寝るまでにこれやらなきゃいけないっていう3つの締め切りを用意しておくのが重要です

さらに締め切りを作る

まずこれが大前提として1日という大きな枠組みの中で考えるのではなくて、3つのタームに分けて考えるということをまずはやっていただきたい。

そのうえできちんと時間を図る

ぼくは50分60分を1コマでやることをオススメしてるんですけど、これは締め切り、終わりを決めてるんですよね。

何となくだらだら勉強しちゃう。午前中に勉強を始めるとして、終わりが決まってない。

終わりがまた午前、12時までということになるとそこまでだらだらしちゃうわけです。

だからちょっと短めの期限っていうのを作っておく

休憩の時間を先に設定する

なので50分60分で1コマという形で終わって、そして必ず休憩の時間をとるってことも大事なんです。

あらかじめ逆に休憩時間を先にとってもいいです。先にこの時間からこの時間は休憩する。

例えば朝6時に起きて、なんやかんやして7時から勉強スタートとしますよね。

その時点で例えば9時半とか10時に休憩をとるって決めてしまう。

なんでも始める前に締切をつくるクセを

そうすることでそこまで頑張ればいいという気持ちになりますよね。

多くのビジネスマンはわかってるけどやってない人が多い。ぜひ明日からやっていただきたい。

終わりの時間と休憩時間をあらかじめ決めちゃう。自分が何分勉強するかも決めてしまうのがすごく大切。

休憩の時間を先に設定せよ

例えば午後の部も長いわけじゃないですか。12時から6時までというと長い。やっぱり眠たくなるし、午前中に比べると疲れもたまってくる。

だからこそ例えば3時くらいに休憩をとるわけです。3時になったら休憩するって決まってるんですよね。

そうするとどういう気持ちになるかというと、3時まで頑張ろうと思う。3時まで頑張ろうと思うことで、12時からの勉強もあまり辛くないんですよね。

それが例えば18時までやらなきゃいけない。その時間全部やらなきゃいけないと思うと、

長いし、先に延ばしてやればいいかなって思ってしまう。常に自分にとって最適な締め切り時間を決めておく

休みもとる前提で計画を立てよ

1つのコマもそうだし、大きな休憩、例えばぼくだったら3時から30分の休憩、もしくは本当に疲れてるときは1時間休憩しちゃうわけです。

そのときは何も考えずに好きなことをする。そうやって終わりを決めておく。

運動が大切

1x1-trans_-6980269

そしてぼくが声を大にして言いたいのは、運動することが大事

カラダを動かそう、と。

とにかく受験生は体を動かさない環境にあるんですけど、本来人間の体というのは彼らが動かすっていう前提で作られている部分があって、本来人間の体というのは動かす前提で作られている部分があって、例えば酸素。

ずっと部屋にいて心臓が動かなかったりすると、心臓が逆にばくばくすると酸素を摂り入れるわけ。

そうするとちゃんと体に酸素が入っていって、血液にも影響を与えて、健康になっていく。運動することでぼくらは健康になる。

逆に運動不足になると不健康になる。不健康な状態が精神的なネガティブを産んだりとかもするわけです。

もっと言えば疲れやすい。運動不足になると疲れやすくなってしまう

だから一日のスケジュールの中に必ず運動する時間をとるべきです。

これは例えば夕方でもいい。ちょっとやる気がなくなってきたり、疲れがたまってきがちになる夕方の時間帯に運動することとかね。そういう時間をとることで全体がよくなる。

まとめ

一見勉強の時間が減るように感じるかもしれないけれど、受験っていうのは長期戦なので本当に一日10分20分でもいいから運動をとることで長期的に精神的にポジティブになれるし、体も健康になってやる気も生まれてきますよね。

そういう状態になれる。運動するとセロトニンっていう脳内物質が出て、幸せを感じることもできるといわれています。

話が難しいと思うならば、とにかく、何かしら体を動かす時間を毎日作りましょう

そうやって一日のスケジュールの中に、運動の時間を作る。そして休憩の時間と締め切りの時間を決める。

そうすることで勉強に対する意欲が落ちないまま一日を過ごすことができるし、バランスがとれているので精神的にも安定した一日を送ることができるというふうに考えています。

参考になれば幸いです。

勉強におけるインプットとアウトプットのバランス~資格に受かりたい人が気をつけるべき両者の正しい比率とは!

練習練習、また練習、です!

はい、みなさん、こんにちは。

みなさんは資格の勉強がどれくらい必要か悩んだことはありませんか?

今回はインプットの勉強とアウトプットの練習の比率について考えてみたいと思います。

インプット・アウトプットの関係

みなさんは普段どこからインプットしていますか?

学校の講義や図書館の本などでしょうか。

では得た知識を自分のものにするにはどのくらいのアウトプットが必要

考えたことはあるでしょうか。

そもそもインプット・アウトプットって?

インプットとは本を読んだり、セミナーに参加したりなどの経験のことです。

反対にアウトプットとは経験したことを活かして行動に移すことです。

例えば本で読んだ知識を活かして起業するなどです。

つまりアウトプットはインプットがなければ成り立たず、

インプットもアウトプットされなければ無駄となる、そういった関係性にあります。

大事なのはアウトプット

一般的な資格試験や実務的な勉強なんかも特にそうなんですけど、

ビジネスや経営戦略の勉強もそうです。

勉強をするときに大切なのはやはりアウトプットなんですね。

学んだことを実際に使うことが大事です。

経営戦略であるとかビジネストークであるとか、

こういうのは実際仕事の場で使って経験を積むということはありますが、

資格試験の場合はビジネスの場で使うというよりは練習問題をとくところでアウトプットに置き換えます。

具体的なアウトプットの時間

インプットされたものも全然使わなければ

人間は忘れてしまいます。

せっかく勉強した知識を無駄にしないためにもアウトプットは

絶対に怠ってはいけません。

インプットとアウトプットの比率

どれくらいの比率がいいかというと私の経験上は、1対2でもまだ足りないと思うんですよね。

おおむね1対3から1対4は必要です。

インプット1をやったら、3倍以上はアウトプットの練習をしないと十分な熟練度になりません。

つまり10時間インプットしたら最低でも30時間はアウトプットが必須です。

2倍でも受かるケースはあるかもしれませんが、とりたい資格のレベルが上がれば上がるほど練習量は多くなっていきます。

難易度が高いほどインプットが増える傾向にあるからです。

例えば公認会計士の場合

公認会計士の場合は例えばインプットの授業自体が40時間から50時間、

復習に同じくらいの時間がかかるとして100時間ちょっとくらいかな、と思います。

よって100時間から120時間くらいがインプットにかかる時間です。

120時間と考えてもその3倍が360時間ですね。

すると120+360で勉強時間は480時間を超えます。

例えば1日1時間インプットに3時間アウトプットに時間を割けば

約3か月で480時間勉強したことになります。

まとめ

おおむねインプット1に対してアウトプットは3倍以上が理想です。

レベルが上がれば上がるほどそうです。

1対3を意識しましょう。

インプットは大まかでいいからアウトプットを徹底的に繰り返しましょう。

たくさん実践して確実に資格をとりましょう!

目の前に集中できない人が心得るべきこと〜個性の大きさはすべて皆同じ

目の前に集中することって、集中できない人にとっては、とても難しいことのように思いがちです。

でもじつは、とてもシンプルでカンタンなことなんです。そのヒントとしてこれから「個性の大きさはすべて皆同じ」という話をしてみたいと思います。

個性とは

みなさんは「あのひとはユニークで個性的」、「アイツは笑いをとるのがうまい」、「かれはまとめるのが上手でリーダーシップのあるやつだ」、

「彼女は個性的なセンスのもちぬしだ」などと、よく聞いたり、話したりしていませんか?

個性とはひとより秀でているとか、ユニークなひと、特徴的なひと、他人より変っていることと思っていませんか。

いっぱん的な概念(がいねん)

それに比べ自分は口べただし、これといったスキルも持ちあわせていない。平凡な目立たない性格だから、個性がないのではと思っていませんか。

「口べた」や「目立たない性格」、じつはこれもりっぱな個性なんです。世間いっぱんでは、いわゆる個性的なひとが、とくべつのスキルを持っているように評価されがちです。

それではこう考えてみてください。個性的なひとが、ビジネスで良い結果をだしているんでしょうか。

ビジネスで評価されるのは、その結果であり、その人の性格ではありません。また強いていえば、「個性」といういっぱん的な概念がまちがっているのです。

個性は玉のようなもの

ひとがもつ性質・性格のことを個性といいいます。個性は心の中にある玉だと想像して見てください。じつはだれの持っている玉も、その大きさや重さは等しくおなじなんです。

えっ、と思うかもしれないけどほんとうなんです。ただちがうのは玉の色です。その色のちがいが自分とほかのひととの区別になるんです。

しかしその違いは表面の色の差です。玉のなかはだれでも真っ黒です。絵の具の赤や緑、青や黄色、すべての色を重ねあわせると最後には真っ黒になります。

つまりだれでもすべての色をもっていることになります。ただその中の「ある色」だけが表面にでて、そのひとの個性のようにみえるのです。

つまり、だれでもほかの色に変われる可能性を玉に秘めています。それを見つけないでいるだけなのです。

玉の色がたいせつ

さっき「口べた」や「目立たない性格」もりっぱな個性といったわけは、玉の表面にでている色が「口べた」や「目立たない性格」という色で、

玉の内側にある別なあなたの色をみつけていないだけなのです。笑いをとるのがうまい人、リーダーシップのある人などは特徴的な色がおもてにでているだけなんです。

すべての人がすべての色をもっているはずですが、おなじ色になる必要はまったくありません。無いものを探せとはいいません。

いま目の前の仕事に必要な、あなたにピッタリくる色がかならずあるはずです。信じて、みつけだすことができれば最高です。

集中できない人にひとこと

ユニークなひとを真似てみよう

ユニークなひとに憧れることはけっして悪いことではありません。また真似をすることは自分の色(個性)をみつける手助けにもなるはずです。

どんな芸術家もアーティストも最初はあこがれや、モノマネからはじめています。しかし憧れのひとと全くおなじになることはできません。

だってそのひとと、いくら同じように真似をしても、玉の表面の色は微妙にちがうはずです。

モノマネはそのちがいに気づき、じぶんの本当の色、じぶんにマッチしたスタイルを見つけるための方法のひとつだからです。ビジネスの世界でも同じことがいえるはずです。

気をつけねばならないこと

モノマネをしてちがいに気づいたとき、その差があまりに大きくて、ショックのあまり取りみだして自分を見うしなってしまうこと。これが一番こわいことです。

モノマネをしたターゲットがまちがっていたのかも知れません。目の前の仕事とはかんけいないモノマネをしてしまったのかも知れません。

でもこう考えてください。ターゲットを間違えようが、なかろうが、どちらでも、もともとあなたの玉の色とはちがってあたりまえ!

モノマネはあなたのオリジナルの色をみつける準備段階で、仕事の作業ではないからです。

これから自分にマッチしたやりかた(色)で作業にあたればよいのです。他の人の個性にまどわされないこと。

もういちど「個性の大きさはすべて皆同じ」をおもいかえして目の前をみてください。

気が散ってしまう自分

何かをしようとすると、すぐにほかのことを考えたり、目うつりがしてなかなか本題に入れないという人もいると思います。

学生時代にラジオやテレビをかけながら勉強をした、CDを聞きながらのほうが勉強がはかどったという経験はありませんか?

ひょっとしてこれは、あなたのなかに同時にいくつかのことをこなす能力(個性)が、潜在的にひそんでいるのかもしれません。

気が散るのはわるいこと?

気が散るということは、裏をかえせば同時にいくつかのことをしたいとおもう気持ち、同時にいくつかのことをこなすスキル(個性)があるのかも。

ひとつのことに「集中しなければいけない」という義務感がせっかくのスキルを殺しているのかも知れません。

むりにひとつのことにこだわらずに、あなたのスキルかもしれない個性を活かして、もっと自然に目の前にむきあうことが良いのかも知れません

聖徳太子

西暦500年代後半から600年代前半にかつやくした飛鳥(あすか)時代の政治家で聖徳太子という偉人がいました。

十七条憲法(日本最古の憲法)をつくったひとで、旧一万円札の絵になった人で知っているかたも多いとおもいます。

そのかたの伝説に「同時に10人のことばを聞き分け、いちど聞いただけで10人それぞれに対して適切なこたえをした」と言いつたえられています。

真実かどうかはわかりませんが、すくなくともヒントがあるような気がします。ひとつのことに集中していたら、10人のことばを同時に聞くことなんてできっこありませんよね。

むしろ、耳にはいるたくさんのことばを、あるがままに自然に受け入れることが、いくつもの答えをだすことができると言う「たとえ(教え)」のような気がします。

まとめ

個性の大きさはすべて皆同じなのだから、他人の個性にまどわされず、じぶんの個性を信じ、目の前に、あるがままに向きあってみましょう

勉強の環境を変える際に意識するべき大切な3つの要素!勉強を効果的に行いたい人へ勉強前の環境作りのコツを伝授!

以下の3つを押さえましょう。

・習慣化

・快楽化

・強制力

それぞれ説明いたします。

1 習慣化 脳科学的には、人間の行動の95%は習慣によるものです。

よって、「自分の行動を変えたい」と思ったときは、まずは習慣を変える必要があります。

逆に、習慣を変えずして1日ごとの活動を変えることは、残りの5%に働きかけているにすぎま せん。短期的な成果を出すことはできても、長期的に見ると上限があります。

毎日行う習慣は、一度身に着けたらそのまま苦しむことなく続けることができます。

朝起きたら顔を洗うこと、寝る前に歯を磨くことをめんどくさいと感じないのはその脳の働きに よるものです。

良い習慣を身に着けているのか、それとも悪い習慣を身に着けているのかによって、毎日良い方 向に向かっているのか、あるいは悪い方向に向かっているのかの分かれ道をしらずしらずのうち に歩んでしまっているともいえます。

重要なのは、自分の目標とする方向に歩むことのできる習慣を身に着けること。つまり、自分の 思った通りの勉強をする習慣をつけることです。

では、どうやって勉強を習慣化すればよいのでしょうか。

以下の2つの方法で、勉強を習慣化することができます。

毎日同じ時間に勉強する

人間の習慣は、時間に結びついています。

よって、毎日同じ時間に勉強をすると身につくのがはやくなります。顔を洗ったり歯を磨くのと 同じ感覚で、勉強をするのです。

中でも邪魔されにくく継続しやすい時間は、朝の時間です。朝起きてから朝食までに5 分間勉強する習慣をつければ、1週間で35分の勉強時間を作ることができます。1カ月では2時間 以上。これだけの時間があれば、ビジネス書1冊は読み切ることができます。

注意したいのは一気に長時間やろうとしないこと。挫折する可能性が高くなるからです。習慣を 身に着けるうえで、最初の1週間は特に挫折しやすいといわれています。三日坊主、ともよく言 われますが、脳の構造上、1週間以内に挫折する確率は思いのほか高いものになっています。

少しずつ勉強を毎日の生活に組み込むことで、目標に近づいていくことができるのです。

どんな習慣をつけるかについては、目標から逆算して役立ちそうな行動を考えましょう。たとえ ば、マーケティングの勉強をするのであれば「毎朝本屋によって5分だけマーケティングの本を 読む」でも良いでしょう。 マーケティングの知識を身に着けたら、「毎日アウトプットのテクニックを個人ブログで試す」 に移行します。このようにして、習慣というレベルでステップアップしていくことでひとつの分 野を極めていくことができます。

すでに身についている習慣に組み合わせる すでに身についている習慣はいくつかあるはずです。それらに、これから身に着けたい勉強とい う習慣を組み合わせてみましょう。

これは、「ながら」と言い換えても良いかもしれません。たとえば、電車で通学、通勤しながら ヘッドフォンで録音して置いた教科書の内容を聞くのも立派な勉強です。また、朝洗濯物を干し ながら英単語の暗記をするのも良いでしょう。

すでに身についている習慣に組み合わせることで、新たな時間を作る必要がなくなるので習慣化 のハードルがとても低くなります。

ポイントは、1日の中で頭を使っていない時間を明らかにすること。

掃除の時間、食事の時間など、体は使っているけれど頭を使っていない時間はたくさんあるはず です。こういった時間に頭を使うことで、効率的に勉強を進めることができます。

2 快楽化 勉強をしたくない理由は、つまらないからです。

人は、つまらないことを続けることはできませ ん。将来的に自分の欲しいものが手に入る、というのが多くの人が勉強する理由でしょう。しか し、今の勉強があまりに楽しくないと、どんなに将来に幸せが待っていても努力することはでき ません。

今を楽しくするための方法は、実はいろいろあります。どうすれば、勉強は楽しくなるのでしょ うか。以下で列挙します。

ゲーミフィケーション ゲームが楽しいのはなぜでしょうか。

それには理由があります。

ゲームとは、特定の目的に向かって、難易度の適切な関門を乗り越えることで、達成感を味わえ るしくみです。

こう考えると、このしくみは勉強にも応用することが可能です。実は経営における顧客獲得にこ のゲームのしくみを使っている企業は多く、これを「ゲーミフィケーション」と呼びます。

勉強にこのしくみを応用した例を見てみましょう。

重要な要素は以下の通りです。

・目標(わくわくするもの)

・期限(ギリギリ達成できるかどうかの期限)

・世界観(「のめりこみたい」と思えるような、自分に酔うことのできる環境)

目標として「試験合格」を掲げます。難易度の適切な関門(小目標)として、「今日中にテキス トを5ページ終わらせること」を設定します。自分の好きな環境、たとえば好きなカフェなどで 勉強することで、勉強を楽しくする要素である世界観を作ることができます。

「試験をたおす」という設定で、自分の中で盛り上がった気持ちを維持したまま勉強に臨んでみ ましょう。達成したら、少しずつ難易度を高くしていきます。心理学的には、達成できるかどう かわからないギリギリの難易度が一番やる気を奮い立たせるといわれています。

その難易度に調整することができれば、いつまでも自分のモチベーションを保つことができるの です。また、目標を達成した後の姿を明確に思い浮かべるのも良い方法です。はっきり映像で見 えるくらい想像すると、やる気が出てくるのがわかるはずです。毎朝の習慣にしましょう。

勉強仲間 勉強をするうえで、仲間を作ることはとても重要です。

では、どうやって仲間を作ったらよいのでしょうか。

ポイントは、以下の2つ。

・ITを活用する 現代では、リアルと同様にSNSでも仲間を手軽に集めることができます。これを活用しない手 はありません。SNSを活用して、勉強仲間を集めましょう。具体的には、TwitterやFacebookで グループを作り、積極的に広報しましょう。

・目的を明確にする 勉強仲間を集める目的を明確にしましょう。

でないと、集めたものの何もできない状態になってしまいます。

目的をはじめに明確にしておくことで、途中で行き詰らないコミュニティをつくることができま す。

たとえば、会計学を学ぶためのグループならば、投資を勉強したいという意見が出ても、一貫し て会計学を学ぶべきです。マーケティング的には、ひとつのものに特化してわかりやすいコミュ ニティを作ったほうが何でも屋よりも口コミ効果が期待できます。

自分で自分を褒める 自分で自分を褒める習慣をつけることで、自分にやる気を出させることができます。

以下の文章に言葉を当てはめてみましょう。 「~のに・・・した今日の自分すごい!」

この方法を用いることで、より自分の目標に向かう上でのモチベを保つことができます。

イメージ重視 脳は、言葉よりも絵や音などのイメージをよく覚えます。

なので、勉強する対象はできるだけイメージしやすいように加工することが大事です。

たとえば漫画を描いてみる、ダジャレにしてみる、日常的に触れている業務につなげてみるな ど、とにかく紙の上の文字から現実の世界やビジュアルイメージに開放することを意識しましょ う。

また、ひとことであらわしてみるのも良い方法です。「会計学とは、お金の流れを追う学問だ」 といえば、辞書的な定義よりもわかりやすいと思います。ひとことでまとめると、脳に入りやす くなります。これを脳科学ではチャンク化といいます。

小さい塊に分けると脳に入りやすくなるのです。電話番号は080-~~~-~~~といったように小さく 分けられていますが、このようにいくつかの小さい塊に分けると、ただの数字の羅列に比べて覚 えやすくなるのです。 デカルトは「困難は分割せよ」といいましたが、これは暗記においても同じ。もっと言うと、問 題解決においても同じです。あらゆる知的活動において、適切に困難を分割することでより効率 がアップするのです。

また、既知と未知をぶつけるの大事。なぜ?だから?と問い続けるのも大事です。この作業に よって、より対象への理解を深めることができます。エピソード記憶にしたり五感を活用して、 効率的に覚えましょう。このような記憶をすることを繰り返すことで、無意識にこういった記憶 をするようになります。

3 強制化 勉強がしたくなくてもする方法はないのでしょうか。重要なのは、強制的にできる仕組みを作る ことです。では、どうやって強制的にできる仕組みを作ればよいのでしょうか。以下で列挙しま す。

予約を入れてしまう 先に試験の予約を入れてしまいましょう。

すると、もう後戻りはできないという気持ちになるので準備をスムーズに進めることができま す。

1カ月先の計画を入れることを繰り返していれば、常に小目標を持った状態でいることができま す。1週間ごとの目標、1日ごとの目標に落とし込み、試験に合格することを目標にしてやって みましょう。

人間が習慣を身に着けるのにかかる期間は1カ月ほどといわれています。この期間をひとつの試 験に向けて頑張ることで、今後ほかの試験に移るうえでも重要な習慣を自分の中に作ることがで きるのです。

友人と一緒に 監視してくれる人を作ることです。

どうしても一人ではさぼってしまうので、仲間を作ることが重要です。友人と一緒に勉強しても だらけてしまうだけなので、たまに飲み会を開くくらいの距離感が良いでしょう。

情報交換をできるというメリットもあります。

宣言 後戻りできない状況をつくることで、自分のやる気を継続させることができます。

たとえば、Twitterで「絶対に今年試験合格します」と宣言してみるのはどうでしょうか。固定ツ イートにすれば、Twitterを開くたびに「勉強しなきゃ」と思えるようになります。

これは心理学的には「コミットメントの原理」と呼ばれています。「自発的に行った行動には、 人は逆らいにくくなる」つまり、自分の中で「自分は一貫した人間である」と思いたがるので す。