目の前に集中することが大事な理由は?今を生きるために必要だった?

目の前に集中することの意味は?

よく「目の前のことに集中しろ」って言葉を聞きますよね。でも、目の前のことに集中してどんなメリットがあるんでしょうか?

実際に集中してるよって人もいると思いますけど、実はちゃんとした集中の仕方が出来ている人って少ないんです。

集中力を養える

目の前のことに集中することで、集中力を養えるようになります。集中力って最初から持っているわけではなく、集中の積み重ねで会得出来るものなんです。

普段から集中するクセをつけて、集中力を養っているんでしょうね。

今出来ることを探す能力が身に着く

目の前に集中することで「今、自分が何を出来るのか」という能力が身につきます。自分に出来ることを即座に判断して取りかかれるようになるのです。

これって、社会人になってからかなり重宝する能力なので、目の前のことに集中して、ぜひ身につけてはいかがでしょうか。

マイナスにもプラスにもならない

集中している時って、ポジティブなこともネガティブなことも考えないと言われています。

完全に「無」となれるので、気分が落ち着かない時などは何科に集中することで心の落ちつきを取り戻せると言われています。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスというものを知っていますか? 世界を代表するトップアスリートや著名人が注目するもので、日本でもメディアが取り上げる機会が多くなりました。

簡単に言えば、心のエクササイズがマインドフルネスです。

今の瞬間に判断や批判を加えず、意図的に注意を払うことと定義している博士がいます。今を生きる瞬間に集中するということですね。

感情のコントロール力を高める

マインドフルネスを行うことで、自分のことでも第三者的な立場から判断を出来るようになります。仕事面なども第三者の視点から見ることで見えてくるものもありますよね。

感情のコントロールが上手くいかなければ、相手に同情したり、色眼鏡で見てしまったりなど、自分の感情を基本にしてしまいます。マインドフルネスを行うことで、そういったものを取り払う効果があるのです。

集中力を高める

トップアスリートたちから注目されている理由として、その集中力の精度の高さがあります。アスリートにとって集中力は欠かせないものであり、さまざまな方法で集中力を高めることでしょう。

しかし、先述した感情のコントロールを行うことで、自然と集中力も高められるのです。

共感性が芽生える

マインドフルネスは相手の立場になって考えられることが出来るため、共感性や思いやりの心を持てるようになります。

自分だけの考えではなく、周囲の考えに同化することで今まで感じられなかったものも感じられるようになってくるのです。

目の前に集中するだけで幸せを感じられる?

目の前に集中するだけで、幸せを感じられる人もいます。その理由は「今」という瞬間を何事もなく過ごせているからでしょう

平凡な日常は当たり前のように思われがちですが、実際は当たり前ではないのです。

当たり前の日常など事故などで簡単に奪われてしまいます。そういったことを考えて、普通に過ごせる今に幸せを感じられるようになるのです。

毎日5分でも集中する時間を作ろう

集中力がない人にとって、最初からマインドフルネスは敷居が高く感じますよね。そこで、毎日5分でもいいので何かに集中する時間を作りましょう

その5分が苦痛ではなくなったら10分、15分と少しずつ時間を増やして集中する時間を長めに取っていくのです。

集中するクセをつけることで時間を大切に出来る?

集中するクセをつけることで、時間を大切に出来るようになります。人間は慌ただしい生き物ですから、時間を無駄には出来ません。

集中するくせをつけることで、ちょっとした合間でも出来ることが見つかるようになるので、時間の使い方も上手になっていくのです。

今を生きることに幸せを感じたい人は目の前に集中しよう

集中は簡単に出来ると侮られがちなものです。しかし、いざ慣れない人が集中してみると数分も持たないことが多いって知ってますか?

5分以下の集中が持たない人は、普段から集中するクセをつけた方がいいかもしれませんね。

当たり前の日常を当たり前と感じないよう、今を過ごせる幸せを感じられるように、目の前のことに集中してみましょう

まとめ

目の前に集中することで、今を生きるなんて大げさに感じていた人もいるのではないでしょうか。でも、それって当たり前の日常を当たり前と思えるほど幸せな生き方をしてきた証拠でもあります。

だからこそ、その幸せを長く続けられるように集中力を高めてみましょう。学生、社会人、集中力は何歳になっても本人にメリットを与えてくれるものです。

特に仕事面では集中力は必須となるので、今からでも修得出来るように頑張ってみてはいかがでしょうか?

やるべきことをやる方法とは?挫折を経験してばかりの人に読んで欲しい。挫折しない方法を紹介!

やるべきことをやらない人の特徴

やるべきことがあるにも関わらず、やる気が起きない人も多いのではないでしょうか? これって、実は「やる気が起こらない」特徴を持つ人が多いんです。

こちらでは、どんな人がその特徴を持っているのか紹介します。

集中力がない

やる気が起こらない人に多いのが「集中力がない人」です

作業を始めても、数分も経たないうちにスマホをいじり始めたり、パソコンで作業をしているといつの間にかネットサーフィンをしているなど、心当たりがある人も多いのではないでしょうか。

静かな場所の作業に慣れていない

静かな場所で作業をすると、集中出来なくなる人もいるのではないでしょうか。逆に騒がしいくらいの方が落ち着いて作業が出来るという人もいます。

作業=静かな場所と決めつけずに、自分が集中して出来る場所で作業をしても構いません。ただ、会社など限定された場所では静かさに慣れるしか方法がないようです。

落ちつきがない

作業を始めても、周囲が気になったりしてなかなか作業が進まない人が多いのではないでしょうか。

落ちつきがないと言われるとそれまでですが、集中して出来るように自分なりの工夫をしましょう。

やるべきことをやる方法とは?

やるべきことをやる方法、それは人によってさまざまです。自分は集中力がないから、落ち着きがないから、と諦めるのはやめましょう。

やるべきことをやる方法は意外といくらでもあるんです。今回は比較的評判が良い方法について紹介しますね。

ご褒美制度を作る

意外と多く活用されているのが「ご褒美制度」です。勉強で例えると、予習が終わったらケーキを食べる、宿題が終わったら漫画を1冊読むなど、区切りでご褒美を作るんです。

人間は不思議なもので、ご褒美が待っているとやる気が増す人が多くいます。まだ試したことがない人は、一度試してみてはいかがでしょう。

ホテルに缶詰め?

小説家など、ホテルに缶詰めという言葉を昔聞いたことがあると思います。あれって、自宅だと本やテレビで気が散ってしまい、集中して書けないからあえてホテルに宿泊するんです。

環境を変えることで意外とやる気が出たりするので、ホテルではなくてもカフェなど環境を変えてしてみるのもオススメですよ。

スケジュールを組み立てる

ちょっとの差でやるべきことが間に合わない人にオススメなのが、スケジュールを組み立てることです。

スケジュールを組み立てると言っても、やるべきことをずらりと並べるのではなく何時何分に終わらせるなど、時間もしっかり決めておくことです。

すると、その時間に向かって集中が出来るようになります。ちょっと窮屈な方法ではありますが、達成出来た時の満足感も得られて自信に繋がるのでオススメですね。

さまざまな物や人にも協力してもらおう!

自分だけではどうにもならない人は、物や人に協力してもらいましょう。

日常生活の中で意外と活用出来るものもあるので、紹介しますね。

アラームを活用しよう

時計ではなくてもいいので、スマホなどのアラーム機能を活用してみましょう。時間制限があるのだと脳に認識させることで、瞬間的な集中力を得ることが出来ます

これを活用している人の中には、普段は集中力がないのになぜか時間で区切る間は集中力を発揮できるようになった人もいます。

ただ、逆に急かされている感じがして合わないという人もいるので、一度試してみてはいかがでしょうか。

罰ゲーム制度を作る

極端な話になりますが、やるべきことをやれなかった場合、自分に罰ゲームを与えてみてはいかがでしょうか

例えば、ご褒美になるスイーツを用意しておいてやるべきことをやれなかった時は食べられない、などです。

ご褒美制度の逆バージョンと言えば分かりやすいかもしれませんね。

休憩はしっかり取る

やるべきことが出来ない理由として、疲労が蓄積されている可能性もあります。疲れていると、集中力も低下してしまうことがあるため、上手く出来ない場合があります。

いつもだったら出来ることなのに、なぜか今日に限って出来ないという人は疲労が溜まっている可能性があるので、思い切って休んでしまいましょう。

休むことで心身共にリフレッシュして気分を新たに作業に取り掛かることが出来るのです。

集中出来ないまま取り組んでいても時間の無駄になりかねません。急がば回れと言う言葉があるように、休憩することが最善の道だという人もいるのです。

まとめ

やるべきことをやる方法、それは人にとって異なります。疲労が溜まっているために出来ない人、集中出来ないことが日常茶飯事な人、このふたつのタイプは異なる方法でしか集中力を得られません。

自分がやれない理由は何なのかを知るために、自分の状態を把握することも大切です。ただ、気をつけたいのはやるべきことをやる方法に捉われすぎてストレスにならないようにしなければいけません

改善方法を探していてストレスが溜まってしまえば逆効果だからです。