運動会が「嫌い」な方へ。楽しむことが大切だけどどうやって楽しめばいいの?

運動会が「嫌い」な方へ…どうしたら楽しむことができるのでしょうか。運動会が嫌いな人というのはみんなで強調して楽しくやるちということが苦手な人もいるかもしれません。

とかく学校では、こういった人は人当たりが悪いとか人づきあいが悪いなんて言われてしまいがちです。また、運動そのものが苦手で運動会に出てもコンプレックスを感じてしまうという人もいるでしょう。

嫌いでも出なくてはいけないのが辛いところですね。

運動そのものが嫌いなので…

運動会が「嫌い」な方へ…どうしたら運動会が好きになるのかということも考えないといけないのですが、根本的に運動そのものが嫌いという人が多いのです。運動が嫌いだから運動会が嫌いというのもわかりやすいですよね。

それでも運動会は全員参加です。徒競走のような個人競技ばかりだったらいいのですけど、団体競技もあるので休むと目立ってしまいますよね。

運動音痴なので見られるのが恥ずかしい

これはよくあることです。運動そのものが苦手で、走るのが遅いと徒競走でもいつもビリという人は運動会は嫌いですよね。

この気持ちはよくわかる、という人は多いでしょう。それでも、運動会が「嫌い」な方へ運動会を好きになってもらうにはどうしたらいいのでしょうか。

嫌いなこと苦手なことはすぐに終わってしまう

走るのが苦手で徒競走は大嫌いという人は、自分の走る番が近づいてくるとドキドキしてしまって、ひどいときには心臓までバクバクしてしまうものです

それでも自分の順番というのはすぐに回ってきて、すぐに終わってしまいます。

徒競走で走っている時間というのはせいぜい10秒20秒くらいのものですからね。ですから、そんな数十秒くらい走っているときのために心臓を無駄にバクバクさせる必要はないのです。

もちろん、言うのは簡単でそのときの気持ちは誰にもわからないというかもしれません。しかし逃げるわけにもいかないのでやはり過ぎ去るのを待つしかありませんよね。

人とからむのがそもそも苦手

徒競走などの個人競技はいいけど、二人三脚とかそういった団体競技が苦手という人も少なからずいます。人見知りな性格も災いしているのかもしれません

運動が苦手な人は徒競走とか個人競技が苦手な人が多いのですが、人とからむのが苦手な人は反対に個人競技となる徒競走のほうが好きということになるんですよね。

こういった部分は性格もからんでくるので対応が難しいです。

フォークダンスになると逃げ出したくなる

運動会ではフォークダンスみたいなものがありました。今では器械体操とかみんなで行う団体競技などに変わっているのでしょうか。

運動会は家族へのお披露目みたいな性格があるので、楽しんでいる姿を親に見せるという意味合いがあります。それなのに楽しんでいない姿を見せられと親もつらいですよね。

参加している本人が一番つらいのかも

人と絡むのが嫌いな人は、運動会に参加している自体が苦手で、逃げ出したくなるものです。なんとか踏みとどまっているのは逃げだしたほうが後が大変だからですよね。

嫌いなのを我慢して演じている子供を見る親も辛いですが、やっている本人が一番辛いのですから、運動会は後で振り返っても楽しい思い出にはならないのかもしれません

運動会を楽しむにはどうしたらいい?

運動会が「嫌い」な方へ…運動会を楽しむにはどうしたらいいのでしょうか。これはとにもかくにも本人のモチベーションをあげなくてはいけません

こういうのはクラスの担任の役目であったりするのですけど、昨今の先生の立場も大変ですから、一人一人にそんなところまで目を配るのも難しいのかもしれません。

親がハッパをかけるのは?

子供の運動会へのやる気を喚起させるために親がハッパをかけるのはどうでしょうか。たとえば徒競走で3位以内に入ったら何か好きなゲームソフトを買ってあげるとかですね

もっと譲歩して、とにかく運動会に出てくれたら欲しいものを買ってあげるということにもなりかねません。それでも少しでも本人にやる気が出るようならそういったことも考えたほうがいいかもしれませんね。

運動会が嫌いでも逃げてはだめ

運動会が嫌いな人は仕方ないですね。勉強が嫌いというのと性格が似ています。

まだ勉強が嫌いというよりは運動会は年に1回ですから、嫌いなら嫌いでやり過ごすことができるので、嫌いでもなんとかなりますよ。

一頃は運動会の練習もしっかりやっていた時期もありましたが最近はあっさりしたもののようですから、こどもにかける負担も少なくなってきたようです。

まとめ

運動会が「嫌い」な方へ…どうしようもないくらい運動会が嫌で嫌でしかたがないのでしたら、無理に出ることはないでしょう。

しかし我慢できるようでしたら、反対に運動会を好きになる努力をした方がいいでしょう。

親も見に来てくれるのですから、少しでもいいところを見せてあげましょう。勉強と一緒で運動会というのは参観日と似たような感じですよね

かけっこが苦手でも他でいくらでも挽回できますよ。まずは前向きに考えましょう。

運動会が嫌いな子と好きな子がいるけどその理由は??

運動会が好きな子、あるいは嫌いな子は様々だと思います。総じて好きだったんじゃないかなと過去を振り返って思い出す人もいるでしょう。

実際に各年代別に子供の頃を振り返って、運動会が好きだったか嫌いだったかを聞いたアンケートがあります。結果は半々ですね。

好きな子もいれば嫌いな子もいるということです。これは授業が好きだったか嫌いだったかに置き換えても半々くらいにはなると思うので考えると妥当なところかもしれません。

運動会を好きな子もいれば嫌いな子もいる

運動会が好きだったか嫌いだったかのアンケートをとると、いちおう半数以上が好きと回答をしているのですが、限りなく半々に近いんですよ。

これを世代別にみると高年者は運動会を好きという人が6割近くいて、世代が若くなるほど好き嫌いの割合が半分の50%に近くなっているんです

昔を懐かしむ人は総じて良い思い出に転嫁してしまうので年齢あがるほど好きだったということになるのでしょうか。それを考えると現役で運動会をやっている子供は嫌いな割合のほうが高くなりそうですよね。

動会を好きな子嫌いな子にいろいろな理由を聞いてみました。

運動会が好きな子に聞いてみると

小学生に聞いたアンケートがあります。運動会が好きな子にその理由を聞いてみると、一番は体を動かすのが好きだから、という回答でした。

確かに、これは一番の理由になりそうですし、体を動かすのが嫌いだったら運動会そのものが嫌いですから、なんとなくこういう答えが一番になるとホッとしますよね。

他には人と競争するのが好きという答えと他には催し物が好きだからという答えもありました。

運動会が嫌いな子に聞いてみると

運動会が嫌いな子にその理由を聞いてみると、一番は体を動かすのが嫌いだから…という答えでした。これは運動会が好きな一番の理由の真逆の答えですから、考えてみると当然と言えますよね。

他には人と競争するのが嫌いだからというのと催し物が嫌いだからという答えになりました。

これも運動会が好きな理由のまるっきり反対の答えになったんです。恐らくですが、走るのが苦手という運動会が嫌いな理由の第一にくる理由は、体を動かすことが嫌いの中に含まれているのでしょうね。

好きだった競技を聞いてみた

各世代別に好きだった運動会の競技を聞いてみたところ、1位は徒競走でしたね。ダントツというわけではないのですけど、各世代別で見てもどの世代でも1位となっていたのです。

これは意外な結果というわけではなくて、徒競走を勝ち組と負け組に分けるとすれば、当然のことながら二分するでしょうし、運動会と言えば徒競走が個々の優劣がはっきりする競技ですから、好き嫌いのトップに来るのは考えたら当然かもしれません。

2位以下は、リレー、玉入れ、障害物競走、綱引きといった運動会の定番の競技が続きます。

徒競走は運動会の花形

やっぱり徒競走が好きな競技の一位ですよね。運動会の花形ですから当然です。

しかし、これって徒競走の順位が半分以内に入っている人が好きって言ってるんだろうなって思います。遅いのに好きって人もいないでしょうから当然ですよね。

団体競技は楽しそうだけど

団体競技は玉入れが健闘してますけど、他は割合が低いんですよ。みんなでわいわいする競技ですから楽しそうですけどね。

どうしても勝ち負けが付いてしまうので、勝った思い出があれば好きなのかなって感じですね。

嫌いだった競技を聞いてみた

嫌いだった競技の一位は、各世代別でこちらも徒競走でしたね。

そして、組み体操、団体リレー、騎馬戦、障害物競走、借り物競走と続いていきます。

徒競走はやっぱり好き嫌いがはっきりと分かれる競技なんですよ。かけっこが苦手な人は必然的に徒競走は嫌いになりますから、これが運動会の中で好き嫌いを二分するのは当然といってもいいでしょうね。

徒競走を嫌いな人は多い

運動会で嫌いな競技は徒競走でした。これは意外な結果ではなく、明確に順位の出る徒競走は本当に優劣が単純比較できるので、徒競走の順位が後半の人は必然的に嫌いになるでしょうね。

これは言うまでもない結果だと思います。

団体競技も嫌いかも

団体でやる競技で欠かせないのが組み体操なのですけど、この競技を嫌いという人は多いんですよ。

意外ときつかったりしまいますし、気の合う友達と組めるわけでもないので、意外と気を遣ったりするからでしょうね。

まとめ

運動会を好きな子と嫌い子は、二分する結果となりました。運動会を好きな子のほうが多いのかなと思ったら意外と拮抗していて予想外といった感じでしょうか。

後で思い出に残るのは運動会という声が多そうな気がするのですけど、半分くらいの人にとってはほろ苦い思い出になりそうですよね。

まあ、ほろ苦くても思い出は思い出なので、それも結果的には良い思い出になるのかもしれません。

友達と思い出を共有しているのも後で思い起こすとこれがまた良いんですよね

運動会が嫌いだった人の割合ってどのくらい?けっこう多いんです!

運動会が嫌いだった人の割合はどのくらいでしょうか。半々くらいかな?と思う人もいるかもしれませんが、大学生のアンケートをとったところ6割の人が運動会は楽しかったと回答しています。

反対に考えると4割の人は楽しくなかったということになるのですが、大学生に限ったアンケート調査ですから、他の世代だとまた違った結果が出るでしょう。

いずれにしてもすべての人が楽しいと感じているわけではないということですね。

各世代を総合すると半々くらい

大学生のアンケートなのでどちらかというと前向きの人が多かったのかもしれませんが、60%の人は運動会は好きだった、楽しかったと答えています。

それでは全世代の平均はどうだったかというとこれが面白いことに半々となったのです。

世代別でもそれほど差がなくて、高齢世代は運動会は楽しかったのではないかなというのが大方の予想ですが、その世代についても半々だったのです。

運動会というのは世代に関係なく好きな人もいれば嫌いな人もいたということですね

ここでは、運動会は嫌いだったということについてもっと掘り下げてみます。

運動会が嫌いだったという人の割合も無視できない

運動会が嫌いだったという人も大学生では40%はいたということですし、全体でも半分の人は運動会が嫌いだったという結果が出ました。これを意外に思う人も多いのではないでしょうか。

少なくとも授業よりも楽しくて、体を動かすのですから嫌いじゃないという人が多いように予想できたのです。

嫌いだったという割合はもっと少なくてもなっとくはできたのに半数の人は嫌いだったというのに違和感を感じる人もいるのではないでしょうか。

好き嫌いという聞き方をすると…

どのアンケートでもそうなのですが、好き?嫌い?という聞き方をすると、どちらかというと好きとか嫌いという答えもあるので、運動会と一言で聞いてみると部分的には好きなものもあったりとか嫌いなものがあったりとかで、結局どっちつかずの判断で二分されるのかなと思います。

これは本当に人によるので、かけっこの得意な人は総じて運動会は嫌いではなかったでしょうし、運動の苦手な人はやっぱり運動会はほろ苦い思い出しかなかったでしょうね

運動会は楽しかった?

運動会は練習もありましたからね。特に小学校の運動会は1ヵ月くらい毎日練習してたので、授業も少なくて楽しい、なんて人も多かったのではないでしょうか。

勉強が嫌いな人って反対に運動会がすきだったりしますよね

ですから、運動会が好きか嫌いかってそれほど意味がないのかもしれません。部分的に好きって人はけっこういたでしょうし、徒競走は足が遅いから嫌いという人でも、障害物競走は足が遅い人で1位になれるチャンスはありましたからね。

そういったことも考えるとみんな楽しかったんじゃないかなって思いますけどね

運動会が嫌いだった…

運動会が嫌いだった人が約半数です。どちらかというと嫌い…という人もほんのちょっぴり嫌いだったかなという人も好き嫌いという判断となると嫌いのほうに入るんですよね。

それでも、消極的な嫌いであっても、確かにこの部分は明確に嫌いだったという部分があるんです。

今は水分補給がうるさく言われていますけど、昔は水を飲んだら反対に疲れるから…なんて今から思えばめちゃくちゃなことを言われていて、ひたすら運動会の練習がきつかった…なんて人もいるでしょうね。

走るのが苦手な人はやっぱり運動会が嫌い

運動会が嫌いだったという人の多くは走ることが苦手だったり遅かったりした人ではないでしょうか。小学校中学校を通じて徒競走はずっとビリ…なんて人は運動会が嫌いになっても不思議ではないですよね。

特に親やおじいさんおばあさんが見に来てくれたりしたら、その前で徒競走がビリになるのは恥ずかしいものです。ほんの10秒20秒くらいのかけっこなのですけど、さらし者にされているような気分になるんですよ

運動会のどこが嫌いだった?

意外と運動会が嫌いだったという割合が多いのは、走るのが苦手だったからといった以上の理由があるような気がしますよね。

具体的にはどういったものでしょうか。

何かと面倒だった

こういった意見は多かったです。総じて運動会が嫌い…といった人の典型的な意見です。

練習が嫌いとか暑いから、中には汚れるのが嫌だったなんて意見もありますよ。

団体競技が苦手という人も

徒競走はまだいいんだけど、二人三脚とか、ムカデ競走とかみんなで一致団結してする団体競技が苦手という人も意外と多いんです。

コミュ障というわけではないんでしょうけど、協調性の問題の他には複雑な人間関係?もあったのかもしれませんよね。

まとめ

運動会が嫌いだったというのは、運動神経と結びつけがちですけど、いろいろな要因があるんですよね。

さらに部分的なところもあって、総合的に運動会ってどうだった?という聞き方はちょっと違うのかな、なんて思いました。

それでも、運動会を懐かしんで嫌いだったなあって思ってもどこか良い思いでもあったんじゃないかなって思いますよ。

運動会のすべてが嫌いだったなんて人は恐らくいないはずですからね。というかそう思いたいですよね。