かっこいい英語のフレーズを極めて恋愛を成就させよう!

恋愛に使える簡単な英語のフレーズを集めてみました。日本語の表現力で多彩な愛の言葉があるのですが、英語のシンプルさゆえの深さも捨てがたいものです。

これから恋愛が始まる、まさにこれから愛の告白をするといった人もいるでしょう。まさに恋愛真っ最中という人もいることでしょう。

どのようなシチュエーションでもこの恋愛のフレーズを使ったら間違いなく相手のハートを鷲づかみ!そんな恋愛に効果のあるとびっきりかっこいい英語のフレーズを集めてみました。

大切な人に英語をつかって愛情表現してみたい

1x1-trans_-6680966

日本語だと恥ずかしいけど英語だと抵抗なく言えそう…そういった人も多いのではないでしょうか。英語力がなくても短いフレーズだったら大丈夫です。

I love youに勝る愛情表現はないという人もいますが、それに匹敵する英語のかっこいい恋愛向けのフレーズはたくさんあるのです。大切なパートナーにきちんとした愛情表現をしてみましょう。

ちなみに、アイ・ラブ・ユーではなくて、アイ・ラブユーとラブユーは続けて言わなくてはいけません。決して日本語読みすることなく発音は英語らしく言いたいものですね。

愛を伝える定番のフレーズ

I love youはカップルであったら誰でもすぐに思い浮かぶ言葉でしょう。また、英語で言うのでしたら定番過ぎますが、やはり一番言いたい言葉ではないでしょうか。

そして、愛を伝える言葉としてはI love youに匹敵するくらい重みがあるのが、I cherish youとI treasure youですね。

I cherish youは「あなたを大切に想っている」という言葉で、I treasure youは「あなたはわたしの宝物」という意味になります。

どちらも素敵な言葉ですね。ワンフレーズでビシッと決めたい人でしたら、こういったフレーズはどうでしょうか。

感情を込めて言いましょう

I cherish youもI treasure youも愛情表現の中では常套句と言えます。だからこそかっこよく言いたいものです。

決して棒読みにならないようにそしてネイティブのように流ちょうに話すようにしましょう。愛を伝える言葉ですから、どこまでもかっこよく…そのためには家で鏡を見ながら発声練習をしてください。

少し巻き舌のような感じで話すのがコツですよ。

恋愛関係が進んだカップルにおすすめのフレーズはこれだ!

1x1-trans_-6680966

つきあい始めて数ヶ月あるいは数年経ったカップルはすでに熱病のような激しい感情が落ち着いた頃でしょうか。そういったカップルにおすすめの英語のフレーズは、どっしりとした重みのあるものにしたいものです。

ほどほどに重みのあって軽くないフレーズがベストです

I’m really glad I met youは「あなたに会えてほんとうによかった」というものです。

これはもっと日本語的な意味合いにすると、「あなたに会えたことでわたしの人生はもっと華やいだものになったよ。これからもよろしくね」といった意味になります。

この言葉は二人の関係が落ち着いたころに、スッと言いたいフレーズです。ここぞというとき、二人が出会った記念日などに使ったら雰囲気でますよ

一緒にいると楽しいという気持ちを伝えたい

You always make me happy「あなたといるといつもしあわせな気持ちになるの」直訳すると、「あなたはいつもわたしを幸せにしてくれる」というものです。いずれにしても気持ちは相手につたわりますね。

つきあいが進んで落ち着いたときに、こんなフレーズが出たら言われたほうもハッピーな気持ちになるでしょう。

情熱的な愛のフレーズを言ってみたい

1x1-trans_-6680966

ここまでくるとシャイな日本人手には負えないでしょう。やはりここは英語のフレーズにまかせたほうがいいようです。

情熱的な言葉だけどすんなりと言えそう

Please keep holding my hands「おねがいこの手を離さないで!」Please は「どうぞ」という意味に使うことが多いのですが、恋人同士では懇願の意味になることが多いです。

ですから、「お願い」となるのですね。

あなただけ!ということを伝えたい

You’re my everything「わたしにとってあなただけ」I can’t live without you「あなたなしでは生きていけない」
かなり情熱的な言葉ですが、簡単なフレーズなのでスッと言えそうですね。

日本語では赤面してしまいそうですが、英語だと本当に軽く言えそうです。

簡単に言えるだけに、タイミングやシチュエーションというものがとても大切になります。さらに失敗しないようにつまりは噛まないようにしっかりと練習してきたほうがいいでしょう。

まとめ

恋人同士では、ことばかけというのはとても大切です。ときには愛のささやきもしたほうがいいでしょう。日本語では恥ずかしいときに是非とも英語を使ってみてください。

相手が「どういった意味?」と聞いてきたら日本語で説明すればいいのです。

そうすると相手のほうも英語でも日本語で同じ意味の愛のささやきを聞いたのですから二度おいしいことになります。そういう効果を期待するものではないのですが、結果として与えるインパクトも大きいですね。

ヒップホップ〜英語〜スラング10選!ラップ好きな人がこれだけ覚えたらokなフレーズを厳選したよ!

音楽のなかでも特に独特の表現が多く、一見わかりにくいヒップホップの歌詞のなかには「スラング英語」が混ざっています。

聞き慣れない言葉なので何のことをいっているのかわかりにくいかもしれません。

スラング英語はヒップホップならではの仲間だけに通じる暗号のようなもので、歌詞に混ぜて歌っているのです。

そんなスラング英語のなかでもヒップホップで頻繁に見かける歌詞を10選ご紹介致します。

スラング英語ってなに?

スラング英語とは学校の授業などで使うことのない言葉のことをいいます。

ビジネスなどのちゃんとした場面で使われるものではありません

友達や仲間同士のくだけた場所で使うことが多く、なかには下品と感じてしまうような言葉の表現も含まれています。

遊び言葉のような意味を持っているので、本来の単語の意味とは逆さの意味があったり、

違う読み方をすることであえて一般の人にはわからないように表現しているのです。

このスラング英語は、英語を流暢に話すネイティブの間では常識でもあり、このスラング英語を使えることこそがかっこいいとも言われています。

スラング英語が誕生したのは公の場では口にするのも躊躇してしまうような言葉を別の言い方に変えることで、場所を選ばず自由に表現することができます。

時代の変化や流行によって生まれるものが多いので、年々新しいスラング英語が誕生しています。

それを全部覚えようとしたら数が多すぎてとてもじゃないけど覚えられませんよね。

ちなみに日本語でかっこいいをCool!といいますが、これもスラング英語です。

このスラング英語は特に若い世代で頻繁に使われるもので、ヒップホップなどの音楽の場面で頻繁に使われるのを見かけます。

実は海外のヒップホップなどの英語を聞き取れる人からすると言葉の意味が通じないな…?と感じることも少なくないでしょう。

スラング英語はその意味を知らないと言葉として繋がることはありません。

あなたもヒップホップで頻繁に使われるスラング英語を習得して、ちょっとした場面でネイティブのように発言して楽しんだり、本場ヒップホップの歌詞のなかに隠れている本当の意味を読み解いてみるのも面白いのではないでしょうか

では実際にスラング英語で良く見かける単語10選をご紹介致します。

どれも一度は耳にしたことがあるにも関わらず、別の意味に捉えていた!なんて人も少なくないでしょう。

fam(ファム)

「いつメン」の意味を持つ言葉で、もともとは家族の“Family”が語源となっています。

親愛なる人への言葉や、家族の存在を表す言葉で親近感を出したい時にもおすすめです。

また仲間といった意味で使われることもありますし、○○ファムのように夫婦を表す時にも使います。

使う場所によって多少のニュアンスの違いはありますが、家族を連想させる時に使うスラング英語です。

GOAT(ゴウト)

史上最高や超最高などを表す”Greatest Of All Time”の頭文字をなぞったものです。名刺や形容詞などで使われます。

G.O.A.T.のようにアルファベットの間にピリオドを付けて使う場合もあります。

特に他の人よりも秀でた才能を持っている人や、優れている人に対して使う言葉です。近頃は人だけでなく物やゲームでも使うことがあります。

I’m dead

この言葉だけ見ると「死んでいる」というとてもハードな意味の言葉になってしまいますが、スラング英語では「爆笑」「面白すぎ!」「笑いすぎて死にそう」などのとにかく笑いが止まらない時に使うスラング英語です。

若者の間で流行っている言葉なので音楽以外にも、SNSなどの仲間同士のやり取りでも見かけます。

YOLO

“You Only live Once”の頭文字を取ったもので、2012年頃からヒップホップで頻繁に見かけるようになりました。

「人生は一度きり」といった今を楽しもうというポジティブ的な言葉として使われることが多く、2006年にアメリカのバンド、ザ・ストロークスが使ったことでじわじわと有名になったのではと言われています。

当時ハッシュタグでも使われていましたが、現在では皮肉の意味を込めて使う場合もあります。

Damn

Damnはもともと“呪って破滅させる”といった意味があります。

例えば相手が話したことに対してがっかりした時や、驚いた時、非難する時にDamnを使うことが多いと言えるでしょう。

また歌詞の意味を強調させたい時にもこのDamnをつかうことがあります。

zero(ゼロ)

スラング英語ではどうしようもない・救いようがないやつなどの手の施しようがない人に向かってこのzeroを使います

もともとが何もない数字のゼロをイメージさせる言葉なので、スラングでもこういった使い方をされるようになったのでしょう。

word(ワード)

スラング英語では「本当?」や「OK」などの意味でWordを使います。

「What」などのなぜ?といった質問に対して使うなどシーンによってもさまざまです。

track(トラック)

楽曲のことをtrackといいます。

これは日本でも見かけるスラング英語ですね!音楽のことをtrackと表現しているのは度々見かけます。

なんとなくかっこいい印象になりますよね。

shorty(ショーティー)

魅力的な女性のことや自分のガールフレンド・若い女性に対して使います

Ja Ruleの”Always On Time”の楽曲の中にもこのスラング英語が使われています。

とにかくレベルの高い女性に対して、使うフレーズなのでスラング英語では頻繁に使われます。

peeps(ピープス)

友達や仲間のことです。「やあみんな!」などの単体ではなく不特定多数に呼びかけること、話しかける時に使う言葉です。

親しみやすい言葉でもあるので、女性の日常会話として使う場合もあります。

もっと略してpplと表現されることもあり人々やあなたたちといった言葉の意味があります。

まとめ

スラング英語10選をご紹介しました。

ここで紹介したものは下品な表現や性的な表現のものは避けていますが、他にもたくさんの種類があり覚えるともっと幅が広がり楽しめるようになります。

しかも今までは知らなかったヒップホップの歌詞を知り、楽曲ともっと近い存在になれたような嬉しさもありますね。

ホップホップのスラング英語は時代を先どったものや流行のものがたくさんありますので、はやりの曲を聞くと使うスラング英語も外すことはありません。

【英語】かっこいいフレーズは熱い友情の中で使われる!大切な友達に送ろう!

大切な友達にエールを送りたい…しかし、日本語だと気恥ずかしいし、英語でなにかかっこいいフレーズはないかな…。一言でいいんだけど。

そんな、かっこいい英語のフレーズを探している人のためにとびっきりのフレーズを集めてみました。元気づけるフレーズもあれば、感謝を伝えるフレーズもあります。

日本語の表現の豊かさも好きだけど英語のかっこよさも捨てがたいですね。珠玉の英語のフレーズの数々を友達に送ってください。

意味が分からないと使えないフレーズも

単語の意味をそのまま直訳しても分からないフレーズというのは英語にはたくさんあります。まさに暗記力の世界なのですが、友達の間では常套句として使われるフレーズですから、使い方には迷わないでしょう。

実際に英語は、単語を組み合わせるとまったく違う意味になるようなものも多いです。日本語と同じように組み合わせで言葉が作られていく傾向も多いので、そのあたりは情報収集をしないといけませんし、ネイティブの外国人と日頃から会話をする習慣をつけておくといいでしょう。

your call「まかせるよ」信頼しているときに使う言葉です

全幅の信頼をしているからすべてまかせる、といった時に使います。your callという言葉に「まかせる」といった意味があることにびっくりする人もいるかもしれません。

英語の授業で習うとしたら、「It’s your call」と習うことでしょう。友情を培っていく中での常套句といってもいいかっこいいフレーズですね。

A word of advice「忠告しておくよ」信頼できる仲間に伝えるフレーズです

A word of adviceのあとに、具体的な内容が続きます。相手によく聞いてほしいというときに使うフレーズです。

ここぞというときに使いたい常套句です。その後に続く言葉がとても重要になりますね。

ちょっとしたフレーズで友情を再確認

ふとしたときに発するフレーズですが、親密な友情関係ができていないと発することのないフレーズを紹介します。

こういうフレーズが自然と出てくるようになるとネイティブ顔負けといった感じになりますし、こんなことが言えるような友人が是非とも必要ですよ。

I’m happy for you「本当に良かった」共に喜びを伝える言葉です

I’m so happy for youといったように happyの前にsoをつけるとより強調したニュアンスになります。友人がなにかに成功したとき、資格を取ったときなどに使うといいでしょう

自然とこういった言葉が出てくるとさらに友情が深まることでしょう。シンプルですが、とてもかっこいいフレーズですよ。

Good catching up「話せてよかったよ」相談に乗ったときなど…

これも意味がわからないと、トンチンカンになってしまうのでシチュエーションなどと合わせて丸暗記になるのですが、友人との会話の中で良く出てくる、これも言わば常套句と言っていいでしょう。

特に話しが盛り上がらないと言わないフレーズですから、二人は良い友情関係にあるといってもいいでしょう。

友人同士でしか使われないフレーズ

友人同士でないと使わないフレーズというのもたくさんあります。気軽に言うことができるものもあれば、真剣に言わなくてはいけないものもあったりと、似たような言葉でも使い分けることで真剣度を分けているのです。

それでも英語となるとかっこいいフレーズが多いですね。友人関係でも気軽に使うことができるのがいいのです。

You gotta be kidding me「うそでしょ?」よく使うフレーズです

日本でも友人が言った言葉に対して「ほんと?」なんて言葉を使いますが、まさにそんな感じで使います。それだったらrealy?という言葉のほうが簡単そうですが、それよりももう少し言葉の意味合いが重くなるようです。

Are you kidding?「からかってるの?」といったフレーズもありますよ。

let’s go already「はやく行こう」少し焦っている感じです

友人の間ではかなり頻繁に使うことばです。時間がなくて焦った感じのときや、友人がゆっくりしているときなどに使う言葉です。

意味合いとしてもわかりやすいですし、その場のシチュエーションでもすぐに意味がわかります。

まとめ

友人にかける言葉は、元気づけたり、急かしたり、相づちを打ったりと様々です。それでも一緒にいて楽しいのですから、そのときのシチュエーションによって同じ意味でもフレーズを使い分けることで、微妙なニュアンスの違いを演出することができます。

友人同士ならではのかっこいいフレーズがたくさんありますから、まずは日本語でそのフレーズを考えてから、それが英語だったらどのように表現するのだろうと考えるのも楽しいですよ。

ハロウィンを英語で説明できるかな??ハロウィーンで友達との会話に使える厳選フレーズ20選!!

だんだんと季節が秋めいてくるとこの季節がやってきます。

日本でもクリスマス以上に注目されているイベントといえばハロウィーンでしょう。

思い思いの仮装でパーティーに参加して一晩中楽しんだり、お菓子をもらいに練り歩いたり、おばけをイメージしたものを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

もともとのハロウィーンは実は全く違う意味を持つイベントでもありました。

そんなハロウィーンの由来や意味、ハロウィーンで使える英語フレーズなどハロウィーンをもっと楽しむ為のポイントについて説明します

ハロウィーンってなに?

古代ケルトの考え方でハロウィーンはもともと新年のはじまりである11月1日に死者の魂が蘇ってくると考えられていました。

そのため、人々が神様に収穫物を捧げてお祈りする・悪霊を追い払う意味として行っていたのです。

ケルト人にとってハロウィーンは大晦日のような意味を持っていたと考えられています。

11月1日はAll Saints’ Day(万聖節)の意味があり、その前夜にあたる10月31日をハロウィーンとしたのが始まりだと言われています。

今でこそイベント的な要素の多いハロウィーンですが、実は神聖なイベントでもあり祈願する為のものなのです

ハロウィーンの本場アメリカでも今は、宗教的な意味合いよりもイベントの一つとして考えられている場合が多く、子どもがおばけの仮装をして近所の家を訪れて、「トリックアトリート」とお菓子をもらいに行くイベントにもなっています。

10月31日には授業の最後に教室でハロウィーンのコスチュームに着替えて、学校周辺をパレードしてパーティーに参加します。

ハロウィーンでよく見かける英語のフレーズは?

ハロウィーンの時期に頻繁に耳にする英語のフレーズがあります。

ハロウィーンの装飾やちょっとした宣伝などでも見かける聞き慣れた意味のフレーズばかりです。せひ覚えてハロウィンを英語で説明してみましょう。

(1)Spooktacular

“Spooktacular”には、ぞっとするような、不気味な、幽霊のようななどの怖い印象を表す時に使います。

もともと単語同士を組み合わせた俗語になり“spooky”+“spectacular”が組み合わさっています。

他にもIt’s creepy!なども気味が悪い時に使う英語です。

(2)Jack-o-Lantern

ハロウィーンで見かける顔が彫られたオレンジ色のかぼちゃのことをいいます。

ハロウィーン前になると本物のかぼちゃから中身をくり抜いて、なかにロウソクを入れるランタンを作ります。

玄関先に飾ったりお菓子をもらいに行く時に持っていくなど、ハロウィーンらしさを印象づける品の一つでもあります。

このランタンをハロウィーンよりも早く作ってしまうと当日には駄目になってしまうこともあるので、大抵は1週間ぐらい前に作って準備をします。

キットなども販売しているので子どもでも実は簡単に作れます。

(3)Boo!

相手を驚かせたい時に使うフレーズです。背後から近寄ってBoo!と声をかけてみましょう。

相手が気を抜いてリラックスしている時がベストなタイミングです。

ハロウィーンのさまざまな英語フレーズに合わせて使うのがおすすめです。

もちろん、おどかす相手はちゃんと選ぶようにしてくださいね。

(4)fancy dress

仮装をするコスチュームのことをいいます。

怖そうなキャラクターの衣装を着る場合が多くvampires「吸血鬼」やwitches「魔女」、zombies「ゾンビ」Frankenstein「フランケンシュタイン」などの仮装はよく見かけますね。

もちろんハロウィーンの場合は仮装の種類に決まりはないので、自分の着たい仮装を選んでハロウィーンに参加することもできます。

fancy dress ではなくCostumeと表現されることもありますが、同じ意味です。

ハロウィーンで使える英語フレーズ20選

せっかくハロウィーンに参加するのであれば、ネイティブのように英語のおしゃれなフレーズを使って楽しみたい!

なんて人に、是非とも使って欲しいおすすめ英語フレーズ20選を紹介します。ちょっとした言葉の言い回しや違いを楽しみましょう。

(1)Happy Halloween

ハロウィーンおめでとう!や楽しいハロウィーンになりますように。

ハロウィーンで見ず知らずの人が道をすれ違った時にも挨拶代わりに使う定番のセリフです。

(2)Trick or treat!

お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ。ハロウィーンの定番で、子どもたちが回ってくる時ように周辺のお家ではお菓子を準備して待ちます。

(3)Have yourself a creepy little evening

ぞっとする恐怖の夜をお過ごしください。ハロウィーンらしいセリフですね。

(4)It’s time for a coffin break

お墓の時間ですよ!(コーヒーブレイクになぞらえているそうです)

(5)Have a frightfully fun Halloween

ぞっと身の毛がよだつほどのハロウィーンを。相手を怖がらせるのがハロウィーンです。

(6)I hope vampires will not attack us on Halloween

ハロウィーンの夜にヴァンパイアに襲われませんように

(7)I hope my scream will reach your house

ハロウィーンの夜にあなたの家にも私の悲鳴が聞こえるように願っています

(8)What will you be on Halloween?

ハロウィーンはなに変装するの?

(9)Have a nice trick-or-treating!

楽しいキャンディー狩りになりますように

(10)May the magic of Halloween be with you

ハロウィーンの魔法があなたとともにありますように

(11)Wishing you a spooky night!

不思議で不気味な夜になりますように

(12)I’m scared to death!

死ぬほどの恐怖に怯えています

(13)Trick or treat, smell my feet

もてなしてくれないと悪さをするぞ!僕の足のニオイを嗅ぐか食べ物をよこしな。アメリカなどの外国らしいジョークです。これを本気にとられては困りますよね。

(14)All dressed up!” “Dress up for Halloween!

とびきりおしゃれな仮装でハロウィーンを楽しんでね

(15)Let’s get spooky!

あいつを驚かせてやろうぜ

(16)It definitely send silvers down my spine

絶対に驚かすに決まっている!今からゾクゾクするわ

(17)Gimme (give me) all your candy!

私にキャンディーをちょうだい

(18)I hope you can scare lots of people!

たくさんの人を驚かせて楽しもうぜ

(19)What are you dressed up as?

あなたの仮装はどんなものなの?

(20)I’m going to throw a costume party. Do you want to come?

コスチュームパーティをするんだけどあなたも来る?

まとめ

ハロウィーンに使える英語フレーズ20選やよく使われる英語の単語など、ハロウィーンに参加するのであれば是非とも知っておきたいフレーズを紹介致しました。

このままの言葉で伝えてもいいのですが、自分流にちょっとアレンジしたフレーズにしても面白いですよね。

ハロウィーンの特別な一夜をすてきなフレーズと一緒にあなたも楽しんでみてくださいね。

時にはパーティーだけでなく神聖なお祭りとして楽しんでみるのもいいかもしれませんね。

英語でスキルアップする方法とは!英語の学習でつまづいてしまう人に特に知って欲しいその原因と改善策!

近年、外資系に限らず日系企業でも、英語を公用語化したり、英語の外部資格のスコアが昇進の条件になっているところが増えてきました。

世間では以前にも増してどんどん英語の必要性が高まっていますよね。

とくに国内では2020年に向けてますます増加する来日外国人観光客や留学生など、日本にいながらもさまざまな国の人とコミュニケーションをとる場面が増えてくることは間違いありません。

そんな状況に対し、英検やTOEICなどの資格試験の勉強をしている人や、英会話学校に通って会話の練習をしている人たち。

特に20代の学生や社会人になったばかりの人たちで英語が必須な場合、英語熱はすごいものですよね。

しかし、そのように英語をスキルアップしたいと望み奮闘している人たちから、このような声を聞くことがよくあります。

「何年も勉強してるのに、なかなか英語が上達しない」

もちろん、英語は言語ですから、すぐに英語力の成長を実感できるような方法などありません!

ですが、少しでも早く実感できる方法がないのかを、英語ペラペラの大学の先輩に聞いてみました。

本人は、純ジャパから、TOEIC満点の人なんで参考になればと思います。

ここからは、基本的に本人の寄稿文になります。

留学することの価値

ぼくはドイツ・ハンブルクの大学に留学、アメリカ・サンフランシスコでホームステイを経験しました。

当時はインターネットが主流ではなかった時代(30代前半)。

海外の情報も今ほど多くなく、当然今のように簡単にネットで格安で英会話を学べるような環境など整っていませんでした。

環境を作れ

だからこそ、英語を習得したいのなら現地へ行くという発想が自然だったように思います。

「英語から逃げられない環境」を自らつくることで英語上達を課していたんですね。

ただ、ネットやアプリが整った便利な今の時代にもやはり思うことは、「海外に行って活きた英語に触れて学ぶのが一番の上達法」だと思っています。

英語だけでなく人前で話す訓練を

実際に触れてみて、感じてみて、活きた英語に囲まれることの重要性は、実際に経験した人にしかわからないかもしれません。

たとえば、INSTAGRAMの人の投稿写真を見て、自分もそこに行ったことあるような、知っているような気分になっているのと同じ現象ですね。

留学者がつまづく事

海外に留学した人がよく言うことは、「日本人がスピーキング能力に乏しい」のは、単なる英語の問題だけでなく、「話そうとしない、人見知り」だからだという根本的な問題だという意見もあるそう。

リーディングやライティングのほうは自分で何度も読みなおしたり書きなおしたりする時間があるし、

リスニングはただ受動的に聞けばいいだけだからというところはあるけれど、

「人前で話す」という訓練自体を日本語でもそれほどしてこなかったので、「そもそも何を話せばいいの?」となってしまうようです。

日本人は「聴く」と「話す」が弱点

英語をスキルアップしたいと一言で言っても、言語は元々情報伝達のため、聞いて話すための道具ですよね。

読むことと書くことは習わなければできませんが、聞いたり話したりする能力は自然に身についていくはず。

しかし多くの場合、日本の英語学習は受験対策が主流。読んで(リーディング)適切な選択肢を選んだり、

書いて(ライティング)答えたりする問題がほとんどなので、わたしたちはこれまでの英語学習であまり英語を声に出す必要性がありませんでした。

受験勉強ではリスニングースピーキング能力は養われない

そのおかげでこれまでのわが国の英語教育ではわたしたちの「聴く力と話す力」はほとんど養われなかったのです。

ましてや「ネイティブとコミュニケーションが取れるほどの英語力」は身に付いていなかったんです。

もちろん、助動詞や完了形の使いかたといった、英文法に関する知識は学校教育の中で習得してくることができたと思っています。

ですが、あくまでわたしたちの多くが身に付けていたのは、「受験のための英語力」でした。

受信力と発信力をバランスよく身に付けよう​

日系企業を中心に根強く採用されている「TOEIC」は、リスニングとリーディングのスキルだけをマークシートで測定していきます。

このために、TOEICのスコアが高いけれど、話したり書いたりして「発信」できないという日本人はとても多いのも現状です。

いわばINPUTは頑張っているのに、OUTPUTが追い付いていない

英語をスキルアップしたいと願う人には意外とそんなタイプが非常に多いんですね。

英語で話す相手を見つけよう

これまで日本人が比較的得意としてきたリスニングやリーディング=「英語の受信力」のことを、「Receptive Skills(受信型スキル)」といいますが、

この受信型スキルは、テキストを使ったりCDを聞いたりして、自分で勉強することができます。

ところが、スピーキングのような「英語の発信力」=「Productive Skills(発信型スキル)」に関していうと、学習するには基本的に英語が流暢に話せる「相手」が必要ですよね。

最近では10~20代の方々が使いこなしているように、様々なアプリやSNSを通して、「相手」を見つけることが簡単な時代になりました。

そういった時代を味方につけて進化することも勝利への第一歩。これまでの「読む」「聞く」という「情報を収集するだけ」の英語の勉強では、もはや限界に達してきています。

単語や文法はある程度理解していたのだけれど、いざ外国人を前に何か話そうとしても、まだまだうまく言葉が出てこないの人も多いのでは。

情景をイメージングしながら音読するのが効果的

特に独学で参考書とにらめっこして学んでいると、そんなOUTPUT苦手の状態に陥りやすくなります。したがって、英語力をアップさせたければ、そこを変える必要があるのです。

そこでとても簡単に実践できる方法として、音読する際にぜひやっていただきたいのが、「情景をイメージングしながら音読すること」です。しかも「なりきって音読すること」。

長文問題用の英文やリスニングスクリプトなどを読む際には、登場人物になりきったり、誰かに話を伝えているナレーターになりきったりするということです。

そうすることで、情景と自分の感覚がより結びつきやすくなり、英語を自分のものにしやすくなります。

言語というのは自分が実際に使ったときに一番しっかりと記憶に残るものなので

その状況を擬似的に生み出すには情景をイメージングしながら「なりきって音読する」が最も良い方法だといえます。

とにかく音頭を

手持ちの教材に限らず、ドラマや映画で聞いたセリフでもぜひやってみてください。

それから、洋楽が好きな人は洋楽の歌詞と対訳も素晴らしい教材です。好きな曲、好きなアーティストであればあるほど、何を訴えたいのか、歌い方(発音)の細かい部分までまねてみようとしたりしますよね。ぜひ、本人になりきってカンペキな発音で歌い込んでみてください。

英語の曲をじっくり聴くと「英語らしい発音」も分かってきます。そしてこのような音読を繰り返していると、なんと同時にリスニング力がアップするというオマケつきですよ!

まとめ

英語で考え英語で伝えるようになるために「英語を自分のものにする作業」。

これが今の日本人の英語学習のキーポイントとなっています。

英語学習をするとき、多くの場合は最終的に教材の日本語訳で意味を確認したり、日本語から英語に置き換えてアウトプットすることがよくあると思います

そのままでは常に頭の中で2言語間を行ったり来たりしていることになるんですね。

何と何を置き換えればいいのかだけが分かっていても「日本語を挟まずに英語を自分の言語として操れる状態」にはなりません。

英語は話す機会が多ければ多いほど力がつきます

英語で考えて英語で話すようになるトレーニングはそういった英語の環境づくりからおこなうことが必要です。

週1回の英会話学校などだけでは場数をこなしにくく、少し慣れたと思ったらまた感覚を失って…の繰り返しの人も多いかと思います。

最近では20代の方は知っている人も多いように、オンライン英会話を使えば、Skypeを使っていつでもどこでも英会話レッスンを受けることができたりしますね。

英語は言葉ですから、毎日少しの時間でも触れることが大切。机に向かった独習もいいですが、実際のコミュニケーションを通じたアウトプットも意識するようにしましょう!

【英語】一言フレーズのかっこいい使い方でネイティブもびっくり!

日本語だとなんとなく気恥ずかしいフレーズも英語だとすらっと言えるから不思議。ちょっとしたエッセンスに英語を使うとお洒落にもなるし、日本語もいいけれどやっぱり英語はかっこいい。

友人を元気づける言葉から、自己啓発になる言葉まで、日本語の多彩さは世界に類を見ないけども、英語も捨てたモノじゃないですよ。中には日本語と同じ意味のことわざまであってますます興味深いですよ。

英語も奥が深いですね。

日本語で言うよりも英語でいうほうが気軽なことも

日本語だとどうしても重たくなってしまうけど、英語だとなんとなく気軽に言えてしまう…そういったことも多いのではないでしょうか。

ハリウッド映画などを見るとヒーロー物が多いので、かっこいいフレーズの英語がこれでもかというくらいに出てきます。

私たちもあんな風に英語が話せたらどんなにいいのかと思うことでしょう。ぺらぺらに喋るようになるにはかなりの時間がかかると思いますがワンフレーズの英語だったらなんとかなるかも…そんな英語を集めてみました。

After you「お先にどうぞ」がかっこいい

なんとなく、「あなたが後で」と思いがちですが、反対に「あなたの後に」というのが直訳になります。わかりやすい日本語で解釈すると、「お先にどうぞ」となるのですね。

Afterは動詞ではないので命令調ではありません。主語もないので、英語には主語と述語が必ずある、適当に喋る日本語はわかりずらい…なんて散々言われてきたのですが、英語も主語も述語もないワンフレーズで意味が通じる言葉はたくさんあるのです。

というよりもそっち系の言葉のほうが多いですね。スマート、にAfter you「お先にどうぞ」なんて言えたらかっこいいですけど、これは外国人観光客にしか言えませんけど、日本人の優しさを随所で見せてあげたいものです。

もっとカジュアルにGo ahead「お先にどうぞ」

「After you」は丁寧な感じなので、外国人旅行客に言うときに使います。それが友人となると「After you」では丁寧すぎて他人行儀的なものになってしまうので、「Go ahead」を使います。

これは映画などでも良く出てくるフレーズですよ。さらに「やってみたら」的な表現に使うこともあるので、そのときのシチュエーションが大事となってくる簡単ですが奥の深いフレーズとなっているのです。

映画や本がお手本になる

映画はとても身近です。ハリウッド映画はシネコンに行ったら一本は上映されているのでいつもで見ることができます。

英語で書かれている本となると敷居が高くなりそうですが、今はネットの時代ですから、活字ならWebで見ることができるのでこちらのほうがさらにお手軽といえそうです。

Now what?「これからどうする?」アナと雪の女王の中のワンフレーズです

アナと雪の女王の中では、物事が一段落して次のステップに向かう際に使われます。なんとなく、次は何があるんだろうみたいなワクワク感がありますね。

反対にシチュエーションによっては「どうしよう…」「お手上げだ」といった不安要素に使われることもあるようです。笑顔か落ち込んだときかどちらかで使い分けできそうですね。

no choice「これしかなかった」トランスフォーマーの中のフレーズです

主人公が敵をやっつけたときに言ったことばです。「仕方なかった」「他に打つ手がない」と訳すこともできそうですが、シチュエーション的には「これしかなかった」というのがしっくりきますね。

日常会話では、他に選択肢がないから「仕方ない…」といった意味で使うことが多いですよ。

日常生活の中にかっこよさがある

街を歩くと外国人旅行者の姿をよく見かけるようになりました。いろいろな国の言葉が聞こえてくるのですが、やはり学校で習ってきただけに英語はすっと耳に入ってくるのではないでしょうか。

なんて言ってるんだろう…あんなふうにかっこいい英語をワンフレーズで使ってみたいなと思うこともあるのではないでしょうか。かっこいい英語は日常会話の中にあるのです

Chill out「落ち着いて」応援的なフレーズです

似たような表現は他にもあるのですが、よりカジュアル的で友人に使うフレーズです。

興奮しているときやガチガチに上がっているときに使うフレーズです。もっと強めに言うときは、Just Chill out「もっとリラックスして」となります。

Hang in there「あきらめるな」がんばれということですね

日本語でがんばれ!というのは最近では、がんばっている人にかけるには酷な言葉、というイメージが定着しています。しかし、英語ではこのように表現することで、がんばれという言葉になるのですね。

Hang in と thereを省略してもOKです。

まとめ

英語ではワンフレーズ…一言で言えてかつ奥の深い言葉というのが多いです。

日本語よりも表現力が少ないといわれていますが、反対に同じ言葉でもシチュエーションや気持ちの持ち方によって意味が違ってくる場合がおおく、より感情表現が大切になってきます

それだけに、使いこなすのが大変というイメージを持ちがちですが、感情と合わせてスッと言葉が出るようになったらネイティブ顔負けの英語力が身に付くことになりますよ。

英語のなまりには種類がある!英語学習をしている人に役立つアメリカ英語とイギリス英語の違いを解説!

日本語と同じように英語にもなまりがあるって知っていますか?

同じ英語圏の国でも学んだ英語では全く会話が通じないこともありますし、なまりが強すぎてなにをしゃべっているのかわからないこともあるでしょう。

学んで英語ですべての英語圏で会話ができるようになるかというと実際はそんなこともなく、特になまりの違いが強い「アメリカ」「イギリス」からその英語の違いを比較してみましょう。

アメリカ英語の特徴って?

1x1-trans_-7578447

アメリカ英語は日本で学ぶ英語の基本ともいえます。

日本の学校で学ぶ英語のほとんどがアメリカ英語になるので、一番聞き取りやすく習得しやすい英語になるのではないでしょうか。

アメリカ英語の特徴から説明していきます。

(1)母音の後の“R”の発音

英語を学ぶ時に誰しもつまずくポイントといえばこの“R”の発音でしょう。

舌を丸めてしゃべると言われても上手に丸められないことや、不自然な発音になってしまい苦戦した経験は誰にもあるはずです。

日本語のなかにはこのRの発音がないのでどうしても慣れないものになってしまうのです。

このRを強調したしゃべりかたこそがアメリカ英語の特徴にもなり、イギリス英語ではこの発音を聞くことはありません

(2)言葉の組み合わせによって発音が変化する

英語を学びたての人は、マニュアル通りの英語を必死に話そうとしてしまうのですが、アメリカ英語の場合独特な発音の変化があります。

例えば“N”の後に“T”が来る時に発音しないという法則があります。

舌の動きをゆっくりすることによって発音できるのですが、一度動かしてしまうとTの発音の時に一度元の状態に戻す必要があるので、あえて発音をせずにしゃべります。

また“T”は単語の最後に来る時は発音しませんが、1語で文字が完結する場合は、はっきりと発音します。

アメリカ英語の場合こういった言葉によって発音の違いが多々でてきますので、最初慣れるまでは大変だと感じることも多いのではないでしょうか。

イギリス英語の特徴って?

1x1-trans_-7578447

アメリカ英語を学んでいる日本人は多いのですが、実際学んでみるとイギリス英語の方が覚えやすくしゃべりやすいと感じる人が多いとされています。

他の英語圏と比較してもなまりが少なく日本人にとって覚えやすい英語であるのがイギリス英語でもあるのです。

ただしこのイギリス英語を使っているのは全体の数%にしか満たないとも言われています。

英語のなまりといいますが、実際現地の人たちは“アクセント”といった表現を使います。

お互いの英語の違いを罵倒するのではなく、違いを楽しでいる人たちが多いのだとか。

日本語訳する上で、なまりと表現してしまったようなのですが、実際はそんな表現ではなく英語には正解はありませんし自分の国で使われている発音が正解でもあるのです。ではイギリス英語にどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

(1) 読み方がシンプル

英語を読む時に例えば暖かい・暑いなどの意味がある“HOT”ですが、英語ではハットと発音します。

スペルをそのまま読んだらどうみてもホットなのになんで?と思った経験があるのではないでしょうか。

イギリス英語の場合はそのままホットと読むことができるので、覚えやすく発音しやすいのです。

(2)強調する発音のポイントが違う

またアメリカ英語のようにRを強く発音することはなく、少しおさえたしゃべりかたをします。

日本人には馴染みやすいポイントでもあります。また逆にTの発音についてはアメリカ英語の場合は弱く発音しますが、イギリス英語の場合は強く発音します。

英語のなまりが少ない国もあるの?

1x1-trans_-7578447

英語圏のなかには実はなまりが少ないベーシックな英語をしゃべる国もあります。

例えば留学先として人気のあるカナダは他の国から来た人たちも多く、英語のなまりがほとんどありません

移住者を多く受入れてきた国でもあるので、ベーシックで伝わりやすい英語を使うことにこだわりがある国でもあるのです。

もしシンプルでベーシックな英語を希望するならカナダ英語から学んでみてもいいのではないでしょうか。

また同じアメリカ国内でもなまりが強い地域もあれば、逆になまりがほとんどない地域もあり、必ずしもなまりが強いわけではありません。

なまりの強さで出身の州がわかることもあるほどです。

英語のなまりを気にしすぎないようにする

1x1-trans_-7578447

英語圏で代表的なアメリカ英語とイギリス英語でその違いについて説明しましたが、英語圏の国ではもっと違うなまりがある国もあります。

同じ英語とは思えない発音に慌ててしまう人もいるでしょう。日本人でも英語を学ぶ人は増え、昔は学校の授業で学ぶだけだった英語が今は自ら英語を学び取得する人が増えています。

でも日本人が話す英語は「JapaneseEnglish」といわれる日本風の英語になってしまっている場合があります。

そうなると本場ネイティブの前で英語をしゃべることに抵抗がある人も少なくないでしょう。

確かに本場の人からすれば違和感もあるでしょうが、こういったなまりに関しては心配することはありません。

言葉だけでなくなんとなくのコミュニケーションができていれば言葉は通じます

お互いが相手に言葉を伝えようとすれば、なまりによる発音の違いがあっても会話を聞き取れない心配もなく、会話を話せるはずなのです。

英語のなまりを気にして自分から会話を楽しめない方が問題です。

せっかく覚えた英語も意味がなくなってしまいます

最初は勇気がいるかもしれませんが勇気を持って会話を楽しめるようにしましょう。

アメリカ英語もイギリス英語も、どちらもその国を表す上で欠かすことのできない重要なコミュニケーションツールです。

なまりと表現してしまうとなんだかネガティブにとらえてしまいがちですが、その国ごとの個性でもあるといえるのではないでしょうか。

そんな英語の違いにもお互いの国では憧れを持っている人たちもいますし、会話を楽しむ上で多少発音が違っても会話が成立しないなんてことはありません。

まとめ

私たちが英語を学ぶ時もどの国の英語がいいのか考えてから学ぶようにするといいでしょう。

それぞれに違いがありますし、自分の好きな国や行きたい旅行先・将来住みたい国などで選ぶといいでしょう。

英語がしゃべれる人になるとこんな違いがある!英語の勉強を考えている人必見!その効果をチェック!

誰でも一度は考えたことがあるのは「もし英語がしゃべれたら何が変わるのだろう」ということではないでしょうか。

英語がしゃべれるだけで日本人だけでなく海外の人とも会話を楽しむことや、コミュニケーションが取れるなど今いる世界がもっと広がります。具体的にはどんな違いがあるかをみていきたい

英語がしゃべれたらと思う時はどんな時?

英語がしゃべれたらと思う時は人によって様々です。

例えば外国の人に道を聞かれた時に片言の英語を繋げて説明したらうまく説明できずに断念した経験や、海外旅行に行って英語がしゃべれないばかりに不便さを感じたこと、外国人の友だちを作りたいと思っていても言葉が通じないとそれだけで壁になってしまうのです。

でも英語を話せるようになるためにはなんといっても時間がかかります。その人の覚える時間の長さや、努力などの学習方法によっても変わりますが、数ヶ月で取得できる人もいれば、なかには数年間の時間がかかる人もいるのです。

英語を学ぼうとして仕事の合間に英会話に通うこと・努力をしている人もいるでしょう。

でも、日々の忙しさから途中で通わなくなってしまいモチベーションが保てないなんて人もいます。

絶対に必要なものでもなく、勉強するかどうかを自分で決めることができるので、英語を学びたいと思っても続かない人が多いのです。

英語というと身構えてしまう人もいますが、学んで習慣づけることが大切です。

英語がしゃべれるとどんなメリットがあるの?

特に英語は世界共通語でもありますしさまざまな土地で使えます。

そのため英語をしゃべれるだけで英語圏の人だけでなくその他の国の人達と会話を楽しむこともできます。

英語を第二外国語にしている人も多いので、英語を知っているだけで驚くほどコミュニケーションの幅が広がり楽しめます。

他にもさまざまなメリットがありますのでご紹介します。

(1) 仕事の幅が広がる

英語がしゃべれるメリットで一番大きいのが仕事面でしょう。

特に今後はグローバル化していくといわれていますので、英語がしゃべれる・しゃべれないで選べる仕事の幅が大きく変わってしまいます

英語が話せるレベルもTOEIC600点の日常的なものから、ビジネス英語や流暢にすらすら話せるレベルなど仕事によって英語のレベルはさまざまです。

英語がしゃべれないばかりに自分のやりたい仕事ができない…なんてこともありますので、仕事の幅を広げる為にも英語を取得しておくといいでしょう。

(2) コミュニケーションの幅が広がる

英語が話せるようになるだけで、交流の幅が大きく広がります。

英語を話したいと思う人の多くが海外の人と交流を持ちたいと思ったのがきっかけなんて人もいるでしょう。

英語が話せる人は日本語を話せる人よりもたくさんいます。

世界中に何倍もの人口がいるのですから、日本人以外の人と交流を持つことでもっと人生の幅が広がりますよね。

しかも英語のレベルはネイティブまでいかなくてもカタコトでも話せるだけで通じますので、海外の人とも会話を楽しむことができるのです。

(3) 英語の小説や映画を楽しめる

本が好きな人なら一度は原語版の本を読んでみたいと思うのではないでしょうか。

原語版の本と翻訳された本は若干のニュアンスの違いもあり、そのままの小説を楽しめるのはなんといっても魅力的ですよね。

さらに字幕なしでも洋画を楽しむこともできますし、実際に洋画の俳優さんや女優さんの生の声を聞くこともできます。

音楽でも洋楽でどんな意味の曲なのかも自分で聞き取ることができるので、英語で書かれているものが楽しめるようになります

(4) 海外のサイトから通信販売が変える

日本の通信サイトよりも海外の方が安く手に入れることができる商品もあります。

特に美容商品などは海外の方が断然安いので、日本で買うよりもお得です。

でも海外の通信販売で商品を購入したいと思っても、ある程度英語がわからないと商品を購入するのも不安になってしまいます。

何か問い合わせをする場合も英語がわからないだけで不安に感じてしまうこともありますよね。海外の通信販売を利用したいのであれば英語は必須です。

(5) 特技になる

英語が話せるのは必ずしも全員ではありません。

学生時代に英語の授業は受けていても英語が苦手…なんて人もいますし、なかには全く単語が理解できない人もいるでしょう。

英語を学びしゃべれるようになると英語が特技になります

自分に自信がなく、特技なんてないと諦めている人は英語を話せるだけで特技を簡単に作ることができます。

英語は年齢など関係なく覚えたい!と強い意思があれば誰でも学ぶことができます。

特技を聞かれた時に「英語がしゃべれる」なんてかっこいいですよね!

(6) 海外旅行が楽しくなる

海外旅行が好きな人はたくさんいると思いますが、日本語が比較的通じやすい国に行ったり、

なかには英語が話せなくても海外旅行を楽しめるようにツアーで参加している人もいるでしょう。

それでも海外旅行を楽しむことはできますが、もっとツアー以外のディープな場所や違う場所にも足をのばしたいと思っても自由に行動することもできません。

英語がわかるだけで看板になんて書いてあるのか、通行人はなんてしゃべっているのかなど今まで知らなかった世界を知ることになります。

何度も訪れたことのある海外でもそれだけで楽しみ方の幅が広がりより楽しくなるはずです。

海外旅行が好きで頻繁に行く人ほど、英語をしゃべれるようになっておきたいものですよね。

まとめ

英語をしゃべれるようになると今いる世界がもっと広くなり、世の中を知るきっかけになります

今までは他人事のように聞こえていた言葉の意味がわかるようになりますし、道で声をかけられた時でもさっと説明することができます。

英語の原語版をすらすら読んでいるだけでかっこいいと思いませんか?英語はあなたの人生を豊かにしてくれるだけでなく、より楽しいものにしてくれるきっかけでもあります。

英語が今後より当たり前にしゃべれる時代になった時に、英語がしゃべれないのはデメリットにしかなりません。

今からでも少しずつ学んで習得しておけば、将来の幅を広げることにもなりますよ。

クリスマス〜英語の挨拶〜フレーズ集 これだけ覚えたら外国人と簡単なクリスマスの会話ができる10選を集めたよ‼︎

12月に入りクリスマスの時期がやってくるとそれだけでなんだかそわそわして落ち着かなくなりますよね。

今年はどんなクリスマスを過ごそうかな?そんなことを考えて計画するだけでもクリスマスは楽しめます。

一人で過ごす人もいれば家族と過ごす人・恋人と過ごす人などその人によってクリスマスの楽しみ方は違うものです。

ですが街の中がイルミネーションで彩られると、とてもキレイで幸せなシーズンでもありますね。

そんなクリスマスにはおしゃれでセンスのいい英語のフレーズでその思いを伝えてみませんか。

クリスマス〜英語の挨拶で役に立つ定番のものから、ちょっとひねったものまであなたが「これだ!」と思えるフレーズを探してみてくださいね。

クリスマスについておさらい

クリスマスといえば日本だけでなく世界的にも12月24日・25日ですよね。

もともとクリスマスの正式な考え方として24日の夜からはじまり、25日の夜に終わるもので、これはユダヤ歴の太陽が落ちてからはじまること、次の太陽が落ちるまでを1日とする考え方から来ています。

イエス・キリストの生誕祭を祝う行事であり実際にはその生誕日がいつになるのかはわかっていません。

そのため、ヨーロッパ各地で行われていた太陽の新生を祝う冬至祭を取り入れたことからこの日程がキリストの誕生日となっています。

もともとは宗教的な意味合いが強いクリスマスですが、日本では宗教などに関係なく、冬のイベントの一つとして位置づけられています。

プレゼントを渡したり、恋人たちが一緒に過ごす聖なる夜になっています。

こんな間違えに注意!クリスマスに間違えやすい英語

クリスマスに慣れない英語を使い良かれと思って伝えた英語のフレーズが実は間違えていた!?なんてこともあります。

なんとなくクリスマスって言葉を使ってみようかな?と意味を考えずに使っている人も珍しくはないでしょう。

クリスマスの時期になれば嫌って言うほど、たくさんのフレーズを目にするはずです。

多少のスペル違いぐらいであれば誰でも経験はあるかもしれませんが、使い間違いや重要なところで間違えがないように気を付けたいものですね。

(1) クリスマスの「Merry」の意味を理解しよう

よくHappy Marry Christmasと表現する言葉を見かけますが、実はこのフレーズはおかしい組み合わせです

もともとこのmarryには陽気なとか楽しいという意味があります。

そのため、Happyを付けるのであればmarryは必要ありません。

同じ意味合いの言葉を2回繰り返していることになってしまい、本場の人達からするとしらないんだなと思われてしまいます。

通常はMarry Christmasと伝えるようにすれば失敗はありません

(2) Christmasが正解!

クリスマスを表現する時に、Xmasと記入する人もいます。

XmasのXはギリシャ語でキリストを表す言葉になりますが、実はこの意味を考えるとクリスマスには適していないことがわかるはずです。

もちろんXmasでも使い方としては間違えていないのですが、上司や目上の人にメッセージを送る時はChristmasにしたほうが丁寧で好印象になりますので、使い分けるか、Christmasで統一するようにしておきましょう。

日本ではこのXmasは頻繁に見かけるのでなんだか意外ですよね。

クリスマスにおすすめ英語のフレーズ10選

手紙やメールでちょっとした時に使える英語のフレーズです。

クリスマスのお祝いだけでなく、伝える相手をちょっと敬えるようなセリフが入っているだけで上級者に見えます。

困った時はぜひ参考にしてみてくださいね。また日本はあまり宗教的なこだわりはありませんが、海外ではクリスマスといえば大切な宗教行事の一つです。

言葉の伝え方一つで失礼になってしまいますのでくれぐれも注意して伝えるようにしましょう

(1)May you have a warm,joyful Christmas this year

あたたかく喜びに溢れたクリスマスになりますように。

(2)Wishing your family peace and love at Christmas and always

あなたと家族が平和で幸せなクリスマスになることを願っています。

(3)May the holiday season bring happiness and joy to you and your loved ones.

クリスマスがあなたとあなたの愛する人にとって喜びの日となりますように。

(4)Merry Christmas! I hope you’re having wonderful holidays

メリークリスマス!最高の休暇をお過ごしください

(5)May peace, joy and happiness be yours this Christmas season

クリスマスシーズンの間ずっと、喜びと安らぎのある幸せがあなたと共にあることを。

(6)A Very Merry Christmas!

とびきりのクリスマスをお過ごしください

(7)May your Christmas sparkle with moments of love and laughter.

あなたのクリスマスが愛と笑顔できらめいたものになりますように

(8)May this Christmas bring you all the love and luck in the world!

世界中の愛と幸運をあなたにクリスマスがもたらしてくれるでしょう

(9)Merry Christmas with lots of love.

たくさんの愛を込めて、メリークリスマス!

(10)Have your best Christmas ever!

最高のクリスマスをお過ごしください。

近頃はメリークリスマスっていわないの!?

近頃、クリスマスの時に「メリークリスマス」ではなく「ハッピーホリデーズ」というのが一般的に増えつつあります

その理由としてメリークリスマスだとどうしてもキリスト教のイメージが有るため、宗教色が強くなってしまうので明らかに宗教が違う人や、

宗教がわからない人には「ハッピーホリデーズ」と使う場合が増えています。

特に海外ではクリスマスから冬期休暇に入る人たちが多いので、クリスマスと新年のあいさつを同時にしてしまうのだといいます。

例えば

With best wishes for Christmas and a Happy New Year.

はすてきなクリスマスと新年をお過ごしくださいという意味です。

伝える相手によって英語のフレーズも使い分けができるようになるといいですよね。

日本では宗教についてあまり意識がないので難しいかもしれませんが、他の宗教の人に「メリークリスマス」と言ってしまうことがないように気を付けてくださいね

まとめ

クリスマスに使える英語フレーズ10選や、間違えやすい注意ポイントなど意外と知らないクリスマスの豆知識について説明しました。

クリスマスを知らない人はいないと思いますが、こういったお祝いのマナー的なことは自分から学ばないと知らない人も多いはす、

特にクリスマスのようにお祝いするのが当たり前になっているイベントに関しては、相手によって伝える言葉を変えたり、大人だからこそのマナーに気を付けましょう

クリスマスの時期がやってくるとそれぞれ思い思いにクリスマスを満喫しますよね。あなたにとってすてきで思い出深いクリスマスになりますように。