自己確立の方法とは?自己確立をするため自分に合ったやり方を見つけよう!

自己確立をする方法とは

自己確立と言っても、漠然としていてどんなものが「自己確立」になるのか分からない人も多いようです。

しかし、生きていく上で自己確立はとても大切なものです。こちらでは、自己確立の方法について紹介します。

自分を把握する

自己確立は自分を知ることです。自分がどんな人間なのか、何に感動するのか、好みは何か、これらを把握することで自己確立に繋がります。

ある意味、大人の考えが出来る年齢になったら自己確立がされていると考える人もいるようです。

自分の進む道を見つける

高校生や大学生など、将来の仕事など自分の進む道を見つけた時が自己確立されると認識する人もいます。そのため、自己確立のためにさまざまな経験をさせて自分の進む道を見つけさせる親もいるようです。

ただ、学生の場合はそれがストレスになってしまうこともあるので気を付けた方がいいでしょう。

様々な経験を積む

自己確立とは、様々な経験を積むことでも得られます。視野を広く持つことで、他の人とは違った視点から物事を判断出来るようになるからです。

偏った知識だけではなく、経験を積んだことで多方面から物事を見られます。それは自己確立にとても大切なものです。

女性の自己確立とは?

女性の自己確立とはどんなものでしょうか。以前であれば、女性の幸せは結婚と言われていましたが、最近は晩婚化、未婚のままで過ごす人も珍しくありません。

ある意味、女性の自己確立が高まっているということなのかもしれませんね。

今の時代こそが女性の自己確立になっている

今の時代、家庭と仕事のどちらかを選ぶことも出来ますし、便利な家電グッズを使うことで仕事と家庭を両立出来るようにもなりました。

そのため、どちらかを選ぶのではなく「どちらも選ぶ」ということで、自分の生きがいを失くすことなく家族を持てるようになっています。

自分の生き方を決められる

昔は、様々な面で女性は男性に適いませんでした。家庭に入るのが当たり前、という時代が長く続き、仕事をしたい女性も諦めていましたが、今は自分で決められるようになっています。

専業主婦も珍しくありませんが、共働きで家計を助ける女性も増えているのです。

子育てが終わってから自己確立する人もいる

子育てに専念するため、一度は専業主婦に専念していても、やはり仕事をしたいという欲求を抱く人がいます。そういう人は、子育てが落ち着いてから自分の夢を追いかけるようになりました。

ある意味、第二の人生を楽しむということでしょう。

今までは子供を中心としていたとしても、子育てが落ち着いたら自分のために生きてもいいでしょう。子供にとっても、好きなことをして輝いている母親が一番みたいはずです。

ただ、家族を悪い方向に巻き込むような「好きなこと」は避けた方がいいでしょう

男性の自己確立とは?

男性の自己確立とは、どんなものがあるのでしょうか。男性=仕事、というイメージがあるため、他の自己確立方法が分からない人もいます。

こちらでは、男性の自己確立方法について紹介します。

熱中できるものを作る

仕事でも漫画でも、自分が熱中できるものを作りましょう。ただ、ギャンブルに熱中するのはちょっとオススメしませんけどね。

熱中できるということは、それに対して「好き」と認識しているということです。人間は自分の好きなことは継続することも苦ではなくなるため、自分自身を確立させるために良いと言われています。

他人と自分を比較しない

自己確立の中で、もっとも大切なのが「他人と自分を比較しない」ということです。他人は他人であり、他人が何をしても自分の功績にはなりません。

他人と自分を比較している時点で、その人の成長はそこで止まってしまいます。悪い状態で自己確立をしてしまうので、人は人、と割り切った気持ちを持ちましょう。

自分と向き合う

男性が自己確立をするために、もっとも必要と言われているのが「自分と向き合うこと」です。仕事に生きる人が多いため、家族や生活のことばかりで自分自身と向き合う機会が少ない人がいます。

学生時代などは、仕事をするために自分と向き合っていたかもしれません。しかし、仕事をすることで自分を見つめ直す機会がなくなり「家族のため」「生活のため」だけに生きている人もいるのです。

それもひとつの自己確立の方法かもしれませんが、あまり良いとは言えないのも事実です。

家族のため、生活のためだけに仕事をするのではなく、きちんと自己確立をしてストレスを発散させられるようなものを見つけましょう

まとめ

自己確立の方法と言っても、人によって異なるため「この方法が良い!」と言えるものがないのです。誰かに強制されたやり方では、本来の自己確立方法に繋がるわけではありません

逆に自己確立を妨げてしまう可能性もあるのです。誰かにアドバイスを求めるのは良いのですが、他の人の自己確立方法に惑わされないようにしましょう。

自己確立ができない人の特徴は?どんなデメリットがあるの?

自己確立ができない人

自己確立ができない人と言っても、どんな人なのか分からない人もいますよね。こちらでは、自己確立ができない人の特徴についてまとめてみました。

この特徴を持つ人全員自己確立ができていないわけではないのですが、できていない人が多い傾向にあるようです。

自分に甘い人

目標を決めても「明日にしよう」など、自分に甘さを見せる人は自己確立ができていない傾向にあります。

学生などはともかく大人で自分に甘い人は、大切な場面でも甘さを見せてしまうので自己確立ができていない人が多いようです。

自分に甘い傾向がある人は、ちょっと改善した方がいいかもしれませんね

優柔不断な人

優柔不断な人も、自己確立ができていない傾向があると言われています。特に人間関係で優柔不断な人は、周囲からも信用をしてもらえないので気をつけましょう。

誰かを傷つけないように優柔不断なところを見せる人もいますが、ふらふらとした態度が余計に傷つける場合もあるので気をつけてください

八方美人な人

あっちでもこっちでも良いことばかり言う八方美人タイプは、自分の言葉で空気を悪くしたくない傾向があります。

その結果、悪いことだと分かっていても良いことだと言ってしまうこともあるようです。自己確立が出来ている人は、例え遠まわしでも悪いことは悪いと言えるようです

自己確立ができないことによるデメリット

自己確立ができていなくても、迷惑をかけなければいいじゃん、と考える人もいるのではないでしょうか。実際、自己確立ができていなくて迷惑をかける場面はあまりありません。

ただ、いざという時に自己確立ができているかできていないかで変わってくるところもあります。

アドリブが利かない

仕事や人間関係で、予想外のことが起こった時には自分が蓄えた知識や経験でアドリブをしなければいけません。

しかし、自己確立ができていない人はアドリブが利かずに、結果として状況を悪化させてしまうことがあるようです。

人生は経験の数で決まる、と言う人もいますがそれは事実なのかもしれませんね。

空気が読めない

自己確立ができない人は、空気が読めない傾向があるようです。悲しんでいる相手の傷口に塩を塗るような言葉を言ってしまうこともあります。

厄介なのは空気が読めていないことに、本人が気づけていないことです。周囲の様子がおかしいなと思ったら、自分の言動を振り返ってみるといいかもしれません。

距離を置かれるようになると、大事な友人が減ってしまう可能性があります。

自分中心な人

自分の意見ばかりを押し通す人も、自己確立ができていないと言われています。ある意味、自分の意見を通すという道を見つけているのかもしれませんが、周囲に迷惑をかけている時点で自己確立とは言えません。

自分の意見を通すのもいいですが、周囲の様子を見ながら自分の意見を言いましょう

自己確立できない人は危機感が薄い?

すべての人に当てはまるかは分かりませんが、自己確立ができない人は危機感が薄いというものがあるようですね。

人間関係に関する危機感、金銭感覚の危機感、危機感が薄い場合デメリットはあってもメリットはありません。危機感が薄い人は、自己確立ができていない可能性があるので注意しましょう。

金銭感覚

金銭感覚に関する危機感がない場合、借金トラブルに見舞われることもあります。

友人にも「お金を貸して」と簡単に言ってしまうなど、やや他の人とズレている部分が出てくるようです。

楽観視すぎる

ポジティブな考えを持つことは良いと思いますが、明らかに慌てなくてはいけない状況で「なんとかなる」「誰かが助けてくれる」など、簡単に考えている場合はちょっと危険ですよね。

周囲が助けてくれるのが当たり前という感覚になっているため、自己確立ができていない証拠になります。

悲観的すぎる

上記で「楽観しすぎる」と書きましたが、その逆バージョンもあります。そこまで慌てなくてもいい状況でありながら「もうダメ」「どうにもならない」など、悲観的なことしか言わない人もいます。

自己確立をするための経験や知識が絶対的に不足しているからこそ、そのようなことになるのでしょう。身長になるのは良いのですが、あからさまに悲観的な考えだと、周囲もうんざりしてしまうので気をつけましょう。

まとめ

自己確立は生きていく上では、そこまで深く考えなくてもいいのかもしれません。しかし、人間はひとりでは生きていけないものです。必ず誰かと関わって生きていくため、100%の自己確立を求めるわけではありませんが、周囲に迷惑をかけない程度には経験や知識を詰め込んでおく方がいいでしょう。

人間は親しくなるまでには時間がかかりますが、離れていくのは一瞬です。離れて行った人は元には戻らないと考えましょう。大切な友人などを失わないためにも、ある程度自己確立をさせておくことをオススメしますね

自己確立をすべき理由って?どんなことが自己確立に繋がる?

自己確立とは?

自己確立とは「自分」を知ることだと言われています。自分自身を見つめ直し、自分に出来ること、出来ないことを把握することです。

自分自身のこととはいえ、得意とするものに苦手とするものすべてを把握しているわけではありません。自分自身を見つめ直し、しっかりと自己確立をさせましょう。

自分の道を見つけること

もっとも多く知られている「自己確立」として、自分の道を見つけることがあります。自分が将来何になりたいのか、どんな道を歩みたいのかをしっかりと見つけましょう。

仕事面で活躍している人は、自己確立させて自分に向いている仕事を見つけた人だからと言われています。

確固たる意志を持つこと

何かを成し遂げるためには、生半可な覚悟では行えません。そのため、確固たる意志を持つことが大切だと言われていますね。

芸能人、漫画家、特殊な仕事をしている人は確固たる意志を持って行っているから成功している人が多いのだと言われています。自己確立をさせて、強い意思で自分のやりたいことを見つけましょう

自分を否定しない

自己確立の中で、もっとも大切なのが「自分を否定しないこと」です。

自分を分かってあげられるのは自分だけであり、誰よりも分かっている自分が自分を否定してしまうことで自己確立が出来なくなり、自分の可能性をも閉じ込めてしまうことになります。

明らかに自分に出来ないことを前にした時はともかく、何もしないうちから「自分なんて」と考えないようにしましょう。

自己確立をすべき理由とは?

自己確立をする理由として、皆さんはどんなものを持っていますか? ただ何となく「良い」から自己確立をした方がいいと考えていませんか?

自己確立をする理由には、しっかりとしたものがあるので紹介しますね。

仕事面でメリットがある

すべての人に当てはまるわけではありませんが、仕事で成功する人は自己確立をしている人が多い傾向にあります。

自己確立をして、自分に向いている職業に就いているからです。自分の才能を発揮出来る分野の仕事だからこそ、活躍して成功者となるのでしょう

人付き合いでメリットがある

付き合いやすいと感じる人がいますよね?実はそういう人って自己確立をしている可能性が高いんです。

なぜかというと、自分を知り、周囲を知り、どんな言葉や態度で人が傷つくかを知っています。そのため、人の心を掴みやすいと言われています。

当たり障りなく人付き合いが出来る人は、それだけでも信用に繋がるため損はないと言えます

将来性がある

自己確立をしている人は、将来性があると言われています。その理由は、やはり自分の得手不得手をしっかり把握しているからではないでしょうか?

自分の得意とする分野で活躍が出来るため、自分の可能性を広げることが出来るんです。もちろん、自己確立だけではなく本人の努力もあるのでしょうけどね。

どんなことが自己確立に繋がる?

自己確立をすべき理由を紹介してきましたが、どんなことが自己確立につながるのでしょうか?

こちらでは自己確立につながることを紹介しますね。

苦手なことにもチャレンジ!

苦手なことにもチャレンジすることが大事なようです。食わず嫌いのように、実際取りかかってみたら「あれ? そんなに難しくなかったかも」と感じる場合があります。

苦手だと最初から決めるのではなく、一度取りかかってから「苦手」だと結論付けましょう。意外と苦手意識を持っていた分野で活躍が出来るようになった、という人も珍しくないみたいですよ。

裏表のない態度を

主に人間関係で大切だと言われているのが、裏表のない態度を取ることです。裏表がある人は、基本的に人を信用せず、信用されずという傾向があります

そのため、大事な場面でも誰かに頼ることが出来ないため、失敗してしまうことも多いようです。常に打算的に動いてしまい、損得以外で考えられなくなるので気を付けてください。

周囲ばかりを気にしない

周囲ばかり気にして自分の意見が言えないという人もいるのではないでしょうか? 自分は嫌だけど、親や友人が言うなら、と自分の道も人に決めさせてしまうことです。

人付き合いをする上で、ある程度他人に合わせる部分は必要ですが、すべてを丸投げしてしまうのは良くありません。あなたの人生に責任を持つのは、あなただけであり、親や友人ではないことを覚えておきましょう

まとめ

自己確立すべき理由として、やはり一番なのは「本人のため」というものがほとんどです。実際に、本人の才能を引き出すのは本人の努力しかありません。

自己確立をすることで、そのキッカケを作ってくれるのです。自己確立と言っても、人それぞれのやり方があるので他の人のやり方を参考にしてみるといいでしょう。

ただ、あくまでも他の人のやり方は参考程度で、真似をしない方がいいかもしれませんね。色々試して、自分に合う方法を探しましょう。