美人やイケメンに緊張するのには理由があった!?無意識で感じていることとは?

美人やイケメンを前にすると、妙に緊張してしまいませんか? 理由は分からないけど、美人やイケメンを前にすると緊張する人は少なくないんです。しかも、これには無意識で感じている理由があったんです!

いくつか理由があるので「あっ、これは自分も思う!」と感じるものがあるかもしれませんね。

今回は美人やイケメンに緊張する理由について紹介するので、参考にしてみてください。

威圧的に感じてしまう

美人やイケメンに緊張する理由として「威圧的に感じる」というものがありました。芸能人でも、綺麗な女優さんを見ると「気が強そう」と感じることがありませんか?

実はそれって美人やイケメンを威圧的に感じているからなんです。

顔が整いすぎている

威圧的に感じる理由として、顔が整いすぎているからというものがあります

本人は威圧的にしているつもりはなくても、美人やイケメンは持っている雰囲気が違うのでそう受け取ってしまう人が多いんです。本人が悪いわけではないのでいい迷惑かもしれませんね。

怒られている気がする

美人やイケメンで、あまり表情を顔に出さない人っていますよね。そんな状況になると、美人やイケメンを前にしている人は怒られているような気持ちになって萎縮してしまう人が多いみたいです。

劣等感を持ってしまう

イケメンや美人を前にして緊張する理由、それは「劣等感を覚える」というものがあります。

美人やイケメンを前にすると、どうしても「あんなにきれいに(かっこよく)生まれて羨ましいな」と思うこともあるでしょう。こうした劣等感が緊張の理由になっているようです。

自分と比べてしまう

人と自分は違うと分かっていても、羨望の気持ちもあり、どうしても美人やイケメンと自分を比べてしまう人がいます。

記事を読んでいる人の中にも「どうしてあんな風に生まれなかったんだろう」と思ったことがある人もいるのではないでしょうか。卑屈な気持ちを持ってしまい、それが緊張に繋がっています

周囲から比べられてしまう

特に女性に多いかもしれませんが、美人と比べられることがある人もいるのではないでしょうか。

今では「セクハラ」や「パワハラ」に当たる部分もありますが、会社で上司から美人と比べられた、などは珍しい話ではありません。そういった理不尽なことから美人に緊張してしまうようです。

美人やイケメンを利用していそうと思ってしまう

こちらの意見は主観的なものが多く、実際に美人やイケメンを利用しているのではなく周囲からそう見えるというものです。初対面の場合、どうしても印象からその人の性格を想像してしまうので主観的になるのも無理はないかもしれませんね。

チヤホヤされるのが当たり前と思ってそう

ドラマなどでは「美人=チヤホヤされるのは当たり前」という描写が多いため、どうしてもそういった印象を持ってしまうのでしょうね。チヤホヤされるのが当たり前に思えるから、あまり近づきたくない、もしくは話しかけられると緊張するようです。

確かにチヤホヤされるのが当たり前の人もいるかもしれませんが、全員がそうではないのでちょっと迷惑な主観かもしれませんね。

わがままそう

美人やイケメンにありがちなのが「わがままそう」です。チヤホヤされるのとは違い、自分の考えを押し付けてくるというイメージを持つ人もいるようです。

美人=わがままという方程式も、昔はあったかもしれませんが最近はあまり当てはまらないのではないでしょうか。美人な人も心が優しい人は多いので、イメージで決めつけるのではなくその人自身を見てあげてください

八方美人なイメージがある

こちらはイケメンに対しての意見が多かったです。イケメンは誰にでも「可愛い」「特別」などを簡単に言いそうというイメージがあるみたいですね。

実際にそういう人もいるかもしれませんが、そういう人ばかりではない……と思いたいですね。

芸能人のドッキリ

イケメンは軽いというイメージがついたのは、芸能人のドッキリ企画を見てからの人が多いみたいですね。女性絡みのドッキリ企画が持ち上がり、俳優やタレント、芸人が誰にでも「可愛い」を連呼したりするものもありました。

イケメンは軽い人が多い、というイメージはドッキリ企画が始まりだったのかもしれませんね。

芸人のイケメン化

最近は芸人もイケメンな人が多いですよね。芸人=笑いを取るのが仕事であり、軽い言葉を並べることもあります。それが原因ではないでしょうが、イケメンが軽く見られている理由のひとつには数えられそうです。

まとめ

美人やイケメンを前にすると緊張する、というのはほとんどが「印象」によるものです。実際に話したことはないけど、この人はこういう人だろう、という思い込みで緊張を悪化させている可能性があります。

あまり深く考えずに付き合ってみると良い関係になれる可能性も高いので、積極的に話しかけてみましょう。

初対面の女性は緊張しがち?男性側が気をつけることとは?

女性の緊張を見抜くポイント

初対面の女性は異性と出会うと、人によって差はありますが緊張します。緊張してだんまりになる人もいれば、逆に緊張を誤魔化そうと喋りっ放しの人もいます。

でも、なかなか見抜けない場合もありますよね。そこで、こちらでは女性が緊張を見抜くポイントを紹介します。

手を膝の上に置いている

手を膝の上に置いて、ぎゅっと握っている女性がいるかもしれません。その仕草は基本的に緊張している時にしやすいものなので、膝の上に手を置いていたらその女性は緊張していると言ってもいいでしょう。

手に力を入れていれば入れているほど、緊張度合いが強い傾向があります。だからと言って、いきなり膝の上の手に自分の手を乗せるのは良くありません。セクハラと取られてしまう場合があるからです。

口ごもっている

話しかけると、ちょっと口ごもってしまう人は緊張からと考えられます。初対面の相手と会っているのですから、自分の言動で嫌われてしまうかもという意識があります。

そのため、緊張から上手く話せなくなる人がいるようです。主に、普段から真面目な人、大人しい人が口ごもりやすいと言われています。

視線を合わせようとしない

初対面の女性が視線を合わせようとしない場合、緊張している場合が考えられます。特に、普段から男性とあまり接する機会がない人は視線をどこに置けばいいのか分からなくなって逸らしてしまうのです。

視線を逸らされたからと言って、相手に嫌われたとは考えないようにしましょう

初対面の女性の緊張を取るためには?

初対面の女性が緊張していたら、なるべくその緊張を解いてあげたいって思いますよね。でも、相手のことをよく知らない以上、何がNG行動やNGワードになるか分かりません。

そのため、どうすればいいか悩む人もいるのではないでしょうか。

明るい話題を振る

緊張を解くと言っても、難しいことは必要ありません。普通に明るい話題を振るだけでも構わないのです

話の中で相手の好みを把握して、ファッションや化粧、持ち物などを褒めるなど相手が話しやすい状況を作ってあげましょう。

強いお酒は勧めない

飲み会の場で、初対面の女性に強いお酒を勧めるのは良くありません。恋人同士であっても、強いお酒を勧められた場合は多少の警戒心を持つ女性がほとんどです。

初対面の相手から強いお酒を勧められたとなれば、緊張だけではなく警戒心を持たれることもあるので気をつけましょう

自己紹介をする

相手が緊張しているなら、自分のことを知ってもらいましょう。自己紹介、好きなことや好きなもの、軽くジョークも交えて自己紹介をすると相手の緊張も解けるのではないでしょうか。

ただし、ふざけすぎると緊張は解けても「うるさい人」という認定を受けてしまう可能性があるので気をつけましょう。

初対面の女性に緊張されないためには?

誰であっても、初対面の女性に緊張されたくないですよね。

そこで、初対面の女性が緊張しやすいことについて紹介しますので、当てはまる人は気をつけましょう。

威圧的な態度を取らない

男性同士で遊んだりすることが多い人は、言葉が荒くなってしまう人もいます。

本人はそんなつもりじゃなかったのに、ちょっと声を大きくしてしまっただけで緊張されてしまうこともあるので威圧的な態度や大きな声を出すのは控えた方がいいでしょう

特にスポーツをしている人は、全員ではないですが威圧的に取られる態度を取ってしまう人が多いようなので注意しましょう。

強い言葉は控える

暴言とまではいかなくても「はぁ?」「ウゼェ」など、頻繁に言ってしまう人がいますよね。男性の声は低いため、ちょっとした強い言葉も女性はビクッとしてしまうことがあるんです

慣れてきたら難しく考える必要はないのですが、初対面の女性がいる場合は強い言葉は避けた方がいいでしょう。

本人に強い言葉のつもりがない人も多いので、周囲に自分の言葉について聞いてみてもいいかもしれませんね。

男性同士でも悪ふざけはしない

女性がいる場でも、男性同士で軽く小突いたりなど悪ふざけをする人もいます。しかし、それって女性側からすると乱暴な人というイメージがつきやすいので気を付けた方がいいですよ。

男性は基本的に女性よりも力が強い人が多いのです。そのため、ちょっとした悪ふざけでも女性は緊張したり怯えたりするので、気をつけてくださいね。

まとめ

初対面の女性が緊張するように、男性側も緊張していることを女性は知っておきましょう。相手を緊張させないように、初対面の人に気を遣う人もいるはずです。

相手が合わせるものだと思わずに、自分からも歩み寄ることが大切です。人の縁は不思議なもので、些細なことで結びつき、些細なことで切れてしまいます。

せっかく出会ったのですから、縁を切らないようにお互いに気をつけられる部分は注意しましょう。