お正月の挨拶の時に手土産は必要?何を持っていくべき?

義理の実家に行く時

義実家に行く時は、誰であっても緊張しますよね。嫁姑関係が良くても、ちょっとしたことで嫌われるのではないかと心配になるのは当然です。

そこで、こちらでは義実家に行く時の手土産について紹介します。

日持ちする物が良い

新年の挨拶で手土産に持っていくものは、食べ物がほとんどです。しかし、高級肉など日持ちしないものの場合は使いきれない可能性もあるので、乾物など日持ちがするものの方がオススメです。

逆に日持ちがしないものは、あまり歓迎されません。その理由として、お正月にはおせちが作られていて、既に食べるものがあるからです。

日持ちがしないものだと、おせちと一緒に食べなければなりません。義実家にとっても迷惑になりかねないので、持っていくものは日持ちするものを心がけましょう。

王道路線で問題ない

中には手土産の品に変わったものを持っていく人がいますが、王道路線で問題ありません。むしろ、変わったものを持っていく方がNGになる場合もあるので、無難なものにしておきましょう。

奇抜なものは義実家の家族から歓迎されない可能性が高いですよ。

渡すタイミングは玄関ではなく部屋に入ってから

挨拶の品は、相手と会った時……つまり、玄関で渡してしまいがちですが義実家の場合は玄関で渡すのはNGとされています。

その理由として「早く帰りたい」「よそよそしい」というイメージがあるため、距離を置かれているように感じてしまうからです。

結婚によって繋がった縁なのですから、自分から遠ざけるようなことは止めましょう。

仕事の上司に挨拶に行く時

旦那さんの上司に挨拶に行く場合はどのようなものがいいのでしょうか。挨拶の品でも旦那さんに対する評価が変わりそうで、ちょっとドキドキしてしまいますよね

そこで、上司に持っていく挨拶の品はどんなものがいいのかを紹介します。

上司の好みに合わせたもの

やはり持っていくものは。上司の好みに合わせたものですね。お酒でも食べ物でも、上司が好むものを持っていくのが一番です。

手土産にかける費用は、上司ということも考えて1万円前後が一般的のようです。

前もってリサーチしておく

上司への手土産に好みのものを買えるよう、さり気なくリサーチしておくことをオススメします。

あからさまに聞いてしまうと、上司に気を遣わせてしまうため、さり気なく日常会話から好きなお酒の銘柄などを聞き出しておくことをオススメします。

上司の家族に向けたものも持っていく

上司宅に挨拶に行く時、上司への品物を持っていくのは当たり前ですが、その他に家族に向けた無難なお菓子の詰め合わせなどを持っていくことをオススメします。

人は自分だけではなく家族にも配慮してくれる人を好む傾向があるので、上司に対して良い印象を与えることが出来るからです。

友人宅へ挨拶に行く時

意外と悩むのが友人宅へ挨拶に行く時です。普段から親しい人だからこそ、何が好まれるか複数思いついて悩むという人もいます。

そこで、こちらでは友人宅に持っていく手土産について紹介しますね。

友人の好みに合わせたものでいい

基本的には友人の好みに合わせたもので構いません。ただ、家族内で食べられるものがいいでしょう。お酒など飲む人が限定されるものでは、他の家族に対しても気兼ねしてしまう場合があります。

そのため、友人も好きなお菓子の詰め合わせギフトなどがオススメですね。お正月になると、さまざまな店舗でお歳暮やお年賀用のお菓子のギフトを用意しているので、そういった中から選びましょう。

手土産にかける費用は、高すぎず低すぎずが理想です。

気をてらったものは良くない

中にはウケを狙って、気をてらったものを用意する人もいますが、あまり良い印象は与えません。新年の挨拶に持っていくものなので、きちんとしたものを選びましょう。

ウケを狙ったものは、友人にはウケたとしても友人の家族にはウケない可能性があるだけではなく、1年の始まりの挨拶さえまともに出来ない人というレッテルを貼られかねないので気をつけましょう。

親しき仲にも礼儀あり

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、どれだけ仲の良い相手だとしても1年の始まりの挨拶はきちんとしておきましょう。意外と1年の始まりの挨拶の仕方などを注目する人も珍しくありません。

礼儀知らずな人と思われないように、1年の最初の挨拶はしっかりして、その後で普段のように親しく接するようにしましょう

まとめ

お正月の挨拶に手土産が必要な理由として「今年もよろしく」という意味も込められています。手ぶらで行くのは失礼になるので、必ず何らかの品物を持って挨拶に伺うようにしましょう。

最近は新年の挨拶に訪れるのは義実家くらいという人もいますね。しかし、家族がお世話になっている会社の上司や普段仲良くしている人くらいには、きちんと新年の挨拶をしておくことをオススメします。

お中元の手渡しマナーを0から解説するよ!知らないと恥を書くポイントまとめ

お中元を手渡しするときにはどのような言葉を使ったらいいでしょうか。紙袋や風呂敷での包み方も気になります。

お中元を手渡しするにもマナーがあり、いろいろな注意点があります。お世話になった人への感謝の気持ちがお中元の手渡しですから、非礼のないように滞りなく手渡しをしたいものです。

親しき仲にも礼儀がありますし、お中元を渡す人はやはり目上の人になるので気も遣いますよね。できるだけスムーズに渡すように心がけましょう。

お中元を手渡しするときのマナー

お中元は、日本では昔からある風習です。こういった古い風習となるとお中元を単に手渡しするだけでなくて、細かなマナーがあるのです。

昨今は以前ほどマナーについて細かく言われなくなったような気がします。

それでも、お中元を手渡しする人は目上の人ですから、作法にしても言葉にしても気をつけなくてはいけないことが数多くあるのです。あまり、作法に気を遣いすぎたらぎこちなくなるような気がします。

年に数回程度のことですから、緊張するのも当然ですよね。特に最近はお中元を配達して済ます人も多いということですから、お中元のマナーというものをそれほど気にしなくてもよい時代になったと言えるでしょう。

お中元を手渡しするときに注意することは?

お中元を手渡しするということは、お中元を渡す人のお宅に伺うということです。ということは、お中元を手渡しする人が在宅していることを確認しなくてはいけません。

当日、うかがう前に連絡して在宅を確認してうかがってもかまわないのですが、できることなら数日前からうかがう人時間を伝えて、前方の都合を聞いておくようにしましょう

先方も急にこれから行くといわれても、面食らう場合もありますから、数日前からの連絡がマナーと言えるでしょう。

先方の時間に合わせる

急にこれから行くような電話をすることもあるかと思います。それでも、そういったときでもお昼どきや夕食時は避けるようにしなくてはいけません。

お中元を手渡しするために、うかがう時間は、午前中でしたら10時から11時で、午後からでしたら14時から16時の間がいいでしょう。当然先方が指定した時間にうかがうのがベストです。

お中元を渡すのは本当に手渡しがベスト?

お中元は手渡しをするのが基本マナーとされています。それでも、手渡しは気恥ずかしいので近くに住んでいる人でも宅配業者に頼んで配達してもらう…という人も多いですよね。

お中元を渡す人は、目上の人が多いです。ということは昔ながらの風習を大事にする人も中には少なくないと思うんですよ。

そうなると、「近くにいるのにわざわざ送料をかけて送らなくても来てくれたらいいのに…」ということにもなりかねないのです。

近くに住んでいてもできたら配達したい

近くに住んでいるのでしたら、やはりお中元は手渡しが基本ですよ。配達のメリットは相手の都合を聞かなくてもいいということです。

在宅のときに配達してもらいたいから時間指定はしたほうがいいかもしれませんが、基本的には宅配業者にまかせておいたらいい気楽さですよね。

気持ちのうえでも配達のほうがプレッシャーもかからないので気楽と思う人も多いですよね。

それでもやっぱり手渡しが基本

目上の人って若い世代よりも特に人との交流を大切にするというかしたいと思っているんですよ。ですから、配達してもらうよりも手渡しで会話をするのがすごく楽しみなんだと思うんです。

ですから、できるだけ近くに住んでいるのでしたら、お中元は手渡しで日頃の近況報告なんかもできたらいいですよね。そういうのをすごく楽しみにしていると思いますよ。

お中元の手渡しの基本的なマナー

お中元を手渡しするときの基本的なマナーを紹介します。

覚えておいたほうがいいことですけど、普通にこのくらいは…と思うことですから、気楽に考えても大丈夫です。

お中元は紙袋か風呂敷に包んで持っていく

お中元は箱のまま、のしが見えるような形で持っていってはいけません。必ず紙袋に入れるか風呂敷に包んで持っていくようにしましょう

風呂敷となると包み方もあるので、紙袋のほうが気楽かもしれません。

手渡しは両手で差し出す

お中元を手渡しするときは、紙袋や風呂敷から取り出して相手の名前が先方から読めるようにして、手渡しします。

手渡しのときは時効の挨拶を添えて、両手で渡すようにしましょう。「いつもお世話になっています。気に入ってもらえたらいいのですが…」くらいのシンプルな言葉添えでいいですよ。

まとめ

お中元は古い風習だから細かなマナーがあるのでは…と思う人が多いと思います。しかし、お中元も必ずしなくてはいけないというものではなく、気持ちといった面が強いです。

ですから、古い風習といっても細かいマナーがあるわけでもありません。普通に一般常識的なもので大丈夫です。

それよりも手渡しのメリットは、先方の息災を確認できるメリットが大きいですよね。年に何回もないので是非とも手渡しでお中元を渡したいものです。

お中元の手渡しの時期に気をつけよう!地域によっても違う!

お中元の手渡しの時期は地域によっていろいろと違う様です。

北海道、関東・東北や東海・関西・中国・四国、北陸、九州と住む地域によってお中元の手渡しの時期が違うので、事前に調べておいたほうがいいでしょう。

昨今はそれほどお中元の時期についてうるさく言われることはありません。

それでも知っていたほうが何かと役に立つこともありますし、それだけで褒められることもあるので、こういったことはきちんとするに越したことはありません。

お中元の時期は地域によっても様々

お中元は日頃の感謝を込めてできれば手渡しで渡したいものです。そうなると気になるのがお中元を手渡しする時期です。

これは、地域によってもいろいろと違いがあるようですよ。昔ほどかしこまったものではないのですが、やはり基本は大切にしたいものです。

また、地域ならではの注意点もあるかもしれませんよね。

北海道・東北・関東地方のお中元の時期は?

北海道のお中元の時期は旧盆の時期となる7月15日から8月15日までに渡すのが一般的です。

1ヵ月もあるので余裕といえば余裕なのですが、8月となると暑い盛りになるので7月中に送っておくほうがいいかもしれませんね。

それと8月16日を過ぎると残暑見舞いになるので気をつけましょう

東北・関東となると北海道とは違って7月初旬から7月15日までがお中元の時期となります。かなりお中元の期間が短くなるので注意してくださいね。

北陸地方はどうなってる?

北陸地方は少しややこしいんです。

地域によってというか地区によって関東と同じように7月初旬から7月15日までにお中元を送るところがあるかと思えば、北海道と同じように7月15日から8月15日までにお中元を送るところがあるんです。

後者のほうが少数派ということですけど、これは確認したほうがいいですね。

東海・関西・中国・四国のお中元の時期はh3
東海・関西・中国・四国のお中元を送る時期は、7月15日から8月15日までが一般的です。北海道と一緒ですね。

それでも、昨今は関東に合わせる風潮もあるようで年々お中元を出す時期は早くなっているようです。同じお中元なので全国一律にしてほしいですよね。

九州のお中元の時期は?

九州の人にお中元を送るときは、8月1から8月15日までに届くようします。

関東・東北とは1ヵ月も違うのですから、これは大変ですね。

地域によってお中元の時期が違うのは?

地域によってお中元の時期はかなり違います。関東と九州でしたら、交わる期間もなくて丸一カ月違うのですから、送るほうは大変ですし、二度手間ということになってしまいますよね。

地域によってこれほどお中元の時期が違うのはどうしてでしょうか。

お中元は手渡しが基本

お中元は古くからの風習ですから、手渡しが基本だったのです。ですから遠くても同じ地域内での済ませていたということですね。

ですから、お中元の渡し時期に地域差があっても不思議ではないということです。

現在は遠くの人にでも配達しているので、地域差が気になってしまいますよね

お中元の時期を間違えると非礼にあたる?

気になるのはお中元を送る時期を間違えたら非礼にあたるのかということです。

基本的に地域によって子の期間がお中元の時期というのがありますが、それほどこまかく、というかうるさい人はいないでしょう。

もちろん基本を守ることは大切ですが、交通事情によって数日遅れるなんてことはあると思います。それと、すっかり送る期間を間違えたとしても、きちんとお詫びをしたら大丈夫ですよ。

どちらかというと、お中元の時期というのは全国共通にしてもらいたいですよね。

お中元の時期はおおざっぱでもいの?

1x1-trans_-1119706地域によってお中元の時期は違います。古い風習だからといってそれもできちんとお中元は期間を守りたいですし、手渡しの場合でしたらなおさらですよね。

先方で「この時期のお中元はめずらしい」なんて言われないように地域のお中元の時期というのをしっかりとリサーチしておきましょう。

お中元の時期を間違えたら

お中元を手渡しで先方のお宅に伺ったときに、そのまま黙って受け取ってくれる人も多いと思います。間違っていても気を遣ってくれるんですよね。

また、きちんと指摘してくれる人も優しい人だと思います。やはり時期を間違えたのですから今後のこともあるのでしっかりと指摘してもらいたいですよね。

お中元の手渡しの時間にも気をつける

地域によって期間も大切ですが、手渡しの場合は伺う時間にも気を遣いましょう。できれば事前に伺う旨を伝えておきましょう。

伺う時間ですけど、お昼どきや夕食どきを避けるようにしましょう。午前でしたら10時くらい、午後殻でしたら14時くらいがいいですよ

まとめ

お中元の手渡しの時期というのは地域によってかなり違いがあるようです。

お中元セールというのはデパートを中心にいつもでやっているイメージですけど、手渡しの他に配達のほうが多くなっている昨今でしたら、なおさらお中元の時期というのは気をつけたほうがいいですね。

お中元を手渡しする場合は、その地域のしきたりみたいなものは、先方が目上の人でしたら詳しいでしょうからしっかりと聞いておいたら、仮に間違えたとしても次に活かすことができますよ。

暑中見舞いの返事書き方を0から解説するよ!知らないと恥を書くポイントまとめ

暑中見舞いは年賀状ほど一般的ではないですが、それだけに、普段会うことがない人にはこういったハガキで時候の挨拶をするのはとても風情があっていいものですよね。

そして、お世話になっている人から暑中見舞いを頂くと返事をしなくてはいけません。

失礼のないような暑中見舞いの返事の書き方はどういったものにしたらいいのでしょうか。

面倒だと思いながら人づきあいが多くなってくると暑中見舞いのやりとりも増えてくるのでしっかりとマスターしたいものですね。

暑中見舞いの返事の書き方を教えて?

暑中見舞いの書き方はなんとなくわかっても、暑中見舞いの返事はなんて書いたらいいのかわからないということはよくありますよね。

実際にこういったものは経験しないとわからないものですが、わからないなりに適当に書いて返事をするのはよくありません。

暑中見舞いの返事にもきちんとした書き方があり、古い風習ですから、そこにもマナーがあるのです

お世話になっている人から暑中見舞いが届いたら

目上の人から暑中見舞いが届いたら返事をしなくてはいけないでしょう。暑中見舞いをもらうのが初めてだったら、どのように返事をしたらいいのか迷うことだと思います。

特に目上の人からの暑中見舞いだったら、緊張しますよね。非礼のないように暑中見舞いの返事をするようにしたいものです。

返事の書き方がわからないからと迷っているうちに、どんどん日にちが経ってしまうこともあります。

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなる

暑中見舞いはたいてい8月初旬に届きます。暑中見舞いは立秋までに相手に届くように送ることがマナーだからです。

立秋は変動しますが、たいていは8月7日前後となります。

それ以降に出すのは、残暑見舞いとなりますし、気をつけたいのは先方に届いた日なのですが、たいてい暑中見舞いの返事は残暑見舞いと考えていいでしょう。

稀に暑中見舞いが早く届いて、こちらの返事も立秋までに先方に届きそうだというときは、暑中見舞いでもかまいません。
ここでは、残暑見舞いとしての返事の書き方を説明します。

暑中見舞いの返事の書き方について

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなります。このとき、暑中見舞いをいただいたお礼をするのかしないのか気になる人もいるでしょう。

これは、お礼を言うという考えとしなくてもいいという考えがあります。しかし、自然な感情として暑中見舞いのお礼を書いても問題ありません。

出だしは定型文得問題なし

残暑見舞いの出だしは「残暑お見舞い申し上げます」という出だしになります。

これは定型文というか常套句となりますが、決まり切った文章ですから、アレンジする必要もなくこのままで大丈夫です

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は、時候の挨拶となります。

「まだまだ厳しい暑さが続いていますが…」という書き出しでもいいですし、「幾分暑さもやわらいできた頃でしょうか…」という書き方でもいいと思います。

暑中見舞いのお礼と近況報告も忘れずに

時候の挨拶の後に続く言葉として、暑中見舞いのお礼を書きましょう。それから、こちらの近況報告となります。

書き方に決まりといったものはないのですが、こういった古くからの風習というのは決まり文句や書き方の手順を踏襲したほうがいいです。

特に目上の人に残暑見舞いを出す場合は、自由に書くよりも手順に沿った書き方のほうが無難です。やはり書き方のマナーに沿った方がいいということですよね。

暑中見舞いのお礼を書く

残暑見舞いでの返事の書き方は、時候の挨拶の後に、暑中見舞いのお礼を書くようにします。お礼は必要ないという考えもあるのですが、目上の人から頂いた場合はお礼を書いても非礼にはなりません。

「暑中お見舞いのお葉書ありがとうございました。本来ならこちらから暑中お見舞いの葉書を出さなくてはいけないところを大変ご無礼いたしました。」といった感じでいいと思います。

さらに「厳しい暑さの中、お体のほうは大丈夫でしょうか」や「お変わりありませんか?」といった体調を気遣う言葉につなげていきましょう

後半はこちらの近況報告と締めの言葉を書きます

お礼と体調を気遣う言葉のあとは、こちらの近況報告となります。

「~で元気にやっています」「今後ともよろしくお願いします」といった形で締めくくるといいでしょう。

「ご指導ご鞭撻を」という書き方で締めくくるのもいいですが、かなり固いイメージになってしまうので、相手を見ながらということですね。

まとめ

暑中見舞いをいただくと、先方が目上の人でしたら、返事に気を遣ってしまいます。

書き方にもマナーがあるのですが、それほど形式張ったものにしなくてもいいようですが、それでもお世話になった人への返事の書き方には気を遣ってしまいますよね。

内容としては非礼にならないように、マナーを守った書き方でしたら、内容はおまかせともなるのですが無難にまとめるのが得策です。

砕けた感じよりはしっかりと敬語をしっかり使いながら固すぎないような内容にするのがポイントですね

お正月の帰省は旦那さんの実家には行くけどお嫁さんの実家は?行かなくても大丈夫?

お嫁さんの実家に帰省はする?

結婚をした後、実家に帰省となれば一般的には旦那さんの実家に行くことばかりですよね。お嫁さんは旦那さんの家に入ったわけですから、積極的にお嫁さんの実家に行こうとする旦那さんは少ないようです。

お嫁さんは分かるかと思いますが、相手方の実家というのは居心地が悪く感じるからです。

一般的には行かなくても問題ない

結婚は名字を変えた方が、相手の家に入ることを言います。そのため、お嫁さんの実家に行く人は少ない傾向にあります。ただ、一般的には行く人が少ないからといって「行かなくていい」わけではありません

お嫁さんだって両親に会いたいと感じる時はあります。お産の時は実家に帰るのが一般的ですけど、普段でも帰省することを心がけた方がいいですよ。

お嫁さんのことを考えるなら帰省しよう

お嫁さんにとって、結婚は環境が大きく変わります。そのため、ストレスが溜まることもあるのです。

特に旦那さんの親と同居している場合は、1日中気を張り詰めている場合もあるので、精神的に参ってしまう人も少なくありません。

お嫁さんのストレスを解消するためにも、帰省はした方がいいかもしれませんね

お嫁さんが一人娘の場合は必ず帰省するべき

お嫁さんが一人娘の場合、帰省は考えた方がいいです。相手も子供が一人しかいないのに嫁に出しているわけですから、会えないのはやはり寂しくなります。

お嫁さんの両親との関係も悪くなる可能性があるので、頻繁ではなくても1年に1度は帰省をした方がいいのではないでしょうか。

お嫁さんだけが帰省するのはアリ?

旦那さんの中には、お嫁さんの両親と会いたくない人もいるでしょう。しかし、だからと言ってお嫁さんばかり帰省させるのは良くありません。

お嫁さんと結婚をした以上、旦那さんもお嫁さんの両親にとっては「義理の息子」になるのです。それなのに旦那さんだけが会いに来ないとなると、印象が悪くなります。

夫婦仲が良くないと思われる

お嫁さんだけが帰省した場合、夫婦仲が良くないのではないかと心配をさせてしまう可能性があります。

問題がなければ、夫婦そろって帰省するはずだ、と考えるからです。余計な心配をかけないためにも、お嫁さんだけの帰省は避けましょう

嫁側の両親に会いたくないと思われる

お嫁さんだけで帰省した場合、嫁側の両親に会いたくないのか、と思わせてしまうことがあります。意外とこのように考える人は少なくないようで、余計な確執を作ってしまうことになるので気をつけましょう。

こうなってしまうと、お嫁さんも帰省しづらくなるため、誰にとってもメリットにはなりません。

帰省したくても言いだせない

お嫁さんは嫁入りした手前、帰省させてくれとは言いづらい部分があります。

そのため、両親に会いたい、子供を会わせたいと思っていてもなかなか言葉に出来ない人が増えているようですね。

お嫁さんが帰省しやすいようにするには?

お嫁さんが帰省しやすいようにするには、やはり旦那さんが口添えをするなどしなければいけません。

自分から言いだせない人もいるのだと覚えておきましょう。

旦那さんから帰省の話を持ち掛ける

お正月やお盆など、優先して帰省するのは旦那さんの実家で構いません。しかし、お正月やお盆などちょっと時期をずらした時に、お嫁さんに帰省の話を持ち掛けてみてはいかがでしょうか。

お嫁さんにしてみれば、そういってくれるだけで旦那さんの優しい気持ちが伝わりますし、夫婦仲も良くなる可能性が高いですよ。

サプライズで帰省計画を立てる

お嫁さんとしては帰省したいと言いづらいため、サプライズで計画してあげるのもいいかもしれませんね。

立場的に帰省しないのが当たり前のお嫁さんですが、親に会いたい気持ちは旦那さんにも分かるはずです。

だからこそ、帰省しないのを当たり前にしないようにしましょう。家族が我慢しているのをそのまま放置しておくと、どこかでほころびが出てしまいますよ。

最近は自由に帰省する人もいる

最近は若い人に多いのですが、あまり嫁という立場を関係なく帰省する人もいるようですね。昔とは違った感覚でいるので、ちょっと前ほど帰省しづらいという風潮ではないようです。

ただ、昔気質の姑や舅の場合、お嫁さんが帰省することに良い顔をしない家庭もあるようです。

まとめ

お嫁さんはお正月に帰省しないのが当たり前になっています。しかし、お嫁さんも言葉にしないだけで帰省したいと考える人は多いでしょう。

自分から言いだせない人も少なくないので、旦那さんが気を利かせて話をしてあげるとスムーズに話が進むかもしれません。もし、お嫁さんが断ったとしても、すぐに引くのではなく何度か粘ってみましょう。

どうしても、と断る場合は次の機会に帰省するといいなどの一言を添えることで、旦那さんがお嫁さんのことをしっかり考えてくれているのだと伝わります。