暑中見舞いで残暑のときの返事の仕方は?

暑中見舞いと残暑見舞い…なんとなく意味はわかっていても返事の仕方がわからないという人も少なくないでしょう。

そもそも時期的にいつからいつまで暑中見舞いで、いつからが残暑見舞いなのかがわからないと気にせずに出してしまうと非礼にあたらないとも限りません。

特に残暑見舞いは時期を間違えないようにしたいものです。そして返事の仕方にも気をつけるようにしましょう。

ここでは暑中見舞いをもらって、残暑見舞いとして返事を書く仕方について説明します。

暑中見舞いをもらってこちらご返事を出す場合

夏になると年賀状ほどではないですが、暑中見舞いのハガキをもらうこともあるでしょう。そのときの返事の出し方はどのようにしたらいいのでしょうか。

すでに同じようなタイミングでこちらも暑中見舞いを出すこともあります。

そのときは年賀状と同様に返事は出さなくても、すでに暑中見舞いを先方に出しているので問題ありません。

大切なのは、こちらが暑中見舞いを出していないのに、先方から暑中見舞いが届いたときですね

そのときの返事はどのようにしたいいのでしょうか。

暑中見舞いをもらったときの返事の仕方

暑中見舞いをもらって、返事を書こうと思ったときが残暑に時期だったら、暑中見舞いではなく、残暑見舞いとなります。書き出しは定型文で全く問題ありません。

「残暑お見舞い申し上げます」といった書き出しとなります。

これは定型パターンであり、常套句ですから、他の書き方はないといってもいいでしょう。

反対に違う書き方をしてしまうと、違和感を感じさせることになるので注意してくださいね。定型文は恥ずかしいので使いたくないという配慮は一切不要ですよ。

内容についてはオリジナリティを出してもかまわない

書き出し分はほぼ決まった形となるのですが、内容についてはオリジナリティを出してもかまいません。昨今では年賀状と同じように文言を印刷する場合もあります。

内容は、暑中お見舞いが届いたことへの感謝の言葉も忘れないようにしてください。また、手書きで何か一筆加えるようにするのがマナーです。

是非とも自分の直筆で一筆書くようにしてくださいね。

暑中見舞いと残暑見舞いの時期は?

暑中見舞いも残暑見舞いのハガキも適当に出していいわけではなく、それぞれに適切な時期があります。

多少の日にちのずれがあっても失礼にはなりませんが、大幅にずれてしまうとマナーを疑われることになるので気をつけるようにしてくださいね。

暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期に気をつけよう

暑中見舞いと残暑見舞いを出す時期というのは明確に別れています。

これは立秋の時期ですから、8月7日を堺にそれまでは暑中見舞い、それ以降は残暑見舞いと覚えておきましょうね。

多少のずれは問題ありませんが、大幅に立秋が過ぎているのに暑中見舞いというのはマナーに欠けると判断されるので気をつけましょう。

暑中見舞いの返事は残暑見舞い?

暑中見舞いの返事は残暑見舞いという説明書きがを見ることもあるのですが、返事を出す時期が立秋前でしたら、暑中見舞いとなります。もっとも先方がハガキを受け取る時期も考慮したほうがいいでしょう。

受け取り時期が立秋以降になりそうなときは残暑見舞いで出すことになります。一般的に暑中見舞いを8月に入ってから受け取ると、返事は必然的に残暑見舞いになるのでそういう書き方が多いということですね。

残暑見舞いの書き方は?

暑中見舞いを書くことはあっても残暑見舞いを書いたことがないという人もいるかもしれません。特に暑中見舞いの返事で残暑見舞いを書くときは何か作法があるのかなと思ってしまいますよね。

基本的には書き方は暑中見舞いと何ら変わるところはありません。

「暑中」が「残暑」に変わること、それと「暑中お見舞いありがとうございました」といった暑中見舞いをもらったことへの感謝の言葉を忘れないようにしましょうね。

残暑見舞いの内容

残暑見舞いの内容セスが、残暑お見舞いの挨拶と暑中お見舞いへの感謝の後に続ける文言は、相手の近況と安否などの気遣いが基本となります。また、こちらの近況報告も伝えましょう。

そして「今後ともよろしくお願いいたします」というような言葉で締めくくれば問題ありません。

残暑見舞いの注意点

時期をまちがえないようにしましょう。立秋以降に出すと残暑お見舞いですからね。

暑中お見舞いの最後は「平成●●年 盛夏」となるので、残暑お見舞いの最後は「平成●●年 立秋」とでも書きたくなりますが、これは間違いです。

締めくくりは「今後ともよろしく…」という言葉を使いましょう

まとめ

暑中お見舞いと同じように残暑お見舞いにもちょっとしたルールがあります。最近では印刷した文言を利用することが多く定型化しているのですが、年賀状と同じように何か一筆直筆で書きたいものですね

華美な言葉を使う必要はなく、日頃の感謝と相手への気遣いなどを随所にちりばめるような言葉を使うと、見栄えの良い暑中お見舞いの返事となります。こちらの近況報告も添えるようにしてくださいね。

暑中見舞いを子供がもらったときの返事の仕方!

暑中見舞いを子供がもらうこともあるでしょう。暑中見舞いに対して暑中見舞いなのか残暑見舞いで返事を出すのか迷ってしまいますよね

反対に子供が夏休みに暑中見舞いを出したいと言ってきたら、親としても暑中見舞いの書き方をきちんと教えてあげなくてはいけません。

どのような内容にするのか、子供が暑中見舞いを出したい相手が友達なのか目上の人なのかで、その内容も変わってくるのでしっかりと教えてあげなくてはいけませんよね。

暑中見舞いが子供に届いたら…

暑中見舞いが子供に届いたら返事はどのようにしたらいいのでしょうか。これは少し迷ってしまうかもしれません。

友達から暑中見舞いが届くということも無きにしも非ずです。実際には先方の親がけしかけたりするのかもしれませんが、暑中見舞いが来た以上返事をださないわけにもいかないでしょう

当然、こういったことはそんなにないことですから、もらった子供としても大喜びとなりますよね。そうなるとやはり返事は書かなくてはいけません。

暑中見舞いの返事は親が出すそれとも子供?

子供に暑中見舞いが届いたのですから、その返事は子供が出すのがマナーです。これも勉強だと思って子供に暑中見舞いの返事を書かせてあげてくださいね

おそらく、年賀状のやりとりは友達同士でもしているでしょうから、それとあまり変わらないといった説明を親のほうからしてもいいでしょう。

しかし、年賀状と違って元日に一気に届くようなものではありませんから、そのあたりはしっかりと説明したほうがいいでしょう。

子供とはいえ失礼がないように

年賀状は友達同士でわいわいやっているのかもしれませんが、暑中見舞いのほうはしっかりと親が管理しているものです。先方の子供も暑中見舞いの書き方などを親に習ったはずです。

そうなると、返事を出す側としてもしっかりとマナーを守った返事にしたいですよね。

暑中見舞いが届くのは8月初旬

暑中見舞いが届くのは8月に入ってすぐくらいのことが多いです。暑中見舞いは暑い盛りに届くように出してくるのでそのくらいになります。

そして、すぐに立秋となります。立秋は8月7日頃ですから、暑中見舞いの返事は暑中見舞いではなく残暑見舞いとなることに注意してください

相手に届く頃は立秋を過ぎていることが多いからです。そして、8月一杯までにとどくようにしましょうね。

暑中見舞いの返事の書き方

暑中見舞いの返事の書き方を子供に教えましょう。実際に暑中見舞いにしても残暑見舞いにしても、最初の挨拶は定型化しているので、「残暑お見舞い申し上げます」という書き出しで大丈夫です。

子供だからもっと砕けた感じでもいいのでは?と思いがちですが、ここは形式的なものですから、定型文で問題ありません。砕けた文言は時候の挨拶の後、締めくくりの文章の前に入れるくらいでいいですよ。

基本をしっかりと教える

子供が子供に書くのだから好きに書かせよう…という方針もいいのですが、それは普通のハガキのやり取りで済ますことができます。

暑中見舞い・残暑見舞いですから形式がかったものですが基本に忠実に書くようにしたいものです。

冒頭の挨拶から、時候の挨拶、夏休みの近況報告、先方を気遣う、締めくくりの挨拶といった形で大人が書くのと何ら変わりはありません。近況報告と気遣いの部分で子供の言葉を使ってもいいですよね。

目上の人から暑中見舞いをもらったら

1x1-trans_-8273108子供あてに目上の人から暑中見舞いをもらうこともあるでしょう。おじいさんやおばあさんからもらう場合もあるでしょうし、中には先生から暑中見舞いをもらった、なんてこともあるかもしれません。

そういった場合は、子供同士の暑中見舞い・残暑見舞いのやり取りよりも緊張することでしょう。ここはしっかりと親が目を光らせて失礼のないような返事を書かせるようにしてください

目上の人に返事をする時の注意点

子供だから大目に見てくれるだろうという考えもあります。

確かにその通りなのですが、これも貴重な社会勉強ですし、やはり目上の人ですから、ため口的な返事ではなく、きちんと敬語を使った言葉で返事を書くように教えてあげてくださいね。

長い夏休みのアクセントとして

長い夏休みは子供にとっても中だるみが続くときでもあります。そんなときに暑中見舞いが届くのはとても良い機会です。これから大人になるときの良い教育にもなるでしょう。

暑中見舞いの返事もめんどくさがらずに、夏休みの一つのアクセントとしてしっかりと返事を書かせてあげてくださいね。

まとめ

普段したことのない暑中見舞いと残暑見舞いです。子供にとっては緊張するものかもしれませんが、これも良い社会勉強の一つです

これから長い人生で暑中見舞いと残暑見舞いを子供のうちから書き方の練習をしておくのは、後々の良い思い出になることは間違いないですよ。

子供のときの経験というのは大人になっても忘れないことが多いですから、しっかりと基本に則った暑中見舞いの返事を教えてあげてくださいね。

暑中見舞いの返事書き方を0から解説するよ!知らないと恥を書くポイントまとめ

暑中見舞いは年賀状ほど一般的ではないですが、それだけに、普段会うことがない人にはこういったハガキで時候の挨拶をするのはとても風情があっていいものですよね。

そして、お世話になっている人から暑中見舞いを頂くと返事をしなくてはいけません。

失礼のないような暑中見舞いの返事の書き方はどういったものにしたらいいのでしょうか。

面倒だと思いながら人づきあいが多くなってくると暑中見舞いのやりとりも増えてくるのでしっかりとマスターしたいものですね。

暑中見舞いの返事の書き方を教えて?

暑中見舞いの書き方はなんとなくわかっても、暑中見舞いの返事はなんて書いたらいいのかわからないということはよくありますよね。

実際にこういったものは経験しないとわからないものですが、わからないなりに適当に書いて返事をするのはよくありません。

暑中見舞いの返事にもきちんとした書き方があり、古い風習ですから、そこにもマナーがあるのです

お世話になっている人から暑中見舞いが届いたら

目上の人から暑中見舞いが届いたら返事をしなくてはいけないでしょう。暑中見舞いをもらうのが初めてだったら、どのように返事をしたらいいのか迷うことだと思います。

特に目上の人からの暑中見舞いだったら、緊張しますよね。非礼のないように暑中見舞いの返事をするようにしたいものです。

返事の書き方がわからないからと迷っているうちに、どんどん日にちが経ってしまうこともあります。

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなる

暑中見舞いはたいてい8月初旬に届きます。暑中見舞いは立秋までに相手に届くように送ることがマナーだからです。

立秋は変動しますが、たいていは8月7日前後となります。

それ以降に出すのは、残暑見舞いとなりますし、気をつけたいのは先方に届いた日なのですが、たいてい暑中見舞いの返事は残暑見舞いと考えていいでしょう。

稀に暑中見舞いが早く届いて、こちらの返事も立秋までに先方に届きそうだというときは、暑中見舞いでもかまいません。
ここでは、残暑見舞いとしての返事の書き方を説明します。

暑中見舞いの返事の書き方について

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなります。このとき、暑中見舞いをいただいたお礼をするのかしないのか気になる人もいるでしょう。

これは、お礼を言うという考えとしなくてもいいという考えがあります。しかし、自然な感情として暑中見舞いのお礼を書いても問題ありません。

出だしは定型文得問題なし

残暑見舞いの出だしは「残暑お見舞い申し上げます」という出だしになります。

これは定型文というか常套句となりますが、決まり切った文章ですから、アレンジする必要もなくこのままで大丈夫です

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は、時候の挨拶となります。

「まだまだ厳しい暑さが続いていますが…」という書き出しでもいいですし、「幾分暑さもやわらいできた頃でしょうか…」という書き方でもいいと思います。

暑中見舞いのお礼と近況報告も忘れずに

時候の挨拶の後に続く言葉として、暑中見舞いのお礼を書きましょう。それから、こちらの近況報告となります。

書き方に決まりといったものはないのですが、こういった古くからの風習というのは決まり文句や書き方の手順を踏襲したほうがいいです。

特に目上の人に残暑見舞いを出す場合は、自由に書くよりも手順に沿った書き方のほうが無難です。やはり書き方のマナーに沿った方がいいということですよね。

暑中見舞いのお礼を書く

残暑見舞いでの返事の書き方は、時候の挨拶の後に、暑中見舞いのお礼を書くようにします。お礼は必要ないという考えもあるのですが、目上の人から頂いた場合はお礼を書いても非礼にはなりません。

「暑中お見舞いのお葉書ありがとうございました。本来ならこちらから暑中お見舞いの葉書を出さなくてはいけないところを大変ご無礼いたしました。」といった感じでいいと思います。

さらに「厳しい暑さの中、お体のほうは大丈夫でしょうか」や「お変わりありませんか?」といった体調を気遣う言葉につなげていきましょう

後半はこちらの近況報告と締めの言葉を書きます

お礼と体調を気遣う言葉のあとは、こちらの近況報告となります。

「~で元気にやっています」「今後ともよろしくお願いします」といった形で締めくくるといいでしょう。

「ご指導ご鞭撻を」という書き方で締めくくるのもいいですが、かなり固いイメージになってしまうので、相手を見ながらということですね。

まとめ

暑中見舞いをいただくと、先方が目上の人でしたら、返事に気を遣ってしまいます。

書き方にもマナーがあるのですが、それほど形式張ったものにしなくてもいいようですが、それでもお世話になった人への返事の書き方には気を遣ってしまいますよね。

内容としては非礼にならないように、マナーを守った書き方でしたら、内容はおまかせともなるのですが無難にまとめるのが得策です。

砕けた感じよりはしっかりと敬語をしっかり使いながら固すぎないような内容にするのがポイントですね