新学期のクラス替えは不安がいっぱい!

新学期のクラス替えは不安でいっぱいですよね。せっかく仲良くなった友達と離ればなれになってしまう寂しさのほうが先に立ってしまうのです。

きっと新しい出会いがあって新しい友達ができるのですが、これまでの友達以上の友達ができるのか不安になってしまうのです。

学校は勉強するところなのですけど、辛さを補ってくれるのが友達ですから、学校での友達の比重ってものすごく高いんです。

だからこそ新学期のクラス替えがすごく不安になるんですよね。

新学期のクラス替えは不安がいっぱい?どうしたいいの?

新学期のクラス替えとなると、不安よりも期待のほうが大きいはず…なんて思うのは少数派で大多数の人は新学期に少なからず不安を抱えているようなんです。

実際に新学期になると期待に胸を膨らませるといった感じではなくて、どちらかというと浮かない顔をしている人が多いようにも思うんですよね。

クラス替えで不安ということですから、友達関係が主になるのでしょうけど、それにもいろいろな思惑というか気持ちが交錯するようですよ。

クラス替えで不安になるのは友達関係が多い

クラス替えですから、これまでのクラスメートと離ればなれになってしまいます。クラスが6クラスくらいあれば、単純に6分の5は違うクラスにいってしまうんですからね。

しかし、逆に考えれば、6分の1は同じクラスになるのですから、そう考えたら気が楽になりませんか?

もっとも大事なのは一番親しくしていた友達と離ればなれになるということですから、6分の1の確率というのは気休めにもならないかもしれません。

人生とはこんなもの

クラス替えくらいで人生を出してくるのもおこがましいのですが、実際にこんなケースというのは人生の中でたくさんあるんですよ。

クラス替えというのはいうなれば学校に通っているうちは毎年ある年中行事のようなものですから、ここで不安を感じてしまうと毎年不安な気持ちを感じることになるということですからね。

それもある意味毎年恒例となると、不安な気持ちにも慣れてくるってことですよね。

新学期のクラス替えが不安なときはこうしてみよう

新学期のクラス替えが不安なのは、初対面の人が多いから…ということではないでしょうか。人見知りが激しいとそんな気持ちになります。

また、極端な人見知りではなくても新しい人との出会いがめんどくさいという人もいると思います。そういった人は自己紹介するのも億劫になってしまうんですよね。

まずは目標を持ってみる

せっかくの新学期ですから、こういったことをしてみたいということはないでしょうか。何も考えずにいると不安な気持ちも倍増してしまいますよね。

部活がんばってみようかな、塾にも行かないと、友達がんばって作ろうかななんて何でもいいのですけど目標を作るとかなり違ってきますよ。

モチベーションも上がってくるのでやっぱり目標を持つことっていいことなんですよね。

クラスの雰囲気に馴染む

これ大事なんですよ。不安なのはクラスの雰囲気になじめるかな、といった漠然とした不安を持っている人も多いんです。

この対策としてはとにかく口角をあげておくことです。口角をあげておくとここからすぐに笑顔を作ることができます。

人によってはすでに笑顔ですからね。そういうのって場を和ませてくれるんですよ。

人からも話しかけやすい雰囲気になるので効果大ですよ。是非お試しあれです。

クラス替えで友達を作るコツってあるの?

友達って自然とできるもので、わざわざ作ろうと思ったことはないけど…それでも知らず知らずのうちに行動しているものなんですよ。少しだけ意識して友達を作ることを考えてみましょう。

クラス替えのときは自分だけではなくて誰でも不安なものです。だからこそ早く友達を作りたいんですよね。

きっかけが大切

同じクラスになったのだからきっかけというのはいくらでもあるんですよ。まずは隣り合った人に話しかけることから始めましょう。

「次の授業って英語だよね?」「教室は移動しなくてよかったっけ?」「お腹空いた…昼間で大丈夫かな」なんて感じで話しかけたらいいのです。なんとなく意識しなくても出てきそうですけどね。

それと、言って返ってくるだけではだめで、なんどか会話が往復するようにがんばりましょうね。

行動する勇気が大切

不安な気持ちを静めるためには行動するしかありません。待っていても誰かが声をかけてくれるものですけど、やっぱり自分で突破したいですよね。

きっかけを自分から作ること、なんでもかんでも自分でするというのではなくて、きっかけを作るのも行動です。

あまり難しく考えずにやっていきましょう。

まとめ

新学期のクラス替えは不安な気持ちではなく、浮き浮きした気持ちで迎えたいものですよね。とはいってもなかなかクラス替えというのは緊張したり不安になったりするものです。

それを突破するには自分から行動するしかないのですけど、それも簡単なことで、少し口角を上げておくとか、ちょっとしたきっかけづくりだけでも十分なんです。

誰もが友達を作りたいと思っているのですから、行動あるのみですよね。

新学期は好印象でスタートダッシュ!新たな恋が始まるかも!?

新学期はどきどきしますよね。学年が上がるときは知らない人とお近づきになれるチャンスでもあります

そして、これまでの自分はなんとなくイケてなかったと思っているのでしたら、これまでの自分と決別するチャンスでもあるんです。

自分を変えるというのは、相手に対して好印象を与えたい気持ちの裏返しでもあるんです。

自分を変えて人に好印象を与えることで、ひょっとしたら新たな出会いがあるかも?そんな気分に新学期はさせてくれるんですよね。

新学期は好印象でスタートダッシュをかけよう

人に好印象を与えるのってどうしたらいいのでしょうか。好印象?ってなりますよね。

考えるに人に好印象与えるということは、反対には人を不快な気持ちにさせないというように考えたらいいと思います。なんとなくこっちのほうが考えやすいですよね。

人を不快にさせないというのもなんとなく後ろ向きな考え方になりますけど、ここから考えると好印象というワードも生きてくるから不思議ですよね。

まずは清潔巻を出してみよう

不快な気持ちにさせないこと、そして好印象を生み出すのはやっぱり清潔巻ですよ。

新学期ですから、制服があればだらっとしたものではなくて、洗濯して清楚なイメージを出したほうがいいですよね。

洗濯石鹸の香りがするのもグッドだと思いますよ。

制服の汚れやヨレは厳禁

よくあるのが制服の汚れです。制服って普通がビシッとしているのでヨレがあるだけでも目立ってしまうし、それがだらしない印象になってしまうんですよ。

ビシッとしていて普通ということをしっかりと覚えておいてくださいね。

大学生のように新学期でも制服がないと、服装で好印象といっても難しいと考えてしまうでしょう。今はだぶついたものよりもぴしっと肌にフィットした服装がこのまれます

特に男性はその傾向が強いですよ。それと男女ともに色は明るい系がベストですよね。

表情を豊かにすると好印象間違いなし

ぶすっとしているよりも笑顔のほうが好印象なのは誰もが認めるところです。新学期に心機一転、自分を変えたいのでしたら、とにかく笑顔大作戦でいきましょう。

いつも笑顔だと好印象なのですけど、へらへらしていると思われてしまうかもしれません。普通にしていても笑っているように見える人っていますよね。

あんな感じがすごく好印象だと思うんです。いつも笑顔を絶やさない人って傍からみても話しやすいんですよ

これって間違いなく好印象ですよね。

表情を豊かにするにはどうしたらいいの?

会話をしていて無表情だと、興味ないのかな?面白くないのかな?なんて思ってしまいます。あげくには気のある人であっても、とりつくしまがないなと思ってその時点で恋の目を摘んでしまうことになるのです。

話していて楽しいと思わせることは難しいかもしれません。しかし、会話の間は常に笑顔でいると相手は間違いなく楽しくなりますよ。

とにかく会話のときは笑顔押しでいきましょうね

家で笑顔の練習をすることう

家では鏡を見ながら口角をあげる練習です。どの程度あげたら自然な感じの笑みになるのかを探求するのです。

自然に出るのがいいのですが、自分で意識しているとそれがいつのまにか自分のものになっているのですから不思議ですよね。

笑顔も鍛錬なんです。この人と話しているとすごく楽しい、なんて思われるようになったら好印象どころかクラスの人気者間違いなしです

新学期の話題を独り占めできるかもしれませんよ。

しぐさや立ち振る舞いって大事ですよね

しぐさや立ち振る舞いってどういうこと?どうしたらいいの?なんて声が聞こえてきそうですが、これって周囲に気を配るということが大切なんです。

椅子に座っていてフイに立ち上がることもあるでしょう。椅子が後ろに下がりますよね。

後ろに人がいたら椅子で踏んでしまうこともありますし、密集しているときに立ち上がろうとしたら椅子が人にあたってしまうこともあります。

そういったことに気を配る人というのは誰から見ても好印象なんですよ。声に出すほどのものではありませんが、周囲に気を配れる人なのだなって思われるんです。

普段から気をつける

自然に振る舞うことができたらいいのですが、周囲に気を配るというのは気が利かない人にはできません。

ですから、常に周りに気を配るようにしましょう。これしたら迷惑にならないかな?なんてことでも大丈夫です。普段からそんな癖をつけているといつのまにか自分のものになってますからね。

気配り上手は恋の予感?

気配りができる人は誰にも好印象を与えるんです。そういったことはしぐさにも現われますし、そういったところを誰かがしっかりと見ているものなんですよ。

そこから新しい恋が始まるのもよくあることなんですよね

まとめ

新学期で好印象を人に与えるのは、やっぱり見た目ですよ。服装には十分気をつけたほうがいいでしょう。

ヨレのある服装は厳禁ですよ。汚れにも注意したほうがいいでしょう。

そして、大事なのは笑顔です。とりあえずといってはアレですけど、笑顔でいたらちょっとしたことでもごまかせたりしますからね。

服装に気をつけ、笑顔でいること、そしてしぐさや気配り…書いてみると大変ですけど、一連の動作で完結するのでそれほど大変ではないです。大切なのは好印象を与えようとする気持ちですよね

【新学期】自己紹介で好印象を与えるポイント大公開!

新学期となると、自分を知ってもらうための自己紹介ってかかせないですよね。ここで好印象を得ることができたら、それからの学校生活はとても楽しいものになるでしょう。

そのためにも最初の関門が自己紹介です。受け狙いをしすぎてしまって反対に滑った…なんてことも聞こえてきます。

好印象というよりも「印象深い」イメージは避けたいので自己紹介は無難にこなしたいですよね。ここでは新学期に好印象を得るためのノウハウを考えてみました。

自己紹介で大切なことは?

新学期になると自己紹介は欠かせません。誰にとっても新学期は、自己紹介が最初のハードルになるというわけですね。

そうなると、この自己紹介を上手に乗り切ると新学期のスタートダッシュができるということです。競争ではないので急ぐ必要はないのですが、自己紹介って大事ですよ。

そのあとのつきあい方とか、クラスのみんなの見た目といった方向性が形作られるからです。それでは、まずは自己紹介に気をつけたいことをあげてみますね。

まずは挨拶しておこう

まずは自己紹介ってことなんですけど、それまでに布石が打てるとしたら挨拶ですね。

自己紹介をする前にクラスでみんなと初顔合わせってことになるはずなので、そのときに挨拶をするのは先手を打つというか、まずは自己紹介の前に一言発しておくのはすごく落ち着くんですよ。

それと、挨拶をしたら挨拶を返さない人はなかなかいないですし、反応を見てとっつきやすいのかとっつきにくいのかがわかりますからね。

笑顔が大事

これはもう言い古された言葉ですが、やっぱり笑顔なんですよ。それと表情ですよね

緊張していると笑顔がひきつることがあります。ぎこちない笑顔になるよりも自分で楽しいことを思い出しながら作る笑顔のほうが効果的です。

笑顔って練習が大切なんですよ。練習することで効果的な笑顔を作ることができます。

姑息と言われるかもしれませんが、いつでも笑顔でいられるのは生きていくうえでも大切なことなので、ここでしっかりと自分のものにしておきたいですよね。

自己紹介のときの作法

自己紹介のときに気をつけたいことを挙げてみます。自分の席で立って行うのか、教壇に立って行うのかそれぞれのパターンがあると思いますが本質はどこでも変わらないでしょう。

笑顔であることは大切ですが、それほど意識しなくても自然と笑顔が出てくるのではないかなと思います。ですから、自然な感じでいいでしょう。

自己紹介のときの作法という堅苦しいものではないのですが、気をつけたい注意点みたいなものを2点ほど書きますね。

ハキハキ喋る

緊張すると声が小さくなるんですよ。声が小さいと、聞きづらいですし何よりも自信なさそうに見えますよね。

こうなると好印象とはほど遠く、何も印象に残らなくなるのです。ですから、目指すはハキハキとしたしゃべり方です

ハキハキしてると活発で明るい性格に見えますから、他の人も見ていて安心するんですよ。ハキハキしゃべると自然に笑顔になってくるから不思議ですよね。

それとハキハキと早口を混同しないようにしましょう。緊張すると早口になりがちなのでその点に気をつけてなおかつハキハキがいいですよね。

姿勢を正しくする

姿勢には気をつけてください。直立不動というわけではないのですが、猫背にならずに背筋をピンと伸ばしているだけでも好印象になりますよ

特に姿勢の良さというのは育ちの良さに直結していると思うんです。立ち姿も、休めの姿勢よりもどちらにも体重が乗らない立ち方のほうが疲れないですし、自信ありげに見えるからこれも好印象につながるんですよね。

自己紹介するときのコツ

新学期を迎えるとつきものの自己紹介ですが、人前で話すのが苦手な人にとっては苦行になりますよね。

それでも何度も自己紹介をするものでもありませんし、長い人生で人前に出て話すことは少なからずあります。

なんとか上手にこなしたいものですよね。実際に人前で話すことに慣れさせるために新学期のときの自己紹介はあるんですよね。

自己紹介をしているときの目線はどうしたらいいの?

人前で話すときに慣れない人は目線をどこにおいたらいいのかわからなくなってしまうんです。ずっと一点を見ている人もいますが見ていて不自然ですよね

基本は、全体を見渡すように話すのですが、それも漠然としています。自己紹介のときは、目線を一番奥の人から右奥、いったん日明に戻して、そこからさらに右といった感じでZの文字を描くように動かしていくといいようです。

そして、できるだけ人と視線を合わせることです。目線は動いているので目があっても一瞬ですから緊張することもないんですよ。

姿勢にも気を配りたい

自己紹介のときの姿勢ですが、これはだらっとした格好よりも「きをつけ」の姿勢よりも少し砕けた感じでしょうか。

両手は自然に体の前で組むような感じですね

それと手は後ろに組まないほうがいいですよ。

まとめ

新学期の自己紹介は緊張しますよね。名前と身長、血液型くらいはさらっと言えても後が続かないなんてことにならないように、事前に話すことは考えておきましょう

入りたい部活であるとか、趣味とか特技とか、乗っている自転車のメーカーとか、今興味を持っているものとか、最近感動した映画とか…なんでもいいんです。

意外と何も考えずにぶっつけ本番で自己紹介というのもサプライズがありそうでいいものですよ。

【新学期】憂鬱な高校生活のスタートはこうやって乗り切ろう!

新学期は何かと憂鬱なものです。高校生活は人生の中で一番楽しいはずなのに憂鬱になるのも考えものですね。

新学期になって新しい友達ができるかな…せっかく仲良く鳴った友達と離ればなれになった…新しいクラスに馴染めるかな…いろいろと悩みは尽きないのです。

しかし、色々考えても悩んでも新学期はやってきます。これから起こることに悩むよりは起きたことをどう解決していくかも大切ですよね。

憂鬱を乗り越えて充実した高校生活を送りましょう!

新学期で高校に行くのが憂鬱!どうしたらいい??

新学期が始まって高校に行かなくてはいけないのだけど憂鬱すぎて行きたくない…どうしたらいいんだろう。憂鬱の原因はいくつもあるでしょう。

それを克服して行かなくてはいけないのですけど、憂鬱な気持ちが心の中を支配しているようでしたらそれに打ち勝つのはかなり大変です。そうなるとどうしたらいいのでしょうか。

まずは憂鬱に打ち勝つ方法を考えてみましょう

友達ができるかどうかが不安で憂鬱

新学期ともなると初対面の人が多くて、高校生活を楽しく過ごすことができるかどうかが不安でたまらない…そんな気持ちで憂鬱になる人も少なくありません。

しかし、憂鬱の原因が友達ができるかどうかどうかということでしたら、答えは簡単なんですよ。この場合は高校に行くしかありません

だって、高校に行かないと友達と出会えないのですからね。ここはがんばって高校に行きましょう!

漠然とした不安で憂鬱

この漠然とした不安というのは厄介ですね。原因が特定できないのですから…。それでも突き詰めたら何かに行き着くはずなんです。

勉強が不安とか、友達ができるかどうか不安といったこともそうなのですが、解決の糸口は高校に行かないと見つからないんです。

憂鬱だからむち打って高校に行けとも言えないのですが、高校が憂鬱なのだから、原因を見つけるためにも高校に行かなくてはいけないんですよね

人づきあいが上手じゃないと憂鬱にもなる

人づきあいが上手じゃないと憂鬱にもなりますよ。耐えられないのが昼を一緒に食べる人がいないことです。

一人ポツンと弁当を食べている姿というのは親にも見せたくないですからね。

これは、向こうからやってくるのを待つよりも自分から行くしかないのですが、その一歩が踏み出せないから憂鬱なんですよね。

憂鬱を吹き飛ばすために

憂鬱を吹き飛ばすためには、友達を作りましょう。そのためには自分から人の輪の中に入っていく必要がありますよ。

高校生活の新学期というのは誰にとっても新しい生活のスタートですから、誰もが友達をほしがっているんです。こういうのって時間が経つほど輪の中に入りにくくなるので先手必勝ですよ。

こういうのに人づきあいのうまい下手というのは関係ないです。とにかく前進あるのみなんですよ。

新学期はクラス替えがあるから憂鬱?

せっかく仲良くなった友達と新学期のクラス替えで離ればなれ…高校生活ではよくあることです。中学と比べてクラスの数も多いですから、クラス間の交流ってなくなりますからね。

しかし、それはそれで新しい友達ができるチャンスでもあるんですよ。憂鬱ではなくプラス思考で考えたいですよね。

意外と生涯にわたってつきあえる親友と出会えるかもしれませんよ!

憂鬱で高校に行きたくないと思ったら

憂鬱すぎて高校に行きたくないと思ったら、行かないという選択肢もあります

答えとしては高校には絶対に行くべきということになるのですけど、嫌なのに無理矢理いっても精神的にまいってしまうかもしれません。

ですから、行きたくなければ行かないというのもありですよ。ただし、気持ちが落ち着いたら高校に行かなくてはいけません。

何よりも憂鬱を解決するところは高校にしかないからです。新学期は自分を変えるチャンスですから、憂鬱さよりも前向きに考えたほうが絶対に今後の自分にプラスになりますからね。

自信がないから憂鬱になる

憂鬱になる原因は人それぞれですよ。勉強に自信がないと高校に行きたくないですよね。この解決策は簡単で勉強するしかありません。

これはしょうがないんですよ。高校は勉強するところですからね。

友達を作る

勉強ができなくても友達がいればなんとか楽しい高校生活を送ることができますよ。高校生活を過ごした人の声を聞くと自然と友達はできたということです。

授業でも部活でも放課後でも一人でいるほうが難しいです。何かと関わりのある中で自然と人の輪ができてくるのです。

それが高校生の特権ですよね。

まとめ

高校の新学期というのは誰でも不安で憂鬱になるものです。しかし、憂鬱さが高じて高校にいかないというのではなくて、流れに身をまかせてみましょう

高校生のコミュ力は侮れないですよ。知らず知らずのうちに友達ができているものです。いつから友達だったっけ?というくらい自然と馴染んでいくのが高校生活なのです。

後で考えるとなんであのとき憂鬱だったのかな、なんて思うときが来ますからね。

憂鬱だったことすら忘れているかもしれません。

幼稚園の新学期はとにかく憂鬱!うまくやっていけるかな??

幼稚園の新学期というのは親にとっては心配の種であることは間違いありません。保育園と違って集団生活の中に入っていくのが幼稚園です。

子供はきちんとやっていけるのか…幼稚園児は生まれ月の違いで体格やものの考え方なども大きく違います。

そのような中で他の園児とうまくやっていけるのか、幼稚園児を持つ親の気持ちはどこまで憂鬱になってしまいます。

ここは子供の成長にかけるしかないのですけど、それでも不安なんですよね。

生まれ月が違うと同じ組でいいのかなと思うことも

4月生まれと3月生まれというのはかなり体の大きさが違いますよね。幼稚園は2年保育あるいは3年保育のところがありますが。3保育だと4歳になる年に入園ということになります。

そんな新学期に自分の子供の生まれ月が3月という早生まれだと、どうしても4月生まれの子とは体の大きさが違ってくるのです。体の大きさは運動神経とか、ものわかりの早さなどにも差が現われてきます

実際に早生まれの子を持つ親は、子供の遅れを実感することでしょう。これはもうどうしようもないことなので受け入れるしかないのですが、やっぱり新学期となると憂鬱になってしまうんですよね。

幼稚園に新学期はとにかく憂鬱

子供がきちんとやっていけるのか、子供にとっては初めての集団生活です。新学期の初日にいきなり泣き出されてしまったら親としてもどうしたらいいのかわからなくなりますよね。

こういったらアレなんですけど、誰もが通ってきた道ですし、なんとかなるものです。問題を抱えている子供でも、そこは幼稚園ですから、なんでも許容してくれる懐の深さを発揮してくれますよ。

うちの子は大丈夫という気持ち持つ

まずは、自分の子供を信じることですよね。まあ、普段からだらしなくしていたら、幼稚園の生活は不安しかないかもしれませんが、子供も実は親と同じくらい緊張しているのです。

いきなり泣き出す子供もいるくらいですから、緊張の大きさって計り知れないものがあるかもしれませんよね。それでも、子供対応力の高さを侮ってはいけません

基本的に幼稚園というのは遊びに行くところですから、親のほうもデンと構えていればいいってことですよね。

憂鬱な気分を吹き飛ばしてくれる子供の行動

不安しかない幼稚園の新学期のスタートですが、意外や意外でなんとかやっていけている子供に安堵することも…。

子供というのは正直ですから、幼稚園に行きたいのか行きたくないのかで幼稚園が楽しいのか楽しくないのかすぐにわかるんですよ。

ですから、子供って常に親に対してシグナルを送っているものですから、親はしっかりと子供からのシグナルを受け止めてあげなくてはいけません

基本的にはしっかりと子供を見守ってあげていれば大丈夫です。日中は見学にいくのはよくないのかもしれませんけど、送り迎えは基本的に親が行います。

迎えの際は早めにいくなりして子供の幼稚園での様子をしっかりと観察するといいですよね。

家ではしたこともないような行動をすることも

家ではだらだらしているのに、幼稚園では椅子や机を片付けたり脱いだ靴をまっすぐにするとか、きちんとやっている姿にびっくりすることもあるでしょう。

「あれ?こんなことできたっけ?」子供の成長は早いですよ。意外と親のほうがおいてけぼりをくっていることもあるんです。

子供が泣いてしまったら

子供の社会デビューの第一歩が幼稚園と考えてもいいかもしれません。集団生活を送って行く上ではまさに最初の段階ですよね。

新学期を迎えて泣き出す幼稚園児も少なくありません。それがうちの子供だったらどうしたらいいのでしょうか。

考えようによっては感受性が高く、他の子供よりも環境の変化に敏感ということでそれはそれで成長している証拠かもしれません。何もアクションのない子供よりもわかりやすいと思いませんか?

親にとっては憂鬱さばかりの新学期ですけど、子供はしっかりとがんばってるんですよね

新学期は親も大変

幼稚園の新学期は親も大変なんですよ。というのも幼稚園の役員などの役職が回ってきますからね。基本的に幼稚園に通わせている親は専業主婦が多いので、時間があると思われがちです。

そのため、幼稚園の総会とか保護者会とか、さらに役員選出なんて憂鬱な行事が続くんです

要領のいい人は、親の介護とか、パートをやってるとか、子供が多いので…なんて理由をつけて役員をなんとか逃れようとするんですよね。

発想を変えてみる

誰もが幼稚園の保護者会の役員というのはなりたくないものです。しかし、発想をガラリと変えてみると、こういったことは子供が幼稚園のときしかありません。

他のお母さんとコミュニケーションをとるチャンスと考えてもいいでしょう。どうせ時間があるんだからやってみるか…という気持ちのほうが子供ともども幼稚園生活を楽しむことができますよ。

大変だと思ったことが楽しみに変わる

前向きに考えることで行動的になるんですよ。

自分から役員に立候補するのではなくても、選出されたらがんばろうくらいのスタンスでもいいですよね。

まとめ

幼稚園の新学期は子供がうまくやっていけるか、親のほうも憂鬱になってしまいますけど、さらに自分自身も幼稚園の保護者会などで、他の親との接点も増えてきます。

保護者会の役員に選出されてしまうと、さらに憂鬱になってしまう人もいることでしょう。

しかし、それから、小学校中学校さらには高校といろいろなつきあいや保護者会、PTAなどの行事があるので、まずは幼稚園で肩慣らしをしておくくらいの気持ちがあってもいいかもしれませんよね

新学期は不安しかない大学生に向けるアドバイス!

大学生の新学期というのは不安になる人が少なくないようです。大きな大学となると全国各地から学生が集まりますし、地方の大学でも県内や隣県から多くの学生が集まります。

ほとんどの人と初対面になることから、友人ができるのか不安になったり、サークル活動にも積極的に参加しようと思っていても、そもそもうまく溶け込めるか不安になるのです。

新学期の大学生活に不安しかないという人はどうしたらいいのでしょうか。

新学期を迎える大学生は不安でいっぱい!?

受験戦争を勝ち抜いて晴れて大学生になったのに、新学期を迎える頃には不安でいっぱい…。どうしてこんなことになるのでしょうか。

自由な大学生だからこそ、自由すぎて友達ができない不安にかられるのではないでしょうか。サークルに入れば違うと思うのですけど、周りが知らない人だらけで不安が倍増するのでしょうね。

友達ができなかったらどうしよう…という気持ち

楽しいはずの大学生活なのですが、友達ができなかったらどうしよう…と思うだけで不安になってしまいますよね。どうしたらぼっちにならないで済むのか…それを考えるだけで眠れなかったりするのです。

サークル活動をしたらいいのにという声が聞こえてきそうです。確かにそうなのですがそれに入るにも勇気が必要だったりするんですよ。

それでもぼっちになりたくなければそういった人の輪に入るのはとても大切ですよね。

最初の一週間が勝負

サークル活動に入るのでも最初一週間くらいが勝負です。どのサークルも勧誘するのは一週間くらいだからです。

そのあとは勧誘熱が冷めるというか、勧誘を閉ざしてしまうことが多いからですね。ですから、ぼっちになりたくなければ、最初に一週間は不安と思うまもなくがんばって自分に合ったサークルを見つけましょう。

しかし、サークルに入ってもコミュニケーションできなかったら苦痛なだけです。ですから、こちらから積極的に話しかけるようにしたいものですね。

新学期に友達を作りたい

サークル活動をするのが手っ取り早いのですけど、自由を満喫したいとかバイトにがんばりたいという人もいるでしょう。まずは生活パターンを知らなければいけません。

授業はどうなってる?空いた時間は?サークルはどうしよう…いろいろなことが交錯しますよね。とにかくぼっちは嫌だから、というので友達を作るにはどうしたらいいのでしょうか。

気の合う仲間を見つける

気の合う仲間を見つけましょう、といってもそれができないから不安でしょうがないと言う人も少なくないと思います。友達というわけではなくて、一緒に行動する人を作るのでもいいんです

一人よりも二人のほうが情報交換もできますし、席が隣同士になった人ととりあえず行動を共にするというのでいいと思いますよ。

とりあえず何かをきっかけに動き出したほうが、新学期の不安を忘れさせてくれる効果があるんです。

人の輪の中に入る

これはサークルに入るというよりも、まずは、サークルやクラブ活動の説明会などに参加してみましょう。新学期となるとたくさんの勧誘が行われていて、説明会も半ば強引に誘われるのではないでしょうか。

そういった流れに身をまかせていろいろな説明会に参加してみましょう。そういったところからつながっていくんですよね。

スマホは持っておいたほうが良い

いまどきスマホを持っていない人はいないと思いますが…。中には斜に構えて「スマホなんか必要ないね」という人はすでにコミュ力が欠けているといえます。

反対にスマホを持つことで対人関係に疲れたなんて逆の不安を抱えている人もいるかもしれません。それでもやっぱりスマホは大切ですよ。

聞いた話では、授業内容や授業に必要なものをSNSで連絡してくる、なんて講義もあるくらいですからね。

SNSでつながろう

最初のうちはSNSでどんどんつながっていきましょう。こういうのって大事ですよ。

SNS疲れというのも聞こえてきていますが、とりあえずそう感じるくらいまでになる頃には友達もすごく増えているのではないでしょうか。

同性も良いけど異性の友達も

交流が広がるとそこから合コンの誘いもあるのではないでしょうか。新学期が不安といのも時間が経つと解決するものです。

大学生活は楽しんだ人が勝ちですから大いにエンジョイしたいものですよね。

まとめ

大学生が新学期に不安になる…というのは友達以外にはないですよね。勉強はがんばるしかなくて、これからなのですから何も不安に思う必要はありません。

勉強については、みんな横一線ですから…。そうなると不安の原因は友達関係ということになります。

これって普通のコミュ力があって、友達が欲しいっていう強い気持ちがあれば何とかなる者ですよ。とりあえず人の輪の中に入っていくことから始めてみましょう。

中学の新学期で好印象を残すポイントは?

中学の新学期で好印象を得るにはどうしたらいいのでしょうか。人前に出るのが苦手、恥ずかしいという人にとっては自己紹介も憂鬱ですよね。

特に新学期の自己紹介というのはドキドキするものです。中学の場合でもすべてのクラスメートが初対面というのでしたら、覚悟を決めてがんばってみましょう。

それまでの自分を知っている人はいないのですから、自分を変えることもできるんですよ。そこで好印象をゲットしてみましょう。

たくさん友達を作りたい

中学の新学期となるとどうでしょうか。部活は何をしたらいいかなとか、勉強も大変になるんだろうなとかいろいろ考えることもあるでしょう。

そしてなによりも友達ですよね。友達がいるかいないのとでは中学生活も楽しかったり楽しくなかったり悲喜こもごもとなってしまうのです

ですから、中学校の新学期となると、できるだけ好印象を与えて友達をたくさん作るようにしたいものですよね。

趣味や好きなことをアピールする

中学の新学期となると自己紹介が付きものだと思います。誰もが自己紹介は緊張すると思いますけど、それ以上にどんな人がクラスメートなのか気になる人も多いですよね。

自己紹介で自分の番が来たら何を話したらいいでしょうか。自己紹介ですから、自分のことを話せばいいのですけど、なかなか上手に話せないなんて人もいますよね。

困ったときは、趣味とか好きなことを言ったらいいです。特になければ、部活はこれに入りたいとか、こんなことがしてみたいなんてことでもいいでしょう。

共感してくれる人がいたら万々歳ですよね。

自己紹介から輪を広げてみる

みんなの自己紹介を聞いたら、中には気になる人も何人かはいたのではないでしょうか。そんな人に休み時間は積極的に話しかけてみましょう。

そういった積極性は多くの人に好印象を与えるはずです。多くの人は同じように友達になりたいと思っていますから、話しかけられると嬉しいものですよ。

共通な話題を持っている人と話をするのですから盛り上がらないわけはありません。そういった意味でも自己紹介って面倒だけど大切だなって思いますよね。

挨拶とか笑顔とか…

新学期になると初対面の人も多いのではないでしょうか。特に新しい中学生活が始まるといったピカピカの一年生のときはそんな感じですよね。

友達を作るためにも人に好印象を与えるのはとても大切です。中学生のときというのは多感なときですから、ちょっとしたことですぐに友達ができるんですよ。

そういった呼び水になるのが挨拶であったり笑顔であったりするのです。挨拶や笑顔…どちらも大切ですよ

とにかく挨拶

朝のおはようの挨拶は気持ちがいいものですよね。まずはこういったところから初めてみましょう。

挨拶は無理にでもしておいたほうがいいです。中学のときって挨拶はしないよ、なんて声も聞こえてきそうですが、そういった決まりはありません。

とにかく笑顔で

人に好印象を与えるには笑顔が基本です。中学の新学期では初対面の人も多いでしょう。

場合によっては誰もが初対面ということもあるかもしれません。疎外感を感じないためにも笑顔でいましょう。

笑顔でいると自然と人が寄ってくるんですよ。いまいち馴染めていないなと思ったときの特効薬は笑顔です。

自然体でいよう

好印象を与えて多くの友達を作りたいと思う気持ちはヤマヤマですけど、強い気持ちって空回りすることも多いんですよ。中途半端にするよりも控えめにするか、ある程度突き抜けてやりすぎるくらいやったほうがいいでしょう。

もっとも、出る杭は打たれてしまうので、まずは気負わずにリラックスすることが大切です。好印象を人に与えるのはいろいろな方法があります。

それでも、中学ですから、それほど好印象を与えるためにあれやこれや考えなくても自然体でいればいいでしょう。

類は友を呼ぶ

なんとなく格言めいていますけどこれはれっきとした格言です。同じような友達が集まるというものです。

何か趣味があったら同じような趣味の友達ができるんですよ。というよりもそういった友達が欲しいと思っているのですから当然ですよね。

気負わずリラックス

好印象を与えるために気負わない方がいいです。自然体で、基本は身だしなみに気をつけること、笑顔でいることです。

言葉遣いも高飛車にならないようにしましょう。やわらかい言葉遣いのほうがいいですよ

このあたりは少し足りない面もあっても、笑顔でいるといくらでも挽回できるものですからね。

まとめ

中学時代はとても多感なときです。このときにできた友達が生涯の友達だったりするんですよね。

だからこそ、多くの人に好印象を与えるような振る舞いをしましょう。それほど気負わなくてもいいので自然体で身だしなみや振る舞いに気をつけるようにするといいですよ。

話し方はしぐさについても、決して高圧的な態度にならないようにして笑顔でいるようにしましょう。これだけでも人に与える好印象はまちがいないですよ。

新学期が憂鬱!!うまくやっていけるかな?どうしたらいい?

今日から新学期…学校に行くのが憂鬱といった人は多いようです。さらに憂鬱な話題になってしまうのですが、18歳以下の自殺者が多いのは9月1日というのですから、事態は切実かもしれません。

こういった話題は考えさせられますよね。

新学期が始まるときというのはワクワクするもののような気がするのですが、社会人にありがちな「サザエさん症候群」のようなものなのでしょうか。

仕事と勉強と立場は違っても考えることは同じなのかもしれませんね。

何が憂鬱なのか突き詰めてみる

何が憂鬱なのか考えたことがあるでしょうか。漠然と憂鬱というのでしたら、何もやる気が起きない状態なのかもしれません。

そうなるとかなり重症と言えるかもしれないですよね。それでも突き詰めて考えると憂鬱の原因があるはずなんです。

新学期だから、新しい勉強が始まる、クラス替えで初対面の人が多い、仲良くなった友達と離ればなれ…いろいろ憂鬱な要素はあるのですけど、なにもかもが憂鬱というのはやっぱり根本的なメンタルを鍛えなくてはいけないかもしれませんね。

新学期は誰でも憂鬱

新学期は長い春休みあるいは夏休みから学校が始まるので、誰だって憂鬱なんですよ。それでも学校は行かなくちゃいけないから…ということで行っているんですよね。

おそらくですが、学校の新学期が憂鬱というのは、社会人の大型連休明けの出勤の憂鬱さに比べたらたいしたことはないですよ。

比べるべくベースが違うので何とも言えないのですが遠からず素間違いではありません。

だから、憂鬱なのは自分だけではないと思ったら少しは気が晴れませんか

空元気でも出してみる?

憂鬱を絵に描いたようなしぐさや言動をしていては、どんどんマイナスのオーラを身にまとってしまいそうですよね。

ですから、元気がなくて憂鬱なのはわかりきっているのですが、空元気でもいいので元気なところを人に見せてみましょう

まずは格好から入るというわけではないのですが、なんとなく空元気でも出していけばそれが本物になることもあるんですよ。どうせやらなくてはいけないことだったら、こっちから元気になろうという戦法です。

やらないでダメよりもやってダメなほうが、ダメな場合でもあきらめがつきますよ

憂鬱すぎてダメな場合はどうしたらいい?

新学期が憂鬱すぎて学校に行きたくない…でも行かなくてはダメだ…。確かに新学期の初日に休んでしまうとさらに学校に行きたくなくなるんですよ。

ですから、初日だけでもがんばって学校に行こう…これが正しい考えなのですが、反対に学校休んでみる?なんて言われたらどうしますか?

無理に学校に行かなくてもいいというのなら休んでみるのも一つの方法ですよ

逃げ場所はあったほうがいい

どうしても新学期が憂鬱でどうしようもないという場合は、学校に行かなくてもいいんですよ。周りは心配してくれるでしょう。

しかし、ここは自分で立ち直らなければいけないので、自分から学校に行きたいという気持ちにならないとだめなんです。逃げ場所があるだけでも気分が楽になりますよね

そして、やる気が出るまで静かに待っていましょう。

相談してみよう

逃げてばかりでは進展がありません。落ち着いたら相談してみましょう

誰に相談するかということですが、親、学校の先生、友達などいろいろいますよね。

学校に行かないと周囲も心配しているはずですから、友達のサポートを得ながら学校に行くのがベストなのですけど、新学期となるとまだ友達がいないケースもあるのが厄介なんですよね。

そのときは親を通して学校に連絡してもらうしかないですね。

憂鬱を吹き飛ばそう

空元気でもいいから元気になろうというのを書きましたが、やはり心の底から元気にならなくてはいけません。

気持ちを高めていくことができたら、憂鬱な気分て吹き飛びますよね。それと新学期だから憂鬱ということなのでしたら、まずは仲の良い友達を作ることです。

そのためにも学校には行かなくちゃいけませんよね。

意外と友達ってできるんです

意外と友達ってできるんですよ。何故なら誰もが友達になりたいからです

みんな同じ気持ちで憂鬱なんですよね。特に新学期となると周りは知らない人だらけということも少なくありません。

だからこそみんな友達を求めているんです。

笑顔を振りまいてみる

バカっぽく笑うのではなく、口角を上げるような控えめな笑顔でいましょう。笑顔でいるだけで不思議と話しかけてもらえるんですよ

周りも話しかけたら何か楽しいことが起こりそうって思うんでしょうね。

まとめ

新学期でどうしても学校に足が向かないというときは、学校に行かなくてもいいです。

いずれ絶対に学校には行かなくてはいけない日が来るのですからそれまで鋭気を養うのも一つの方法ですよ。

そして、憂鬱さを吹き飛ばすためには何でも利用しましょう。そのときは勝手知ったる友達がいいですよね。

友達とバカ騒ぎなんかしてたら憂鬱な気分もきっとどこかに吹き飛んでいってしまいますよ。憂鬱な気分がなくなるまで待つのか強行突破するのかは自分次第ですね。