考えと行動の違い!成功をつかみたい人が知るべき凡人と成功者との相違点を学ぶ!

はい、こんにちは。今回は成功者の考え方と行動について、お話させていただきたいと思います。

成功者と凡人の違い

1x1-trans_-2222101

まずは、成功者と凡人ではどう考え方が違うのかということをみていきましょう。

長期的な視点

一言でいうと、成功者はつねに長期的な視点で考えているっていうことなんです。

どんな時でも物事を長期的な視点でとらえているのが成功者で、つねに短期的な欲を満たすために行動するのが凡人なんですね。

成功者の考え方

これどういうことかというと、成功者っていうのは例えば成功者っていうのは腹八分目だったりとか、キャバクラや風俗とかへいかないとか、投資をしたりするんですよね。

凡人の考え方

これが凡人になってくるとどうなってくるかというと、凡人だと腹がはちきれるくらいまで食べたりだとかするんですよね。とにかく短期的な欲求を満たしたいって考えてるのが凡人なんですよ。

長期的な視点で考えることによる効果

1x1-trans_-2222101

では、そんな考え方の違いによってどのような効果があるのか、結果に差が現れるのかについて、さらに詳しく書いていきます。

考え方の違い

成功者っていうのはつねにこれをしたら1年後5年後10年後はどうなるかなとか、そういったことを考えているんですね。

凡人っていうのはムラムラすると風俗に行ったりするんですけど、成功者っていうのは風俗へ行くとリターンよりデメリットの方が多いって考えるんですね。短期的な欲にとらわれない

ここで使うお金を自分の肉体に投資したらどうなるんだろうかとか、もっと女性にもてるんじゃないだろうかとか。

そういったつねに長期的な視点で考えるのが成功者なんですよね。

お金の使い方

あとは、お金の使い方でも成功者は将来を見越しています。

凡人っていうのはお金が入ると無駄遣いをして浪費をするんですよね。企業のマーケティングにのせられて、特に必要でもないものを感情で買ったりとかするんですよ。

その結果として貯金が全然貯まらなかったりだとか、資産を構築できなかったりだとかするんですよね。

一方で成功者っていうのは、今ここで1万円を使わないで投資をしたらどうなるのかっていうのを考えるんですよ。

投資したらどれくらいのリターンがかえってくるんだろうかとか、10年単位ではこう、20年単位ではこうって、つねに長期的な視野で見るんですよね。

だから普通の人が無駄遣いするお金を成功者は投資するんですよね。投資をするからこそどんどん資産が貯まっていって、成功者って言われるようになるんですよ。

大量行動で成功をつかむ

1x1-trans_-2222101

続いては、成功者に共通する、他人に文句を言わせないような大量行動について、話をしていきたいと思います。

行動で本気度は分かる

大量行動をしている人には何の文句も言えなくなります。なぜならほとんどの人は大量行動をしていないので、直感的にこの人にはかなわないと感じるからです。

逆に、いくら口先だけで本気ですと叫んでいたとしても、行動をしていない人は本気ではないということです。本気であるかどうかは、どのような行動をしているのかを見れば簡単にわかります

本気度を育てる

最初から本気にはなれなくても行動を続けていくことで本気度が育ってきます。まして大量行動をしている人が本気でないはずがないということです。

周りの人とかほかの人がやっていないことを始めていくと、かならず批判とか反対とか文句とかを言われますが、文句が言えないくらいの大量行動ができればなんの問題もありません。

反対とか批判とか文句が気になってしまう人は、行動量が足りないのです。

周囲にとらわれない

誰が何をするにしても文句を言われることはかならずあるのです。文句を言う人をコントロールすることはできません。なので、コントロールができないことに時間を使うということは無駄なんです。

それよりは行動に時間を使った方が、生産的な歩みができます。結果を出すために大量行動は必須ですから。

大量行動のために必要なこと

時間がないのであれば時間を確保する工夫をしたり、知識がないのであれば知識を得る工夫をすることが求められます。

誰もあなたに時間とか知識を与えてくれません。自分で確保して、自分で求めていく必要があるのです。

文句を言う人に責任があるのではなくて、文句を言わせる人に責任があるということです。そこまでやるかという大量行動をしている人に、文句を言えば言うほどむなしくなっていき、それを言う人は減っていきます。

自分はまだまだ努力が足りないという考え方を持ち続けるということが大切です。

大量行動の効果

行動量が多い人は、実際に自信が感じられます。自信があるふりをする必要もありません。

自信を感じることでさらに行動量が増えていき、さらに自信が強化されていくというよい循環ができるのです。

まとめ

今回は、成功者には長期的な視点が欠かせないということ、そして文句を言わせないくらいの大量行動が結果に結びつくというお話をさせていただきました。

皆さんも、長期的な視野を持ち大量行動をすることで成功をつかんでいただければと思います

成功者は勉強する習慣が身に付いている!常に高い理想を掲げているので成功する確率が高い!

成功者の多くはすぐに成功しているわけではありません。天才肌の人もいるかもしれませんが、そういった人は一握りの存在でしかなく、多くの人は確かな知識と経験の上に成り立って成功しているのです。

経験はともかく知識を身につけるには勉強しかありません。そのため日頃から勉強する習慣の付いている人は知識を身につけるのが早く、それが結果として何をするにつけても大いに役に立っていることは言うまでもありません。

確かな目標を持っている

確かな目標や将来的なビジョンを持っているのは当然のことで、それがないと何をしていいのかわかりませんから、成功するにしても何をもって成功したのかがわからないということになります。目標やビジョンを持っていることが成功の近道になるのです

中には「なんでもいいから成功したい」「お金をたくさん稼げるようになったら成功っていうんじゃないの?」これは目標設定になっていません。なんでもいいからお金を稼ぐ、ということで成り上がった人もいるかもしれませんが、稼いだ先の目標を明確に定めている人がほとんどなのです。

自分の長所を理解している

自分の良いところをしっかりとわかっていると、目標も立てやすく得意分野で成功することができるでしょう。なによりも自分のことがわかっているので長所を伸ばせやすいのです。

それに向けて何を勉強したらいいのかもわかりやすいですし、得意な上にさらに勉強する習慣をつけるのですから、その分野においてはエキスパート的な存在となることも可能です。

好きこそ物の上手なれ」ということわざもあるように、そういった面を勉強する習慣をつけることで伸ばしていけばいいのです。

ストイックであること

成功者は何事に対してもストイックな人が多いのは間違いありません。これだと思ったらとことんまで追求するのです。

それには集中力も必要でしょう。そういった集中力も日頃から勉強する習慣をつけていないと、いざというときに集中して物事にとりかかることができません。

ここぞというときに集中できる、自分の持っているすべてを投入することができる人は必ず成功します。そのためにも日頃から勉強する習慣をつけるようにしましょう。

集中力を養うのは勉強しかありません。

特定のことにこだわりを持つこと

特定のことにこだわりの強い人は成功します。いうなれば好奇心旺盛な人と考えてもいいでしょう。

それと勉強にどのような関係があるの?と思われがちですが、特定のことにこだわるというのはそれについてどんどん知りたいと考えるものです。そうなると自ずとそれについて勉強することでしょう。

こだわりの強い人や好奇心旺盛な人は潜在的に知識を広げたいと思っていますから、日頃から勉強する習慣がついているということですね。

チャレンジ精神を持っている

こだわりの強い人はプライドが高そうに見えます。そういった人は旺盛なチャレンジ精神を持っているというと信じられるでしょうか。

こだわりを持つということは、それについて何でも知って置きたい、勉強したいと思っています。そうなるといろいろなことにもチャレンジしてみようと思うのです。

そうなると、自ずと勉強する範囲も広がっていくことでしょう。知識の裾野がどんどん広くなっていくということですね。

勉強熱心であれ

こだわりを持つということは、疑問に思ったことや不思議に思ったことはすぐに調べたいと思うことであります。今ではスマホですぐに何でも調べることができますから、便利な世の中になりました。

勉強熱心ということが習慣化しているのでしたら、その知識はまったく無駄になりません。これから成功する人にとっては勉強で身につけた知識がおおいに役に立つことでしょう。

前向きに生きることを考える

常にポジティブに考えるようにすると、知識欲が旺盛になります。知識をつけようと思うと勉強するしかありませんし、勉強というと専門書を読みあさるとかそういったものを考えがちです。

しかし、勉強というのは日常の中でどこでもできるようになっているのです。それは読書が良い例ですね。

文章を読むということは大切で、成功者は新聞を毎朝欠かさず読んでいるはずです。忙しい中でもそういったことに時間をきっちりと取ることができる人が成功しているのです。

勉強する習慣あるいは、読書する時間をきちんと確保して、実践している人は間違いなく成功者となるでしょう

読書を欠かさない

読書も勉強の一つです。できるだけ多くの書物に触れたいものです。

読書によって多くの人の感性に触れることができますし、人間性が間違いなく豊かになります。

自分の専門外のついても知見を広げることができるでしょう。専門以外はわからない、それでもいいのですが知識を持っておくことはとても大切なのです。

一日の計画を立てる

成功者の多くは長期的なビジョンを持っていることでしょう。そのためには日々の積み重ねが大切です。

忙しい中でも今日は必ずこれをしたいということを前もって、決めておくのです。

それもポジティブな気持ちを引き出すことになりますし、習慣化できている勉強を間違いなくこなすというルーティン化にもつながるのです。

まとめ

習慣化することをルーティン化する言い換えることができます。ルーティンと聞くと何かにとらわれて自由な発想ができない、がんじがらめになってしまう、機械的…などといったように否定的なイメージもありますが、まったく違っています。

一日は24時間しかなく、どこかで時間を作って勉強する習慣を作らなくてはいけません。毎日これだけはということをルーティン化と呼んでしまうこともありますが、勉強することに否定的なイメージを持つことはありません。

反復練習の回数が上達度合いに直結!何かに成功したい、結果を出したい人へ上達するためのテクニックを公開!

すべての上達のコツは反復練習にあります。

成功者のマネをしよう

1x1-trans_-7857627

あらゆる分野において、ぼくたちは
理想のお手本になる人を見つけ出して「質」その人を真似て、その人になりきって、何度も何度も反復練習をすることが大事です。「量」上達の公式は質×量なのです。

正しい方向性で

正しいお手本×反復練習をして真似する回数=どれくらい上達するかが決まるのです。

どんなにスゴイ人を見つけ出すことに成功して、真似をしてみても、反復練習の回数(量)が少なければ、全然上達なんかしないのです。

どんなに反復練習の量を多くしていっても、ダメなやり方を真似てしまったら、全然上達なんかしないのです。

でも、反復練習の大切さはわかっているけど、例えば道具が必要だし、とか、頭や筋肉をかなり使うし、とか、その他の理由で、実際には反復練習ができないことだってきっと多いと思います

イメージトレーニングも大事

そんなときはイメージトレーニングを徹底的にやることをオススメします。まるで実際に自分がやっているかのように、ありありとイメージするといいのです。

ほんの小さな動きでいいのでイメージしながら軽く体を動かすとより効果的になります。
ケガや病気をして練習できないスポーツ選手はこの方法で上達していってますから。

まとめ

何かで上達を目指している人、上達しなければならない状況の人、いらっしゃいましたらぜひ参考にしてみて、そしてやってみてください。

成功者のおかねの考え方や使い方というのは普通の人とはひと味違うんです!

成功者は一般的に普通の人とはものの価値観が違うと言われています。これは端的にいうとおかねに対する考え方や使い方といったものが違うと考えていいでしょう。

成功したければ成功者の真似をすればいいと考えがちですが、ものの価値観そのものを真似するのは、持って生まれた性格もあるので難しい面もあるでしょう。

それでも、成功者のおかねに対する価値観というものはどういったものなのかを知るだけでも、成功者に一歩近づけるような気がしますよね。

成功者のおかねの使い方

まず、おかねの使い方の種類を見てみましょう。おかねの使い方は大きく「消費」「貯金」「浪費」「投資」の4つに分けられます

それぞれについての説明は必要ないでしょう。「浪費」についてですが、必要以上の「消費」と位置づけています。これは人によって考え方がまちまちですから、一般的に使いすぎた消費と考えるようにしましょう。

一般の人でしたら、消費が全体の半分以上、貯金が4分の1、8分の1程度が浪費となり、残りのわずか5%以下が投資ということになります。これが成功者の人のおかねの使い方となるとどういったことになるのでしょうか。

成功者のおかねの使い方の割合

成功者のおかねの使い方をみてみましょう。消費の割合は半分以下となり、それに貯金と浪費を入れてやっと半分を超えるくらいです。残りの半分弱が投資となるのです。

成功者となると、投資の割合がグンと増えた形となりました。消費もある程度生きていくうえで必要なものです。

そして特筆すべきは投資がグンと増えただけに割合で圧迫されたのが貯金と浪費です。浪費が少ないのは無駄使いをしないということでわかります。

他の貯金と投資についてはどうなのでしょうか。

成功者のおかねの使い方

世間一般的には、貯金は良いこととされていますし、するべきことでもあり、貯金の金額は大きいほど良いという考え方となるでしょう。これは、何か起こったときの蓄えとして誰もがしている防御策と考えていいでしょう。

確かに正論なのですが、成功者の考え方は違っているのです。というのも、おかねは経済を活性化させる血液のようなものです。成功者の多くは、お金は本来流通させるべきものと考えているのです。

ですから、お金は使うものであって、貯金するものではないということですね。それでも、蓄えはある程度必要ですから、成功者の場合は必要最低限あるいは普通の人と比べるとほとんど貯金をしていないというレベルのものかもしれません。

そして、投資ですが…一般的名イメージは、投資は勝つか負けるかのギャンブルに例えることが多いです。しかし、成功者の場合は株などの投資もあるのですが、ほとんどの場合は自己投資なのです。

自己投資におかねをかけるのは?

それでは、成功者はどうして自己投資におかねをかけるのでしょうか。それは、本や人脈作り、新しい体験やセミナーなど自己啓発に関するすべてのことに対して投資をしているということですね。

自分のための投資ですから、それに触発されて成功する確率も自ずと上がってくるということなのです。

高い投資効果を求める

自分への投資は裏切りません。これは言い換えると「努力は人を裏切らない」と同じ意味にとってもいいでしょう。

自分自身への投資は、これ以上の投資効果の高いものはないと考えるのです。勉強すれば勉強するほど成長して価値が上がります。

その部分にお金をかける…すなわち投資をしているということなのです。

投資した以上のおかねが戻ってくる

ブーメラン現象ではありませんが、投資すれば投資した以上のものが戻ってくるのです。これは誰でもそうというわけではありません。

しかし、成功者の場合は十中八九投資したお金は、確実に回収できていることでしょう

成功者のおかねの考え方

成功者の多くは長財布を使うとされています。これはお札を折りたくない…大切に扱いたい…という考え方からです。

一般的に長財布を使っている人のほうが多そうですから、それだったらすべての人が成功者になることになるのですが、もちろんそれだけでは成功者にはなりません。基本的にお金を大切に扱いたいという心構えですね。

無駄使いをしない

前述していますが、成功者は普通の人とは極端に浪費の額が少ないのです。これは明らかに意識して無駄使いをしないようにしているのです。

これがあるからこそ、成功者の元にはお金があるという図式になるのですね。

使うときは惜しまずに使う

無駄使いをしないからケチというわけではありません。浪費をしない代わりにつかうときにはドンと惜しまずに使ってしまうのです。それは自己啓発のためでもあるでしょう。ドンと使う場合にもきちんとした意味があるのです。

まとめ

成功者は投資をします。成功者の頭の中は常におかねの使い方を考えているといってもいいでしょう。

消費や浪費については単にお金がなくなるだけです。貯金についてはそのままということになりますね。

しかし、投資となるとどうでしょうか。自己投資ですから、普通にお金を使っているのでは?と考えがちですが、投資ということで自己投資には失敗がありません。

いつかは自分のもとに投資した分のおかねが戻ってくるのです。

成功者は例外なくプラス思考!ポジティブであることが成功の条件!

成功者は例外なくプラス思考と言えるでしょう。成功するしないというのは、お金を稼いだかどうかで判断することが多いです。

お金を稼ぐということはビジネスの世界で成功を収めるということです。そうなるとマイナス思考である人よりもプラス思考の人のほうが、イメージとして成功しそうな気がします。

マイナス思考の人だと成功するイメージがわかないのです。それではなぜポジティブな人ほど成功するように見えるのでしょうか。

成功者には共通点がある

成功者には共通点があるといいます。成功者が記述したビジネス書などを読むと、十中八九同じことを言っていることに気がつくことでしょう。

それはちがう業種であっても同じなのです。まったく環境が違い別方向からのアプローチをかけていても同じなのです。

どういったことなのか見ていきましょう

気持ちの持ち方が同じ

クレームを言われてへこんでしまうのではなく、お客さんからサービスに対しての改善点を教えてもらった、となるのです。また、自分にはできない…と思うのではなく、どうすればできるのか…を考えるのです。

これは、ほとんどの成功者が思い、実行していることなのです。業種はなんであれ考え方の根本は成功者はみな同じということがわかります

失敗はつきものでそこからどうやって立ち直るのか

ビジネスには失敗はつきものです。ずっと右肩上がりの成長はありません

そして最初から成功する人は10人起業しても1人いたら確率は上々ということになるのです。そして、成功しなかったその他大勢の人の中にはそれを失敗と思わない人もいるでしょう。

どこが悪かったのかを自分で分析して次に活かして、違う角度からチャレンジして最終的には成功者となるのです。成功者の多くはみなこのようなプラス思考を持っているのです。

成功者は言い訳をしない

何事にもプラス思考でものを考える成功者は、失敗しても言い訳はしません。反対に成功しない人は、言い訳のオンパレードですね。

「お金がないから、人脈もない、知識がないのでわたしには無理です」わかりきっていることを言い訳にしているのです。何かを言わなければいけないのでしたら、そういった理由を言うしかないのかもしれませんが、そこをポジティブに考えることで次につなげなければいけません。

どうすればできるのか

無い物ねだりをして文句ばかりいう人が失敗者です。そういう人に限って「これがあれば…」ということでしょう。

しかし、必要なものがすべて揃っていても失敗するものです。そういったときはまた別の言い訳を考えるのだと思います。

「揃ってはいたけどタイミングが悪かった…」こんなことを言っていては失敗しても言い訳はいくらでも見つかりそうですね。

成功者は失敗しても、どうすればできるのかを考えます。すでに失敗の理由がわかっているのでそこを改善しさらに、ひと工夫することで、高見の成功を目指すのです。

一度失敗しているのですから、同じレベルの成功を目指しても仕方ないので、ポジティブにもっと上の成功を目指すということですね。

次に何をしたら良いのかがわかっている

将来的なビジョンがはっきりとしているので、目先のことについては何をしたら良いのかがはっきりとわかっているのです。サラリーマンにはマニュアルが存在しますが,成功者にはマニュアルは存在しません

新しいことにチャレンジするには、プラス思考であること、何事にも屈しないポジティブ性が唯一のマニュアルと言ってもいいかもしれません。

成功者はあきらめない

成功を目指している人はあきらめないですね。後に引けないということもあるでしょう。

成功することを確信しているので、体の隅々にまで「逃げない、迷わない、あきらめない」といった気持ちが行き渡っているのでしょう。成功する人は紛れもなくポジティブな人です

絶対にあきらめない気持ち

成功者はあきらめることがないので、言ってしまえば負け知らずですよ。失敗してもそれを負けとは思わないからです。

ただひたすら、自分のやることの成功を思っているのですから、最初から負けはないというプラス思考なのです。

失敗してもせいぜい「これはやってはいけないことだったんだ…次からは気をつけよう」と、ダメだったことを次の肥やしにできるのです

成功者は文句を言わない

サラリーマンにとって「給料が安い」というのは切実な問題です。場合によっては退職の理由にもなるでしょう。

成功する人は、どうしたら給料が上がるのかを考えます。文句を言わずにそこから行動を起こすのです。

まとめ

古今東西、成功する人にマイナス思考の人はいません。誰もが紛れもなくプラス思考なのです

これは見ていてすがすがしいものでしょう。落ち込むことを知らないのですから、成功するまで止めることはありません。

ということは結果的に成功するしかないということになるのです。ポジティブにものを考えることができたら、挫折があったとしてもそれを簡単に乗り越えていくことでしょう。

成功する人はなるべくして成功者になるということですね。

成功者のお金の考え方〜使い方

今回は、お金の使い方がわからない方のために、成功者、資産家のお金の使い方について話していきます。

成功者の特徴

1x1-trans_-4391497まずは、成功者がどんなお金の使い方をしているのかをみてみましょう。

現金を持たない

成功者は現金を持ちたがらないんですよね。何でかというと、お金はインフレの影響で価値が下がり続けるから。

政府がどんどん紙幣を発行していくので、お金の価値は年々下がる。つまり、現金で持ち続けると自分の資産がどんどん減っていくんですよ。

お金を使う

なので、成功者は値段が上がるもの、または価値が維持できるものにすぐにお金を変えたがる傾向が強いんです。

なので、とにかく現金が入ってきたら、それを使うんですよね。

資産を買う

そして、成功者はお金を使って資産を買います。

資産は私のポケットにお金を入れてくれるもの、負債は私のポケットからお金をとっていくものです。

例えば住宅ローンというのは負債なんですよ。逆に、ポケットにお金を入れてくれるものといえば株とか不動産ですね。

簡単な方法

ポケットにお金を入れるとかよくわからないという方は、まず物を持たない方がいい。それだけで大きく変わります。

コストを減らす

物を持つとコストがかかるんですよ。修理費だったりとか維持費だったりとか、何かしらコストがかかってきます。

維持費とかがいらないような置物でも、場所というコストがあるんですよね。

物を持たない生活

だから最近、ミニマリストといって全然物を持たない生活が流行っているんですけど、あれは本当に賢い生活なんじゃないかなと思います。

お金を生み出してくれる資産に

できる限り見えないものにお金を使う方がいいです。見えないものの方が、多くの場合お金を生み出してくれる資産になるようなことが多いんですよね。

成功者がお金を使う3つのもの

では、ここからは成功者が何にお金を使うのかをみていきたいと思います。

資産

成功者がお金を使うもの、まず1つ目なんですけど、それは先ほども言った通り資産です。

例えば金とか株式とか不動産とか骨とう品とか、あとはビジネスですよね。とにかく、現金とは違って今後価値が上がっていくもの

最近はアンティークコイン投資というものも流行っていますが、これも時間がたつほど値段が上がるものですね。

知識

2つ目は知識です。本や教材を買いセミナーの参加料を払う。お金そのものより、「お金を稼ぐための知識」を求めるんですよね。

例えば1億円の現金よりも、1億円を稼ぐためのノウハウを求める人が成功者なんです。なぜかというと、知識があればまた0から稼げるんですよね。

例えば、これはぼくの話になってしまうんですけど、最初はアフィリエイトの情報紹介とかネットビジネスやマーケティングの本を買いあさっていました。

でも、結局そういった本は、もし仮に今すべてを失ったとしても3か月くらいあれば稼いだ収入で買いなおすことができる。

とにかくお金を求めるんじゃなくて、お金を稼ぐための知識を求めてほしいんですよね。

極端な話ですが、例えば金正恩みたいな独裁者が現れてお金を根こそぎ取られても、お金を稼ぐための知識は絶対に取られません。

人間関係

成功者がお金を使うものの3つ目なんですけど、これは人間関係です。誰かに会うこととか、人間関係を構築するためにお金を使います

なんでかというと、利害関係抜きで助け合える関係を作るためなんですね。

お得な情報とか、いい人間関係を構築することで得ることができるものはとても多い。だから人間関係を構築するためにお金を使うのが成功者なんですよね。

使い方の順番

お金の使い方のオススメなんですけど、収入が少ないうちは知識とか人間関係に投資した方がいいと思うんですよね。

もっと収入を増やしたいと思っている人が大半だと思うので、まずはお金を稼ぐためのノウハウの知識に投資をしてほしい

それでお金を稼げるようになったら、株とか不動産なりの、資産になるものを購入すればいいんですよ。

多くの人というのは、例えばサラリーマンとか、20万とか30万の月収で株を買おうとするんですよね。

そういうことをするよりは収入を増やすための知識に使って、まずは実際に稼いでほしい。

それから、優良な株や資産ブログなどをどんどん買ったり構築したりしてほしいんですね。

まとめ

ここまで、成功者のお金の使い方について書いてきました。

ここで書いたことを参考にして、自分も成功者になれるようなお金の使い方を始めていただければなと思います。

成功者の性格〜特徴は孤独な時期を受け入れること!孤独によって成功をつかめ

今回は若者に、孤独を味わってそれに耐えることで成功者になってほしい、という内容で話をしていきたいとおもいます。

孤独なひとが成功する

まずは、成功者に多い孤独という状態の特徴についてみていきます。

成功者の特徴は孤独であることです

周囲の影響を受けない

孤独なひとに成功者が多いといわれているけど、なぜそうなのか。結論からいうと、周りのひとからの影響を受けないからなんですね。

例えば人づきあい、八方美人や友達が多いひとってそこで時間を使うし、交際費という形でお金も使う。

しかも生産性のない会話の中で、ほかのひとの影響まで無意識に受けてしまいます。

孤独であることで

逆に、友達がいないとか一人のひとは、自分のやりたいことに一心不乱に打ち込む環境も十分な時間もあるんです。

話をする友達がいないから、話題を合わせるために興味のないドラマとかアニメを見るとか、そういう無駄なことをする必要が一切ない。

そういうことをしないから、時間はできるし当然お金も余る。

結果を出すために

結論をいってしまえば、成功してないひととつるむほど成功から遠ざかり、成功してるひととつるむほど成功への道をいくんですね。

孤独に耐えれるひとは自分のやりたいビジネスに取り組んで、そこで結果を出すことができる

だからといって、俺が成功できないのは友達が多いからで、孤独になれば成功するのかというとそう単純なものでもありません。

目標を持って、毎日努力をして初めて成功をすることができるんです。

孤独は、その条件を成し遂げやすくしてくれる一つの要素であることを忘れてはいけません。

孤独の時間を増やす

続いては、孤独な時間を増やすための方法などについて考えていきます。

ひととつるむ意味

誰かとつるんでいると、相手の意見に合わせてしまうっていうひとが多い

特に日本人のキャラクター〜性格として仕方ないと思うんですよね。

実際に集団になればなるほど、群れたら群れるほどひとはIQが下がる、みたいな実験データもありますしね。

二人より三人、三人より五人、五人より十人と数が増えるほど、みんなの意見に合わせればいいやと自分で物事を考えようとしなくなります。

一人でいることの効果

一人だと基本的には自分で考えて、自分で行動をするからそれだけ脳みそを使う。脳みそを使うことで、ひとは成長するんです。

周りと同じ行動をするよりは、自分で考えて自分の求める行動をしたほうがはるかに大きく成長する、これは明らかなんですよね。

成長するために

周囲のひとに合わせて行動すると、無意識にその影響をすごい受ける。俺は周りの影響に絶対受けないってどんなに意識しても駄目なんです。

なので、もし成長するんだったら意図的に一人になったほうがいい

親友などいたとしても、目標達成までは遊ばない、連絡を取らないとか、そういうことをしてできる限り一人でいる時間を増やすことが大切です。

希望を持つ

最後に、若者にはこれからの社会に夢や希望を持ってほしい、頑張れば何でもできる、そういった話をしていきます。

何でもできる時代

世間では夢では食べていけないとか、就職しなければ安定した人生を歩めないといったことをいうひとがいますが、はっきりいってそれは時代遅れの考えにすぎません。

いまの時代は、自分でやろうとおもえばなんでもできるんです。インターネットという存在により、あらゆる可能性を手にすることができる世の中になりました。

自分の力次第でいろいろ情報を検索して道をひらくことができるし、自分のやる気次第ではそのツールを使いこなして、夢で食べていくことだってできます

インターネットの強み

場所とか問わずに全国のひとを相手に商売をすることができる、これがインターネットの最大の強みです。

リアルビジネスでは店舗を立てて、その周辺にいるひとしかお客さんにできない。でも、インターネットだったら海外に住んでる日本人だろうと対象にできる。

夢を持つ

せっかくそういう可能性に溢れている時代に生きているのに、周りの大人や就活コンサルタントのひとの勧めに従うだけでいいのでしょうか。

心配させられるようなことをいわれて、やっぱり就職して定年まで勤めるのがいいのかな、とか考えちゃう。

でも、それはもう古くさい考え方と意識しましょう。これからは自力で稼ぐ時代なので、別の方向にフォーカスしたほうがよいのです。

まとめ

ここまで、孤独によって成功をつかもう、その成功は自分が希望する夢でいい、そういったことを書いてきました。

俺にはやりたいことがない、などと悩んでるひとも当然いるとおもいます。でも、どんなひとでも自分磨きをすることは可能です。

孤独になって、自分で行動して、自分を磨く。これを意識することで、いずれは自分の望む成功をつかみとることができるはずです。

成功者は群れない!群れないから成功した!

成功者は孤独というのが通り相場ですが、人に頼らず我が道を行く傾向にあるのは間違いありません。言ってしまえば、協調性がないのでは…と思いがちですがそれはまた立場によって違ってくるのです。

チームとして働くのでしたら、協調性も大切ですが、一人で成り上がろうというのですから、それは必要ありません。成功者は人と群れないのです。

だからこそ成功したということが言えるでしょう。群れない人の数々の成功体験を紹介します。

成功者は群れずに孤独を経験しているという事実

成功者は群れない!多くの成功者は一匹狼です。ある意味、成功者は群れる人を毛嫌いしている傾向にあるのかもしれません。

成功を目指しているときに、他の人の考えは雑念にしか思えないときもあるのです。人の意見を聞くよりも自分の考えで動いたほうがいいと思うのが成功者の考え方ということです。

一人になったときにアイデアが生まれる!

「一人になったときにアイデアが生まれる」これは、有名な発明家のニコラ・テスラの言葉です。

成功者は孤独であるということを如実に裏付けていると言えますが、考えようによってはアイデアは自分で生み出すものですから、当然のことを言っているとも言えます。

それでも、群れずに一人でいるほうがアイデアが出やすいということは間違いありません

成功者は孤独を恐れない

人といるほうが楽しいのですが、それでは自由な発想が生まれません。人となあなあで仕事をするよりも、群れないで一人で仕事をするほうが成果もあがります

こういった人は、周囲から煙たがられるのですが、成功者の多くはそうやって成功体験を体現してきたと言えるでしょう。

人と群れないほうが幸せになる

幸せを成功と同じように考えてみましょう。多くの友人がいるほうが幸せでしょうか。

友人が多いと困った時に助けてくれそうですね。しかし立ち直るのは自分一人なのです

困った時の助言は立ち直る際に邪魔になることが多いとされています。多くの成功者は助言なく立ち直ることができたと言っているのです。

にわかには信じられませんが、人の助言は立ち直るきっかけになることがあっても立ち直ること自体の助けにはならないということですね。

友人が多いと幸せ?

友人が多いと楽しいかもしれません。しかしSNSなどを例に取ってみると、友人の数が多ければ多いほど楽しそうに見えます。

コメントも付いていつもにぎやかでうらやましいですね。しかし、当の本人は友達が増えれば増えるほど憂鬱になるのだそうです。

これは統計的にもはっきりとしていて、友人が増えると幸せになるどころか、却って不幸になるということですから興味深いところです

成功者は孤独を楽しむ

言ってしまえば、人はそれぞれ自分の考えで行動しています。友人が多いとそういった友人が身近にいるだけで、友人一挙手一投足が気になってしまうでしょう。

そうなるとやっかみやひがみ、さらにはうらやましいといった気持ちが芽生えてくるかもしれません。成功者は「人は人」と強く割り切ることができる人です

そして、コントロール不能なもの(友人のことです)には、近寄らないあるいはこだわらない傾向が強いのです。

群れないメリットがここにある!

周囲にたくさんの人がいる成功者の多くは孤独だとされています。あたかも成功と引き替えに孤独を選んだとも言えそうですが、その真意はどこにあるのでしょうか。

どちらかというと成功者が孤独なのは、孤独を選んだからといったほうがいいでしょう。孤独だからこそ成功できたという理屈ですね。

人に頼らないという生き方

孤独を選んだということは、何を意味しているのかというと、人に頼らないということです。人に頼ってしまうとその部分だけ思考が飛んでしまいます。

成功者の多くはすべてを自分でやりたいと考える傾向にあり、それが変人とも呼ばれる部分なのですが、多くの成功者は人とは違った生き方をして成功しています

それを考えると、成功者の多くが人に頼らず孤独を選んだことが理解できるでしょう。

唯一無二であるということ

他のどこにもいない、唯一無二(オンリーワン)になるということです。人と群れないということはつまりはそういうことなのです。

模倣していたら同じ物しか生み出せません。模倣から新しいものを発想することもありますが、成功者の多くは何もないところから出発したいと考えているのです。

今の世の中、何もないところから生み出すものは出尽くしたとも言われていますが、成功者の多くは変人で群れない人たちですから、そこからまた何かすごい発見や発明が出てくることでしょうね。

まとめ

成功者は群れない人が多いです。そこには責任感という言葉も出てきます。

人に頼ってしまってその意見を採用して、失敗することもあるでしょう。そうなるとその意見を出した人が責められることになるかもしれません。

そうなるくらいなら、成功者の多くは自分の考えのみで行動し成功をつかみ取りたいと考えるのです。群れないということはある意味孤高の存在ですが、それこそが成功者たる所以ということでしょう。