成人式に出る人もいれば出ない人もいる!出ない理由って??

成人式は大人の仲間入りをする晴れ舞台です。同時に友達との再会の場でもある待ちに待ったイベントですよね。

基本的に成人式に出る人が多いのですが、中には成人式に出ない人もいるんです。どういった理由で成人式に出ないのかすごく気になりますよね。

反対に成人式が毎年荒れているのも確かです。人それぞれ考えがあって、多様化した時代になったということでしょうか。

それもまた成人ならではといったように考えてもいいんでしょうね。

成人式に出る理由と出ない理由

1x1-trans_-8273108

成人式に出る理由もあれば出ない理由もあるでしょう。普通だったら成人しきって一生に一度だから出たいと思いますよね。

反対に出ない理由というのはどういったものなのでしょうか。親も楽しみにしている成人式なら出ようかなとも思うのですが、反対に親が成人式に無関心だったらどうでしょうか。

そんな親はいないと思うのですけど、いろいろな考え方がありますからね。成人式も一つの通過点と思ったらそれほど感慨はないのかもしれませんね。

親が成人式に無関心だったら?

親が成人式に無関心だったら子供のほうもそれほど成人式に出ようかなって思わないかもしれませんね。

特に女性の場合でしたら、親が早くから晴れ着代の積み立てなどをして準備をしているものですけど、

男性の場合でしたら、意外となおざりになってしまったりして、ひどい場合は成人式があることすら忘れられてしまっているかもしれません。

もっとも男性の場合は友達と連れだって遊びに行くことも多いでしょう。いずれにしても親が成人式に無関心ということはよくあるんですよ

それが理由で子供のほうも成人式はどうでもいいや…みたいになってしまうこともあるんです。

親が関心ありすぎるのも考えもの

成人式の日は友達と連れだって遊びに行きたいですよね。それでも女性の場合は晴れ着を親に用意してもらったということが多いでしょう。

それに引け目を感じてしまって、というか気を遣ってしまって親が言うままに写真館に行って記念撮影とか家族団らんで食事とか…

散々付き合わされてなんとか振り切って夕暮れ時に友達と合流、なんてことになるんですよね。

ほんとだったらせっかくの晴れ着で街の中を歩きたいな、なんて女性は思うもものなんですけど、たいていの場合晴れ着は親が買ってくれるものですから、多少なりの言うことは聞かなくちゃいけないジレンマがあるんですよ。

成人式が退屈すぎて

1x1-trans_-8273108

成人の日はみんなに会えて楽しいんですけど、成人式の式そのものが退屈すぎて楽しくないなんてことがありますよね。

それと毎年荒れる成人式なんてニュースで見たら行きたくないな、なんて思う人もたくさんいると思います。

式次第自体は行ってみなくてはわからないのですが、あらかじめもらった進行表なんかを見たら、市長の挨拶や来賓祝辞など様々な人の話を聞いて…

そんな退屈な成人式は出ても意味がない、なんて思う成人がたくさんいるんですよ。成人式を退屈だと思った人はその通りっておもうでしょうね。

これから成人式を迎えると言う人は、忍耐を試されるときですけど、行っておいたほうがいいかなと思います。

こういうのって成人式だけじゃなくていろいろな場面がこれからありますから、慣れておく問い考え方もありますよ。

成人式自体が退屈で出席したくない

市長挨拶や来賓祝辞のオンパレードだったら行っても退屈で行きたくない…そんな人が多いのが成人式なんですよね。

あまりにも退屈すぎて暴れ出す人もいるくらいで、それを見越して年々成人式の時間が短くなっているとか…。

退屈させないように有名人を連れてくるとか、そんなにまでして新成人に迎合するのもなんだかなって思いますけどね。

友人に会うためにも成人式に出る価値あり?

成人式に行くとしばらくぶりとなる友人との再会がありますからね。それと初恋のあの人やあの子に会えるかも?そんな淡い期待があるのが成人式ですよ

中には4,5年ぶりに会うなんてこともあるので、意外と若いときの5年というのは見違えるくらい変わっていることもあるので、そんなときめきを覚えるのも成人式のいいところかも。

そう思ったら成人式に出たくなりますよね。

あなたは成人式に出る派?出ない派?

1x1-trans_-8273108

あなたは成人式に出る派でしょうか、それとも出ない派でしょうか。

いろいろな意見があって、毎年のように成人式の在り方が問われていますが、それでも成人式は行われています。

そこに何かしらの存在意義があるのでしょうね。

成人式は出たほうがいい!

成人式…これは出たほうがいいですよ。後で必ず良い思い出になります

出る後悔よりも出ない方の後悔のほうが大きいような気がするんですよね。

出ないという選択肢もある

出ないのも個性です。意味がないと思ったら出ないでもいいでしょう。

成人式に出て暴れるくらいなら出ない方がいいのでは?なんて思ってしまうこともありますからね。

まとめ

成人式に出るかな、出ないかな…なんて迷っている人は成人式に出たほうがいいですよ。それと、出ないと決めた人はそれも考え方ですから、否定する人はいないと思います。

成人式もどこか無駄な部分があるのも事実ですからね。

そういった主張も大事なのかなと思います。それでも、固いこと抜きで友達と会うのはすごく楽しいですよ。

友達がいないからな…なんていう人もいってみたら、新しい出会いがあるかもしれませんからね。

成人式に出ないのは親不孝!?親も楽しみにしてますからね!

成人式に出ないのは親不孝でしょうか。親も子供の成長を祝いたいって気持ちがあるので残念でしょうね。

特に娘を持つ親だったら、娘の成人式の晴れ着姿を写真に残しておきたいという気持ちがあるので、そう思ったら親不孝と言われても仕方ないかも。晴れ着自体も親が負担することがほとんどですからね。

それと、今でも将来的なお見合い用の写真として使うくらいですから、成人式の写真て貴重なんですよ。

成人式に出ないのはほんとに親不孝

成人式というのは親にとっては子供の晴れ舞台です。特の女の子の場合は早くから晴れ着代を積み立てているのではないでしょうか。

学資保険も20歳になったら落ちるようにしている、なんて親もいるでしょう。昔は短大卒業時になんて思っている親もいたかもしれません。

それくらい、女の子が短大に行くってものすごく多かった時代があったんですよ。今は短大は廃れて20歳で落ちるのは成人式費用というのが相場ですからね。

これは男の子でも一緒でしょう。20歳になったらいろいろな準備やなんやかやでお金がかかりますからね。

成人式というのは成人になった節目としての意味があるし…

毎年問題視されている成人式で、存在価値があるのかというくらい荒れた成人式もありますからね。それでも親としては子供の成人式を見たいと思っているんですよ。

成人式に出ないという選択も個性ではあるのですけど、それはやっぱりどうかなって感じはしますけどね。

親としてはそれほどこだわっていないかも

親にとって子はいつまでも子であって、無償の愛を注ぐ対象ですよ。ですから、成人式に出る出ないに関係なくお金は惜しみなく使ってくれるでしょう。

冠婚葬祭用の礼服を作るのもこの時期ですからね。

成人式に出ないのは親不孝という考えは確かにありますし、今でもその傾向は強いですけど、親の場合は成人式よりも20歳になるまで良く成長してくれたな、なんて思うものですからね。

成人式に出ない人って増えてるの?

成人式って自分だけの問題じゃなくて親も楽しみにしているので出たほうがいいのはいいのですけど、反対に成人式に出ない人ってどのくらいいるんでしょうね。実際に調べた統計があるんです。

それによると、欠席率は全体で44%ということです。男性が46.8%で女性が39.2%です。

これって意外と多いと思いませんか?一昔前は20%の欠席率だったということですから、やっぱり増えてますよね。

成人式が無駄に長い…

成人式の式次第を見て出席しないで帰る人もいるくらいですから、受付で記念品をもらって帰る人もいるくらいですから、そういう人は出席扱いになっているのでしたら、実質的な欠席率ってもっと多いのかもしれませんよね。

もっとも、市長挨拶や来賓祝辞、祝電披露なんかが延々と続いていたら暴れ出す人も出てきそうですもんね。

成人が主賓だから

成人式は成人が主賓です。それをいいことに暴れ出す人がいるのも事実ですよ。

会場に来なくても外で暴れる人もいるから要注意なんですけど、ちょっとした粗相だったら見て見ぬ振りなのはあくまでも主賓は成人だからなのかもしれませんね。

親不孝かどうかは親が思うこと?

傍から見て成人式に出ないのは親不孝…なんて思うのかもしれませんけど、あくまでも親と子の関係ですからね。そのあたりは親子で話し合いができていたらいいのかなって思います。

もっとも、親っていうのは子供の意見を尊重しますし、成人になったのだからということで成人式に出ないのも許容してくれると思いますよ。

子はいつまでも子なんだけど

親にとって子供っていつまでも子供なんですよね。ですから、成人式だから大人の仲間入りというのもちょっと複雑な気持ちになるのかもしれません。

ですから、成人式に出ないというのは親不孝ではなくて親孝行なのかも??なんて強引に考える方法もありますよね。

親の本音はどうなの?

親の本音が気になりますよね。「好きなようにしたらいいよ」なんて言ってくれるのは間違いないんですけど、本音は出てほしいんだろうな…なんて思っているのかも。

それでも成人式は出なくても成人の日として祝うということもできますからね。親不孝じゃなくて親孝行してあげてください

親っていうのは子供が楽しくて幸せならそれでいいって感じですから、親不孝なんてこれっぽっちも思わないものなんですよね。とりあえずは電話の一本くらいは入れたほうがいいですよ。

まとめ

成人式は税金で執り行われますし、記念品も出るのでやっぱり出席しないと損なんですよね。

とはいっても選挙に出ない人も5割いるくらいですから、それに比べると成人式に出席する人は5割以上はいるので、ましなのかもしれません。

成人式を出ないということで親不孝にはなりません。もっとも成人の日として電話の一本とか、会いにいくなどで親孝行してあげてくれたら親としてはこれ以上の喜びはないはずですよね

成人式に出ない言い訳は何がある?みんなを納得させるにはどうしたいいの?

単に成人式に出ないと選択した場合、その言い訳を考えないと周りが納得しないですよね。とはいってもまっとうな理由が思い浮かばないというのはよくあることです。

めんどくさくて行きたくないというのは、成人式ですから火に油を注いで怒られそうです。そこで、成人式に出ないと選択した人のための言い訳を考えてみます。

それと成人式に出ない選択をした先輩たちの言い訳も紹介しますね。どんな言い訳があるのか気になりますね。

成人式に出ない言い訳って

なんとなく成人式に出たくない…でもそんないい加減な理由だと周りが納得いかないかも…そういったときにどんな言い訳を考えたらいいでしょうか。

もっともらしくて周囲が納得するような言い訳がいいですよね。

病気で欠席はなんとなく嫌だなあ…なんて人もいるかもしれません。本当のところは子供みたいに、行きたくないって駄々をこねているだけなんですけどね。

周りから変に思われないような成人式を出ない言い訳をいろいろ考えてみました。

成人式ってそもそも出なくちゃいけないの?

これって誰でもそう思いますよね。入学式や卒業式はなんとなく強制というイメージがありますし、でなくちゃまずいなんて思うものなんですけど、成人式は招待状ですからね。

それだと出なくてもいいのでは?なんてことになるんですよ。ちなみに入学式も卒業式も強制ではありません。

入学式や卒業式に出なくても入学はできるし卒業もできます。当然ですけど、成人式に出なくても成人にはなれるのです。

そうなってくると出なくてもいいのでは、なんて思ってしまいますよね。

無理に出なくてもいいけれど

成人式は無理に出なくてもいいです。大人の仲間入りのための儀式みたいなものですから、出なくても成人にはなれます。

ただなんというか、出ないなら出ないでなんとなく協調性がないというか、出ないよなんて斜に構える必要もないと思うのですけどね。

後で後悔する人もけっこういるみたいですから、どっちでもいいやって人だったら出ても損ではないのかも

成人式に出ない言い訳を考えてみた

成人式に出ない言い訳を周囲が「それだったらしょうがないよね」みたいなものを考えてみました。

誰もが納得するというのも変ですが、成人式よりも大事なものがあるの?なんて思う人にも説得力のあるものにしなくてはいけません。

本当にそんな、誰もが納得するような言い訳があるのでしょうか。とりあえず考えてみました。

夢への第一歩!資格試験があるんだ!

資格試験といってもいろいろなものがあるのですけど、自分の夢のためだ!と高らかに宣言したら誰も止める人はいないでしょう。

本当に試験があるのでしたら、いいのですけどそんな試験なんかないのに言い切ってしまううしろめたさに勝たなくてはいけません。

言い切ってしまうとこれほど効果的な言い訳はないですよね。

ちょっとというかかなり良心の呵責にさいなまれるかもしれませんが、考えてみるとそれだけ成人式に出たくないということで、無理矢理自分を肯定するしかないですよね。

身内の結婚式に出席しなくてはいけない…

これは少し後ろ向きの言い訳になってしまうのですけど、身内の結婚式だから出席しなくちゃいけないんだよ…これは苦しい言い訳ですし、それだったら身内も招待しないのではないかなと思うんですけどね。

それでも結婚式というのは何よりも優勢順位が高いですから、周囲を納得させるものはありますよね。

他には伝家の宝刀とも言えるお葬式があります。身内の誰か…ということでこれも納得ですけど、これって後で足が出そうな感じがしますよね。

まあ、そのときだけの言い訳ですから、聞いている周囲もそんなことは後になると忘れてしまっているものですから。

最後の手段は体調不良

言い訳というか出たくないときの伝家の宝刀なのが体調不良ですよね。「なんで出ないの?」なんて聞かれたら「出たくても体調が悪いんだから仕方ないじゃん」と言えますし、

インフルエンザだったら無理にでも出ようとしてみんなから思いとどまる様に言われて、さらに体をいたわるような優しい言葉をかけてもらうこともできます。

この場合も良心の呵責に耐えきるような、強靱なメンタルが必要になりますね

風邪やインフルエンザは言い訳の横綱

体調不良の中でも風邪やインフルエンザほど優れた効果を発揮するものはありません。

どうしても出ないと決めた成人式の言い訳はこれできまりです。

できるだけ伏線を張っておく

いきなりの体調不良でもいいのですが、2,3日前から体調が悪いようなことを言っておくと「やっぱりだめだったか」と周囲も納得の言い訳となるでしょう。

まとめ

成人式に出ない場合の言い訳はいくらでもあるのですが、周囲を納得させるには強靱なメンタルが必要になりますし、言い訳をしたらそれになりきらないといけません。

自分の中でストーリーを作ってそれを本物にしなくてはいけないのです。後でボロが出たらまずいですからね。

そして、言うまでもなくずっとそれを言い切らなくてはいけないのです。大げさな言い方になりますが、墓場まで持っていく覚悟が必要ですよね。

成人式に出ないのは後悔先に立たずになるかも??

成人式にそれほどの思い入れがなく、当日の朝も「面倒だな…」なんて思う人は結局は成人式に出ないのでしょうね。

それでも、そのときはそれで良かったにしても、後で振り返ったときに後悔しないのでしょうか。

あのとき出ておけばよかったな…」なんて思っても時代は逆戻りできませんからね。後で後悔しないためにもそのときを精いっぱい生きるという姿勢は大切なんじゃないかなって思います。

成人式に出ないと後悔する?

「めんどくさいな」「成人式に行っても友達いないし…」「この地域の成人式って荒れるからね…」「友達と成人式出ないで遊びに行く約束してるし…」成人式に出ない理由も様々ですね。

成人式に行かない人は全体で44%だそうです

男性のほうが出ない率は高いんですよ。意外と多いって印象ですよね。

成人式に出ない理由も様々なのですけど、何らかの事情で出ないという人が大半なのですけど、傍からみると成人式よりも大切なもの?といった印象の理由が多いんですよ。

ですから、成人式自体がそれほど成人にとっては重要ではないということにもなるんですよね。

行きたくても行けない人もいる?

成人式というのは日曜日に開催されるのですが、日曜日に仕事が入っている人は行きたくてもいけないですよね。

実際にそういった人も少なくないようですから、仕事でいけない…という人も多いのかもしれません。

もっとも、多くの事業所では、仕事よりも成人式を優先してくれるところがほとんどのようです。中には事業所内で成人式をしてくれるところもあるようですからね。

もっとも、今の時代は半分以上は学生ですから、時間なんていうのはなんとでもなりそうですけど…。

行きたいとは思わない人が多いのかも

行きたくても行けないのではなく、行きたいとは思わない…という人が成人式に出ない理由の中でも多いんですよ。成人式自体に魅力がないのもわかるんですけどね。

市長挨拶や来賓祝辞に祝電披露ばかりでは聞いているほうも疲れてしまいますから。

成人式に出ても友達がいない

成人式に出ても友達がいないというのも、成人式に出ない大きな理由になっているようです。確かに友達がいなかったら成人式に出てもポツンと座っているだけですから楽しくもなんともないですよね。

こういうケースは多いようなんです。特に学生でしたら、地元で成人式をするのか大学のある地域の成人式なのかも大きく影響しますからね。

住民票がどこにあるかが問題になることも多いようなのですが、こういったことは今後の改善点にでもしてほしいところです。

帰省できない

成人の日は1月で、日曜日に設定されることが多くなりました。それ以前は1月15日が成人の日だったのですが、その祝日の1日のために帰省するということができない人が多かったんですよ。

地方によってはみんなが集まりやすい盆休みに成人式を行うといった自治体も少なくありません。その傾向は今でも続いているのが実情なんです。

帰省できる成人もいれば帰省できない成人もいるし、友達関係もありますし、成人にしても出たいのに成人式に出れないジレンマもあるのかもしれません。

今は地元の成人式にでることもできる

住民票を移しているから地元の成人式には出れない…と思っている人もいます。住民票を置いている地域の成人式に出るという思い込みですよね。

今はそんなことはないのですが、早めに問い合せをしておかないと招待状が届かないことがあるんです。

成人式に少しでも出たいという気持ちがあれば、出身地の自治体に問い合せてみるのもいいと思いますよ。

成人式に出ないと後で後悔するかも

そのときは出ても出なくてもいいかって思うのが成人式なのかもしれません。若い時ってなんとなくそういった格式張った式というのが苦手だったりするんです。

しかし、後になってあのとき出ておけばよかったなというのが成人式なんですよ。入学式や卒業式、入社式と違って強制的ではないから、出なくてもいいかってことになるんですよね。

それでも、しっかり税金も使われていますし、記念品も出るのですから、成人式は出たほうがいいかなって思います

思い出が語れない

年齢を重ねていくと、昔を懐かしむことが多くなるんですよ。そのときに成人式のことが語れないのはなんとなく寂しいものです。

決まって、あのときなんで出なかったのかな?なんて思ってもさしたる理由が思い浮かばないのです。きっと出ない理由もたいしたことはなかったんですよ。

そう思ったらやっぱり後悔してしまうんですよね。

成人式に出なかったことで後悔していない

成人式に出なかった人の中には、これまで後悔したことはないと断言する人もいます。成人式にさしたる意味を持たなかったということですよね。

それも選択ですから問題ありません。実際に成人式には出なかったけども友達と遊んだという人も多いので成人式に出なかっただけで成人の日の交流は楽しんだという人が多いということですね。

まとめ

成人式に出ないということで後悔する人は少なくないと思います。

特に後になって成人式に出席した人から、成人式の集合写真を見せられとうらやましいのと、ちょっとした後悔の念になるのではないでしょうか。

思い出というのは後でふつふつとわきあがってくるんです。自分の中にぽっかりと空いてしまった思い出というのは後で埋めようがないですからね。

そういったことはそのときには思いもよらないので、出席か欠席かという判断をするときは出るという選択をしたいですよね。