恋愛心理学では秘密の共有で男女の結束が高まることが実証されています!

誰にも言えない秘密は、誰にも言わないから秘密であって、誰かに知られてしまうと秘密ではなくなるのです。これは当然のことなのですが、それを男性と女性の間で共有してしまうとどうなのでしょうか。

他の誰にも言えない自分だけの秘密を異性に教える時点で秘密ではなくなるのですが、そこを敢えて2人の共通の秘密にしてしまうのです。そこには2人を一つの運命共同体と見立てるということで、一体感を持たせるということなのです。

秘密の共有が恋愛成就の秘けつ

これは言わずもがなですね。誰にも言えない秘密を恋愛相手に言うのですから、それはもう一心同体と言ってもいいくらいではないでしょうか。

そんな相手が入れば…まずは秘密の共有ができる相手を探さなければいけません。そしてそういった相手が見つかるとそれこそが恋愛の始まりであり、秘密を打ち明けることで恋愛成就となるのです。

悩みも秘密のうち

人は誰でも悩みがあるものです。悩みを打ち明けて相談するといった人もいることでしょう。

しかし、人には打ち明けられない悩みも多々あるものなのです。1人で悶々と悩みを抱えて過ごす日々…。

そんなときに現われた意中の人と晴れて付き合うことになった、あるいはつきあうといかないまでも日々の会話の中で信頼関係がどんどん高まっていくと…。いつのまにか人に言えない悩みを打ち明けていたということもありますね。

秘密は弱さなのか

人は誰でも弱みを見せたがらないものです。ですから人に言えない悩みというのはすなわち自分の弱い部分であることが多いのです。

そんな自分の弱さを話せる相手が現われたら、その人が将来の伴侶となる人かもしれません。自分の弱みを我が身のように思ってくれる人は信頼できる人ですよ。

秘密の共有で信頼度アップ

秘密の共有ができる人というのはその人にとって信頼できる人であることは間違いありません。秘密なのですから、もちろん他の誰にも言ってはいけないのです。

そんなことを言うのだったら言わなければいいのに…。それを言ってはおしまいなのですが、結局のところは秘密の共有で2人の関係は一蓮托生になるということですね。

誰にも言わないで!あなただけに言うんだから

男性はこの言葉に弱いのです。秘密の共有ももちろんですが「あなただけ」という特別扱いがまさに恋愛しているんだなといった心の高揚感を持つということですね。

秘密を打ち明けられた側というのは、高揚感もそうなのですがそれと同時に充足感で一杯になることでしょう。「オレたちは愛し合ってるんだ!」ということを再確認してさらに恋愛が盛り上がっていくのは間違いありません。

秘密の共有で離れられない??

自分の秘密を知っている、相手の秘密を知っているということで、他の誰にも言えない2人だけの秘密の共有ということで、別れられないといったある種の強迫観念も芽生えてくることでしょう。幸か不幸か2人はこれで離れられなくなってしまうのです。

もちろん不幸ではなく幸せになるための秘密の共有ということですね。人に言えない秘密だからこそ2人でそれを話し合うといったまさに秘め事の会話になるのです。

秘密を打ち明けるのは自分から

これは恋愛心理学でも基本的なことですが、待ちの姿勢ではだめです。相手が秘密を打ち明けてくれるかどうかわからないからです。

まずは自分から相手の懐に飛び込んで行かなくてはいけません。具体的にはまずは悩み相談ということでしょうか。

男性から女性に悩み相談ということも、なよなよ強い感じがするかもしれません。

しかし、実はこんな秘密があるんだ…ということで女性を納得させることができて、「そんな秘密をわたしに打ち明けるなんて…」ということで恋愛も盛り上がっていくこと必至となるでしょう。

自分から心を開く

女性の話を聞き出そうとしても、反対に「なんで話さなくてはいけないの?」と頑なになることもあるでしょう。女性の心を開くにはまずは自分が心を開かなくてはいけないのです

男性のほうから、人に言えないような話しをすることで、特別な女性ということを印象づけるのです。

隠し事をしない

自分のことを洗いざらい言うことで隠し事がなくなってしまうでしょう。そうなると何でも話し合える関係になるのです。

女性が自分のことも話し始めるようになったらしめたものですよ。

まとめ

秘密の共有ができると、2人の関係はさらに親密になっていくことでしょう。言うなれば本音トークができる関係になるということです。

本音が言い合えるということは、ときとして意見がぶつかることもあるでしょう。そういうときに出てくるのが寛容の精神なのです。何でも包み込んでしまう優しさを持つことが大切です。

お互いの秘密を知っているのですから、それを振りかざすことはなく自然体で、優しさを持って接するようにしましょう。

【恋愛心理学】モテ男になるための恋愛テクニックを大紹介!

恋愛心理学の目的はどのようにして恋愛を成就させるのかということです。すなわちいかにしてモテ男になるのかということになるのですが、そのための恋愛テクニックを大紹介します。

モテたい、恋愛したい、彼女が欲しいどのようなシチュエーションにも使える恋愛テクニックなのです。恋愛心理学というと学問でお堅いイメージがありますが、頭に恋愛とついているのですから、親しみやすく誰にでもマスターしやすい学問なんですよ。

ドキドキした、ときめいているそんな気持ちを大活用

恋愛には気持ちの高揚がつきものです。それでも、「どうしたんだろうこの気持ちの高鳴りは…」なんて思う人も多いのではないでしょうか。

突然の気持ちの高鳴りを説明するために恋愛心理学があるといってもいいでしょう。ドキドキ感やときめき感というのはあきらかに人を好きになった証なのです。

ドキドキワクワクするといった気持ちは恋愛をするうえでも大きなエネルギーとなるのです

会うだけでドキドキする

女性と会うだけでドキドキするのが、それが特定の女性であればそれは恋をしているサインと考えて間違いありません。そこからどうやってこの気持ちを自分の中で消化して、思いを打ち明けるのかが大切なのです。

しかし、告白の勇気が出ないのが普通でしょう。しかしドキドキ感が募っていくとそれが強いエネルギーとなって告白の勇気を後押ししてくれるのです

たとえ告白が失敗しても

たとえ告白が失敗したとします。しかし、人を好きになってドキドキした気持ちを経験したということは必ず次の恋愛に活かすことができますよ。

そういった日が来るのを楽しみにしておきましょう。経験は決して無駄にはならないのです。

2人の間にある共通点を最大限に活用する

恋愛心理学でも提唱されていることですが、意中の女性に近づくためには、類似性あるいは共通性というものが必要とされているのです。類似性や共通性というのは、読んで字の如しで「似ている」ということですね。

「似ている」ことを発見するのは、親近感がわいてきますし、相手がどのようにして同じようなことに興味を示しているのかがとても気になるのです。そこから恋愛が始まることも多いということですね。

「共通」ということがキーワード

「共通の」趣味というのがとても大切になるのですが、他にも「共通」と名の付くものはたくさんあります。「共通の友人」などもそうですね。

お互いに共通の友人がいれば、その友人を通して近づきになることは難しくはないでしょう。恋愛の最大のハードルとなるのは最初の一声ですから、それが共通の友人を通して簡単にかなうことができるのです。

共通の趣味が大切

お互いに共通の趣味があるということは大きいですよ。それは明らかに「類似性」があるということで。

類似性は同じような考えを持つということにつながっていますから、お互いの考え方まで似ていると考えてもいいからです。

そうなると最初の出会いのきっかけにもなりますし、そこから恋愛感情が芽生えるのも早いと言えるのです。

やっぱり第一印象が大切

恋愛心理学でももっとも重要視されているのが、最初の出会いの印象です。手っ取り早く言ってしまえば第一印象ですね。

第一印象となると、容姿とか見た目といった印象になってしまうのですが、そういったことが苦手だし、見た目だけじゃないと思う人は多いのです。

それでも第一印象はとても大切です。なにしろ人は見た目が9割なんていう説もあるくらいですし、恋愛心理学でもそういったことを提唱しているのです。

最初の数秒にすべてをかける!

恋愛心理学では、第一印象は6秒で決まるとされています。あっという間の時間ですよね。

それでも、そのわずか6秒の間に、人は多くの情報を処理して判断しているのです。恋愛の達人になると、見た目だけで性格まで判断してしまうと言うのですから侮れないのですよ。

自分磨きを忘れずに

見た目がすべてといって、自信がないという人が多いのも事実です。しかし、内面を磨くことで見た目を良くすることができるのです。

内面の輝きが見た目にも現われるということですね。ですから、服装など身だしなみをしっかりと整えること、いつもハッピーでいること、そうすると自信がでてきますし、幸せな気持ちが表情に現われてくるのです。

まとめ

恋愛心理学といっても広いですからね。それでもとっかかりとしては、ワクワクドキドキ感を持つこと、そしてときめく気持ちが大切です。

相手との共通点を見つけること、さらには見た目を磨くことこれらのことが恋愛心理学の、というよりも恋愛を成就させるために大切なキーワードとなるのです。

恋愛の達人と言ってしまえばおこがましいですが、これらのことが自然にできるようになれば、それが恋愛の達人と言えるのかもしれませんね。

恋愛心理学?笑顔を追求することでモテる男子に大変身!

恋愛心理学をつきつめると結局はモテるかどうかということに行き着くと思います。モテたいと思ったらどうしたらいいのでしょうか。

モテようと思えば好感度を上げることが先決なのですが、好感度を上げようと思えばやはり笑顔が大切ですね。モテる男性はやはり笑顔で好感度を上げているのです。

ですからモテたいと思えば毎日鏡を見ながらどんな笑顔が似合うのかを研究するのもいいかもしれませんね。

恋愛心理学と笑顔の密接な関係

恋愛心理学は、恋愛をいかにうまく進めていくかを追究した学問です。そこには男性の心理、女性の心理が複雑に入り交じりカップルの数だけ恋愛の形があると言えます。

もっとも、恋愛に行き着くまでにはまずは「モテる」といった要素が必要になります。「モテる」ためには好感度を上げなくてはいけません。

笑顔で好感度アップ

学校のクラス写真を見てみると何人かは笑顔の人がいなかったでしょうか。その人の印象はどうですか?「暗く感じる」人はいないでしょう。

10人が10人「明るい人だな…」と感じるのではないでしょうか。そういった人を見て嫌なイメージを抱く人はいませんし、反対に好感度が上がるのは間違いないでしょう。

そしてそういった人の顔の表情はどうでしょうか「笑っている」と答える人が大半だと思います。

口を開けてみると効果的

笑っているというのは客観的に見ているだけで、顔の表情の一つ一つに注目してみるのです。するとどうでしょうか。

いろいろなことがわかってきますが、まず目に飛び込んでくるのは、「口を開けている」ということがわかると思います。

「口を開ける」というのは好感度を上げる意味でもとても大切なことなのです。

口を開けるということ

口を開けるとなぜ好感度アップなのでしょうか。もう一度クラス写真を見てみるとわかるかもしれませんが、十人十色ですね。口を真一文字に結んでいる人はいませんか?何か固い感じがすると思います。

見ようによっては冷たい感じにも見えます。しかし、口を半開きにしている人もいるでしょう。その人はどうでしょうか。少なくとも固い感じには見えません。

口をつむっている人は隙がないように見え、口が開いている人は反対に隙があるように見えます。これは恋愛心理学で言い換えれば、話しやすい人…ということになるのです。

そして口を開けている人は例外なく笑顔に見えませんか?中にはボーッと口を開けているだけの人もいるかもしれません。しかしそれもなんとなく微笑ましく見えてくるから不思議ですよね。

恋愛心理学と口を開けるということ

口を開ける表情を恋愛心理学で考えてみましょう。口を開けている人の印象は温かく、社交的で人当たりが良いというイメージにつながるのです

もっとも、恋愛心理学では逆に、口を閉じている人は、「温かい、社交的、人当たりが良い」というイメージとは結びつかないという結論に達しているのです。

人それぞれ性格がありますから、一概には言えないのは当然ですが、総じてそういった傾向にあるということですね。そして、これはやはり誰もが思うことです。

見た目というのはとても大切で、それは決して美男美女だからいいというわけではなくて、それよりも顔の表情が豊かでいつも口を開けて笑っていると言う人はとても好感度が高いのです。

モテたいと思ったら笑顔になろう

何もしていないとき、普通にたたずんでいるときに口を開けている人というのは、少し抜けているように見えて決して格好が良いというわけではありません。しかし、そこからすぐに笑顔が想像できるのです。

笑顔になりたい

意外と口を開けるというのは、勇気が必要です。何となく無防備になるような感じがするのは恋愛心理学でも指摘されているのです。人に弱みを見せたくない、完璧な人間でありたいといった意思の強さも垣間見ることができるでしょう。

しかし、そのような人には女性は近寄りがたいものを感じてしまうのです。

女性からモテたい

女性からモテたい、恋愛をしたいというのでしたら、自分から積極的にアプローチをしたらいいのですが、そのためにも笑顔は必要ですし、口をつむっていての仏頂面でしたら、女性も話しにくく会話も続きません。会話をするにも口を開けるしかありません

意思表示に口を開けるというのはとても大切な行動であり、それが笑顔につながる、すなわち女性にモテるということになるのですね。

まとめ

常に笑顔の人がいます。その人の口は常に開いていますね。そういった人は恋愛心理学の観点から言っても悪い人はいません。顔は性格を表すと言いますが、女性は本能的に男性に強さと同じように優しさを求めるのです。

自分を守ってもらいたいですからね。そのためにも笑顔の素敵な男性を求める傾向にあるのです。

口を開けるのに抵抗があるのでしたら、口を「に」と発音するように横に広げることで笑顔に近い顔立ちになります。

【恋愛心理学】名前を呼ぶことで親密度がグンとアップしてさらにモテる!

人が言われてうれしいのは自分の名前です。名前にもいろいろありますから、音の響きが良いというわけではなく、自分の名前を呼ばれている…ということに何とも言えない心地よさを感じるのです。

自分の名前は魔法のように

意中の人が自分の名前を呼ぶ…これって何か運命の赤い糸でたぐり寄せられたような快感を覚えるのではないでしょうか。同性の友達同士でしたら名前で呼び合うことは普通だと思います。

しかし、初対面で出会って仲良くなったかなといった段階で名前で呼ばれるとドキドキするのではないでしょうか。それが意中の相手からだったら天にも昇る気分になるのです。

どうして名前で呼ばれるとうれしいのか

日本人はコミュニケーションが苦手と言われています。確かに欧米人のように何かにつけてハグをするようなことはないでしょう。

また、すぐに名前(ファーストネーム)で呼ぶこともありません。しかし、絶対に名前で呼ばないのかというとそうではないのです。

せっかくの名前ですから、誰でも名前で呼ばれると嬉しいものです。その理由は親近感が増してくるから…ということですね。

近づきたいと思えば名前を呼ぼう

意中の女性と仲良くなりたいと思ったら何とかして名前を呼ぶようにしたいものです。名前を呼ぶのはつきあってから…そういった恋人同士が多いのですが、ここは勇気を振り絞って先手を打ってみるのです。

そういった大きな勇気がすべてを好転させる大きな力になることがあるんですよ。名前を呼ぶということは親近感の表れですから呼ばれた人も悪くは絶対に思わないものです。

気軽に名前を呼ぶ関係

仲の良いカップルは相手をニックネームあるいは名前で呼んでいることでしょう。実際にそんなふうに呼び合うのは2人の関係が親密になって恋人としてのつきあいが始まってからが多いようです。

これは、おそらく日本の恋人の伝統と呼んでもいいのかもしれません。幼なじみとか恋人とか、よほどのつきあいでなければ名前で呼び合わないのです。

反対に名前で呼び合うというのは親密な関係を物語っているということでわかりやすくもありますね。

ニックネームなら呼びやすい?

名前は呼びにくくてもニックネームなら言えそう…と言う人は少なくないでしょう。しかしニックネームだと名字をもじって呼ぶことが多くなるので、それでは名前を呼ぶということにはならないのです。

恋愛心理学でも言われていることですが、相手の名前を呼ぶというのが親密度のバロメータになっているのです。ニックネームは確かに呼びやすいのですが、親密度で考えると弱いと言わざるをえません。

勇気を振り絞って

まだつきあっているとは言えない…そんなこれからという関係の女性に対して「名前で呼んでもいい?」と聞くのは勇気が必要です。しかし、これを告白と考えたらどうでしょうか。

そういった気持ちで問いかけてみるのも一つの方法です。

つきあうわけではないけれど

つきあうわけでもないのに、普通の友達なのに名前で呼んでみる…これはもっとも勇気が必要かもしれません。

しかし、こんなフレンドリーさがとても大切で、周囲からの好感度もうなぎのぼりになること間違いなしです。

普通の会話の中でさりげなく

かしこまってしまうと名前を呼ぶことは難しくなります。「明日こそは!」と力んでしまっては夜も眠れなくなるでしょう。できれば息を吐くように名前を呼ぶといった気持ちになってみましょう。

案ずるよりも産むが易しという言葉もあります。実際に言葉に出してしまったら後には引けなくなるのですから、恥ずかしいと感じる前にまずは口に出して相手の名前を呼んでみるのです。

何事も始めが肝心で、そこと突破したら、誰かれかまわず名前で呼ぶことができるようになるでしょう。もちろん臨機応変にすることが大切です。女性にしてみたら「なれなれしく名前を呼ばないでよ」という人もいるからです。

友達だからこそ価値がある

本当はつきあいが始まってから名前で呼び合うのがセオリーなのですが、付き合う前から友達の段階で名前を呼ぶ…これはかなり難しいのですが、できれば特定の狙っている女性だけではなく、多くの女性の名前を呼んでみましょう

これもかなり勇気が必要ですが、1人成功すると後は雪崩を打ったように名前を呼ぶことができるようになりますよ。

まとめ

人は名前で呼ばれることに快感を覚えるものです。特に異性から名前を呼ばれるというのは得も知れぬ快感となることは間違いありません。

それは自分に当てはめるとよくわかることでしょう。名前を呼ばれる快感というのはなにものにも代えがたいものです。

そういったことから、まずは付き合う前から女性の名前を呼ぶことに是非ともチャレンジしてみましょう。モテるためにはそういった勇気が必要です。

恥ずかしさよりもそれが普通にできる男性になりましょう

恋愛心理学でマインドコントロールを自由自在に使いこなしたら女性を簡単に落とせるかも!?

マインドコントロールと聞くと誰もが「洗脳」という悪いイメージを思い浮かべるかもしれません。

しかし、恋愛心理学ではそういうことではなく、女性の気持ちを上手にコントロールすることで、気持ちをこちらに向けさせるという恋愛テクニックとして紹介しています。

もちろん、相手の気持ちを自由自在にコントロールしたいとなると、これは一歩間違えると大変危険な行為となる場合もあるので、軽い気持ちで考えるようにしたいものです。

女性はマインドコントロールされやすい??

意中の女性を自分の意のままにあやつることができたら…それがマインドコントロールとされているのですが、そこまでいかなくても女性の気持ちがわかって、目線をこちらのほうに向けることができたら…。そういったことならマインドコントロールも簡単にできそうな気がします。

はたして女性はマインドコントロールしやすいのでしょうか。

はっきりさせたい女性

竹を割ったような性格とか、右左をはっきりさせたいといったような、玉虫色が嫌いで白黒はっきりさせたいといった女性は意外と落ちやすいのだそうです。これは恋愛心理学でもはっきりと指摘されていることです。

女性のこういった心理状態というのは、間違っていることを絶対悪と決めつけることが多く、逆に言うと正義感が強いということになります。もっと言うと正義以外はすべて悪と思ってしまう傾向にあるのです。

自分の考えがはっきりしているので一見してマインドコンとロールが難しそうに見えるのですが、まずは女性の考えに同調しましょう。それからやんわりと女性の価値観を崩していくのです。

「それはちょっと違うよ」みたいなところから、自分に意見してくれる男性にコロッと来ることが多いのもこういった女性の特徴なのです。これもはっきりと恋愛心理学で定義されていることですよ。

貞操観念が強い女性は手強い??

貞操観念が強い女性は身持ちが固く、落としづらいと考えがちです。確かに話しかけてもとりつくしまがないような女性が多いように思います。

しかし、こういった女性は思い入れが強い傾向にあるので、一旦なびかせることができたら、後は思いのままとなるのです。しかし、気持ちが重くなりがちなので男性のほうも扱いには気をつけなくてはいけません。

とにかくプッシュあるのみで、一度でもなびいてくれたらあとは雪崩を打ったようにコントロール可能となりますよ。

自分は大丈夫と思っている

「自分は大丈夫!マインドコントロールなんかされないわ!」もちろんマインドコントロールとか洗脳といった意識を持たなくても人の言いなりなんかにはならないという女性は多いです。

しかし、このような女性が意外と簡単に落とせるのかもしれません。

反対にマインドコントロールを解いてあげるといった方法も

たとえば極端かもしれませんが、「自分は絶対にマインドコントロールされない」といった女性がいるとしたらそういった逆のマインドコントロールを自分にかけていると考えてもいいのです。

そうしたらそのマインドコントロールを解くというのも女性をなびかせる一つの方法ですね。

常に女性に話しかけて、頑なな心を解きほぐすようにしていきましょう。

女性の味方!聞き上手になろう

気持ちの強い女性は悩みを言い出せない気恥ずかしさというものを持っているのです。そういった女性の話をどんどん聞いていってあげましょう。

時にはそれは違うよといった意見も言いながら女性よりも優位になれるように仕向けていくのです。

褒める極意

マインドコントロールとか洗脳というと、強権的に強く言って逃げ場をなくして言うことを聞かせる…そんなイメージですね。もちろん女性にはそんなことをしてはいけません。

強権的ではなく、褒めることが大切です。持ち上げる感覚でもいいですよ。

お姫様抱っこをするような気持ちで優しく接することで、女性を意のままに…それでいて女性は男性を自分のために動いてくれるナイトのように思うのです。

自信なさげな女性には

女性の良いところを見つけて褒めることに集中しましょう。誰でも褒めるべきポイントはあるものです。

特に女性が気づいていない部分、これまで指摘されたことがないようなところを褒めるようにするのです。「いつも見ているよ、ほらこんなところが素敵だよ」といった感じですね。

自信を持っている女性を褒める

自分に自信を持っている女性は扱いにくいというイメージがありますが、どこか突破口を見つけるとそこから雪崩を打って崩れていくこともあります。

そして、自信を持っている女性こそ自信のない現われであり強がっているケースもあるのです。

まずは自信を持っている部分を褒めちぎることです。「実はそうでもないの…」と言ってきたらこちらのペースになりますよ。

まとめ

マインドコントロールの基本は、下げて下げて持ち上げるとされています。一方で、恋愛心理学では下げるのではなく常に上げること、すなわち褒めまくることがいいとされているのです。

意外と褒めることは難しいです。相手のことをしっかりと見ていなくてはいけません

見当違いの褒め方をすると反対に警戒されてしまうので、良いところを褒めてその理由も明快に説明しましょう。女性を納得させることができたら、マインドコントロールも完成です。