コミュ力がないと就活も不利になる?就活を有利に導くには!

自分の一生を決めることになる就活ですから、これまで生きてきた集大成としてかなり気合いが入っていることだと思います。

一方でその気合いが就活で空回りしないようにしましょう。コミュ力があることを印象づけるように、過度な自己PRをしてしまうと、自分勝手あるいは自己中心的は人物と思われる可能性が高いです。

人よりも抜きんでた才能があるのでしたら、それをアピールしてもいいのですが、普通の人でしたら企業は協調性を重視するからです

就活の面接ではコミュ力が試される

就活の面接において、もっとも重視されるのがコミュ力です。これは経団連の調査でも明かで、9割にのぼる企業が面接においてコミュニケーション能力を重視しているとしているのです。

もっとも普通に考えてコミュ力というのは、仕事をする上で最重要な能力ですから、企業がそれを重視していないことはありません。

チャレンジ精神や主体性、協調性、誠実さなども重視される要素ですが、その根幹にあるのはコミュ力と考えていいからです。

企業の面接で聞かれること

就活では面接が必ずあります。これは採用を左右する大切なものですから、しっかりと面接対策をしている学生は多いでしょう。

コミュ力を問われる質問を受けたとすると、「会話をするのが得意です」「友人はたくさんいるほうなのでコミュニケーション能力はあると思います」「初対面の人ともすぐに打ち解けることができます」と答える学生が多いそうです。答えとしては間違っていませんし、正解と考えていいでしょう。

まだ、仕事をしていない段階ですのでこれらのことができているのは大切です。学生にとってのコミュニケーションというのは「一緒にいて楽しい」というのですから当然かもしれません。

企業は成果を求める

面接の際では、そういった答えでもいいでしょう。しかし、企業が求めるコミュ力というのは「成果を出す」ということです

この部分が学生と企業のコミュニケーションの在り方の違いと考えていいでしょう。

学生に求められるのは知的労働

コミュニケーションが取れない人の最適な仕事は工場のラインで黙々と働くこと、あるいは手に職を持って職人さんになることでしょう。

それでも、ある程度の人との関わりは出てくるので、極力人と接することのない仕事という意味で工場のラインや職人という仕事はうってつけとなるのです。

しかし、知的労働を求める人はそういうわけにはいかないのです。

無から有を生み出す仕事に就きたい

就活生の多くはこんな仕事をしたいといったような夢を持っていることでしょう。その夢の実現にはコミュニケーション能力が欠かせないのではないでしょうか。

「新しいものを生み出したい」何も無いところから何かを生み出すのはアイデアが必要です。そういった仕事に就きたいのでしたら、コミュ力が必要ですし、企業はそういった知的労働を就活生に求めているのです。

企業の仕事は分業制

企業の仕事は高度に分業化されています。アイデアを出して、それを具現化し商品にして売り出す…各パートで人が介在しているのです。

自分自身がどのパートにいるのかにもよりますが、どこにいてもバトンを引き継いでそれを次の人にバトンを引き渡す際に必要なのがコミュ力なのです。

就活の面接の際に言った「会話ができる」といったコミュ力ではなく、人に「説明する」コミュ力が必要なのは言うまでもないですね

就活でコミュ力があることをアピールする

それまでの人生で培ってきたコミュ力と企業が求めるコミュ力は違っていますが、それでもコミュ力には間違いありません。

就活の際、自分にはコミュ力がないと嘆くのではなく、積極的に自分の良さをアピールしなくてはいけません。

体験談を述べることでひっかけてもらう

就活の面接の際これまでの自分の体験談を語るのも一つの方法です

例えば、相手の立ち場に立って考えることができるというのは、コミュ力としては大切なことで、企業が求めているものです。

こういった体験があれば、採用担当者から、「アピールポイントは何ですか?」と聞かれたときに積極的に説明しましょう。

自分の長所が企業の役に立つことを説明する

自分の長所が企業の役に立つ、というのはかなり高飛車な物言いになってしまいますが、面接の際はそのくらい大言壮語を語るくらいのほうがインパクトがあります

コミュ力があると見られることもあるので積極的に説明したいものです。「積極性があり、物怖じしないので営業に向いている」というのもいいでしょう。

まとめ

自分にコミュ力がないので就活も苦戦しそう…。そう思っている人も多いでしょう。

しかし、誰もが自信満々で就活しているわけではありません。まずは自分のコミュ力を知ることで素直に企業の面接を受けるようにしましょう。

自信満々で面接を受けるよりも、誠実性を評価される場合もあります。反対に自分の体験談を増幅させて自信満々に話してみてもいいでしょう。

就活での面接は何が幸いするわからない博打の面もあるのです。

コミュ障が就活に成功する方法はこれだった!

コミュ障学生は、就活で成功できない…といったイメージを持つ人が少なくないでしょう。

確かに、コミュ障だと面接で苦戦しそうです。書類選考や筆記試験は自信があっても、面接で落とされるということも考えられるでしょう。

面接も採用を決める大きな判断材料です。コミュ障の人が就活を成功させるには面接を如何に切り抜けるかが就活の正否を決めていると考えていいでしょう。

面接を乗り切るには、失敗して得たことを次に活かすことが大切ですよ

コミュ障学生が就活で成功するにはどうしたらいい!?

コミュ障の学生が就活で内定を取るためには、ひたすら会話力を磨くことだと考えていることでしょう。これは間違ってはいないのですが、実際にはいろいろ問題があるんです。

それはいったいどういったことでしょうか。

面接のときだけコミュ障が発症する学生もいるんです

普段は明朗快活で学生生活を謳歌している人が、就活時の面接のときだけコミュ障を発症するケースがあるんです。こういう人は普段は自分をコミュ障と思っていないので、悲壮感もありません。

一方でそういった場面に慣れていないので、自分を極度のあがり症か、経験がないのでそれすらも気がついていない学生もいるんですよね。これは、普段からコミュ障という人よりも事態は深刻と言えるのかもしれません。

あがり症や人見知りを治すことが先決

普段は全く問題ないのに初対面の人や環境が変わるとまるで人が変わったように、コミュ障になるといった場合はどうしたらいいでしょうね。こういった人は確実に経験不足だということが考えられるんです。

ですから、日頃から率先して人の前に出るとか、初対面の人と話すようにしたほうがいいでしょう。面接のときにコミュ障が発症するのは確実に本領が発揮できないので、すごく損をすると思うんです。

人生を決める一発勝負みたいなものですから、就活時の面接にコミュ障が発症しないようにして、就活を成功するようにしたいですよね。

コミュ障学生が就活を成功させるのは練習しかない

これはもう言い尽くされているのですけど、コミュ障の学生が就活を成功させようと思うのなら、一番の鬼門となる面接を乗り切るしかないんですよね。それならどうしたらいいのかというと練習あるのみなんですよ。

具体的には模擬面接を繰り返して行うってことです。声の大きさや話すスピードなどの確認をしながら練習しましょう。

当然のことですけど、面接の練習をするパートナーが必要ですよ。一人の練習だと自分よがりになってしまいますし、なによりも恥ずかしさの克服にはならないのです。

パートナーがいると多少の気恥ずかしさも良い練習になりますから、それも克服するようにしたいですね。

コミュ障学生に必要なのは経験と自信

これも間違いないことなのですけど、コミュ障の学生に必要なのは経験と自信です。人前で話したことがないから緊張して本領が発揮できないのですよね。

専門性があって、これなら誰にも負けないというものがありながら、それをうまく表現できないもどかしさを何とかして克服したいものですね。それには、自信が必要なんです。

専門的な部分には確固たるものを持っているので、後はコミュニケーションに自信が持てればいいのですけど、まずは会話力ですね。ここをどんどん磨いていけるといいですね。

人の目を見るようにしましょう

コミュ障の人はこれができないんですよ。ですから、何とかして人と話すときは相手の目を見るようにしてください

これって面接のときの最重要課題です。これができると何でも話せるような気がするのは気のせいでしょうか。

まずは目を見ることこれを肝に銘じておいてくださいね。

失敗は成功の元なのでコミュ障でも大丈夫

誰でも失敗はあります。大事なのは失敗した後の気持ちの切り替えです

コミュ障の人はそれでなくても、落ち込みやすいので、失敗したからといって「自分はやっぱりダメなんだ」と思わないことが大切です。できるだけ早く切り替えるようにしましょう。

引きずってしまうとその後の就活にも影響が出ますからね。

なぜダメだったのかを考えましょう

失敗したときのことを思い出したくないのがコミュ障学生の特徴です。しっかりと失敗を受け止めて次につなげなくてはいけないのです。

コミュ障なんだから失敗は当たり前で、どこか拾ってくれるところがある、くらいに考えていた方が気が楽ですよ。とにかく反省して失敗を自己分析するようにしましょうね。

就活で成功するために

コミュ障学生の最大の障害となるのが面接です。そこで面接担当者は何をチェックポイントにしているのかをおさらいしておきましょう。

それは、面接時のマナー、志望動機、自己PRです。それぞれの受け答えも大切ですからね。

このあたりをしっかりとできるように反復練習をしておくようにしましょう。

まとめ

就活を成功させるためには、まずは落ち着くことです。そして「自分はできるんだ」という自信を持ちましょう

コミュ障なんだからできない…というのではなくて、コミュ障でもできるというところを周囲に見せつけるようにしなくてはいけません。そうでないとずっとコミュ障だからできないということを引きずって生きていかなくてはいけません。

人生の最初のターニングポイントとなる就活でしっかりとコミュ障を克服してくださいね。

コミュ障の文系学生が就活するときに必要なことはこれだ!

コミュ障の文系学生の就活…文系というとコミュニケーション力が問われると思うのです。

その上に専門的な知識が乗っかってくるのですから、文系学生のコミュ障となるとこの二つが欠落しているということになるので、就活はかなりの苦戦が予想されます。

会社を選ばなければ仕事はいくらでもありますし、生きていくだけなら今の日本社会ではなんとかなります。しかし、将来を考えると、文系コミュ障でもしっかりと就活をしなくてはいけないのです。

文系のコミュ障学生が就活するためのポイントって何?

文系学生は理系学生と比べてもつぶしが効くという面でも、就職できる職種はたくさんあるとされています。実際にイメージとしてもそんな感じですよね。

でも、文系の学生って競合相手が多いのでそれなりに就活も大変でプレッシャーもかかるんですよね。コミュ障の文系学生でしたら尚更でしょう。

そもそも文系だとコミュニケーション能力の高さが求められますから、コミュ症だと致命的な感じに思ってしまう学生も多いと思うんです。

そんな文系コミュ障学生はどうしたらいいのでしょうか。就活を突破するポイントを探ってみました。

文系のコミュ障は就活に致命的に不利なの?

文系の学生は絶対数が多いので単純に就活となると競争相手は多くなりますね。その点でコミュ障学生は不利と考えて間違いないでしょう。

実際に面接の場で、思ったことを言えなくてコミュニケーション力が足りないということを思い知らされることも多いでしょう。しかし、それはコミュ障でない人でも同じことなのです。

そのあたりをしっかりと認識して、コミュ症の学生はもっと自信を持つことが大切ですよね。

そもそも文系に求められているものって何?

文系は、専門知識というよりも語学力やコミュニケーション能力が重視される傾向にあるといって間違いないと思います。ですから、この部分を見てもコミュ障の人には頭が痛いかもしれませんね。

コミュ障文系学生が就活を有利に進めるためにはどうしたらいいの?

文系でありながらコミュ障ということで、かなりのハンデと考えていいでしょう。これを克服して就活をするにはやはり何か光るものを持っていなくてはいけません。

あるいは、普通の人と何ら変わらないように振る舞うことも大切ですよね。

文系だからこそのスキルを活かす

文系だからこそのスキルは身に付けていることでしょう。語学が堪能であるとか、読解力がある、表現力に優れている、さらには地頭が良いというのも大きなアピールポイントですよね

しかし、コミュ障だとせっかくの長所をうまくアピールできないことが多いのです。履歴書には特技や長所などできちんと記入していても面接でそれを表現できなければ「嘘書いてる?」なんて思われかねないですからね。

そこで大切なのが、熱意です。熱意では誰にも負けないということをアピールしましょう。

口下手でもいいじゃない

社会に出るための第一歩が就職ですから、そこに今できる全てを注ぎたいのが就活です。コミュ障でも意気込みはあるでしょう。

ですから、その熱意や意気込みというものをしっかりとアピールしましょう。口下手であっても一生懸命話すことでその熱意はしっかりと伝わるはずですよ

それと、一生懸命さというのは人柄を表します。そんな人が面接担当者は好きなんですよ。

面接担当者に、この人と一緒に働いてみたいと思わせたらすごいですよね。

企業が求めているのはコミュニケーション能力なんです

コミュ障の人には頭が痛いかもしれませんが、企業が求めているのはコミュニケーション能力の高い人です。

これは、一人で仕事ができる職場ではなくみんながチームを組んで働く場で、コミュニケーション能力を発揮してもらいたいと思っているからですね。

就職コンサルタントに頼る?

大学でも、就活対策にいろいろな講習会などを催してくれていることでしょう。OBに話を聞くのも効果的です。

しかし、もっと自己啓発したい、コミュ障を克服したいと考えたら、就職コンサルタントにアドバイスしてもらうといいでしょう。無料相談なども上手に活用したいですね。

文系は営業が基本だけど…

文系の多くは企画から営業といったように会社の最前線に立つ職場での活躍が求められます。自分は営業は無理だけど…そういったコミュ障の人は少なくないと思います。

しかし、敢えてそういった場に飛び込むバイタリティの高さは若い時しかありません。年齢がかさんでしまうといろいろなものが行動の足かせになってしまうのです。

若い時にできること、それがコミュ障の克服ということをしっかりと覚えておいてくださいね

まとめ

人は一人では生きていけませんし、仕事も多くの人とチームを組んでするものです。コミュ障だからといって一人で仕事をすることはありませんし、頼るところはしっかりと頼ってフォローしてもらいましょう。

人に助けてもらうと、なんとかしてお返しをしたいと考えることでしょう。そういった強い気持ちがコミュ障の克服につながるんですよ。

自分の劣っていることをしっかりと理解することで、突破口が開けていきますから、がんばってくださいね。