経営者に友達いない人が多いのはこういった理由だった!

経営者に友達いない…そういったイメージがあるようです。経営者はときとして孤独ですし、とりまきがいるように見えて孤高の存在でもあるようです。

確かに、経営者は人を近づけない雰囲気を感じさせます。それは経営者として馴れ合いの関係を作りたくないから、自らそうしているのか…。

様々な視点から経営者に友達いない状況を考えてみたいと思います。友達がいない経営者はそれが経営に与える影響があるのでしょうか。

友達というのはどういった存在なのか

たとえば幼なじみは間違いなく友達と言えるでしょう。勝手知ったる仲ですから、敵ではありません。

もちろん幼なじみでなくても、友達はいます。普通の人でしたら友達について改めて考えたことはないでしょう。

経営者も同じだと思います。会社の経営を離れたら昔からの友達はたくさんいると思います。

しかし、経営者になってから友達ができるのかというと、そういったイメージがわかない人のほうが多いと思います。

好かれるから友達になる

友達というのはいつのまにか親しくなっている印象を受けます。そこに打算的な考えはなく、私利私欲とは無縁な世界での友達関係ということになります。

友達となるには好かれなくてはいけません。好かれるということは人間的な魅力があるということですね

できる経営者というのは魅力がいっぱいのはずだけど…

経営者に必要なのは資質と能力であるのは間違いありません。そこに人間的な魅力がないと人はついてこないでしょう。

しかし、人間的な魅力のある経営者に友達が少ないといわれるのはどうしてでしょうか。ここが大きな問題とも言えるのですが、経営者には昔ながらの友達はいても、経営者になってから無理に友達を作らなくてもいいと考えている人が多いのも間違いないでしょう。

欲しいのは友達よりも有能な部下と考えているのかもしれません。

経営者はときとして孤独であり孤高の存在を求めているのかも

経営者はときとして非情にならなくてはいけない場面もあります。リストラなどがそうですし、早期退職勧告というのも気の進まないものでしょう。

それでもしなくてはいけないときは、非情に徹して行わなければならないのです。それは後にも先にも経営者が最優先しなくてはいけないのが会社の存続だからです。

会社は継続していかなければいけないというのが根底にあるのです。

経営者は孤独なのか

経営者は自ら孤独を選んでいるのかもしれません。馴れ合いになるとそこに余計な感情が芽生えてくることもあります。

ときとして冷淡とも言える決断をしなくてはいけない経営者にとって馴れ合いの関係は邪魔でしかないということですね。そういったことを考えると経営者が孤独を好むというのもわかる気がします。

経営者が気をつけなくてはいけないこと

経営者は友達が少なくても、極端に言えば友達がいなくてもかまいません。ある意味孤高の存在であることは経営者に求められていることかもしれない資質とでも言えるからです。

ただし、気をつけなくてはいけないのは、会社の中で孤立してはいけないということです。孤高の存在と孤立というのは似ているようでまったく意味が違います

孤立となってしまうと、そこには情報がまったく入ってこないといった疎外感となってしまうので、それは経営者としてはもっとも避けなくてはいけないものなのです。

友達いないことはメリットとなることも

経営者にとって友達がいないことはデメリットではありません。友達がいないと必要な情報が入ってこないのでは…というデメリットを口にする人がいます。

友達がいなくてもいくらでも情報が入ってくるのでそれはデメリットにはならないのです。情報が欲しいのなら新聞や経済誌がありますし、業界の会合に顔を出すのもいいでしょう。

本当に必要な情報はもたらされるものではなく自分で取りにいかなくてはいけません

一人でやりとげてしまう

経営者はすべて一人でやりとげてしまうことが多いです。細々したことは部下に任せたらいいのですが、経営者の仕事は決断ですから、言うなれば正しい決断をしておけばあとは、社員がすべてやってくれます。

中小企業では経営者は一兵卒として働かなくてはいけないところもあるのでしょう。それはそれでいいのですが、大きく飛躍することはできません。

経営者の仕事は少ないほど会社は安定している

経営者が先頭を切って働いている会社は創業時ならいざしらず、ずっとそうでは会社の伸びしろも見えてしまっています。

経営者は仕事をしていないほうが経営は安定しているのは間違いありません。そして決断をすることが仕事ですから、友達がいないほうが雑念もなく自分の思うように決断ができるのです。

まとめ

経営者は総じて友達が少ないようです。もちろんそれは、経営者になってから友達を作らないということで、それまでの友達を否定するものではありません。

しかし、経営者になる資質のある人は、プライベートでも友達を作らないあるいは遠ざけている節もあります。それは経営者を目指しているから、友達を遠ざけたという面もあるでしょう。

経営者がまとっている雰囲気が友達を遠ざけているという面もあるかもしれません。

成功者は孤独で独りぼっち…それが大成する秘けつだった!

孤独な人に成功者が多いという調査結果があります。成功者の偉人伝を読むと挫折から始まり独りぼっちの中で多くの発明や発見を行っています。

多いというよりも、「成功者は孤独」というのが共通項にもなっているようです。

独りぼっちのほうが偉大な発明や発見が多い…決して的外れではなく、成功者は人とは違った何かを持っているため、普通の人にはない発明や発見ができるのでしょうか。

成功するには明確な理由があったのです。

成功者が孤独な理由

それではどうして成功者は孤独なのでしょうか。孤独といってもサポートする人はいくらでもいるのでは?確かにそういったチームを組んでいる成功者もいることでしょう。

しかし、えてしてチームのトップに立っている人も孤独ですね。サポートメンバーは成功者について行っているだけですから…。

しかし、孤独あるいは独りぼっちであるということは成功者にも問題があるのです。問題…という言葉を使ったら成功者が悪者に思ってしまいがちですが、決してそうではありません。

天才は孤独だった

成功者を天才に例えてみます。過去多くの天才が歴史に残るような発明や発見をしてきました。さらにノーベル賞を受賞するような人はやはり希代の天才ですよね。

そんな天才の発明や発見時はどのようなものだったのでしょうか。偉人伝を見てみるとたいていの天才は一人で昼夜を問わず研究に没頭して、ついに世紀の発明や発見をします

天才はある意味ひとりよがりでとっつきにくい人が多かったのかもしれません。我が強く自分勝手で好きなように研究をして突き詰めた結果として世紀の発見をしたということなのでしょう。

周囲がついていけなかったということも

成功者が天才過ぎて、周囲の普通の人がついていけなかった、あるいは近寄りがたかったというのがあるのかもしれません。あるときは天才のほうから歩み寄りがあったのかもしれませんが、思考回路が違いすぎて話しが合わなかった…という話しも見聞きするのです。

天才肌の人は人の意見を求めない

成功者や天才を批判するわけではないのですが、突き抜けている人は、我が道を行くタイプが多いのは否定できない事実といっていいでしょう。悪く言えば、人の意見を聞かない…自分だけを信じるということです。

だからこそ事業に成功したり、世紀の発明をしたりすることができるのでしょう。

人と同じことをしない

成功者は全体の5%以下というデータがあるそうです。逆に言えば95%以上は普通の人ということになります。

5%と95%の違いはどういったものでしょうか。成功者は間違いなく賢いはずですから、知能指数が高い人が多いでしょう。

特に天才は信じられないような知能指数を持っていることがわかっています。もっともそれ以上に成功者が行っているのは「人と同じことをしない」ということです。

すでにあることと同じことをしていては成功できないということですね。そこには柔軟な発想があってその人じゃなければできないことができるのです。

同じことをして違う結果を出すことも…

もっと難しいのが人と同じことをして違う結果を出すということです。こういうことができる人は1を聞いて10を学ぶことができる天才のみということですからすごいですね。

人と同じことをすると同じ結果になり、それが多少の高低があって、高い人がまあまあの成功となるのかもしれませんが、真の成功者となると、そこからさらに努力して高めていくということでしょう。

成功者は変わっている人が多い

これもまた成功者を批判しているわけではないのですが、人と違ったことをしている、あるいは同じ軌道を通っていてもすぐに脱線しようとしている人は、紛れもなく自分勝手といえます。

そして、周囲にいる人は自分にとってはマイナス要素でしかなく…そうしたことで周囲の人間を遠ざけるあるいは自ら離れていってしまうのです。

それが成功者が孤独ある、あるいは独りぼっちである最大の所以といえそうです。

敢えて人と違うことをする

10人が10人同じことをする決まり切ったことがあったとしても、成功者は違うことをしようとするのです。失敗するとわかりきって、それを行って失敗したとしてもそこから何かを知ることができるのです。

普通の人は失敗するとわかりきっていることを敢えてしようとはしません。ということは失敗する経験すら積めないということになります。

成功者は敢えてそれでもしてしまうのですね。負けてわかることがあるということですから、失敗を知っている人間は強いということです

人の言うことを聞かないということも

ある意味、変人と思われるかもしれませんが、人の言うことを聞かない、常識にとらわれないところから世紀の発明や発見は生まれています。そのような超発見ではなくても、一般の成功者でも、人の言うことは聞かないところから、突破口を開く人もいるのです。

まとめ

一見して成功者はとっつきにくく感じるかもしれません。しかし、その成功者によって多くの人は恩恵を受けているということを忘れてはいけません。

大げさなことになりますが、現在の人類の繁栄は一握りの天才の発明の賜であって、それを忠実に実行したその他大勢の普通の人々の模倣の歴史と言えるでしょう。

天才に限らず成功者は常に孤独ですが、独りぼっちの中から誰からも邪魔されずに創造性豊かな発想が生まれてくるのです

経営者が孤独な理由はこれだ!しかし孤独が悪いわけではない

経営者は孤独…というのが枕詞のように言われることが多いです。周囲に相談する相手もいないですし、何事も一人で決断しなくてはいけない中小企業の経営者でしたら特に孤独感を感じるものではないでしょうか。

もっとも、それが経営者の醍醐味であって、孤独であっても何でも自分で決断できることこそが経営者というものです。社員の生活や人生が経営者の双肩にかかってくるというプレッシャーも容赦なく襲いかかってくることでしょう。

経営者は孤独でなければならない

サラリーマン社長でしたらどうでしょうか。平社員から叩き上げで社長にまでのぼりつめたとしたら、社員ともなあなあの関係のままかもしれません。

しかし、そうであってはいけないのです。社員とは一線を画した立場でなければならないのです。

社員と決別する勇気が必要

経営者となると社員と決別する勇気が必要です。楽しく会社を経営したいという気持ちもあるでしょう。

しかし、経営者と友達みたいな会社というのは伸びません。伸びずに現状維持でいいのならそれでもいいのですが、社員の給料を上げていかなくてはいけませんから、会社は伸び続けなくてはいけないのです。

そうなると当然ですが、経営者は社員と決別しなくてはいけないのです。話しかけるのも怖い存在になる必要はありませんが、仲良くする必要もないのです。

これが経営者になるということです。

経営者が社員と同じ働きをしてはいけない

起業したばかりの経営者でしたら、社員と同じようにばりばりと働かなくてはいけないでしょう。

そのバリバリと働く目的は早く経営者が働かなくてもいい環境を作ること、さらにいうと経営を成長軌道に乗せるまでということです。

経営者が社員と同じように働いていては目線も社員と同じになってしまいます。さらには孤独感とは真逆で社員を和気あいあいな関係になってしまうでしょう。

そうではなく、経営者は社員とは決別して孤独にならなくてはいけないのです。

経営者は愚痴を会社では言わない

経営者は孤独であり、常にストレスと隣り合わせとなっていることでしょう。それは会社の経営と社員の生活が経営者の双肩にかかっているのですから当然といえるでしょう。

しかし、そんな経営者も愚痴を言いたくなるときもあります。そんな愚痴が言えるところはどこでしょうか。

もっとも、愚痴を言える人がいるとしたら1カ所しかありません。それがスナックなどの飲み屋なのです。

経営者が飲み屋に行くのはそんな理由があったということです。

経営者にもはけ口が必要

経営者はストレスを感じやすい立場にあることは間違いありません。また、経営者たるものはストレスにも強くなければいけないという考えもあります。

しかし、ストレスを感じることは誰にでもありますし、経営者の場合はストレスを感じてもそれを溜め込んでしまう傾向にあるのです。というのも会社でストレスを発散してはいけない、つまり愚痴を言ってはいけないからです。

そのため、そのはけ口をどこに求めるのかといと、それはスナックなどの飲み屋となるわけですね。

会社で愚痴を言ってはいけない理由

経営者は社員に訓示をする立場なので、会社で経営者の弱みを見せるようなことはしないほうがいいのです。経営者が弱みを見せると社員は不安になりますし、経営者のイメージも壊れてしまいます。

そういった意味では経営者は社内では孤独に徹したほうがいいということになるのですね。

経営者は孤独であってはいけないという説もある

経営者は孤独であってはいけないという説もあります。高度経済成長の時代さらにはその前から、ワンマン経営で強い社長がもてはやされました。

それは今の時代でもそれほど変わらないでしょう。経営者のセンスで経営が決まることも多々あるからです。

しかし、これからは経営者のセンスでものごとを決める時代ではなく、方向性の根拠をしっかりとしたデータで示すこと、さらには何をするにも社員のコンセンサスを得ることが重要となっているからです。

経営者のほうから社員に歩み寄る

それまで孤独で孤高の存在であった経営者が社員に歩み寄る姿も見られるようになるかもしれません。経営者と社員の距離が近い会社が伸びるというデータがあるわけではありませんが、社員が元気な会社は間違いなく伸びます。

経営は結果がすべてなら孤独である必要はないかも

経営者は常に結果を求められます。内容を重視される場合もあるのですが、それは長期的なことで、すぐにでも結果を出さなければいけません。

そうなると、経営者が孤独ではなく社員に歩み寄ることで実績が上がるのでしたら、経営者は喜んで社員に歩み寄ることもあるでしょう

まとめ

経営者が孤独である理由は、いざというときに社員に訓示をするためであることが大きいです。経営者がだらしなければ社員にもの申すこともできないでしょう。

もっともそういった経営者に社員はついていきません。ですから、社員は孤独で孤高の存在であったほうがいいということです

一方で人材確保の面から経営者は孤独から卒業するべきという意見もあります。肝心なのは結果という時代になっていきそうですね。

成功者の性格〜特徴は孤独な時期を受け入れること!孤独によって成功をつかめ

今回は若者に、孤独を味わってそれに耐えることで成功者になってほしい、という内容で話をしていきたいとおもいます。

孤独なひとが成功する

まずは、成功者に多い孤独という状態の特徴についてみていきます。

成功者の特徴は孤独であることです

周囲の影響を受けない

孤独なひとに成功者が多いといわれているけど、なぜそうなのか。結論からいうと、周りのひとからの影響を受けないからなんですね。

例えば人づきあい、八方美人や友達が多いひとってそこで時間を使うし、交際費という形でお金も使う。

しかも生産性のない会話の中で、ほかのひとの影響まで無意識に受けてしまいます。

孤独であることで

逆に、友達がいないとか一人のひとは、自分のやりたいことに一心不乱に打ち込む環境も十分な時間もあるんです。

話をする友達がいないから、話題を合わせるために興味のないドラマとかアニメを見るとか、そういう無駄なことをする必要が一切ない。

そういうことをしないから、時間はできるし当然お金も余る。

結果を出すために

結論をいってしまえば、成功してないひととつるむほど成功から遠ざかり、成功してるひととつるむほど成功への道をいくんですね。

孤独に耐えれるひとは自分のやりたいビジネスに取り組んで、そこで結果を出すことができる

だからといって、俺が成功できないのは友達が多いからで、孤独になれば成功するのかというとそう単純なものでもありません。

目標を持って、毎日努力をして初めて成功をすることができるんです。

孤独は、その条件を成し遂げやすくしてくれる一つの要素であることを忘れてはいけません。

孤独の時間を増やす

続いては、孤独な時間を増やすための方法などについて考えていきます。

ひととつるむ意味

誰かとつるんでいると、相手の意見に合わせてしまうっていうひとが多い

特に日本人のキャラクター〜性格として仕方ないと思うんですよね。

実際に集団になればなるほど、群れたら群れるほどひとはIQが下がる、みたいな実験データもありますしね。

二人より三人、三人より五人、五人より十人と数が増えるほど、みんなの意見に合わせればいいやと自分で物事を考えようとしなくなります。

一人でいることの効果

一人だと基本的には自分で考えて、自分で行動をするからそれだけ脳みそを使う。脳みそを使うことで、ひとは成長するんです。

周りと同じ行動をするよりは、自分で考えて自分の求める行動をしたほうがはるかに大きく成長する、これは明らかなんですよね。

成長するために

周囲のひとに合わせて行動すると、無意識にその影響をすごい受ける。俺は周りの影響に絶対受けないってどんなに意識しても駄目なんです。

なので、もし成長するんだったら意図的に一人になったほうがいい

親友などいたとしても、目標達成までは遊ばない、連絡を取らないとか、そういうことをしてできる限り一人でいる時間を増やすことが大切です。

希望を持つ

最後に、若者にはこれからの社会に夢や希望を持ってほしい、頑張れば何でもできる、そういった話をしていきます。

何でもできる時代

世間では夢では食べていけないとか、就職しなければ安定した人生を歩めないといったことをいうひとがいますが、はっきりいってそれは時代遅れの考えにすぎません。

いまの時代は、自分でやろうとおもえばなんでもできるんです。インターネットという存在により、あらゆる可能性を手にすることができる世の中になりました。

自分の力次第でいろいろ情報を検索して道をひらくことができるし、自分のやる気次第ではそのツールを使いこなして、夢で食べていくことだってできます

インターネットの強み

場所とか問わずに全国のひとを相手に商売をすることができる、これがインターネットの最大の強みです。

リアルビジネスでは店舗を立てて、その周辺にいるひとしかお客さんにできない。でも、インターネットだったら海外に住んでる日本人だろうと対象にできる。

夢を持つ

せっかくそういう可能性に溢れている時代に生きているのに、周りの大人や就活コンサルタントのひとの勧めに従うだけでいいのでしょうか。

心配させられるようなことをいわれて、やっぱり就職して定年まで勤めるのがいいのかな、とか考えちゃう。

でも、それはもう古くさい考え方と意識しましょう。これからは自力で稼ぐ時代なので、別の方向にフォーカスしたほうがよいのです。

まとめ

ここまで、孤独によって成功をつかもう、その成功は自分が希望する夢でいい、そういったことを書いてきました。

俺にはやりたいことがない、などと悩んでるひとも当然いるとおもいます。でも、どんなひとでも自分磨きをすることは可能です。

孤独になって、自分で行動して、自分を磨く。これを意識することで、いずれは自分の望む成功をつかみとることができるはずです。