嫌われることを気にするな!他人からの批判が気になる人に贈る批判された時の心の持ち方!

今回はですね嫌われることが一流になった証なんだということをお話したい

ビジネスをしているとですね、とにかく成功していくほど、自分が成長発展していくほど、結果を出せば出すほど周りが批判してきます。

嫌われるのは嫉妬されるから

1x1-trans_-8273108

どんなに正しいことをやっていても批判してきます。それはそうなんですよ。要は嫉妬なんですよね。

自分はうまくいってない。なのに自分はうまくいってる。なんなんだあいつ。あいつ何かおかしいことやっているんじゃないか。

もう本当に自分はやらないのに人の批判はして、自分のポジションを確立するというか。

批判者は成功しない

1x1-trans_-8273108

人のことは批判して自分の方が正しいんだみたいなことを言いたいがための小さい人間というか、絶対に成功しない人なんです。

そもそも批判なんかしてる暇なんかないじゃないですか、ビジネスやってると。やることはいっぱいあるわけです。
これやったら次はこれといっぱいあるわけですよね。そういう時に批判なんかしてる暇ないです。

批判を待ち受けるな

だから批判を少しでもしている人は絶対にやってないんですよ。人間としても終わってるっていう感じなんで、そういった人の批判を真に受けたりしないでください。

真に受けて自分のモチベーションを下げてしまったりだとか、勿体ないですよ。

最近、直接言ってくることがないというのが厄介で、例えばネットなんかで書き込む人がいっぱいいるわけじゃないですか。

snsにも湧く

1x1-trans_-8273108

例えばTwitterでも批判してくるあほがいます。Twitterで批判してくる人もいるし、YouTubeでは嫌な書き込みをしてくる人もいます。

中にはメッセージを送ってくる人もいますからね。でも、そういったことを一切気にしないということです。

そういった批判は一切気にしないでください。

そういった批判がくるってことは、そういったくず野郎でも気にして見てるわけですよ。
ということはかなり知名度が上がってるというふうに思った方がいいですね。
これはリアルでもネットでもいっしょですね。批判を恐れない。

むしろ意外な人から批判が来たりしたらこの人にもメッセージが伝わってるんだ、わたしの言っていることが伝わっているんだ、こんな人に知ってもらえているんだというふうに思った方がいいです。

なので逆にいいことなんだとというふうに思っていただきたいと思います。

批判者の数は賛同者と同じ数いる

1x1-trans_-8273108

面白いことに批判する人が増えてくれば増えてくるほどファンも増えてくるんですよ。

つまりどういうことかというと自分の出すメッセージ・広告も含めて情報発信もいれてね、メッセージが強力なわけです。
だから強烈になればなるほど、賛否両論っていうじゃないですか。わかれるわけですね。

だから賛否両論になった状態が一番ベストなんです。

まとめ

上にも書きましたが

批判を恐れないで下さい

だから本当にいいお客さんを捕まえたい、ファンを捕まえたい。批判が来るのは大前提です。なので批判がくることを恐れないでください。批判がきたら一流になった証拠だ、または成功しかけてるそういう予兆なんだと。

誰からも嫌われない人はいないって知って人間関係を整理しよう。嫌われる勇気も大事。

今日は、誰からも嫌われないひとは誰からも好かれないという話をしていきたいとおもいます。

素の自分を出していく①

以前ビジネスをやっている人たちと焼肉にいく機会があって、そこである人がいった言葉がすごく印象にのこっていて。

その人は、人にむりに気をつかうのはめんどくさくないですか?ということを言ったんですね。

ぼくは、これはまさにその通りだなと思って。それで素の自分をさらして、離れていったらしょうがないよねと。

ぼくも大学のサークルに入ったばかりのころは気をつかってたんです。

気をつかい続けるのは無理

ひとの目を気にしていたので、行きたくないカラオケに行ったりとか、むりやり話をあわせて、酒をアホみたいに飲むとか。

そうやって仲良くなった人もいるんですけど、そういう人たちとは疎遠というか、話さなくなるんですよね。

人にむりに気をつかって仲良くなったところで、自分が永遠に気をつかわないといけないわけですよね。結局、演技した自分と仲良くなっているわけだから、そのままずっと続けなきゃいけないわけです。

それがめんどくさいという話もあったんです。気をつかうくらいなら、一緒にいなくてもいいみたいな。これって情報発信とも似ているなとおもいまして。

情報発信でも誰からも嫌われない人って、誰からも好かれないんですよね。

素の自分を出していく②

嫌われないということは、認知されていないということなんです。

もちろん、情報発信のスタイル的に嫌われないとかもあるんですけど、ぼくの場合は、はなし方的にうざいみたいなことが言われるので、アンチはでるんですよね。

以前、友達がサイトをながく運営していたときに、記事をこうやってかいていたんですけど炎上の嵐で、しゃべるな、カスとかいろいろたたかれまくるわけですよ。

嫌われた分だけ好かれる

ただ、そうやってたたかれる分ファンの人も増えてくるんです。実際に言ってることは正しいとおもいますというふうに、自分のお客さんになってくれる人もいるんです。

むしろ、嫌われた分だけ好かれるんですよ。アンチとファンの数は、ぼくはほとんどおなじだと思っています。情報発信でも、誰からも嫌われないひとって誰からも好かれないし、認知されていないんですよね。

素の自分を出していく③

いかに自分の世界観に興味をもってもらうかということが大事なんですけど、そこで認知されないというのが一番問題なんですよね。

認知されないって、要するにみてもらえてないということですから、相手のこころに入れていないわけです。

気をつかっても感情はうごかない

感情をうごかすことが大事なんですよね。だからアンチができるほうがいいんです。アンチは拡散力があるのでひろめてくれるわけです。

情報発信で相手の感情をうごかせなかったら、なんの意味もないんですよね。

誰からも嫌われない人というのは、むりに人に気をつかったとしても、相手の感情をまったくうごかせていないんです。

相手の感情をまったくうごかせていないから、実際になかよくなることもなかったんです。はなしていて無難な会話というか、ありきたりな会話をずっとしていたんですよ。

酒や恋愛の話とか、あとはサークルの話とかも。あとは単位やバイトの話とか、こんなもんなんですよね。こんな無難な会話しかないんです。

はなし自体がつまらないというか、わざわざここで話すのか、みたいなネタってあるじゃないですか。べつにうすい会話がわるいと言っているわけじゃなくて、ぼくはうすい会話がすごく嫌いなんです。

べつにそれってだれでも話せるし、べつに今こうやってはなす必要ないんじゃないって思っちゃうタイプなので。

無難な会話をしながらも、相手の感情をうごかせるひとっていると思うんですけど、ぼくはぜんぜんそんなことなくて。

逆にこういう会話をすると、ぎこちなくなっちゃうというか。それで相手の感情をうごかせず仲良くなれなかったわけですよね。

素の自分を出していく④

ぼくは孤独にはなりたくなかったんです。たとえばサークルとかも入れず、ひとりで授業をうけるとかすごく嫌だったんです。

あいつひとりで行動してるよとか、ひとりでご飯たべてるよと思われるのが、すごく嫌だったんです。

それでぼくは人の目を気にしてたんですけど、それで仲良くもない友だちと話してても、つまらないということに気がついたんです。

つまらないというか、めんどくさい。まさにその友だちが言っていたことです。

嫌われるけど好かれる人

それでこういう素の自分をだしていったんです。このうざそうな感じ。思ったことをズバズバ言うとか、そっちのほうです。

もちろん離れる人もいましたね。なんだこいつはとか、デリカシーないなとか。ストレートだよねみたいなことを言われまして。

その分はなれていく人もふえましたけど、仲良くなる人もふえたんです。ぼくはこれがすごく意外でした。嫌われるけど好かれる人もいるみたいなのを、ぼくは考えていなかったんですね。

嫌われる人は100パー嫌われて、好かれる人はだれからも好かれるみたいな。そういう印象だったんですけど、それが違ったんです。

響く人と響かない人がいるのは必然

嫌う人もいるけど、好きになってくれる人もふえるんですね。これはなぜかというと、素の自分をだせば、響く人には響くんです。

こいつおもしろいなみたいな。ズバズバ言うようになって、へんな人と仲良くなりましたね。

ズバズバ言うと、普通の集団ではうとまれるというか、個性が強い人はあんまり好かれないというか。でもその分、好きになってくれる人もふえたんです。

情報発信にも当てはまる

これは情報発信とおなじなんです。ビジネスやるとコミュ力があがるというのはまさにここで、ビジネス自体は、お客さんに価値をあたえるということなんですよね。

そうなると、やっぱり人間関係でも価値をあたえて話すということについては同じことなので、ビジネスやるとコミュ力が上がるというのは本当にそのとおりですね。

だからたまに人と話していて、こうやって素の自分をだしていいのかと思うこともあったんです。好きになってくれる人もいますけど、嫌う人もいるわけですね。それでいいのかみたいな。

ぼくはどうしてもうぬぼれていたというか、だれからも好かれるようになろうと思っていたんです。

でも誰からも好かれようというのは、結局自分が好きだっただけで、嫌われたくないということしかなかったんです。

それで、このスタイルはいいんだなということを情報発信でも実感したんです。情報発信でも嫌われた分だけ好かれるというのは、人間関係とおなじだなと。

だから自分はこのキャラでいくだろうし、アンチもふえていくとは思いますけど、これがたぶん素の自分なんだなということを感じたんです。

まとめ

かなり話がずれちゃったんですけど、誰からも嫌われない人はいない、あるいは、誰からも嫌われない人は誰からも好かれないよという話をしてきました。

これは好みがわかれるというか、そうではないという人もいると思うんですけど、響く人には響くと思うので、今回記事をかかせてもらいました。ありがとうございました。