大学の卒業式を出ないとどうなる?手続きとかいろいろ大紹介!

4年間の勉学の集大成となるのが大学の卒業式です。それでも修了証書さえもらったら卒業式に出なくてもオッケー?病気で出席できないときもあるので、そういったことも可能ですよね。

いずれにしても大学の卒業式に出ないという選択肢もあります。そういったときでも卒業はできるのですが、そのときの手続きも紹介します。

卒業式は出たほうがいいのですけど、出ない理由も自由もありますからね。

卒業式に出なくても大学は卒業できる?

卒業式は単位が関係しているわけではないので、卒業式に出なくても大学は卒業できます。もちろん卒業証書も貰えるってことですよね。

大学は自由度が高いので卒業式に出ないという学生は相当数いるようです。ある統計では全体の1割の学生が卒業式に出ないんだとか…出なくてなにをしているのでしょうね。

周囲で卒業式に来なかった人を見ても…というか大学も大きいところになったら会場を分けて卒業式を行うなんてマンモス大学もありますからね。ですから誰が来ているとか来ていないというのはわからないんですよ

卒業式で見かけないと…

大学の卒業式に来ていないと友人連中の間では、単位が取れなかったから卒業できなかったのでは?留年したのでは?といった憶測がでることもあります。

実際には単に来なかっただけで、卒業式に出ないといった選択をしただけなのですが、そういった憶測が出ることもありますからね。

ですから、出る出ないという選択肢があるのでしたらやっぱり出たほうがいいと思いますけどね。じゃないとあらぬ疑いをかけられかねませんから。

卒業式に出ないでなにしてるの?

卒業式に出ない人の中には卒業式があることを忘れて、下宿で寝ていたなんて猛者もいるくらいですから、いろんな意味で自由度は高いですよね。

普段から起こしてくれる人が近くにいないとまずいかもしれませんよ。

こういった人は後で意外と後悔しない人かもしれませんね。他にもバイトに明け暮れて確信犯的に卒業式に出ないなんて学生もいるようですからね。

卒業して働き出しても最初の1ヵ月の生活費はあらかじめ用意しておかないといけないので、そのためにバイトしているなんて学生も多いんですよね。

大学の卒業式に出ないとつまらなくないの?

素朴な疑問ですけど、大学の卒業式に出ないなんてつまらなくないの?なんて思ってしまいますよね。

だって友人達との最後の別れになってしまいますし、部活なんかやってたら後輩達との別れもあるかもしれません。

それになによりも卒業式後の謝恩会なんかも出席できないですよね。卒業式は欠席して謝恩会に出席という人も中にはいるかもしれませんし、

卒業証書自体も郵送するような大学が多くなっているので、卒業式に出なくても後のイベントには参加するなんて人も多いのかもしれません。

卒業証書は大事ですよ!

卒業証書は大事です。単なる紙切れではないのです。

なんといっても大学を卒業したという証ですからね。卒業証明書は大学の学生課に連絡したらすぐに発行してくれるものですけど、それまでに自分で証明できるのは卒業証書ですからね。

それと、卒業証書を受け取らないと大学を卒業したことにならないのでその点はしっかりと覚えておきましょう。卒業式に出ない場合の卒業証書の受け取り方法は、後日大学に取りに行くか、郵送してもらうかのいずれかになりますよ。

卒業証書と卒業証明書の違いは?

同じだろうと思いがちな両者ですけど、卒業証書というのは再発行ができません。卒業証明書は何度でも発行が可能です。

重みからいったら卒業証書のほうが断然上ですよね。

大学の卒業式に出ないと後で後悔するかも

そのときは若いからわからないのですが、大学の卒業式に出ないと後で後悔するんですよ。同窓会の席なんかで話題になってもついていけないですし、なにしろ話題に入っていけないですからね

ですから、うっかりして卒業式に出ることができなかったということが内容にしっかりと当日は目覚ましをかけて起きるようにしたいものです。

でも卒業式に寝坊して出れなかったというのも意外と大物になる資格があるかもしれませんよ。

卒業式の思い出が欠落する

これは当然のことですけど、卒業式に出ないのですから、後になって思い出というものがありません。あるのは卒業式の日に何をしていたのかということだけです。

寝ていたなんていうのはちょっと人に言えない思い出ですよね。

謝恩会だけは出ておいたほうがいいかも

大学の卒業式の後は謝恩会などが開かれますよ。ゼミ単位で行うこともありますし、ホテルの大広間を借り切っての大宴会になることもあります。

卒業式には出なくてもこれだけは出ておいたほうがいいですよ。これは断言しておきます。

まとめ

卒業式は学長挨拶から、学部長挨拶、来賓祝辞に祝電披露など様々な式次第が順番行われます。退屈ですけど、すべてがこれからの人生の指標を指し示してくれる大事な話ですよ。

こういった卒業式を退屈で出たくないというのでしたら、その先社会に適応できるとは思えないといったら、きつすぎるでしょうか。

やっぱり人生の節目ですから、卒業式というのは大切ですし、出たくないという選択肢があるのがそもそも間違いのような気がします

大学の新学期は憂鬱がいっぱい!?何とか乗り切ろう!

大学の新学期というのは、長い受験勉強が終わってこれから大学生活が始まるということで期待と希望に満ちているときですよね。それなのに憂鬱になることってあるのでしょうか。

もっとも、これは人によります。人の数だけ考え方あるので、これまでとはがらりと変わった環境でやっていけるのか漠然とした不安を感じている人も多いと思います。

こればかりは習うより慣れろでぶつかるしかないものなのですけどね。

大学に行きたくないのは多少の甘えがあるのかも?

大学の新学期を憂鬱さいっぱいで迎える人が少なくないようです。大学に行きたくないという気持ちから憂鬱になるのでしょうか。

行きたくなかったら退学したらいいのに…と考えるのは短絡過ぎるのかもしれません。大学生ではいたいけど講義には出たくないというなんとも矛盾した考えの学生が多いんですよね

新学期に憂鬱になるのは単なる甘え?

そもそも、新学期に憂鬱になって大学に行きたくないというのは甘えなのでしょうか。それでも大学は出ておいたほうがいいのは間違いありません。

そう考えると行かなくてはいけないのに足が向かない…ということで憂鬱になるんですよね。もっとも、大学に行きたくない憂鬱だというのが甘えかどうかは本人による…としか言いようがありません。

「今日は気分が乗らないからサボろうかな」「天気が悪いから下宿から出たくない」なんていうのは甘えかもしれませんが、こういった自由なノリが大学の醍醐味なのかもしれません。

意味もなく大学のことを考えると憂鬱になるのは

甘えとかそんなことではなく、新学期になると憂鬱になるというのはどういったことでしょうか。頭の片隅に大学生活が自分には合っていないという潜在意識の表れかもしれません。

しかし、大学には行かなくてはいけない、とりあえずは卒業しなくては…そういう人が多いのでしょうね。

自分のやりたいことが見つからない焦燥感

意外と多いのは、大学に入ってやりたいことを見つけようと思った人が、大学生になってもなかなかやりたいことが見つからないということです。

こういうタイプの人はくよくよ考えがちで、かといって平凡な人生は送りたくないというプライドも持っていたりするんですよね。

そうなると、就職先もきになってしょうがなくて、かといっていつも憂鬱な気分に浸っていると勉強にも身が入らなくて、就職戦線でも苦戦を強いられることになるんです。

気楽に考えなくてはいけないんだけど

大学というところは勉強する場であって、したくないのであれば留年するでしょうし、あげくには退学ということになってしまいます。

留年のボーダーすれすれで進級できたとしても、今度は思うような就職ができないでしょう。

なんとなく、憂鬱でやる気が出なくても大学生活は続けていくことができるのですけど、そのしっぺ返しはどこかで必ず受けなくてはいけないのです

自分で簡単に対処できない問題かも

大学生活の新学期で憂鬱を感じるのは甘えと断罪する声もあるのですが、甘えと決めつけるわけにもいかないのです。というのも自分で簡単に処理できないくらい困難なことだからです。

これは、憂鬱さがどこにあるのか漠然としたものならなおさら難しいでしょう。

勉強ができないから憂鬱ならがんばるしかありませんし、できなければ退学するしかありません。(留年し続けると退学になってしまいますからね)

この憂鬱な気分はどこから来ているのか…その原因を探っていかなくてはいけないのです。

憂鬱な理由を探る

新学期の大学生活が憂鬱になる理由はどこにあるのでしょうか。

人間関係や将来に対する不安、過程の事情などいろいろなことがあるでしょう。

お金の問題ならバイトするとか奨学金も

家庭の事情でお金がないというのでしたらバイトをするしかありません。しかし、バイトにがんばってしまうと学業がおろそかになります。

そんなときはやはり奨学金を借りるようにしましょう。後が大変という声も聞こえてきますが、まずは大学を卒業することです。

奨学金を利用するということは、学業に対してのモチベーションにもなるので憂鬱さも吹っ飛ぶと思いますよ。

コンプレックスを感じてる?

コンプレックスを感じていて、新学期に憂鬱になってしまうのは希望の大学に入れなかった引け目があるのかもしれません。

そこは考えようで今の環境でがんばるしかないので、そういった考えは捨てなくてはいけませんね。

まとめ

楽しいはずの大学生活の新学期で憂鬱な気分になってしまうのは、なんとも残念な話ですよね。とにかく立ち直って元気になるしかありません。

自分から人の輪に入って行くのも良いでしょう。憂鬱なときって孤独なときが多いんですよ。

友人と楽しく遊んでいると憂鬱な気分もいつのまにかなくなっているものです。まずは一人にならないということを心がけてみましょう。

そこから何か突破口が開けていくものなんです。

コミュ障の学生が就活で営業職について聞かれたらどうしたらいい?

大企業に入ると、本人の適性や希望に関係なく苦手な部署に配属されることもあるでしょう。中にはコミュ障なのに営業部門に配属ということもあるのです。

それでは、就活のときに「営業はできないので他の部署でよろしく」なんて言ったら、その会社の採用試験にも落ちてしまいそうですよね。

就活のときに、自分はコミュ障なのに「営業でもなんでもやります!」と面接のときに言ってしまって後で後悔することもあるのです。

コミュ障学生に営業職は死刑宣告に等しいのか!

文系学生となると、一般的には営業部門に配属されるケースが多いでしょう。しかし、文系学生の中にコミュ障の学生がいたらどうでしょうか。

ただでさえ、コミュニケーション力が劣るとされているコミュ障学生が営業になるというのはまさに企業による死刑宣告と言っていいかもしれません。しかし、営業といっても新規開拓をする飛び込み営業ばかりではないのですよ

営業というとそのイメージが強くてどうしてもできないと思いがちですが、営業と言っても幅広いですし、製造の現場と事務職以外はすべて営業と考えていいでしょう。

実際に中小企業でしたら全員営業をスローガンにしているところもすくなくありません。

コミュ障は営業が苦手

アポなしの飛び込み営業でしたら、コミュ障でなくても苦手でしょう。営業の場合は冷たい対応にも耐えなくてはいけませんし、クレーム対応もあります。

コミュニケーション力が問われる場面はたくさんあるので、コミュ障の人には無理な場面も多々あるでしょう。

世に出ている営業本は一部の人向け

営業マンのための本といったものがたくさん出ていますが、成功体験に基づいているのですべての営業マンが活用できるものではありません。頑張るきっかけを与えてくれるくらいに考えたほうがいいでしょう。

頑張る姿勢も大切ですけど、無理に頑張る必要はないという気持ちも大切です

就活で営業が苦手と言ってみる??

これは難しいですね。「コミュ障だから営業は苦手です」黙っているよりもカミングアウトしたほうがいいという人もいるでしょう。

しかし、ちょっと待ってください。会社に入ってもコミュ障は克服できますせっかくの入社のチャンスですから門戸を自分から閉めないようにしましょう

営業が苦手でもできると言ってみる

就活の面接の際に「営業はどうですか?」とストレートに聞かれることもあるでしょう。どんな営業の仕事なのか漠然とし過ぎている質問を投げかけてくることもあるのです。

これはある意味、「試し」でもあるのですが、答えとしては「コミュニケーション力には自信があるので、適切に対処したい」というのが模範解答でしょう。

奇をてらうよりも間正直に答えるのも一般常識があると判断されるので高材料となるんですよね。

コミュ障ですから、自信があるというのも方便です。「自信はないですけど、頑張ります」というよりも前向きな姿勢が評価されるんですよね。

就活の面接はどこを見ているの?

これって気になりますよね。就活時の面接って、会話力を見ているのですけど、これって普通の会話ができるのかを見ていることが多いんですよね。

友達感覚だと困りものですけど、きちんと丁寧な言葉が言えて、敬語も使えて…そんなところを見てるんですよ。

就活は細かな部分にエントリーすることはありません

文系だから営業しかできないということはありません。また事務職に回ることもあるでしょう。

大きな企業の場合は入社してから適材適所によって配属先が決まりますし、配属先の頑張り具合によってはさらに異動ということもあります。

営業が全てではないんです

就活では、文系だから営業職という決めつけはしなくてもいいでしょう。

「営業はどうですか?」と聞かれることもあるかもしれませんが、「無理です」と答えるのと「がんばります」と答えるのとではどちらが好印象でしょうか。

そのくらいの意識でもいいと思いますよ。

コミュ障だからできないと思わないほうがいい

コミュ障だから何もできないと思わないほうがいいです。それが企業側に伝わると就活もその時点で終わってしまいます。

大事なのは前向きな姿勢をアピールすることですからね。それとくれぐれも言っておきますけど、自分をコミュ障と面接のときにカミングアウトはしないようにしましょう

おそらく自分にとってメリットになることは一つもないですからね。

まとめ

文系だから必ず営業職に就くんだというふうに考えなくてもいいと思います。適材適所に企業のほうも考えてくれますし、営業は負のイメージが付きまとう人もいますが、それほど大変でもありません。

コミュ障の人は、面接時にネガティブになりすぎずに、まずは明るく就活に取り組むようにしたほうがいいですよ。特に最初から「営業は無理です」なんて言わないように気をつけてくださいね。

明るく自信を持っていきましょう。

【人間関係】大学生活に疲れたって思ったときはどうしたらいい!?

大学生活を謳歌したい、苦しい受験勉強を乗り越えて入学した大学生活ですが、たちまち人間関係に悩む人が少なくないようです。濃密な人間関係を期待していたのでしょうか。

関係性の薄さに物足りなさを感じる大学生も多いということですから、コミュニケーション不足があるのかもしれません。

反対に濃密すぎて人間関係に疲れたという大学生もいることでしょう。

価値観の違う人が日本全国から集まるのですから、それはある意味仕方のない面もあるのかも

人間関係に疲れた大学生はどうしたらいいの?

希望に満ちあふれて大学生になったのに、どうもイメージしていたのとは違う…それは誰でも感じることでしょう。道が違ったと思ったら退学するのもそれほど珍しいことではありません。

しかし、人間関係はどうでしょうか。広い大学構内でたくさんの大学生がいるのですから、すべての人と人間関係がうまくいかないというのも考えにくいです。

仮に、人間関係というよりも対人関係がダメでしたら、カウンセリングを受けるなりして対処したほうがいいでしょう。

ある特定の人間関係に疲れたのでしたら、それを解決するのがこれからの長い人生に必ず役に立ちますよ。

自由にできる大学生だけど…

大学生活でそれほど人間関係を意識することはありません。というのも集団をとりまくといった小さな空間がないからです。

クラスという概念よりも1コマの講義といった感じですから、あちこちから集まっては離散するイメージですよね。自由さからこそ息苦しさを感じるといった人もいるかもしれません。

反対に、少しの接点でも苦手意識のある人と会うのも嫌ということもあるのです。そこから逃避するのか立ち向かうのかはひとそれぞれですけどね。

人間関係に疲れたというよりももの足りないのでは?

人は集団に入りたがります。大学生も同じなのですが、大学生活は自由で個人主義でもあります。

ですから、人によっては居場所がなく常に孤独という人もいるのです。こういった人の場合はとにかく人の輪の中に入っていくしかありません。

サークル活動やクラブ活動などとにかく人の輪に入るようにしたらまったく違う世界が見えてきますよ

大学というのは少し異質な空間かも

誰もが苦しい受験戦争を勝ち抜いて大学生活を謳歌しようとします。実際に謳歌している人が多いと思うのですが、中には人間関係に疲れたといった大学生が少なくないのです。

濃密な人間関係に疲れたと思いがちですが、実はそうではなく、人間関係が薄いことに疲れてしまう大学生が多いということですね。

こちらから仲良くしようと思ってもなかなか気の合う友達が見つからない…そういったことで人間関係に悩んでしまうのです。

常に一緒にいる人がいない

常に一緒にいる人がいないことに戸惑いを覚えてしまう大学生が多いのです。高校生活ではクラス単位で動くのですが、大学生はバラバラですから、常に一緒にいるということはありません。

コミュニケーション能力が足りない人は、たくさんいる大学生の中で孤独感を味わってしまうのです。仲良くしたいのに気の合う友達ができない…あげくにはそういった人間関係に疲れたということになってしまうのです。

大人のつきあいと割り切ること

大学生活は自主性が重んじられます。自由奔放に自分の時間があるのは大学生のときだけとも言えますよ。

ですから、まずは楽しみを見つけることです。サークルに入るなり自分の趣味を見つけるなり、そして人の輪の中に入ることが大切ですよ。

人間関係に疲れたと思ったら

大学生活で人間関係に疲れた、友達ができないと思ったら、まずはコミュ力を上げることに全力をそそぎましょう

クラブ活動やサークル活動をすることがもっとも効果的なのですが、他にもたくさんありますよ。

ゼミに入ると変わってくる

人間関係に悩んでいるのは、まだまだ大学生活をエンジョイしていない証拠です。クラスでの行動というのはないのですが、ゼミに入ったらまた違った人間関係が生まれてきます。

大学生のうちに生涯の友と呼べる親友ができるのは間違いないですよ。

楽しそうなことがあったら積極的に参加してみる

大学生はいろいろな人がいます。中には見ていて楽しそうなことをしているなって人もいますよね。

気になることがあったら積極的に入ってみましょう。人間関係に悩んでいる人はコミュ力が劣っている人が多いとされています。

社会に出ても困ることが多いですから、大学生のうちに積極的に行動できるようにしておきたいですよね。

まとめ

人間関係に疲れた大学生は、大学生らしくないですよ。社会に出たらもっと苦しいことが待っています。

大学生活は社会人になるための助走期間とでも考えたらいいでしょうか。厳しい社会人生活を乗り切るために大学生活があると考えてもいいでしょう。

高卒よりも大卒のほうが何故企業も重宝するのかというと、厳しい受験戦争を乗り越えた学力と大学生活で培った人間力です。

だからこそ大学生のうちに人間関係を克服しておきたいですね。

卒業式に出ない場合ってどうなの?何か罰則でもあるの?

卒業式に出ないとどうなるのでしょうか。気になりますよね。

それでも体調不良でやむなく欠席ってことでも卒業証書はもらえるはずですから、ちゃんとした理由があれば問題なさそうです。最も卒業式に出たくないという人もいるでしょうから、それも個人の自由なのでしょうね。

卒業式に出ないからどうとかといった、罰則などはなにもありませんから安心してください。卒業式に出ない場合の対処なども紹介しますね。

卒業式に出ない場合ってどんな場合??

卒業式に出ないってどんなときでしょうか。いろいろ事情はあるでしょうけど、卒業式に出ないのと出ることができないのとでは大きな違いがありますよね。

卒業式に出ることができないというのは物理的名問題なのでしょうがないかなとも思うのですが、卒業式に出ないというのはどういった心境なのでしょうか。

卒業式に出ることができない場合って?

待ちに待った卒業式なのに卒業式を前にして体調が悪くなってしまって…頭が痛いのはなんとか痛み止めの薬でも飲んでいたらなんとかなりそうだけど、腹痛の場合は下痢止めを飲んでも心配ですよね。

卒業式のときの突然の下痢というのはトイレに間に合えばいいのですが間に合わなければ大惨事となってしまいます。

体調不良はどうしようもないので、これは卒業式に出ることができないケースってことですよね。

また、少々の体調不良でも出るよって人もいるかもしれませんが、それがインフルエンザだったら卒業式に出席しても周囲から大ひんしゅくとなるので、これも止めておいたほうがいいでしょう。

気持ち的に乗らないから卒業式に出ない?

気持ちが乗らないから卒業式に出ない…こういうこともありがちですよ。特に大学生なんかはそういった傾向が強くて卒業生の1割は卒業式に出ないというアンケート調査もあるようです。

卒業式の必要性を感じないといった否定派もいるでしょうし、体調不良だったという人もいるでしょう。中には卒業旅行中だった…なんて人もいるようです。

いずれにしても卒業式にそれほど意味を見いださないといった人たちなのでしょうね。こういったのも大学生らしい個性の表れと見てもいいでしょう。

中学生や高校生でしたら、半ば強制的な部分もあるので、卒業式に出ないというのは大人への反抗心から…なんていうのが多そうですね。

そもそも卒業式に出ないって選択肢はあるの?

中学や高校の場合はどうでしょうね。小学校の卒業式もそうなんですけど、中学・高校の卒業式はほとんど出席ですよね。

反対に出ない人は、体調不良の人か何かしら問題のある子ということになるのでしょうか。

それでもクラスに一人とか卒業生全体で2,3人はいそうですよね。保護者のほうもほとんどが卒業式に出席で卒業式に出ないという人はいないでしょう。

卒業式に出ないでいると罰則がある?

卒業式に出なくても罰則はありません。運動会などに出ないと欠席扱いになるのですけど、卒業式も行事ですからしっかりと欠席扱いになりますよ。

気になるのは1日欠席したら留年になるのかってことですけど、卒業式に出なくて留年とか問題になることはないようですよ。

卒業証書がもらえる状態だったら、卒業式に出なくてもお咎めはありませんし、あとで卒業証書を学校に取りにいくとか郵送してもらうとかできますから何も問題はないんです。

卒業式に出ない人は多いの?

小学校はともかく中学や高校でも卒業式に出ない人は少数派ですね。ほとんどが体調不良などやむにやまれなくて出れないといった生徒が多いでしょう。

学校によるのですけど、中には大人への反抗心で卒業式に出ないなんてこともあるようですけどね。

大学の卒業式に出ないとどうなるの?

大学は自由ですから、卒業式に出ない人の割合もグンと増えて全体の1割の人が卒業式に出ないらしいです。

明らかに中学・高校の卒業式に出ない割合よりも多いですよね。

大学生が卒業式に出ない理由は?

いろいろ理由があるのですけど、物理的に出ることができないってこともあるんですよ。

というのも大学の卒業式は3月の中旬以降に行われることが多いので、就職する企業によっては研修があったり、入社のために引っ越しに忙しかったりしますからね

それと9月卒業の大学も多くなっていますから、卒業式に出る出ないよりも大学を卒業するといった事実のほうを大事にする人が多いんじゃないかなって思いますね。

大学の卒業証書はどうなるの?

大学の卒業式に出ない場合の卒業証書の取扱ですけど、これは郵送されるか大学に取りにいくことになります。面倒なら郵送してもらうほうがいいですよね。

大事なものですから、配達記録付きの郵便などで発送してくれるはずですから、受け取りが必要になりますよ。

まとめ

一生に一度の卒業式ですから、卒業式に出るという選択しかないように思えるのですけど、意外と卒業式に出ない人はいるみたいで、大学生はかなり多い印象ですよね。

卒業式に出なくて後で後悔しないのかなと心配になってしまいますけど、これも自己責任というか自分で考えた結果ですからしょうがないという感じです。

大人になってからわかるのですけど学生のときってすごく楽しくて良い思い出が多くて、その集大成が卒業式ですから良い感じで締めくくりたいですよね。

大学の入学式での友達の作り方!こうすればたくさんできますよ!

大学の入学式というのは最高学府に入学したという高揚感もあってモチベーションも上げ上げだと思います。と同時に楽しい大学生活を送りたいので、友達もたくさん作りたいと思っている人も多いでしょう。

勉学にもサークル活動にもたくさんのことにチャレンジしたいし、そのためにも友達をたくさん作りたいと思う気持ちは誰でも持っているのです。

そのうちできるじゃなくて自分から積極的に友達づくりをしましょう

大学の入学式での友達の作り方はこれで決まり!

大学の入学式というのはどういった気持ちでしょうか。大半の人は緊張するよりも受験戦争が終わって開放感一杯ではないでしょうか。

そんな晴れ晴れとした気持ちで迎える入学式ですから、緊張よりもこれから始まる大学生活への期待感のほうが大きくてワクワクしてきますよね。そうなると唯一の懸念となるのが友達です

たくさん友達できるかな?という懐かしいフレーズが聞こえてきそうですが、いくつになっても友達ができると嬉しいものです。

とはいってもこれまでの小学校、中学校、高校と比べても大学は広いですし、人もたくさんいます。

たくさんいるから友達ができやすいということでもないんですよ。これまではボーッとしてても向こうから寄ってきてくれたりしたのですが、大学となるとそうはいかないんです。

こちらから積極的にいかないと友達はできないってことですよね。

これまでとは勝手が違う

高校までは席が近かったらずっとそのままだったりしたのですが、大学では常に近くの人は違ってくるんです。ずっと一緒というのは稀ですからね。

ですから、これはと思う人には積極的に声をかけて行動を共にするようにしましょう。高校までとは友達作りも違ったアプローチが必要になるんですよ。

クラスという概念はない

大学はクラスという概念はないですね。学科が同じでも受ける講義というのは人それぞれなんです。そんな中から必然的に行動が一緒になる人と友達になるケースが多いです。

クラスという概念はなく、いずれはゼミで一緒という人が身近な存在になりますよ。まずは一人の友達を作ることに注力しましょう。

サークル活動がおすすめ

大学は勉強をするために入ったのですが、それと同様に人との出会いやいろいろなことに挑戦するために入ったという人も多いことでしょう。反対に勉強だけという人のほうが少ないですよね。

大学に入ったらできるだけ人との関わりを持つようにしましょう。そのためにもサークル活動は大切ですよ。

サークル活動に参加しよう

サークルではなくクラブ活動でもいいのですが、運動をバリバリしたいということでもなければサークル活動ですね。できるだけ自分の趣味に近いものがとっかかりやすいですよ。

大学は個性的な人が多く、自由でもあるので友達というのはできそうで、できるのは知り合いやサークル仲間という感じになりやすいです。なんでも話せる友達を作ることを目指したいですね。

SNSでつながる?

高校では禁止されていたかもしれないスマホも大学では必須アイテムとなることでしょう。そうなるとSNSなどもサークルでグループで入ったりすることもあると思います。

SNSというのはいろいろ弊害もあるのですが友達作りには一役買ってくれる心強い味方となりますよ。うまく活用してくださいね。

大学入学式での友達の作り方のまとめ

ありきたりになるのですが、大学の入学式の場合は特に自分から話しかけることです。今その場にいる人が明日もそこにいてくれる可能性はそれほど高くはありません。

それだけ、大学は自由に行動できる場所なのです。運命的な人とは何度も会えると思いがちですが、これはと思った人はやはり積極的にアプローチしたほうがいいです。

これは恋人作りにも言えることですよね。

積極性が大事

「これからどうするの?」「明日は度の講義に出るの?」といったことから会話が始まります。特に大学の入学式の後ではこんな会話が飛び交うのではないでしょうか。

みんな新しい生活にわくわくしているときですから、そういったときに友達はできやすいんですよ。まずは声かけから始めましょう。

シャイであっては退屈な大学生活になる

まったくその通りなのですけど、友達ができずに閉じこもってしまう人は性格の面が大きいです。一人のほうがいいという人ですよね。

それでも友達がいるといないとでは大違いです。シャイな人でもがんばって友達作りをしましょう。

友達って多くてもそれほど邪魔にはなりませんよ

まとめ

大学はとても自由なところです。自分中心でも生きていけるところでもあります。

だからこそ、友達はめんどくさいと考える人も多く高校までと違って友達ができにくいところかもしれません。そうなると自分から積極的に友達作りに動かなくてはいけないのです。

難しく考える必要はなくて、できるだけ人の集まるところに出向いていくようにしましょう。そういった積極性や前向きな姿勢というのは後で必ず生きてくるものですからね。

新学期は不安しかない大学生に向けるアドバイス!

大学生の新学期というのは不安になる人が少なくないようです。大きな大学となると全国各地から学生が集まりますし、地方の大学でも県内や隣県から多くの学生が集まります。

ほとんどの人と初対面になることから、友人ができるのか不安になったり、サークル活動にも積極的に参加しようと思っていても、そもそもうまく溶け込めるか不安になるのです。

新学期の大学生活に不安しかないという人はどうしたらいいのでしょうか。

新学期を迎える大学生は不安でいっぱい!?

受験戦争を勝ち抜いて晴れて大学生になったのに、新学期を迎える頃には不安でいっぱい…。どうしてこんなことになるのでしょうか。

自由な大学生だからこそ、自由すぎて友達ができない不安にかられるのではないでしょうか。サークルに入れば違うと思うのですけど、周りが知らない人だらけで不安が倍増するのでしょうね。

友達ができなかったらどうしよう…という気持ち

楽しいはずの大学生活なのですが、友達ができなかったらどうしよう…と思うだけで不安になってしまいますよね。どうしたらぼっちにならないで済むのか…それを考えるだけで眠れなかったりするのです。

サークル活動をしたらいいのにという声が聞こえてきそうです。確かにそうなのですがそれに入るにも勇気が必要だったりするんですよ。

それでもぼっちになりたくなければそういった人の輪に入るのはとても大切ですよね。

最初の一週間が勝負

サークル活動に入るのでも最初一週間くらいが勝負です。どのサークルも勧誘するのは一週間くらいだからです。

そのあとは勧誘熱が冷めるというか、勧誘を閉ざしてしまうことが多いからですね。ですから、ぼっちになりたくなければ、最初に一週間は不安と思うまもなくがんばって自分に合ったサークルを見つけましょう。

しかし、サークルに入ってもコミュニケーションできなかったら苦痛なだけです。ですから、こちらから積極的に話しかけるようにしたいものですね。

新学期に友達を作りたい

サークル活動をするのが手っ取り早いのですけど、自由を満喫したいとかバイトにがんばりたいという人もいるでしょう。まずは生活パターンを知らなければいけません。

授業はどうなってる?空いた時間は?サークルはどうしよう…いろいろなことが交錯しますよね。とにかくぼっちは嫌だから、というので友達を作るにはどうしたらいいのでしょうか。

気の合う仲間を見つける

気の合う仲間を見つけましょう、といってもそれができないから不安でしょうがないと言う人も少なくないと思います。友達というわけではなくて、一緒に行動する人を作るのでもいいんです

一人よりも二人のほうが情報交換もできますし、席が隣同士になった人ととりあえず行動を共にするというのでいいと思いますよ。

とりあえず何かをきっかけに動き出したほうが、新学期の不安を忘れさせてくれる効果があるんです。

人の輪の中に入る

これはサークルに入るというよりも、まずは、サークルやクラブ活動の説明会などに参加してみましょう。新学期となるとたくさんの勧誘が行われていて、説明会も半ば強引に誘われるのではないでしょうか。

そういった流れに身をまかせていろいろな説明会に参加してみましょう。そういったところからつながっていくんですよね。

スマホは持っておいたほうが良い

いまどきスマホを持っていない人はいないと思いますが…。中には斜に構えて「スマホなんか必要ないね」という人はすでにコミュ力が欠けているといえます。

反対にスマホを持つことで対人関係に疲れたなんて逆の不安を抱えている人もいるかもしれません。それでもやっぱりスマホは大切ですよ。

聞いた話では、授業内容や授業に必要なものをSNSで連絡してくる、なんて講義もあるくらいですからね。

SNSでつながろう

最初のうちはSNSでどんどんつながっていきましょう。こういうのって大事ですよ。

SNS疲れというのも聞こえてきていますが、とりあえずそう感じるくらいまでになる頃には友達もすごく増えているのではないでしょうか。

同性も良いけど異性の友達も

交流が広がるとそこから合コンの誘いもあるのではないでしょうか。新学期が不安といのも時間が経つと解決するものです。

大学生活は楽しんだ人が勝ちですから大いにエンジョイしたいものですよね。

まとめ

大学生が新学期に不安になる…というのは友達以外にはないですよね。勉強はがんばるしかなくて、これからなのですから何も不安に思う必要はありません。

勉強については、みんな横一線ですから…。そうなると不安の原因は友達関係ということになります。

これって普通のコミュ力があって、友達が欲しいっていう強い気持ちがあれば何とかなる者ですよ。とりあえず人の輪の中に入っていくことから始めてみましょう。

雇われたくない=起業?あなたは起業するべきか?就職するべきだろうか?

それで大学に行くのをやめたっていう。今となってはいみがなかったと思います。

起業と就職、あなたはどっち?①

まず言いたいのは前提条件として、金がかかりすぎでしょっていうことです。

ぼくは文系のことはよくわからないんですけれども、だいたい160万から150万くらいかかってくる。

理系に関しては年間約200万かかるんですよ。4年間、大学院行く人はプラス5年間。博士号に行く人は6年、7年間とどんどん続いていきます。

その大金、どう使うべきか?

例えば大学院まで行ったとします。理系で合わせて1000万ですよ。

果たして1000万あったらどんなビジネスができるの、どんな夢に対してお金が使えるのってぼくは思うんです。

それに使うならネットビジネスしろよって、個人的にぼくは思うわけです。

起業と就職、あなたはどっち?②

人によると思うんですけど、例えば弁護士になりたいとか、大学を出ないととれない資格だったり。教育者だったり、あとは医学部出ないと医者になれないとか。

そういう場合に関しては、絶対に大学は出るべきだと思います。あとは社会事業、社会について勉強したい方というのは、大学行くべきだと思いますし。

大学に行くべきではない人

じゃあここで大学行かなくてもいいじゃないかなという層について話すと、将来起業したいと思っている人。

ネットビジネスができるとか、もうやりたいことが決まっている人。日本でサラリーマンは報われません。

在庫を持たないビジネスだったりとか、ネットを通じてやっていくビジネスに関しては、ぼくは大学に行かないで、逆に大学の資金を使って将来にお金をかけた方がいいかなとぼくは思います。

今だと大企業であってもやばい時代なんです。

起業と就職、あなたはどっち?③

じゃあ自分で起業なんてもってのほかじゃんって、思ってる方もいると思うんですけど、そんなことはないんです。

大企業はそれなりの規模を持っているから失敗しちゃう。大手企業というのは、企業方針をなかなか変えられないんです。

低リスクで会社が作れる

でも自分で始める個人営業や合同会社だったりとか、有限会社を作るんだったら話は別です。個人事業、小さい事業からだったら、一番今はやっていることに対して会社が作れる。

雇われたくない=起業すればいい。つまり需要が大きいので、作りやすいんです。だから失敗するリスクが少ない。そして、インターネットビジネスなので、失敗したときのリスクもほぼないんです。

起業と就職、あなたはどっち?④

なので、ネットビジネスしたいと思っている方は、ちょっと大学に対して考えた方がいいんじゃないかなって、ぼくは思います。

あともう一つ、長くなっちゃうんですけど、大学のカリキュラムが古すぎるのがひとつです。確かにグローバル化といって、新しいものをとり入れてるんですけど、根本上の骨は古いんです。

特に理系の情報学部とか。今の最先端のものについていけてない。確かに最先端のものをとりいれてるんですけど、その古いものも合体させて教育機関としてるんです。

だからすごい遠回りをして、最先端の方に行くようになっているんです。

なので、一概にはいえないですけど、大学に行く人はちょっと考えた方がいいかなと思います。

考えた末、それでも確固たる目的がある。大学にいくことで、自分の夢をかなえる足掛かりになる。そんなひとが、大学にいくべきだと思います。

起業と就職、あなたはどっち?⑤

しかし、大学生には共通の最終関門があります。それはご存知の通り、就活です。その就活の際に、性格検査というものが行われます。

ここからは、その性格検査について、話していきたいと思います。

性格検査で奴隷判別をする

就活の性格検査って奴隷判別機みたいなものなんです。なんでかっていうと、就活の性格検査って自分の思うとおりに答えると、だいたい落ちるんです。扱いづらい人を落とすのが就職検査なんです。

どういうのが残るかというと、人から言われたことをきちんとこなして、上の命令に文句を言わないで、黙々と働き続けるやつを選ぶためのものが性格検査なんです。

だからあれに通らないと就活は先に行けないですよね。

そもそも性格検査がおかしいんですよ。性格で人を選ぼうとすることが問題のあることなんです。

もしかしたら、海外では人権侵害だってことになってるかもしれないですけど、なぜか日本では続いている。

海外は多民族だから性格で選ぶのはないと思うんですけど、日本は移民とかいないので企業側しか得しないようなものがあるんですよね。あれは本当によくないと思うんです。

はっきりいって奴隷判別機みたいなものなので、嘘をついて企業の喜ぶような選択肢を選んだりしたら、それこそ相手の思うツボなんです。

性格検査で落ち込む必要はない

だから、そもそもこの制度はやめた方がいいとぼくは思うんです。海外とかだと、人権侵害になってるレベルのことなので非常によくない。

性格検査で落ちたら、本当に落ち込む人もいるんです。俺はもうダメだ、就職できない、終わるとか思っちゃう人結構いるんです。

でも落ちたからと言って、落ち込まない方がいいと思うんです。

所詮、企業のいうことを聞く従順なやつを選別するためのものなので、落ちたからといって劣ってるわけじゃないですし、むしろ起業家の素質があると思うので、そういった人はどんどん起業すればいいんじゃないかなって思います。

まとめ

もともと人から言われたことをやるのが嫌だとかそういう人っているので、そういう人は偏差値とか、IQとか関係なく落ちる人が多いと思います。

性格検査で落ちて、俺はもう無理だと思ったら、雇われたくない=起業と気持ちを切り替えましょう。そうそうに諦めて起業した方がいいと思います。

受かったら受かったで、その企業にいけばいいと思いますし、落ちたら就職というのにたぶん向いてないと思うので、自分でビジネスをやった方が早いと思います。