大学の卒業式を出ないとどうなる?手続きとかいろいろ大紹介!

4年間の勉学の集大成となるのが大学の卒業式です。それでも修了証書さえもらったら卒業式に出なくてもオッケー?病気で出席できないときもあるので、そういったことも可能ですよね。

いずれにしても大学の卒業式に出ないという選択肢もあります。そういったときでも卒業はできるのですが、そのときの手続きも紹介します。

卒業式は出たほうがいいのですけど、出ない理由も自由もありますからね。

卒業式に出なくても大学は卒業できる?

卒業式は単位が関係しているわけではないので、卒業式に出なくても大学は卒業できます。もちろん卒業証書も貰えるってことですよね。

大学は自由度が高いので卒業式に出ないという学生は相当数いるようです。ある統計では全体の1割の学生が卒業式に出ないんだとか…出なくてなにをしているのでしょうね。

周囲で卒業式に来なかった人を見ても…というか大学も大きいところになったら会場を分けて卒業式を行うなんてマンモス大学もありますからね。ですから誰が来ているとか来ていないというのはわからないんですよ

卒業式で見かけないと…

大学の卒業式に来ていないと友人連中の間では、単位が取れなかったから卒業できなかったのでは?留年したのでは?といった憶測がでることもあります。

実際には単に来なかっただけで、卒業式に出ないといった選択をしただけなのですが、そういった憶測が出ることもありますからね。

ですから、出る出ないという選択肢があるのでしたらやっぱり出たほうがいいと思いますけどね。じゃないとあらぬ疑いをかけられかねませんから。

卒業式に出ないでなにしてるの?

卒業式に出ない人の中には卒業式があることを忘れて、下宿で寝ていたなんて猛者もいるくらいですから、いろんな意味で自由度は高いですよね。

普段から起こしてくれる人が近くにいないとまずいかもしれませんよ。

こういった人は後で意外と後悔しない人かもしれませんね。他にもバイトに明け暮れて確信犯的に卒業式に出ないなんて学生もいるようですからね。

卒業して働き出しても最初の1ヵ月の生活費はあらかじめ用意しておかないといけないので、そのためにバイトしているなんて学生も多いんですよね。

大学の卒業式に出ないとつまらなくないの?

素朴な疑問ですけど、大学の卒業式に出ないなんてつまらなくないの?なんて思ってしまいますよね。

だって友人達との最後の別れになってしまいますし、部活なんかやってたら後輩達との別れもあるかもしれません。

それになによりも卒業式後の謝恩会なんかも出席できないですよね。卒業式は欠席して謝恩会に出席という人も中にはいるかもしれませんし、

卒業証書自体も郵送するような大学が多くなっているので、卒業式に出なくても後のイベントには参加するなんて人も多いのかもしれません。

卒業証書は大事ですよ!

卒業証書は大事です。単なる紙切れではないのです。

なんといっても大学を卒業したという証ですからね。卒業証明書は大学の学生課に連絡したらすぐに発行してくれるものですけど、それまでに自分で証明できるのは卒業証書ですからね。

それと、卒業証書を受け取らないと大学を卒業したことにならないのでその点はしっかりと覚えておきましょう。卒業式に出ない場合の卒業証書の受け取り方法は、後日大学に取りに行くか、郵送してもらうかのいずれかになりますよ。

卒業証書と卒業証明書の違いは?

同じだろうと思いがちな両者ですけど、卒業証書というのは再発行ができません。卒業証明書は何度でも発行が可能です。

重みからいったら卒業証書のほうが断然上ですよね。

大学の卒業式に出ないと後で後悔するかも

そのときは若いからわからないのですが、大学の卒業式に出ないと後で後悔するんですよ。同窓会の席なんかで話題になってもついていけないですし、なにしろ話題に入っていけないですからね

ですから、うっかりして卒業式に出ることができなかったということが内容にしっかりと当日は目覚ましをかけて起きるようにしたいものです。

でも卒業式に寝坊して出れなかったというのも意外と大物になる資格があるかもしれませんよ。

卒業式の思い出が欠落する

これは当然のことですけど、卒業式に出ないのですから、後になって思い出というものがありません。あるのは卒業式の日に何をしていたのかということだけです。

寝ていたなんていうのはちょっと人に言えない思い出ですよね。

謝恩会だけは出ておいたほうがいいかも

大学の卒業式の後は謝恩会などが開かれますよ。ゼミ単位で行うこともありますし、ホテルの大広間を借り切っての大宴会になることもあります。

卒業式には出なくてもこれだけは出ておいたほうがいいですよ。これは断言しておきます。

まとめ

卒業式は学長挨拶から、学部長挨拶、来賓祝辞に祝電披露など様々な式次第が順番行われます。退屈ですけど、すべてがこれからの人生の指標を指し示してくれる大事な話ですよ。

こういった卒業式を退屈で出たくないというのでしたら、その先社会に適応できるとは思えないといったら、きつすぎるでしょうか。

やっぱり人生の節目ですから、卒業式というのは大切ですし、出たくないという選択肢があるのがそもそも間違いのような気がします

卒業式に親が出ないのはどういうこと!子供が出たら問題ないけど…

子供も卒業式に親が出席しないのは非常識とも言えそうですが、考えたみたら親がいなくても何も問題なく卒業式は進んでいきますし、経験してみるとわかるのですが親がいなくても全く関係ないですね。

子供にとってもそれほど問題はないのかもしれません。子供も卒業式が終わったらそのまま友達と遊びに出ることが多いですから。

といったことで、卒業式に親が出ないというのも問題のようで子供にとってはそれほど大したことはないのかもしれません。

卒業式に出ない親ってそれでいいの?

子どもの成長を肌で感じることができるのが卒業式の醍醐味と言えるでしょう。大半の親は卒業式というと我がことのように喜ぶものではないでしょうか。

入学式のときは、ちゃんとやっていけるんだろうか、勉強についていけるのか、いじめにあわないだろうか…いろいろなことが心配になる入学式だったと思います。

それがいろいろな問題を乗り越えて卒業式を迎えたことに感無量になるのは当然です

そうなると、子どもの晴れ舞台でもある卒業式に出るというのは親としても晴れがましくも誇らしい気分になるのではないでしょうか。その一方で卒業式に出ない親もいるそうなんですよ。

これはどういった心境なのでしょうか。

実は子どもは来なくてもいいと言っているケースも

卒業式に親は来なくてもいいと言っている子どもがいるようですね。そういったケースもあるようです。

これもなかなか考えにくいケースではあるのですけど、気恥ずかしいのか親とうまくいっていないのかわからないのですけど、こういったことも問題ですよね。

親子の関係がこじれているのかもしれませんけど、それでも見たいのなら親のほうもこっそりと卒業式に参列しているかもしれませんよね。

親が出ないって言っているケースも!

子どもが卒業式に来てもらいたくないというのはなんとなく分かるような気がします。思春期とか親に反抗したい時期というのは誰にでもあるものですよね。

それがたまたま卒業式の時期と重なったとしたらしょうがないのかなと思いますけど、実は親のほうが卒業式に出ないケースもあるんですよ。

よっぽど親子関係がうまくいっていないのか、家の方針で子どもの成長に干渉しないとか、単にめんどくさいとか、仕事優先とかいろいろあるのでしょうけど、これってどうなんでしょうね。

物理的に卒業式に出れないケースも

「卒業式だけど仕事があるからなあ…」卒業式はできたら父親も母親も出席したいものですけど、両親が卒業式に出席するのも珍しいかもしれません。

どちらか一方がということになるとやっぱり母親のほうが出席することが多いんでしょうね。

日曜日に行われることの多い卒業式ですが、日曜日が休みと決まっていない親もいるでしょうからね。

仕事あるから卒業式に出ない

仕事優先というかどうしても休めないという親も少なくないでしょう。そういった場合は卒業式に出ないという選択をしても仕方ないですね。

それでも、卒業式優先で考えるのでしたら、仕事に対する調整力が足りなかったということにもなるので仕事を理由にはできないのかもしれません。

親のほうの体調不良とか

物理的に卒業式に出れないというのでしたら、仕事以外でしたら体調不良なども考えてもいいでしょう。突然のインフルエンザで出席したら大ひんしゅくものですからね。

花粉症の場合も大きなマスクをつけていかなければいけないのでそれもつらいですよね。

子どもが出ないケースも

子どもが、親に卒業式に来て欲しくないケースも多いんですよ。これは単に親子の関係がうまくいっていないという場合と、照れくさいといった場合もあるでしょう。

親としても子どもから「卒業式には出ないで」なんて言われたらかなりショックですよね。

それとさらにショックなのは子どもが卒業式に出ないケースもあるんですよ。

子どもから卒業式に出ないでと言われたら

これは子どもの意思を尊重して出ないでおこう…なんて思わずにこっそりと卒業式を見に行くのが親の本音でしょうね。

それでいいと思いますよ。

子どもが卒業式に出ないケースも

難しいのは子どもが卒業式に出ないケースもあるということです。

これは事前にわかれば説得することもできるのですが、卒業式に出席してみたら子どもがいない…なんてケースもあるようなのです。

この場合は日頃から子どもとのコミュニケーションをとっていない弊害とも言えますよね。

まとめ

子どもの晴れ舞台は親にとっても晴れ舞台です。しかし子どもが卒業式に出ない、あるいは親が卒業式に出ないというケースもあります。

いずれにしても、双方が卒業式に出ないと後で後悔することもあるので、お互いのコミュニケーションを密にして親のほうはなんとかして子どもに卒業式に出るように仕向けないといけないですよね

親のほうも当然卒業式には出る方向でスケジュールの調整などをしたほうがいいですよ。

卒業式に出ないと後悔する!?やっぱり卒業式は出ておいたほうがいい!

学業を修了した証として卒業式があります。修了証書をもらったら卒業したことになるので必ずしも卒業式に出ないという選択肢もあります。

当日体調不良で出席できないなんてこともありますからね。それでも、それ以外の理由で卒業式に出ないといのは何かのポリシーがあるのかこだわりがあるのか…。

出る出ないという選択肢があるのでしたら、出ないということで後悔することのほうが多いんですよ。その理由も説明しますね。

卒業式に出ないと後悔するのはわかりきってる?

卒業式に出ないと後になって後悔するのにどうして出ないといった選択をするのでしょうか。もっとも卒業式は強制的なものではなく、卒業式に出なくても卒業証書は授与されます

体調不良で卒業式を欠席する人は今も昔も少なくありません。それでも中には自分の意思で卒業式に出ないという選択をする人もいるのです。

そういった人たちはどういった理由で卒業式を出ないという選択をするのでしょうか。小学校では考えにくいことですが、中学や高校でしたら、大人に対するあるいは周囲に対する反発もあるのかもしれません。

多感な時期は世間に対して反発したがることも

ときとして青春の嵐が若者を襲うことがあります。何に対しても反抗したくなってしまい、その集大成として卒業式に出ないと言う選択をしてしまうのです。

これが中学や高校で多いのですが、単に卒業式に出ないのではなく卒業式を妨害するといった行為に発展することがあるんですよね。卒業式になると警察が待機するなんて光景を見るのはそのためなのです。

卒業式をボイコットするのは中学や高校で多い?

卒業式に出ないといったボイコットをするのは中学や高校が多いですね。中学の場合は義務教育ですから、卒業式に出なくても卒業させてもらえます。

高校も同じようなものですが、高校によっては高校側から卒業式に出ないでほしいなんて言われることもあるんですからすごいですよね。これは難しいところです。

高校が悪いという批判は多いのですが、そこまで言わせる生徒側にも問題があるということですからね。

大学ではどうなってる?

大学の場合は中学や高校とは比べものにならないくらい自由度が高いです。

学生の自主性が重んじられるので、卒業式に出ないといっても咎める人もいないでしょう。

それでは大学では卒業式に出ない人は多そうですけど、卒業式の日は一体何をしているのでしょうか。

卒業旅行に出かけている学生が多い

社会人になる人が大半ですから、大学生活最後の休みは長期の休みが取れる最後となるかもしれません。そう考えて卒業旅行をする人が多いのです。

しかも一カ月以上の長期旅行をする人も少なくないようですし、大学の卒業式が3月の中旬以降ということで、中途半端な時期というのもあって卒業式に出なくて卒業旅行を優先する学生が少なくないということですね。

卒業式よりも卒業旅行のほうが優先されるのも、何だかなといった気がしますが、そういうときの若者の気持ちは楽しかったらいいというものなのでしょうね。

中にはバイトをしている学生も??

卒業式を出ないという選択をしている学生が卒業式の日に何をしているのかというと、アルバイトをしているといった本末転倒の行為をしている場合もあります。

卒業して働き出すのですからアルバイトをする必要もないと思いがちですが、それまでの生活費を稼ぐということもあるのでしょう。

初任給が5月になることが多いですから入社して4月の生活費が心許ないという学生も少なくないですからね

やっぱり卒業式に出ないのは後悔する

長い人生の中で卒業式は1度きりではありません。小学校、中学校、高校に大学とさらには幼稚園を含めると5回の卒業式があるということになります。

しかし、この卒業式は20代前半までに集中しているのです

大人になるまでの階段を一つ一つ上がっていくそれぞれの節目の中に卒業式があるのですから、やっぱり卒業式は出るに限りますよ。そのときに出ない選択をした人は後になって間違いなく後悔しているでしょうね。

友人の会話の入っていけない

卒業式に出ないとなると、同窓会とかの飲みの席で卒業式の話に入れなくて黙って聞いていなくてはいけないのは、かなりつらいですよね。

そのときの自分の考えが理解できないことにも…

大人になると間違いなく卒業式に出ないということを後悔します。

なによりもそのときの自分の気持ちがわからないというか説明できないんですよね。

まとめ

卒業式に出ないと後で後悔するということが、そのときはわからないんですよね。ですから周りに卒業式に出ようよという友達がいればいいのですけど、その友達とつるんで卒業式に出ないということもありますからね。

いずれにしても後で後悔しても、時間を巻き戻せるわけではないので、人生の節目節目で行われるイベントは出ておいたほうがいいです。

少なくとも出る後悔と出ない後悔でしたら、出る後悔をしたほうがいいですし、実際に出席して後悔することってそんなにないですよね。

卒業式に出ない場合ってどうなの?何か罰則でもあるの?

卒業式に出ないとどうなるのでしょうか。気になりますよね。

それでも体調不良でやむなく欠席ってことでも卒業証書はもらえるはずですから、ちゃんとした理由があれば問題なさそうです。最も卒業式に出たくないという人もいるでしょうから、それも個人の自由なのでしょうね。

卒業式に出ないからどうとかといった、罰則などはなにもありませんから安心してください。卒業式に出ない場合の対処なども紹介しますね。

卒業式に出ない場合ってどんな場合??

卒業式に出ないってどんなときでしょうか。いろいろ事情はあるでしょうけど、卒業式に出ないのと出ることができないのとでは大きな違いがありますよね。

卒業式に出ることができないというのは物理的名問題なのでしょうがないかなとも思うのですが、卒業式に出ないというのはどういった心境なのでしょうか。

卒業式に出ることができない場合って?

待ちに待った卒業式なのに卒業式を前にして体調が悪くなってしまって…頭が痛いのはなんとか痛み止めの薬でも飲んでいたらなんとかなりそうだけど、腹痛の場合は下痢止めを飲んでも心配ですよね。

卒業式のときの突然の下痢というのはトイレに間に合えばいいのですが間に合わなければ大惨事となってしまいます。

体調不良はどうしようもないので、これは卒業式に出ることができないケースってことですよね。

また、少々の体調不良でも出るよって人もいるかもしれませんが、それがインフルエンザだったら卒業式に出席しても周囲から大ひんしゅくとなるので、これも止めておいたほうがいいでしょう。

気持ち的に乗らないから卒業式に出ない?

気持ちが乗らないから卒業式に出ない…こういうこともありがちですよ。特に大学生なんかはそういった傾向が強くて卒業生の1割は卒業式に出ないというアンケート調査もあるようです。

卒業式の必要性を感じないといった否定派もいるでしょうし、体調不良だったという人もいるでしょう。中には卒業旅行中だった…なんて人もいるようです。

いずれにしても卒業式にそれほど意味を見いださないといった人たちなのでしょうね。こういったのも大学生らしい個性の表れと見てもいいでしょう。

中学生や高校生でしたら、半ば強制的な部分もあるので、卒業式に出ないというのは大人への反抗心から…なんていうのが多そうですね。

そもそも卒業式に出ないって選択肢はあるの?

中学や高校の場合はどうでしょうね。小学校の卒業式もそうなんですけど、中学・高校の卒業式はほとんど出席ですよね。

反対に出ない人は、体調不良の人か何かしら問題のある子ということになるのでしょうか。

それでもクラスに一人とか卒業生全体で2,3人はいそうですよね。保護者のほうもほとんどが卒業式に出席で卒業式に出ないという人はいないでしょう。

卒業式に出ないでいると罰則がある?

卒業式に出なくても罰則はありません。運動会などに出ないと欠席扱いになるのですけど、卒業式も行事ですからしっかりと欠席扱いになりますよ。

気になるのは1日欠席したら留年になるのかってことですけど、卒業式に出なくて留年とか問題になることはないようですよ。

卒業証書がもらえる状態だったら、卒業式に出なくてもお咎めはありませんし、あとで卒業証書を学校に取りにいくとか郵送してもらうとかできますから何も問題はないんです。

卒業式に出ない人は多いの?

小学校はともかく中学や高校でも卒業式に出ない人は少数派ですね。ほとんどが体調不良などやむにやまれなくて出れないといった生徒が多いでしょう。

学校によるのですけど、中には大人への反抗心で卒業式に出ないなんてこともあるようですけどね。

大学の卒業式に出ないとどうなるの?

大学は自由ですから、卒業式に出ない人の割合もグンと増えて全体の1割の人が卒業式に出ないらしいです。

明らかに中学・高校の卒業式に出ない割合よりも多いですよね。

大学生が卒業式に出ない理由は?

いろいろ理由があるのですけど、物理的に出ることができないってこともあるんですよ。

というのも大学の卒業式は3月の中旬以降に行われることが多いので、就職する企業によっては研修があったり、入社のために引っ越しに忙しかったりしますからね

それと9月卒業の大学も多くなっていますから、卒業式に出る出ないよりも大学を卒業するといった事実のほうを大事にする人が多いんじゃないかなって思いますね。

大学の卒業証書はどうなるの?

大学の卒業式に出ない場合の卒業証書の取扱ですけど、これは郵送されるか大学に取りにいくことになります。面倒なら郵送してもらうほうがいいですよね。

大事なものですから、配達記録付きの郵便などで発送してくれるはずですから、受け取りが必要になりますよ。

まとめ

一生に一度の卒業式ですから、卒業式に出るという選択しかないように思えるのですけど、意外と卒業式に出ない人はいるみたいで、大学生はかなり多い印象ですよね。

卒業式に出なくて後で後悔しないのかなと心配になってしまいますけど、これも自己責任というか自分で考えた結果ですからしょうがないという感じです。

大人になってからわかるのですけど学生のときってすごく楽しくて良い思い出が多くて、その集大成が卒業式ですから良い感じで締めくくりたいですよね。