損害保険って何?持っておくと病院経営や事務長に役立つ?

病院経営で大切なこと

病院経営をする上で、忘れてはいけないものがあります。それは「損害補償に対する対策」をしっかり取っておくことです。

病院が火事や災害に巻き込まれることを考えるのも大切ですが、病院は医療事故で患者から損害賠償責任を追及されることもあります。

損害保険への加入を忘れずに!

医療事故は人の手だけで起こるものではありません。劣化した医療機器の誤作動、入院施設の管理を怠ったと訴訟を起こされることもあります。

実際にことが起こってからでは、損害保険に加入しても意味がありません。そのため、病院経営のためにも損害保険には加入しておくことは必須と言えます

医師を対象とした損害保険

損害保険と言っても「医師用」の損害保険に加入していないと意味がありません。開業している院長を対象に「日本医師会医師賠償責任保険」というものを展開しています。

一般の損害保険と同じく特約を付けることも出来て、特約によっては1事故あたりの補償が大きくなります。

民間の損害保険?

日本医師会医師賠償責任保険は「医療事故」を対象とした損害保険です。そのため、医療機器の誤作動や食事提供の食中毒で起こった賠償責任は補償してもらえません

そのため、民間の損害保険に加入しておくことをオススメします。

民間の損害保険は医療機器誤作動や食中毒でも補償してもらえるだけではなく、日本医師会医師賠償責任保険では補償の金額が足りない場合もあるので、補う意味で民間の損害保険に加入しているところも珍しくありません。

損害保険の意味

損害保険の意味は、万が一起こった医療事故などに対応するためのものです。医療事故などは滅多に起こるものでもありませんし、起こってはいけないものです。

しかし、対応しているのは難関試験に合格した人とはいえ人間です。ミスがないとも限らないので、損害保険に加入しておくことをオススメします。

保険金が支払われない時

損害保険に加入しているからと言って、必ず保険金が支払われるわけではありません。名誉棄損や秘密漏えいに起因する賠償責任、美容のみの医療行為に起因する賠償責任などの場合は保険金が支払われません。

損害保険に加入する場合は、必ず内容を把握しておくようにしてください。

保険金が支払われる例

過激な薬物投与で患者の症状が悪化したり、精神疾患患者に対して不適切な診断や薬剤投与をして影響を与えてしまった場合などは「医療事故」になるので保険金が支払われます。

勤務医師でも損害賠償保険に加入出来る?

院長を対象とした、と先述しましたが民間保険の中には勤務医師を対象とした損害保険もあります。病院によっては、必ず加入することを義務付けているところもあるようです

主に大病院で勤務する医師の場合は加入させているところもあれば、病院側が医師に対して加入しているところもあります。

勤務医師の損害保険とは

勤務医師を対象とした損害保険があると先述しましたが、どれだけの補償があるのか分からない人もいるのではないでしょうか。

そこで、こちらでは支払限度額などについて紹介します。

支払い限度額

損害保険は対人保険であり、1事故につき1億円という保険があります。保険期間中であれば3億まで補償するところもあるようです。医療関係の損害賠償は高額になることも多く、支払限度額も高額になっています

しかし、この金額すべてが支払われるのではなく保険会社によって調査が行われ、適切だと思われた金額が支払われます。

例えば限度額が1億円であっても、調査によって1千万のみという場合もありえるのです。

支払い保険料

損害保険の支払保険料についてですが、これは特約や保険会社によって異なります。しかし、一般的には年間保険料が5万円と少しのところがほとんどです。

1ヶ月あたり4300円程度だと覚えておきましょう

この他に特約をつけることによって、保険料も上がっていきます。さまざまな特約がありますが、一般保険と同じく「自分に必要なものだけ」を選ぶようにしましょう。

念には念を、と考える人もいますが、不必要な特約をつけていくことで保険料負担も大きくなるので気をつけましょう。

まとめ

医療従事者であれば、損害保険は必須と言っても過言ではありません。経営者であれば、医療事故などに対する備えだけではなく建物に関しても保険に加入しておく必要があります。

いくら医療従事者であっても、保険に関しては詳しくない場合もあります。そういう時は事務長など、病院のスタッフに相談をしてみてもいいのではないでしょうか。

すべての人に言えるわけではありませんが、経理や事務で働いている人は保険に詳しい場合もあります。

万が一は起こらないと考えるのではなく、万が一が起こった時に病院に影響がないように補償体制を万全にしておくことが院長としての義務でもあるのです。

生命保険とは何かを中学生でもわかるくらいに噛み砕いてわかりやすく説明したい。

ぼくたちは成人すると様々な保険への加入を前知識なく勧められる、それが現在の日本です。

「大人になったんだから保険くらいちゃんと入りなさい」と言われたことがある人、多いんじゃないでしょうか?

そうは言われても今まで保険について学ぶ機会もなかったし、そもそもその必要性がよくわからないという方々も居るでしょうね。特に「生命保険」という名称はふわっとしていて、具体的に何に対して備えているものかわからない!なんて人も。

この記事では生命保険とは何か、20代のみなさんがどんな生命保険を選ぶべきかを解説していきます。

生命保険とは何に備えるもの?貯蓄とどちらがいいの?

1x1-trans_-7385570
生命保険とは、以下のような内容が主と言えるでしょう。

・自分が死んだあとに遺族などを支えるために残せるもの

・葬式代などを賄うもの

・一定期間の間に死亡しなければ自分に返ってきたり、個人年金など貯蓄性が有るもの

・がん保険や就労不能補償など死亡以外で支払われるもの

保険の歴史とは

元々は海上奴隷が死んだ時の葬式費用を賄うために、葬儀を執り行う寺院の牧師たちが少しずつ貯めていった貯蓄が起源と言われています。

やがて生命表を元に「死亡しやすい年齢の人は高め」「元気な人が多い年齢は安め」という考え方が生まれました。

因みに地震や戦争での大量死はこの死亡統計による生命表では対応できないので、今日でも生命保険の多くは戦争や災害による死亡を「免責事項」として扱っています。

こうした「死亡時にかかる費用を積立で残す」という仕組みが進化し、現在の生命保険を生みました。 その為、かつては「自分の資産で賄える」富裕層は資金の積み立てに参加することはなかったようです。

では貯蓄を個人で行っていれば必要ないのか? 答えはYES。ただし、立ちはだかる課題も大きいです。 まず人の死によって発生する必要経費は割りととんでもない額であること。

1人の子供が成人までに必要な教育費は1000万円と言われていますし、マイホームを購入する際にはローンを組みます。

まだ子供が生まれたばかりな時に、もし稼ぎ頭の自分が死んだら?もし、貯蓄を初めて1年目だったら?

保険は「現時点で貯蓄など準備ができていない人」へ向けて「現時点から備え始める」手段の一つです。貯蓄とどちらがいいかについては、世帯収入によって大きくばらつきます。

潤沢な資金のある家庭だと胸を張れない現状であれば、「いずれは自前で賄えるよう貯蓄するまで」お世話になる存在、と割り切って加入することになるでしょう。

取り敢えずなら団体保険と共済が最強!1x1-trans_-7385570

20代で保険に加入し、取り敢えず10年後までにある程度の貯蓄をしようと計画を立てるとしましょう。

ではその「取り敢えずの期間」に加入するべき生命保険はどのように選ぶべきでしょうか? まず挙げられるのは以下の要素。

・掛け捨て型で月額が安い

・基本的な補償が揃っている

・何らかのバック(見返り)がある

オススメは「団体保険」と「都道府県民共済」です。まずは自身が勤める会社に所属している団体保険をチェック!

労働組合や業界限定の組合があれば、その構成員向けの保険に生命保険が有る場合があります。

従業員とその家族なら契約でき、加入に健康診断などが不要で、配当などのおまけも付いてきます。

何より団体保険は安い!

なぜならその業界がその業界のために、その業界の中にいる人同士でお金を出し合っているから。

保険料が一律だと若い人ほど損ですが、そもそもの金額が原価に近いのでさほど気にならないようなら良い選択肢です。

また、給与天引きが基本なので「年末調整の手間いらず」は割と大きなメリットですね!

何らかの変更があるときは会社から大きく告知されるなど、自分で細かな管理をしなくていいこともメリットに感じる人がいるでしょう。 都道府県民共済は案内がポストに届いたことが有ると思います。

月々の保険料がやたらと安価であることにびっくりしたことがある人もいるかもしれません。 生命共済は年齢別にコースが分かれていて、最低月額1,000円から加入ができる激安設定。

1,000円のプレーンな補償に、必要があれば医療特約やガン特約などを足していく、というかなりシンプルなシステムなのでわかりやすく管理しやすいのが大きなメリット。

民間経営の保険会社は基本補償自体が複雑で、会社によって◯◯自動付帯だとか、かなり細かい設定ができる会社も多いけれど、複雑すぎて1年後には内容を忘れているなんて人も。

安い理由は経営に費用が余りかからないため。 知名度が有るので何も大きな広告を打たなくても、おしゃれなCMを発信しなくても、加入者は増えます。

このシンプルさは、自由すぎる選択肢が苦手な日本人に向いているのかもしれません。

団体保険と同様に保険料は一律なので若い人ほど損かもしれないけれど、加入条件のユルさや郵便局で各種書類が手に入るなどの利便性の高さを見れば、そもそもが安いのであまり関係ないかもしれませんね。

また、割戻金(全体の掛け金から保険料と経費を引いた剰余分を返してくれる制度)があるので、100%掛け捨てではないところもポイント。

デメリットと自分の生活を見比べて検討することが大事!

1x1-trans_-7385570
生命保険はメリットよりもデメリットが自分にとってどの程度のデメリットなのかを注意深く比べることが大切です。

前述した団体保険や都道府県民共済は、保険料は驚くほど安いですが、逆に支払って貰える金額も安め。

安めの価格をどう捉えるか

しかしその【安め】が自分にとって低すぎる金額なのか?を考えることが重要です。

その【安めの補償金額】は、別途医療保険から払われる金額と併せて不足を感じるほどなのでしょうか?

補償内容にしても、天涯孤独な人が死亡保険金をたっぷり掛けても意味があるでしょうか。 働けなくなった時の就業不能補償や個人年金に充当してもらえる補償の方が重要ではありませんか?

独身の方にとって、こども保険や学資保険が弱い保険は本当にデメリットになりえますか?

逆に、子供が居るのにこども保険や学資保険が薄い保険を選べば、クリティカルなデメリットになりますよね。そこらも検討事項にいれましょう。

まとめ

場合によっては一生お世話にならない可能性もある生命保険、加入のご縁があったなら、なるべく安く、今の自分の不足部分を補ってくれるものを選んでいきましょう。