初対面の女性には近づきすぎないように!?警戒心を持たれると回復に時間がかかります!

女性が警戒する男性とは

女性に限らず、男性も「警戒する人」っていると思います。実際に、出会う人全員と仲良くなんて無理ですしね。でも、女性が警戒する男性ってどんな人か分かりますか?

意外と「えっ、こんなことも?」と思うようなこともあるので気をつけましょう。

なれなれし過ぎる人

女性が警戒する人として「なれなれし過ぎる人」です。出会って数分なのに「あれ、この人友達だったっけ?」と思うほど距離感を無視して話しかけてくる人っていますよね。

そういった男性は女性から警戒心を持たれてしまうので気をつけてください。

強引に話を進める人

リーダーシップがある、と言ったらそれまでですが強引に話を進める人も警戒されるので注意しましょう。他の人の意見を聞く気がないのかな、と思われがちなので周囲の反応を見ながら話を進めるようにしましょう。

意外とこのタイプは、本人が良かれと思ってしていることなので悪気がない場合がほとんどです。そのため、周囲も注意しづらいという部分があるようですね。

下心が丸見えの人

これは警戒心を持たれて当然かもしれませんね。露骨に下心が見える人は、警戒心を持たない女性の方が少ないのではないでしょうか。

出会いを求めている人がグイグイと行くのは分からなくもないですが、結局警戒心を持たれてしまいます。下心があっても、女性への紳士な態度を崩さなければ、女性からの印象も良くなりますよ。

初対面の女性から警戒心を持たれないためには?

初対面の女性と会う時、警戒心を持たれなくないですよね。

でも、どうすれば女性に警戒心を持たれずに仲良くなれるのでしょうか?

最初は軽く話しかける

最初は軽く話しかけましょう。軽くと言っても、軽い雰囲気ではなく自己紹介を交えるような会話のことです。

逆に軽い雰囲気で話しかけてしまうと、ちゃらい人という認識をされてしまい警戒されてしまいかねないので気をつけましょう。

相手に触れない

男性の中にはスキンシップが激しい人もいるのではないでしょうか。肩を組む、軽く触れるなどは男性同士であれば容認されることでも、相手が女性となるとそうはいきません。

初対面の女性になれなれしく触る人は、一番警戒心を持たれるパターンなのでやめましょう。男性であっても、過剰にスキンシップをしてくる女性に対しては「何かあるんじゃないか」と警戒を持ちますよね?

それと同じことなので、ある程度仲良くなってもスキンシップは過剰にしない方がいいでしょう。

相手の意見を尊重する

警戒心というより、苦手意識を持たれがちなのが「相手の意見を聞かない人」です。しかも、自分から聞いておいて相手が答える前に「やっぱり○○だよね」なんて言ってしまうと最悪です。

意見を聞くつもりがないのなら最初から聞いてこないでよ、と思われてしまうのでやめましょう。だからと言って、相手に100%意見を求めるのも良くありません。

自分では何も決められない男性、と思われてしまうからです。こう考えると、結構さじ加減が難しいですね。

警戒心を持たれた後はどうすればいい?

残念ながら既に警戒心を持たれてしまった場合、どうすれば警戒を解けるのかと悩む人もいるでしょう。

警戒心を持たれてしまった時点で、100%の回復は難しいのですが、言動次第で回復出来る場合もあるので積極的に名誉改善のために動きましょう。

なるべく不安になることをしない

警戒心を持った相手の一挙一動で、女性は不安になります。そのため、男性は女性が不安になるようなことをしないようにしましょう。

既に警戒心を持たれてしまった場合は、余計にそのことについて気をつけなければいけません。ちょっとしたことで更に警戒が強まってしまうということもあるからです。

一旦距離を置く

例えば、合コンなど出会いの場の時は一度席を外すといいかもしれません

下心がある人は強引に行きますが、席を外すことで「あれ?下心はなかったのかな」と相手に思わせることが出来るからです。

素直に謝る

相手が警戒心を持っていると分かった場合、素直に「そんなつもりじゃなかった」と謝るのもいいでしょう。

行動で改善することも出来ますが、言葉にした方が余計な勘違いなどをされずにすむからです。

ただ、ここで気をつけたいのは変に言いわけをしないことです。言いわけを並べてしまうと、誤魔化そうとしていると感じられてしまい、余計に警戒心が強くなってしまいます。

まとめ

男性は女性よりも力が強いため、ちょっとしたことで警戒心を与えてしまいがちです。そのため、男性側が極力気をつけてあげることが一番ですね。

気を遣ってくれていると分かれば、女性側も警戒心を解いて、仲良くなろうとしてくれるかもしれません。一番良くないのは、警戒を持たれたからと言って怒ることです。

怒ってしまった場合、相手の警戒心を解くのは難しいと考えましょう。

群れない男性はオーラが違う!?女性を惹きつけるものとは?

群れない男性は女性にモテモテ!?

群れない男性は女性にモテるという話を知っていますか

もちろん群れないだけではなく、自立心が強く、自信を持っている人に女性は弱いのです。

群れない男性はそういったオーラを持っていて、女性はそのオーラに惹かれているのかもしれませんね。

女性は強引な男性に弱い

群れない男性は自分に自信を持っている人も少なくはありません。女性を対象とした恋愛ゲームも強引系のキャラクターの人気が高い傾向にあります。

ただ、間違えてはいけないのが「強引」と「傲慢」は違うところです。似ているように思えますが、まったく違うので強引系を狙って傲慢な男性にならないようにしましょう。

自分を確立しているためオーラが違う

群れない男性が持つオーラは、自分自身を確立させているところからも出ているかもしれません。自分の仕事、やるべきことをしっかりやっているからこそ群れなくても何も言われないのです。

分かりやすく言えば、学校に不良がいたとしても成績が良い、という漫画的なタイプと似ているかもしれませんね。

女性はミステリアスな男性が好き?

これは女性だけに限らないのですが、ミステリアスな異性に惹かれる人は少なくありません。

集団行動をしない人は自然と目に留まりますが、集団行動が出来ないのではなく「しない」人はミステリアスな雰囲気を持っていますよね。

そういったオーラも女性はしっかり感じ取るのかもしれません。

群れない男性のオーラとは?

群れない男性のオーラって、どんなものでしょうか? オーラ自体目に見えないものなのでどのように判断すればいいか悩む人もいるのではないでしょうか。

オーラとは、自信の表れとも言われています。そのため、自信を持っている人に自然と目が留まるのではないでしょうか。

ひとりでも平気な人

人間のほとんどは、誰かと行動することで安心感を得ます。しかし、中にはひとりでも平気な人がいますよね。

そういった人は、群れないオーラを持っているのではないでしょうか。

誰かと一緒に行動していないと不安を感じる人が多い中、ひとりで行動が出来るのは特別なオーラを持っているからと言う人も多いようです。

集団行動を好まない人

集団行動を好まない人も、群れない男性の特徴です。集団行動を好まない人は、誰かと一緒にいることで自分自身の思考が崩れてしまうと考えがちです

群れることが当たり前の人にとっては異質な人と言っても過言ではありません。しかし、何をするにしても集団行動を好まない人は特別な思考を持っているのかもしれませんね。

自分の意見をはっきり言える人

集団行動をする人は、たとえ「NO」と思っていてもなかなか言葉に出来ないものです。間違っていると分かっていても、その言葉を言っただけで、その集団からはじき出されてしまう可能性があるからです。

しかし、群れない人は、自分がはじき出されると分かっていても自分の意見をしっかり言えます。周囲の評価を気にしないというのも、一種の才能なのかもしれません

なぜ女性は群れない男性に弱い?

女性って意外と群れない男性に弱かったりするんですよね。当たり前の行動をしない人に自然と目が留まり、気になりだすという展開は珍しくないようです。

群れない男性ということは、自分で色々と出来る人という認識を女性側が持ち、頼れる男性というイメージを持つのかもしれません。

普通とは違う行動に惹かれる

100人の中で99人が右に行くところで、群れない男性は左に行くことが出来ます。例え、それが正解でも間違いでも、人とは違う行動が出来るというだけで女性の心をグッと掴むのかもしれませんね。

ただ、間違ってしまうと強い男性というイメージではなく、変な男性というイメージがつきやすいので確証がない場合は避けた方がいいかもしれませんよ。

仕事が出来る人が多い?

群れない男性は、意外と仕事が出来る人が多い傾向にあります。周囲に流されずに考えて、意見を言えるため業績も良いようです。

もちろん、すべての男性が当てはまるわけではありません。群れないことを真似してもオーラまでは真似出来ないので、群れる側の男性が無理に群れないなど慣れないことは止めた方がいいでしょう。

群れない男性は周囲を惹きつけるオーラがある?

群れない男性が周囲を惹きつけるのは、カリスマ性がある人が多いからです。政治家や芸能人など、パッと見ただけでなぜか目が離せなくなる、話を聞いていたくなることがあるのではないでしょうか。

カリスマ性は、ある意味人を惹きつけるオーラと言っても過言ではありません。人でごった返している街中で芸能人に気づく、というのもオーラに充てられている可能性があります。

まとめ

今回紹介した群れない男性のオーラは、内向的ではない人を対象にしたものです。群れない人の中には社交性がない人もいます。

そういった男性はプラスではなく、マイナス面のオーラを持っている可能性がありますね。

女性心理学で距離感を縮める秘けつ!持て男になる秘けつはこれだ!

近すぎず、それでいて遠すぎず…難しいのが女性との距離感ですね。近よりすぎると女性に圧迫感を与えてしまいますし、遠すぎると話しかけるのも大変そう。

物理的な距離感も精神的な距離感も適度が良さそうなのですが、その適度といった部分がわかりにくいですね。人間の行動の8割は無意識なのだそうです。そのときの距離感がとても大切になりそうですよ。

女性との距離感を意識することで、あなたもモテ男に大変身するかもしれません。

パーソナルスペースって知ってますか?

パーソナルスペースというのは恋愛心理学でもよく使われる言葉なのですが、いわゆる人との距離感のことです。無意識のうちに作っていることが多く、いわゆる自分にとって安全に感じる領域と考えていいでしょう。

この距離感でもあるパーソナルスペースが、人との人間関係によって様々に変化するのです。自分にとって危険な人だと思ったら、距離感が遠くなるでしょうし、好きな人だったら積極的に距離感を縮めたくなりますよね。

こういったことが無意識のうちに繰り広げられているのです。

意中の女性に近づくには

意中の女性に近づくためには女性のパーソナルスペースの中に入らなければいけません。純粋な友達関係でしたら、友達の領域でのパーソナルスペースにはすぐに入り込むことができるでしょう。

それが、もう一段階つまりは恋人のパーソナルスペースとなると難題となってしまうのです。まずは、気軽に会話ができる友達関係から始めなくてはいけません

一つのハードルを越えるには

ハードルを越えるには、告白しかないでしょう。それがすなわち2人の間の距離感を劇的に縮めることになるのです。

タイミングを見計らってじっくりと攻めるのか、直球勝負で告白するのかは相手次第です。男性としては勝算のあるほうを選んでできるだけ確率の良い方法でハードルを越えたいものですね。

適切な距離感とは

男性と女性の間、恋人同士なら適切な距離感というのがあります。恋愛心理学で定義されているわけではありません。

あくまでも2人の距離感というのは感覚的なものになってしまうのですが、恋人同士でしたら、45㎝以下を心地良く感じるのだそうです。実際に恋人同士でしたらどのように感じるでしょうか。

ちなみに友人でしたらもっと距離感があって、45㎝から120㎝の距離感を心地良く感じるそうです。

誰もが距離感を大切にする

距離感というのは言わば、恋愛心理学でも言われているような「心理的ななわばり」といっていいでしょう。ここからは自分の縄張りだから誰も入らないで…といった距離感と考えていいでしょう。

これを恋人だから迎え入れるのか、恋人でもNGなのかは本人次第なのです。しかし、自分の距離感をしっかり保って恋人ですら入らせないというのでしたら、それは恋人とは言わないただの恋愛パートナーといったものかもしれませんね。

4つの距離感がある

恋愛心理学には4つの距離感を設定しています。「密接距離」「個体距離」「社会距離」「公衆距離」の4つです。

「密接距離」が恋人の距離感で前述しているように45㎝以内に入ることのできる人です。誰もがこの密接距離の中に入って恋人になりたいと思っているのです。

距離感を縮めるには

距離感を縮めるには、恋人となってより親密な関係になるしかないのですが、そうなるために誰もが多大な努力をしているのです。抽象的になってしまいますが、女性の懐に飛び込んでいく覚悟が必要になるのは言うまでもないでしょう。

具体的にはコミュニケーションです。まずはとにかく会話するようにしましょう。

自分の人となりを話してもいいですし、時事の会話でもいいです。とにかくコミュニケーションを大切にしましょう

いきなりでは失敗する

いきなり近づくのは失敗の元です。相手としては「土足で急に踏み込んできて…」なんて思われるかもしれません。第一印象も大切ですから、まずは遠からず近からずといった距離感を保ちながら会話で攻めていくようにします。

前から近づかない

女性は警戒心を抱きやすい性格があります。ですから、正面突破というのは嫌われる傾向にあるのです。

女性に近づくときはできるだけ左右から近づくこと、そして食事を一緒にするときも対面ではなくカウンターに隣同士で並ぶといった形式が会話も弾みますよ。

まずはそれを頭に入れて距離感を縮めていきましょう。

まとめ

会話だけではなく、恋愛心理学では、身につけている衣服も距離感を感じさせるアイテムとなるようです。確かに分厚いコートやセーターを着ていたり、ブーツを履いているとガードが固いなと感じるものです。

そういった服装や身につけているものが身軽になることも距離感を縮めるバロメータになりそうです。

意中の女性を射止めるためには、会話だけでは距離感の判断がつかないときは、女性の衣服などの変化にも注意してみるとよいでしょう。

恋愛で思う事。あなたがモテない決定的な理由と解決するために行動すべてきこと。

35億なーんてギャグが流行った昨年。

男は星の数ほどいるなんていうくだり。まぁ当たり前っちゃあ当たり前だが。あのルックスで言うなってツッコミを入れながらも笑っているなんともギャグセンスの低い人たち・・

間違いなく言えることは、ブルゾンちえみを見て笑っている人の大抵は女性だということ。

彼女のネタ動画youtubeのコメント欄などを見れば、他の女性タレントに比べて女性からの好感度が高いことがわかる。そして、あのネタを意味もわからず真似する子どもたち・・

女性のギャグを、女性が笑って、女性が経済を回しているなんて場面、例えテレビでも・・そういえば、どこかの首長も女性だっけか・・

ありえん。ありえん。ありえん。もう1度言う、ありえん。情けねーぜ男子。いや、男たち・・男たちに問う。

自分がなぜモテないかを考えたことがあるか?

1x1-trans_-6826007

出会いがありませんと嘆いているお前。草食系男子ですからと開き直るお前。

お前たちいいか、耳の穴をかっぽじってよく聞け。ゴールは1つしかねーんだよ。誰が1番最初に入れるか。誰が最終的に確保するか。

つまりは、奪い合いなんだよ。かつて「二極化」という言葉が盛んに使われた10年前の時代を覚えているだろうか?

勝ち組、負け組が明確になっている

簡単に言うと「負け組・勝ち組」のこと。言葉くらいは聞いたことはあるかもしれない。

当時の首相である小泉純一郎が「郵政民営化は反対か、賛成か」なんて二元論的な考え方を国民に投げかけた時代のことである。

その頃から、お前の負け組ストーリー、モテない男としての宿命は始まっているといっても過言ではない。

いや、もう、言葉を選ばずにはっきりと言おう。お前のモテなさは、お前の両親、さらには先祖代々から伝わっていると言っても過言ではないのだ。残念ながら・・・

生存競争の中、女性は優秀な遺伝子を持つ男に生理的に惹かれていく。母性本能とは、わがままな子供を見てはたらくのではなく、かわいい仔猫を見てはたらくのではなく、実は優秀な遺伝子を残したいという潜在的な思いでもって強くはたらくのだ。いつの時代だってそうだ。

では、優秀な遺伝子とは一体なんだろうか。それは、力を持つもの。

ここでいう力とは、ベンチプレスを150kg挙げられるとかそういうことではない。

「人よりも顔がいい」

「人よりも面白い」

「人よりもオシャレ」

「人よりもスポーツ万能」

「人よりも頭がいい」とかである。

これらを言い換えると、 「女を得る為に他者に勝つ力を持つもの」「女の視線を集めることができるもの」

(後の重要フレーズとなる)

そんな人が優秀な遺伝子を持つ。つまり、戦闘能力の高い人こそモテる男であるといえるであろう。

モテる男のジャンルについてそれぞれの戦闘能力を比較してみる

1x1-trans_-682600710点中10点を満点評価とする。

イケメン男子・・・戦闘能力8 なんだかんだ顔、という女性は非常に多い。人は見た目が9割とも言われるくらい顔は重要な要素である。イケメンの強みは、黙っていても絵になること。少女漫画を見てみればわかる。女はいつだってイケメン様に憧れるのだ。

金持ち男子・・・戦闘能力8.5 ぶっちゃけ金で買えないものはない。ありとあらゆること、女性ですら金で買えてしまうのはまぎれもない事実である。金持ちの強みは自分の負の部分を金でカバーできること。不細工であれば、最新の医療を頼って整形すればいい。イケメンよりも戦闘能力が高いのは、無論そういうことである。

一番強いのは笑いを取れる男

1x1-trans_-6826007

お笑い男子・・・戦闘能力9 上記2つよりも、実はお笑いに強い男子がめちゃくちゃモテるのはご存知だろうか。

理由は3つある。

①一緒にいると楽しくて気を使わないから。 実はこれ、モテる為にはシンプルでいて、かつ重要な要素なのだ。

②体の仕組み的にツッコまれるものだから。 女性は基本Mなので、「おい!」とか「お前ちゃんとしろよ!」などのSっ気たっぷりに弱いのだ。

③笑っているとキレイになれるから。笑いは表情を豊かにし、ほうれい線対策もバッチリ。なによりニコニコしてる女性はかわいいだろ?

ここまでで、もう負け戦さはしないと諦めたお前。もういいよ。一生、一人で慰めてろ。

ヒントを探してるならば行動を

1x1-trans_-6826007

まずは、モテる人は遺伝子レベルで違うんだということを理解していただいたかと思う。

さらに、これらはデータによっても明らかとなっている。むずかしい文献はここでは割愛するが、よく見るテレビ番組に出てくる専門の先生方が番組内で遺伝に纏わる要素についてを優しく簡単に述べていたのでお伝えしたい。

例えば、教育評論家の尾木先生は、知能60%、性格の30〜40%は遺伝的な要素になるという衝撃的な事実を述べている。

また、遺伝学評論家の小林先生は、運動能力についてオリンピックレベルの選手については遺伝的な要素はかなり大きいと述べている。

これは、逆を返せば、知能でいうとわずかながらの後天的な自分磨きと、運動能力でいうと地方大会レベルまでは練習や努力によって結果を出せるようになるということである。

いいか、モテない男共。 女性とは何かをきちんと学べ。まずはそこから

これを読んでいるお前は、きっとイケメンでもないし、金持ちでもないし、面白くもないんだろう。 しかしだ、前述した三大男子の高い戦闘能力に立ち向かう為には、お前はお前を見つけることからはじめたほうがいいだろう。

まとめ

女性を学んだ後自分を作れ 演じろ!お前は俳優だ。

ヒントは昆虫や動物の世界にある。派手な色をした虫は、オスとメスどっちだ?変な鳴き声をする動物は、オスとメスどっちだ?

答えはお前が見つけろ、知るか。いま、悲しい目をしたお前。お前が答えを出せ!終わり

恋愛心理学で読み取る!初デートはこうして成功させてモテ男になろう!

モテ男になるためには、初デートを成功させなければいけません。そこまでのハードルが高いんだけど…そういう声も少なくないでしょう。

女性の気持ちを理解することで意外と簡単に初デートできます。気になる女性がいたら、ターゲットを絞ってアタックしなくてはいけません。

何の面識もない女性にいきなりデートの申し込みをしても、断られるに決まってるので根回しも必要ですよ。

モテ男になるための初デートの成功術を大公開します!

初デートまでの道のりは意外と簡単?

彼女が欲しいとか、早くつきあいたいとばかり考えてはいないでしょうか。ガツガツしていたらそんな気持ちが女性にも伝わってしまいます。

女性はそういったことをあからさまに見せる男性を敬遠することが多いですよ。ですから、さりげなくデートに誘う…このスタンスが大切です。

そのためにも、まずは友達になって普通に会話ができるようになりましょう。友達の場合は会話が命で、会話ができないと先に進めないのです

まずは、友達になることが肝心です。そして何でも話せるような感じになればいいのですが、反対に友達然としてしまってそこからつきあうという方向に行かない可能性があるので、友達として深く付き合うのも玉に瑕の場合がありますよ。

デートに誘う

これが難しいんだ…多くの男性の声でしょう。これはつきあいたいとか重い気持ちで考えていることが多いからです。

ここまでなんとか友達として話すことができるようになったのですから、友達として「今度どこか遊びに行かない?」というのでもいいでしょう。

もっとも、「どこか」というのも考えものでもっと具体的に目的があったほうがいいでしょう

「良い映画があるんだけど」とか「美術館のチケットが手に入ったんだけど」というのでもいいでしょう。プロ野球やJリーグのチケットでもいいと思います。

何か目的があって、「一緒に行かない?」といったスタンスだったら、女性も断らないでしょう。根回しとしてはそれまでの友達の会話の中で趣味や趣向などをしっかりと聞いておくと誘いやすいですよ。

お金の工面もしておこう

友達同士なのですから、デート代は割り勘でもいいでしょう。しかし、学生ではなく社会人でしたら、ここは男性が出したほうがよいです。

映画や美術館とあとは食事もカフェ代でよければそれほどお金はかかりませんから、全額おごりというのがやはり男前というものですよ。

初デートの心構え!これだけは知っておこう!

初デートの心構えです。初デートもとっかかりが大切です。まだ付き合っていない場合が多いのが初デートです。

社会人でしたら仕事上の姿しか見せていないのでしたら、初デートのときは違って印象を見せることができます。いつもと違った雰囲気になると女性もハッとすることもあるのです。

ですから、初デートの場合はすべてにおいて細心の注意を払うようにしましょう。

第一印象が大切!

これは言わずもがななのですが、第一印象が大切です。容姿などはすでにわかっているのですが、初デートとなると普段とは違う身だしなみとなるので、服装には十分に注意したいところです

ビシッと決めるくらいの気持ちのほうがいいでしょう。ラフな格好も良い場合もあるのですが、気合いが入っているくらいのことを暗に女性にアピールするくらいの服装のほうがいいですよ。

もっとも、派手さがあるよりはシンプルな中にも見立てのいい清潔そうな身なりが好感度アップにつながります

待たせてはいけない

基本的に誘ったほうがエスコートする立場ですから、男性が待ち合わせ場所に遅れてはいけません。というよりも男性のほうが先に待ち合わせ場所に行くべきですね。

待ち合わせ場所に男性が先に行って女性を待つ…というのが常識というか当たり前と考えるべきです。そういった姿勢に女性も心を開いてくれるんですよ。

初デートはここに気をつけて

初デートのときはいつもの自分とは違う面を女性に知ってもらう良いチャンスですよ。普段のときに出し切った…とはいってもまだまだあるものです。

笑顔が大切

会話のときはとにかく笑顔でいましょう。笑顔は苦手で…という人は家で鏡を見ながら笑顔の練習をしましょう。

誰でも笑顔が一番良い顔になるんです。印象も良くなるので相手に対しても好感度抜群ですよ。

お金は極力男性持ちで

初デートのときくらいは男性がお金を出しましょう。女性が払ってもいいのでは?という意見もありますが、それでも初デートがは払うことで男前度が上がりますよ。

女性は化粧品代や衣装代にお金がかかるのです。そういった配慮もモテ男はしっかりとするものですよ。

まとめ

初デートは何かとドキドキするものですが、そのドキドキ感を相手の女性に悟られないようにしたいものです。初デートのときはあくまでも友達の延長として振る舞うのがいいでしょう

恋愛心理学の極意でもあるのですが、デートの際はとにかく笑顔で、相手の話をしっかりと聞くようにすることが大切です。そのときには相手の目を見ることも忘れないようにしてください。

とにかく女性に対しては好印象を与えることです。それが次につながるんですよ。