勉強のモチベーションを上げる言葉〜本質を書き落としておきたい

今日は勉強のモチベーションを上げる言葉についての話をしたいと思います。

モチベーションと感情は違う①

ぼくは塾講師時代に、受験生からよく質問をうけたんですけれども、このモチベーションについての質問っていうのはものすごくおおいです。

本当に質問のうちの5割とか6割っていうのは、このモチベーションのあがらない、モチベーションがあがらなくて勉強にとりかかることができないっていう質問でした。

このモチベーションっていうのが元になって、あらゆる問題がおこっている

モチベーションはそうそう変わらない

それでどうやったらそのモチベーションっていうのを高めることができるのかっていうことなんですけど、まず認識してほしいことがあって、モチベーションと感情はちがうってことです。

どういうことかっていうと、モチベーションっていうのはその行動をとる根本的な理由となるものなんです。

たとえば東大をめざすってときに、官僚になりたい人がいたとしましょう。東大の方がなりやすいだろうし、だからおれは東大をめざすんだ。それがモチベーションなんです。

考えてみたらわかると思うんですけど、そのモチベーションがあがったりさがったりすることってあんまりないと思うんです。今日はおれは弁護士になりたいけど、昨日はあんまりなりたくなかったなみたいな。

昨日までは官僚になりたかったんだけど、今日はあんまり官僚になりたくないなとか、そういうことってあんまりないと思うんです。

それはモチベーションがあがってるとかさがってるっていう話じゃないんです。

モチベーションと感情は違う②

モチベーションに悩んだことがあるっていう場合、実はなやみの観点がズレてて、単純に感情がもりあがらない、感情が今日はちょっと低いっていう、そういう話なわけです。

だからモチベーションと感情っていうのは違うんだっていう話をすこしここで理解してほしいんです。

感情はコロコロ変化する

感情っていうふうに考えるとわかりやすいと思うんですけど、なにかやる気のでる本をよんだ、だからやる気がでた。

だけどそういう場合なにがおこるかっていうと、次の日にはやる気がでないわけです。次の日にはいつも通りの自分になってるわけです。

なんでそういうことが起こるかっていうと、感情だからです。感情っていうのはすぐかわりますよね。なにかむかつくって思っても、次の日には治まってたりする。

なにか悲しいって思っても、3日たったらもう元気になってたりっていう、そういうことがおこるわけじゃないですか。

モチベーションじゃなくて、そういう感情が毎日毎日かわっていくから、それによってモチベーションについてなやみを抱えてしまっているっていう、ちょっと誤解が生じているとぼくは考えています。

モチベーションと感情は違う③

感情っていうふうに考えたらいろいろ対処の方法があるんです。まずはそこを認識してほしいんです。感情によって、ぼくらは混乱してるんだっていうことです。

感情っていうのはすぐかわるものですから、逆にいうとあげることも簡単にできるんです。

元気がないな、勉強できないなって悩むことで、当然あがったりさがったりするわけです。

コロコロかわるということは、あげることもできるということなんです。

感情をたかめる方法

それはモチベーションじゃなくて、感情をたかめてあげたらいいだけなので、いろんな方法があります。

たとえば、

感情をたかめる方法1⇒運動をする。体をうごかすと感情はたかまります。だから元気がでないときは運動をしたらいいです。

感情をたかめる方法2⇒これは好きなことをする。
たとえば受験勉強だったら好きな科目からやる。これはやってもいいかなと思える科目からとり組むようにする。

感情をたかめる方法3⇒ハードルをさげる。10分でいいからやろうとか、かんたんな問題でいいからやろうとか。

感情をたかめる方法4⇒としては、刺激です。まわりからの刺激として音楽を聞くとか。勉強するまえに、やる気のでる本をよむとか。

感情っていうのは一時的なもので、一時的にたかめてあげたらいいんだっていう、そういう気持ちをもつと、逆に本とか音楽とか運動をりようしようかなって思えるんです。

モチベーションっていうのはかわってないんです。

モチベーションと感情は違う④

自分がなにか目標をもってやろうと思った、そこの部分っていうのはかわってないわけです。ぼくらは日々感情にながされ、感情に左右されてるから、逆に感情をたかめてあげればいいんです。

だから本をよんで、その時やる気でたんですけど、次の日やる気でないんですっていうのは、単純にまたおなじ本をよめばいいだけなんです。

感情とモチベーションっていうその概念をべつべつで考えて、感情をもりあげていったらいい。感情をたかめてあげたらいいんだってわりきる。

そうすることによって、じゃあ感情をたかめる方法っていろいろあるよなって。そうやって感情をたかめる工夫をしてやるんだっていうことが大事になってくるわけです。

まとめ

今回の話をまとめますと、まずモチベーションと感情っていうのは違うものなんです。そして感情をたかめてあげたらいいんです。

そして感情っていうのはうつり変わっていくもので、さがりもすればあがりもする。

だからあげてあげればいい。あげるためにはいろんな工夫をすればいい。そしたら感情がたかまって、勉強にとりかかることができるんだということになります。

いろいろほかにもやる気をだす方法っていうのはあるんですけど、これがひとつの方法になるかと思います。

もしあなたがそういうやる気について、モチベーションについてなやんでいて、この話がすこしでも役にたてればと思います。

今回お伝えしたいことは以上です。最後まで見てくださって本当にありがとうございました。

自分との約束を守る=自信に直結するよ! って話をしたい

今日は、自分に嘘をつくことほど恐ろしいものはないという話をしていきます。

自分に嘘をつくことが一体何に影響するかと言うと、単純にこれはモチベーションに大きくかかわってくるんですよね。

モチベーションと自分への嘘

モチベーションと自分につく嘘ってどう関係あるのって話を、まずはしていきたいなと思います。

記事を書く

たとえば、今日記事を書きますとか言ったとします。そうなった時に、その時点で自分に言い聞かせてるわけです。今日書きましょうと。

でも、記事を書けない、結局記事書けませんでしたってなったとします。そうすると、ここで自分に嘘をついているわけです。

今日記事を書こう、書いてやるって思っていたのに、最終的に記事が書けませんでした。これは自分につく嘘以外の何物でもありません。

ぼくの経験

実際にぼくはこういうことが結構あって、今日はこれをやろう、夜の12時までにこれを終わらせよう、って決めたのにそれができないようなことを何度も経験したんですね。

できなくていっか、明日またやるかみたいな気持ちになっちゃうんです。けれど、そうやって上手くいかないときって、ぼくは二つのものを失っていると思うんですね。

失うもの

一つが単純に時間です。今までやろうとしてたものを明日に回してしまうということで、単純に時間が失われてしまいます。

もう一個は自分への自信です。今日二記事ぐらいは仕上げようと思ったのに、結局できなかった。

すると、もう自分は二記事も書けない人間なんだっていうのを、無意識に言い聞かせちゃってるんです。

その時点で自分への自信を失ってますよね。だから、自信を失わないためにも自分への信頼残高を高めないといけないんです。

信用残高について

では、その信用残高というものについて、次にみていきたいと思います。

自分の信用残高

よくこの信頼残高っていう概念について、いいオファーをするときに相手の信頼残高を上げないとダメですよみたいな話をするんです。

そして相手の信用残高も大事なんですが、同時に自分の信頼残高も大切にしておかないといけない。

自分の信用残高は自分の日々の行動に密接に結びついています。そして、自分に嘘をつくとそれを下げてしまう。

信用残高が下がる

失敗したときとかも、この自分への信頼残高っていうのは下がります。逆にこの失敗を次に活かした場合では、信頼残高は上がります。

ともあれ自分の信頼残高が下がる、それをドンドン失っていくというのは危険なんですね。この信用残高って自信だとぼくは思うんです。

小さいことから

よく行動できませんとか、頑張れませんっていう人がいるんですけど、そういう人は根本的にまずここが抜けている場合が非常に多いんです。

普段の目標を達成できているかどうか、小さいことでもサボれずにやれているか、こういうところが自分を信頼できるかどうかに大きく関係してきます。

自分との約束を守る=自信になる。小さいことでもコツコツと積み重ねるとだんだん大きなことができるようになるのは、自分への信頼残高がたまっていくから、それが自信につながるからなんですね。

何を積み重ねればよいか

自信につなげるためにやる小さなことは、ほんとなんでもいいんです。たとえば1分だけ本を読むとか、ぼくだったら毎日10分筋トレをしてます。

実際毎日やるとその効果はかなりはっきり出ます。ぼくは普通に腹筋も割れてきましたし、腕立とか懸垂も結構できるようになったんです。

自信につながる

こういう小さい積み重ねをドンドン増やしていくと、自分への信頼残高が増えていって、自分との約束を守る=自信につながります。

逆に今日記事を書くぞって決めたのに、それが書けなかった。こんなふうに自分に最終的に嘘をつくことは、信頼残高を下げ、自信もなくしてしまいます。

自信を失わないために

では、そんな信用残高を下げず、自信を失わないためにどうすればいいかについて、最後に書いていきます。

頑張る理由

作業を1時間2時間とかぶっ通しでできる人がなんでそんなに頑張れるのかっていうのも、これが理由にあるんですよね。

もちろん達成したいっていうのもあるんですけど、そこで辞めちゃったら、自分への信頼残高が下がることを知ってるんです。

妥協癖をつけない

妥協癖みたいなものがついちゃうと、目標を見つけたときに、なかなか達成できないような人になってしまう。

その妥協癖はなんでついちゃっているのかっていうと、信頼残高が低くなってるから、自信がないからついちゃうんですね。

だから頑張れる人っていうのは、妥協癖がつくのが怖いから、っていうのがモチベーションになっていることが多いんです。

信用残高を失う怖さ

これもし辞めちゃったら、絶対その後妥協しちゃうし、自分のことも信じられなくなる。だから頑張ろう、そう思っている人が多くいますし、それでいいんです。

実際、失敗することよりも信頼残高を失うことの方がぼくは怖いと思っています。

だから決めた目標は絶対達成するし、妥協癖をつけないために日ごろから意識して行動するようにもしているんです。

まとめ

今回は自分に嘘をつくことの恐ろしさと危険について、信頼残高や自信といった概念を絡めて話してきました。

みなさんも、自分への信頼残高を高めるために小さいことからやっていきましょう。

仕事のモチベーションを上げる言葉を書いておこう

今回は、仕事のモチベーションを上げる言葉について話をしていきたいと思います。

やる気が出ない原因

この悩みは、受験生だったら絶対もってるものだと思うし、大学生とか社会人とかになっても悩み続けるものなんですね。

やりたいことをすればやる気は出るのか

もちろんやる気で悩まないっていうのが、一番いい状態だとは思うんです。

ただ、やりたいことを勉強する、やりたい仕事をする、そんな場合でも、なんとなくモチベーションが上がらないなってときもありますよね。

やる気はどこからくるか

やる気は、肉体のところとか、人間関係の部分とか、いろんなところが関わってその結果としてできている

なので、それが出るか出ないかには様々な原因が絡んでいるんです。

特に考えて欲しい問題

一個の方法を試したら、それで全部が解決するってわけではないっていうことをわかっておいてほしいんです。原因はいくつもある。

ただ、特に一つ、今のこの時代だからこそ重要になってきている問題っていうのがあるんです。次からはその問題についてみていきたいと思います。

願望を持てない時代

今の日本には、なんとなく国全体であまりやる気が出ない風潮というか、そういう時代背景みたいなものがあるわけです。

満たされている

この日本社会全体がね、やっぱり皆もうある程度満たされてるわけです。

普通に生活はできるし、美味しいごはんや楽しい娯楽も沢山ある。なので、なかなか願望が持てないんです。

たとえばすごく貧しかったり、すごく満たされない気持ちがある時には、それを買うために行動することができるんです。

一方で満たされていると、そこに向かうために必要なガソリンのようなものがなかなか自分の中に溜まっていかない。

願望はあるけれど

だけど実際ぼくらには、なにかしらの願望はあるじゃないですか。やりたいこととか、達成したいことってあると思うんです。

ただ、なかなかそこに一歩踏み出せずに時間が過ぎてしまう。本当はやりたかったことが、日常に埋没してしまって結局なにもできない

やりたいことをできずに人生が終わる、そんなことになったら、やっぱり悲しいですよね。

ある程度満たされているとはいえ、やはりなにか自分自身で行動していきたい。そのときに重要なのが、願望を拡大するってことなんです。

低い目標では駄目

今、自分たちに見えてる世界とか、自分たちにできるだろうと思ってることってありますよね。

でもそれは、今の自分にもできることなわけです。今の自分が簡単にできるようなことを、人は結構目標に掲げてしまいがちなんですよね。

だけどそれって、今のままの自分で大丈夫だろうっていうような小さな目標なわけだから、時間がたてば達成できるし、自分を変える必要もない。

大きな願望を持つ

自分を進化させる必要性がないような小さな目標を掲げても意味がありません、もっと大きな願望を持つことが大切なのです。

目標や願望の限界

そのために一つ重要な質問があって、あなたの人生が100%完璧なものだとしたらどんな人生になっているか、これをちょっと考えてみてほしいんです。

できるできないは関係なく、本当にこうなったらいいなって思うものはなんなのか。

これを考えることによって、今まで自分がどういう限界を自分で勝手に作ってきたのかがわかるようになるんですね。

限界を考えないことで

これはできるだろうっていう、今の自分に可能なことを目標にして、それに向かっていってもあまり強いパッションは生まれません。

だって今のままで達成できるだろうことですから、そこまで達成したいとは思わない。

心がワクワクするような願望ではなくて、できたらいいかなっていうような願望になっちゃってる

じゃなくて100%完璧な人生だっていうふうに考えることで、願望は強くなるわけです。

大きな願望

願望はでかくなるわけです。でかくせざるを得ないです。できるできないは関係ないわけですから、夢でいい

もし仮に自分が完璧超人のような人だったとしたら、どういう人生を送ってるかっていうことを考えていく。

それによって自分の中の願望が強くなって、願望が拡大していくので、より行動しなきゃいけない、もっと前に進んでいかなきゃいけないっていう思いになってくるわけです。

目標を高く持つことで

願望が大きくなると、今の自分と目標のギャップっていうのがドンドンでかくなっていく。

そのギャップがでかいほど必要な行動は増えるから、頑張って意識して前へ進まなきゃいけない、自分を変えなければいけなくなるんです。

自分が本当にしたいことを

多くの人は周りから与えられている価値観とか、親からいわれたノルマとかを目標にしがちです。でも、それじゃあ進歩はないんですよ。

達成すべきことは存在しない

本当の目標っていうのは、自分が達成したい、これがほしい、こうなってほしいって思った、自分の願望からスタートしてることなんです。

なので、ノルマではありませんし、やるべきことなんて本来はあり得ないんです。

自分がやりたい、それを自分が達成したいと思ったから目標に設定したのであって、それがやるべきことなわけではない。

多くの人の誤り

だけど多くの人が、目標を今やるべきことにしてしまっている

それは自分の願望が拡大していないからだし、周りから与えられた目標を自分のものだと勘違いしてしまっているから。

目標に対する行動がやるべきことになってしまっている。そうすると人は、それを達成するためにすごくガソリンを使うんです、使わざるを得ない。

自分がやりたいこと

逆にやりたいと思うこと、自分がこうしたい、自分が本当にこうなったらいいと思うことに対する行動っていうのは、ガソリン必要としないわけです。

だって他人から押しつけられていない、自発的な思いですからね。

ガソリンを消費しないような、自分自身の願望を持つ。すると、それに対しての行動はすごく楽にできるはずです。

満たされるために

最近の周りを見ていて多いのが、願望がもてないという人です。強い目標とか、強い願望がもてず、だから満たされない。

それは、やっぱりさっきいったような時代背景の影響も大きいと思います。日本社会が、すごく満たされている。

それは全体としてはいいことなんですけど、個人の人生っていうものを見た時には、人は満たされているが故に満たされない気持ちを抱えがちなんです。

足りないものが無い、満たされないものが無いが故に、命を燃やす、人生を完全燃焼させるような生き方っていうのがすごくしづらくなっている。

社会が満たされているから、自分から求めていかないとそういう生き方はできない。そんな、ある意味で大変な時代にいるわけです。

まとめ

ここまで、モチベーションをなぜ保てないのか、どうすればやる気を出すことができるのかといった内容について話をしてきました。

この満たされた日本の社会にあって、どうしても自然にやる気がわき出してくというのは難しいことです。なので、願望の強さが重要になってきます。

できるだけ大きな願望を持つ、人にいわれたからではなく、自分がやりたい目標を持つ。これはモチベーションを上げるうえで非常に大切な要素です。

ぜひ一度、やる気を出すために自分自身の願望を大きくする、というような発想で考えてみてほしいなと思います。