お中元の手渡しマナーを0から解説するよ!知らないと恥を書くポイントまとめ

お中元を手渡しするときにはどのような言葉を使ったらいいでしょうか。紙袋や風呂敷での包み方も気になります。

お中元を手渡しするにもマナーがあり、いろいろな注意点があります。お世話になった人への感謝の気持ちがお中元の手渡しですから、非礼のないように滞りなく手渡しをしたいものです。

親しき仲にも礼儀がありますし、お中元を渡す人はやはり目上の人になるので気も遣いますよね。できるだけスムーズに渡すように心がけましょう。

お中元を手渡しするときのマナー

お中元は、日本では昔からある風習です。こういった古い風習となるとお中元を単に手渡しするだけでなくて、細かなマナーがあるのです。

昨今は以前ほどマナーについて細かく言われなくなったような気がします。

それでも、お中元を手渡しする人は目上の人ですから、作法にしても言葉にしても気をつけなくてはいけないことが数多くあるのです。あまり、作法に気を遣いすぎたらぎこちなくなるような気がします。

年に数回程度のことですから、緊張するのも当然ですよね。特に最近はお中元を配達して済ます人も多いということですから、お中元のマナーというものをそれほど気にしなくてもよい時代になったと言えるでしょう。

お中元を手渡しするときに注意することは?

お中元を手渡しするということは、お中元を渡す人のお宅に伺うということです。ということは、お中元を手渡しする人が在宅していることを確認しなくてはいけません。

当日、うかがう前に連絡して在宅を確認してうかがってもかまわないのですが、できることなら数日前からうかがう人時間を伝えて、前方の都合を聞いておくようにしましょう

先方も急にこれから行くといわれても、面食らう場合もありますから、数日前からの連絡がマナーと言えるでしょう。

先方の時間に合わせる

急にこれから行くような電話をすることもあるかと思います。それでも、そういったときでもお昼どきや夕食時は避けるようにしなくてはいけません。

お中元を手渡しするために、うかがう時間は、午前中でしたら10時から11時で、午後からでしたら14時から16時の間がいいでしょう。当然先方が指定した時間にうかがうのがベストです。

お中元を渡すのは本当に手渡しがベスト?

お中元は手渡しをするのが基本マナーとされています。それでも、手渡しは気恥ずかしいので近くに住んでいる人でも宅配業者に頼んで配達してもらう…という人も多いですよね。

お中元を渡す人は、目上の人が多いです。ということは昔ながらの風習を大事にする人も中には少なくないと思うんですよ。

そうなると、「近くにいるのにわざわざ送料をかけて送らなくても来てくれたらいいのに…」ということにもなりかねないのです。

近くに住んでいてもできたら配達したい

近くに住んでいるのでしたら、やはりお中元は手渡しが基本ですよ。配達のメリットは相手の都合を聞かなくてもいいということです。

在宅のときに配達してもらいたいから時間指定はしたほうがいいかもしれませんが、基本的には宅配業者にまかせておいたらいい気楽さですよね。

気持ちのうえでも配達のほうがプレッシャーもかからないので気楽と思う人も多いですよね。

それでもやっぱり手渡しが基本

目上の人って若い世代よりも特に人との交流を大切にするというかしたいと思っているんですよ。ですから、配達してもらうよりも手渡しで会話をするのがすごく楽しみなんだと思うんです。

ですから、できるだけ近くに住んでいるのでしたら、お中元は手渡しで日頃の近況報告なんかもできたらいいですよね。そういうのをすごく楽しみにしていると思いますよ。

お中元の手渡しの基本的なマナー

お中元を手渡しするときの基本的なマナーを紹介します。

覚えておいたほうがいいことですけど、普通にこのくらいは…と思うことですから、気楽に考えても大丈夫です。

お中元は紙袋か風呂敷に包んで持っていく

お中元は箱のまま、のしが見えるような形で持っていってはいけません。必ず紙袋に入れるか風呂敷に包んで持っていくようにしましょう

風呂敷となると包み方もあるので、紙袋のほうが気楽かもしれません。

手渡しは両手で差し出す

お中元を手渡しするときは、紙袋や風呂敷から取り出して相手の名前が先方から読めるようにして、手渡しします。

手渡しのときは時効の挨拶を添えて、両手で渡すようにしましょう。「いつもお世話になっています。気に入ってもらえたらいいのですが…」くらいのシンプルな言葉添えでいいですよ。

まとめ

お中元は古い風習だから細かなマナーがあるのでは…と思う人が多いと思います。しかし、お中元も必ずしなくてはいけないというものではなく、気持ちといった面が強いです。

ですから、古い風習といっても細かいマナーがあるわけでもありません。普通に一般常識的なもので大丈夫です。

それよりも手渡しのメリットは、先方の息災を確認できるメリットが大きいですよね。年に何回もないので是非とも手渡しでお中元を渡したいものです。

お中元は手渡しで手紙を添えるのがマナーです!

お中元の渡し方は手渡しがいいのか郵送がいいのかどちらでしょうか。「普通にお中元は配送してるけど…」このような声が多いはずです。

「お中元は手渡しのほうが良いような気がするけど遠方の人もいるし…」確かにそうですよね。お中元を渡す人が近くにいるのか遠方なのかによっても渡し方は変わってきて当然なのです。

それでも、お中元をは直接会って手渡しをし、さらに手紙を渡すのがマナーということらしいですよ。

お中元は手渡しがいい?それとも配送でもいいの?

お中元商戦はどのデパートもショッピングモールも大賑わいとなります。昔ほど人との関わりが薄れてきているのでお中元を渡さないとか会社で禁止しているといったところもあるようです。

それでもお世話になった人にお中元を渡すのは古来からの日本の風習ですよね。遠方の人にはデパートでそのまま配送しているといった人も多いのではないでしょうか。

手渡ししたいのはやまやまだけども遠方だから仕方がない…これは当然のことですよね。それでもお中元の基本は違うようなんです。

お中元は手渡しが基本です

お中元は手渡しが基本のマナーのようです。これはそれほど浸透しているわけではなく、普通にお中元を配送している人も多いでしょうから、いまさら?という人も少なくないと思います。

もちろん本来はそうなんだけど…ということで聞き流しても大丈夫ですよ。昔からの風習ですから、昔はとくに近くの人にお中元を手渡しで渡していたからこそのものでしょうからね。

手渡しと配送はどちらを選ぶ?

それでは、近くに住んでいる人にお中元を渡したいときはどうしたらいいのでしょうか。遠方では間違いなくお中元は配送でいいしょう。

それでは近場の人ではどうでしょうか。近場の人でもわざわざ手渡ししない、という人もいるでしょう。

変に気を遣わせるといったこともあるでしょうし、渡すだけなのに長話になるのも疲れるから…という人もいるでしょう。それでも近場だったら、自宅にうかがって手渡しをしたほうがいいでしょうね。

基本的に手渡しと配送とどちらが正しいというものではありません。手渡しできるくらいの近くでしたら、できるだけ手渡しをということですね

お中元の手渡しと配送のそれぞれのマナーを考える

お中元を手渡しする場合、そして配送する場合の注意点やマナーといったものがあります。基本マナーを大事にして相手に対して失礼のないようにしたいですね。

そこで、手渡しの際、さらには配送する際のそれぞれ気をつけたいマナーを紹介します。

お中元を配送するときのマナー

お中元を配送する際のマナーですが、「のし紙は内のしにする」ことに気をつけましょう。これは、配送のときの基本的なマナーです。

内のし、外のしというのはのし紙の基本的なマナーですからしっかりと覚えておきましょう。

そして宛名ですが、個人宅でしたら、相手の名前を書くので問題ありません。宛先が企業名でしたら、さらに渡したい人の名前も直接書くようにしましょう。

「会社」に送りたい場合でも、代表取締役社長名で送るのが基本です。そして、配送する際の送り状が大切です。

送り状というのは、相手への感謝の気持ち、さらにはお中元を確かに送付したということを伝える役目があります

何の連絡もなくお中元だけが届くというのは非礼にあたりますから、送り状の存在というのはかなり重要ですよ。

お中元を手渡しする際のマナー

お中元を直接手渡しする場合は、のし紙を外のしにして渡します。そして、お中元のくるみかたですが、風呂敷あるいは紙袋に入れた状態で自宅を訪問します。

渡し方の手順としては、時候の挨拶と日頃の感謝、そして風呂敷あるいは紙袋からお中元を取り出して、のし紙の表書きが相手に見えるようにして両手で持って手渡します。

お中元を手渡しするときの注意点

お中元を手渡しするときの注意点ですが、時効の挨拶など手渡しするときの言葉など、どうしたらいいのかわからないということもあります。

また手紙の内容をどうするかなんてことも考えなくてはいけませんよね。

お中元を手渡しするときの言葉

お中元は7月から8月にかけて渡すものですから、時効の挨拶は「暑いですがお体に気をつけてください…」「つまらないものですが…」とありきたりですが、シンプルな言葉のほうがいいですよ。

凝った言葉で長い挨拶にならないようにしましょう。一言感謝の言葉も添えるようにしてください。

お中元に手紙を添えたい

手渡しの場合はお中元に手紙を添えるのもマナーです。手紙を添えないという考え方もあります。

渡す渡さないが非礼に当ることはないので、これは気持ちです。ケースバイケースになるのですが、お中元を渡してすぐに退散するような場合は、あらかじめ手紙を用意しておきましょう。

内容は日頃の感謝の気持ちを便せん一枚程度でいいです。何も書いていない便せんも一枚足してくださいね。

まとめ

なんとなく渡している、あるいは配送しているお中元です。年々少なくなる傾向にあるというお中元ですが、手渡しにしても配送にしても最低限のマナーをしっかりと守って非礼のないようにしたいものですね。

特に手渡しの場合は直接の挨拶や感謝の言葉は照れくさいものですが、その気持ちを是非とも手紙に書いてお中元に添えて渡したいものです。

本来は手紙も基本的なものなのですが、いつのまにか手紙を添えることもなくなりました。この機会に大切な人へのお中元には手紙を書くのもいいかもしれませんね