グローバル化で必要な能力!正社員体制が崩壊していくこれからの時代を生きる人が仕事を確保し続けるために必要なこととは!

これから正社員の時代が終わり、副業の時代がやってくる」という話をしていきたいと思います。
さっそくですが、まず日本の労働体制ついてすこし言及したい。

敷かれたレールの崩壊に気付いているか

日本では、終身雇用及び年功序列の制度というのが崩壊しつつあります。

話すと長いので、短く言うと、
現社会人が務めている企業が、それぞれが定年を迎える年まで存続している可能性が極めて低いからなんですよね。

また基本的に、企業の生存率というのは統計的にとても低いんですよね。例えば二十年後や三十年後にも残れているのは一部の限られた企業のみです。

世界的に活躍しているグローバル企業や、政治と癒着した企業、ビジネスモデルがしっかりとした企業でなければ、あなたが定年まで残っている可能性は極めて低いということです。

そうすると、いくら正社員だとしても、定年まで会社に勤められるという保証はないのです。

正社員はグローバル化社会の中で溶けていく

1x1-trans_-5621691

本来、終身雇用というのは、正社員のメリットであり、正社員を定義するものなんですよね。

ですが実際は、「会社が存在するあいだの雇用」に過ぎず、永久的な雇用が保障されているわけではないのです。

日本もグローバル化社会の中に必ず入る

日本は将来的に、どんどんグローバル化が進んでいく国です。

グローバル化とは、海外の人や物、そしてお金が国境を越えて日本に入ってくることを意味します。
そうすると、企業は日本人ではなく、海外の安い労働者に仕事を委託していくようになります。つまり、日本人雇用の需要が減っていくのです。

例えば、アメリカのプログラマーが数十万単位で請け負う仕事をインドの凄腕のプログラマーにプログラミングを外注しても5万円程の安価で済むという話なんかはザラなんですよね。

このようになると、日本はコストの安い外国人労働者を取り入れて、グローバル化していくことになります。

会社からしたら、日本人かどうかより
利益をあげるのが大事なわけです。
その場合、コストが安い方が採用されます。

また、海外では正社員という地位が優遇されていないことが多く、日本のように、正社員が解雇されづらかったり、賃金が高かったりということがありません。

もしグローバル化が進めば、こういった雇用制度に対する考えかたも取り入れられることになっていきます。

正社員の特権は必ずなくなる

例えば、現に日本でも現在、『同一労働同一賃金の導入』というのが検討されています。

同一労働同一賃金というのは、働いている時間や量が同じであれば、非正規の人も正社員と賃金を統一しようという制度で、主に欧米やヨーロッパでも導入されている制度です。

日本もこの先、必ずこの同一労働同一賃金を導入していくことになると思います。
有名な格言があって、アメリカやヨーロッパで起こることは、時間差を置いて日本でも起こります。

もし正社員と非正規社員の賃金や待遇が統一された場合、定年までは勤められる保証もない上、
賃金の優遇もないということになりますので、正社員のメリット自体がなくなってしまうことになります。
そして、正社員だという重い責任だけが残るのです。

そうすると、正社員になりたいとのぞむ人の数は減ってしまいます。
そして必然的に、正社員という制度自体をなくそうという動きが出てくることになります。

ぼくたちが生きるのはパラレルキャリアの世界

これからやってくるのは、パラレルキャリアの時代でしょう。

パラレルキャリアというのは、『一人で複数の仕事をもつ』という、ドラッガーも提唱している定義のことです。

これからは、「いつ解雇されたり倒産したりしてもおかしくない職場のみに身を置くのは危険だ」ということに気づいた人々が、副業というかたちで複数の組織をまたぎリスクヘッジする時代が到来するのです。

パラレルキャリア時代到来に必要な事

それでは、そう遠くないパラレルキャリアの時代に備えて、人々が今何をするべきか。

それは、自分の強みを磨き、お金に換金するスキルです。
これをしておかなければ、これからのグローバル社会を生き抜くことが難しいでしょう。

まとめ

これからは
自分だけのビジネスを持つか、自分だけのスキルを磨いて下さい。
自分にしかできない仕事というのは、たとえグローバル化やパラレルキャリア化が進んだ社会でも、非常に強みになると保証します。

パラレルキャリアの例!正社員だけでは生き残れない。敷かれたレールの崩壊に気付いているか?

こんにちは。今回はパラレルキャリアについて詳しく話していきます。

これからはパラレルキャリアの時代

これからは正社員として丁稚奉公する時代は終わって、これからはさまざまな肩書を持って活動をするパラレルキャリアの時代です。

具体的にサラリーマンの方とか、大学生の方とかがどうやってパラレルキャリアを実践していくか。

このまま正社員として入って、その会社が終身雇用するというのはもうほぼありえないと思うんですよね。

残念ながら今の若者が会社に入って、60過ぎまで勤めるというのはほぼ無理な話。

会社の寿命は短い

これからは否が応でもパラレルキャリアになっていくんですね。

会社以外でも肩書を作ろうということなんですけど、会社が倒産、またはクビになるリスクというのを常に想定しておいてほしいんですね。

会社の寿命というのがあって、ほとんどの会社が10年経つと8割くらい消えるといわれているんですよ。

よっぽどの大企業でない限りは10年後20年後に倒産する確率が高いんですね。

多くの肩書がもしもの時の役に立つ

クビや倒産のリスクを常に想定しておいて、会社だけではなくほかでも肩書を持ってほしいんですよ。

そうすることによって、リスクヘッジになったりだとか、会社以外の世界をみることによって自己成長するということもできるんですね。

ぼくのオススメを例として上げるなら労働者以外で、投資家と自営業の肩書を持ってほしいんですね。あわせて3つですね。

労働者、投資家、自営業、この3つの肩書を持つのがいいんじゃないかなと考えています。

パラレルキャリアを目指すには

肩書を複数と聞くとなんとなく難しそうでそんなに時間がないと思われるかもしれません。

最初は簡単なステップからパラレルキャリアを目指しましょう。

貯金と自己投資

手取り20万のサラリーマンがパラレルキャリアを実践していくにはまずは「貯金」と「自己投資」をしていかなければならないんですよね。

給料が入ると車や高級ブランドの時計を買ったりする人がいるんですけど、若いうちはしっかり自分のためにお金をとっておいてほしいんですね。

まずは車のローンだとかの借金のために払うのはやめて、手取り20万だったら1割の2万円をじぶんのためにキープして、残りを生活費にあててほしいんですよ。

スキルアップをして自営業を始めよう

具体的にどうすればいいかというと、手取り20万のサラリーマンは1割の2万円を自己投資した方がいい。

自己投資でスキルを高めつつ、ある程度高まったら自営業としてスモールビジネスをやってほしいんですね。

ぼくのオススメはネットビジネス、つまりアフィリエイトなんですけど。

会社員の肩書以外にも自営業っていう肩書ができますよね。

仮に副業でアフィリエイトをはじめたら、肩書が会社員またはアフィリエイターになってくると思うんですよ。

これもまたパラレルキャリアを実践しているということになるんですよね。

余った給料は投資に

さっき貯金と自己投資にまずお金をあてろというお話をしました貯金に1割、自己投資に1割。

残り8割が余ると思うんですけど、それは生活費にあててほしいんですね。

それから、貯金、生活費、自己投資にあてて、給料が余ったら残りのお金で投資っていうのを始めてほしいんですね。

この投資家というのにはかならずならなければならないんですよ。

そうしなければお金は増えないですし、ずっと労働者のままとして働くことになるんですよね。

パラレルキャリアに投資家はうってつけ

1x1-trans_-3802628

あなたが一生汗水たらして働きたいというのなら別かもしれないですけど、

ちょっとリタイアしたいなとか、お金に困りたくないなとか、そういった人はかならず投資をはじめなければいけないんですね。

おすすめの投資先

ぼくのオススメは投資信託インデックスファンドです。インデックスファンドっていうのに余ったお金を投資してもらいたいんですね。

仮に、貯金と自己投資と生活費で手元にまだ余裕があるなという感じになったら、そのお金を積み立ててほしいんですね。

積み立てなので株とかFXみたいに急にお金が増えるとかではなくて、ちょっとずつ市場の成長率とともに自分の資産が増えていくというのが積み立て投資なんですね。

毎月ちょっとずつお金が余ると思うので、余ったお金で投資をしてほしい。

そうすることによって、ただの労働者じゃなくて、自営業としても活動して、投資家としても活動するという3つの肩書っていうのができるんですね。

これを実践してほしいんですよ。

パラレルキャリアを実践する意味

1x1-trans_-3802628

このまま、今までの常識みたいにどこかの会社に入って、定年まで丁稚奉公しようとかそういった時代というのはすでに終わってるんですね。

かならずパラレルキャリアというのは実践しないといけないんですよ。

そうしないとあまりにもリスクが大きすぎるというか、結局困るのは自分なので、パラレルキャリアというのを実践する必要があるんですね。

パラレルキャリアに必要な肩書

今E(employee:従業員)の人は、まずS(self employed:自営業)もやって、投資家としてinvestor、投資信託も買ってみてほしいんですよ。

今無職の人はとりあえずどっかの会社に入るなり、自分でアフィリエイトをするなりして、お金の余裕ができたら投資も始めると、このI(investor)の肩書も持つ。

イメージとしては、このEとSとIの3つの肩書を持ってほしいんですよ。

B(business owner:事業主)はどうなのかというと、Bはビジネスオーナーなので自分でビジネスをもっていないとダメですよね。

人とか物とか金、大量にお金がある人だったら会社を買ったりしてビジネスオーナーになれるかもしれないけど、何もない人にとってはいきなりBは無理なんですよね。

だからまずお金がない人はパラレルキャリアを実践して、EとSとIになってほしいんですね。

まとめ

アプローチなんですけど、最後にこれは復習として話していこうかと思うんですけど、給料の2割を貯金と自己投資にあててください

各1割なので貯金1割、自己投資1割、これをまず最優先でとっておいてほしいんですね。

変な無駄遣いとかしないで。残りを生活費にあててほしいんですよ。

生活費というのも節約できる分は節約して、収入の範囲内で生活してください。

副業としてさらに3つ目なんですけど、スモールビジネスとして自営業をやってほしいんですね。

ぼくのオススメはアフィリエイターであったりとかライターとか、そういったことをやることをオススメします。

4つ目、貯金、自己投資、生活費を差し引いてお金が余ったら、インデックスファンドに投資。

副業で始めたスモールビジネスの収入というのも投資にあててもいいと思いますし、自分の自己投資にあててもいいと思うんですよね。

こうすることによって、労働者、自営業、投資家というパラレルキャリアになることができますね。

大事なことなのでいつもより少し長めのまとめになりました。

ですが、これからは複数の活動をしてパラレルキャリアを実践していってほしいなと思います。