人間関係が作れない〜構築できないあなたが見直すこととは何か

どうしても人間関係が作れない、なんとか自分を変えたいって悩んでいるひとはおおぜいいると思うんだ。

おそらくそんな人は「より良い人間関係をつくるには」とか「口べたを克服する方法」とか本やネットで、なにか自分に役に立つことはないかと、必死にわらをもつかむつもりで色々と読みあさっていると思う。

きっとあなたもその中のひとり、だっていまこれを読もうとしてるんだから。

でも最初にいっておくよ。あなたをすぐに変えるような劇的な特効薬はこの中にはないよ!むしろゆっくりと効いてくる漢方薬のようなもの。

それでもいいって言うのなら、しばらくつきあって下さい。

薬の効用

さっきこれから話す内容はゆっくりと効いてくる漢方薬っていったんだけど、これだけじゃ人間関係にどう効くのかよく分からないよね。

まずたとえ話しってことで薬について話してみようと思うんだ。西洋医学

西洋医学は一口でいえば対処療法〜病状をしんさつして原因を診たて、その症状や炎症をやわらげる薬で、体の外側から病気やけがを治そうとする医療なんだ。

「人間関係をつくる方法」とか「口べたを克服する方法」などのノウハウはどちらかといえば西洋治療のようなもの

原因の診たてさえまちがえなければ、すぐれた即効性で効果が期待できるすばらしい薬だとおもうんだ。

でもそれには欠点があるんだ。診たてをまちがえる(誤診する)と症状の回復どころか、さらに悪化させてしまうかも知れないんだ

つまり人間関係でもノウハウにたよりすぎると診たてがドンピシャなら効果はあるけど、

人間関係をうまく作れない原因を誤診すると、まちがったノウハウをつかってしまい、ぎゃくに関係を悪くしてしまう危険があるってことなんだ。

東洋医学(漢方薬)

東洋医学の漢方薬は西洋薬のように、外側からちょくせつ患部や炎症に作用してなおす薬じゃないんだ。

ひとがもともと持っている治癒力(じぶんでじぶんの体を治そうとする力)を助けて、内側から元の体に戻そうとする薬。

いいかえれば薬で治そうとするんじゃなく、じぶんで治すのを助ける薬ってことなんだ。

もちろん診たてちがいをして、まちがった薬を処方することがあっても、もともと治癒力をたかめる目的の薬だから、症状を悪化させるリスクは低いのが漢方薬のいいところさ。

かぜ薬

かぜを治す薬はほんとはないんだって知ってた?

かぜで上がった熱を下げる薬はあるよ。でも熱は入ってきた悪いものをやっつけようと体が必死でたたかうから出るんだよ。

セキをおさえる薬もある、でもセキもおなじで肺に異物が入らないよう気管でくいとめて吐き出そうとする症状なんだよ。

熱もセキも体力をしょうもうさせるので、熱やセキを止める薬は体力をさげないようにする効果はたしかにある。けどカゼの大もとを治す力はないんだ。

じつは最終的にカゼを治すのは自分の体がもっている治癒力にたよるしかないんだ。だから最近のカゼ薬には治癒力をたかめる漢方薬とか栄養剤をまぜるのがおおくなったんだ。

ひとは○○に良く効くとか言わないと納得しないから「カゼに良く効く薬」っていうけど、じつは「回復力をたすける薬」なんだよ。

本音

ここまで薬にたとえてはなしてきました。なんとなく分かったような気がするけど、でもやっぱまだ良く分かんない!ってのが本音だとおもう。

それじゃ「人間関係が作れない」で悩んでいる人になにがいいたいのかっていうと、

「○○すればあなたは変れる」とか「○○すれば口べたが治る」っていわないと納得しないかも知れないけど、人間関係もカゼとおなじで特効薬はないってこと。

それじゃあ一生このまま悩むことになるじゃない?って思うのはちょっとあきらめが早すぎる、もうすこし付き合ってみてください。

本題にもどって

「人間関係がつくれない」ってどうゆうこと?

ほかの人とうまく接することができない。なかまとの会話にとけこめなくて、つい一人になっちゃう。苦手なひとや嫌いな人がおおすぎてこまる。人と話すのがメンドウだから無口になってしまう。

こう考えるとよけい分からなくなっちゃうよね。

そう分からなくて当たりまえなんだよ。人間関係なんてそもそも実体のないもの、人それぞれちがう性格や個性をもっているんだから、

そうかんたんにお互いの感情や考えてることが分かるわけないんだ。そのことを念頭において話しをすすめるよ。

○○はまぼろし

人とうまく接することができない、会話にとけこめない、苦手なひとや嫌いな人がいる、話すのがメンドウだ、無口になってしまう、つい一人になりがちだ、

・・・これ誰がやっているの?他人があなたにそんな人になれって言ってるんじゃないよね。そう全部じぶんで○○だと思っているんだよ。

○○な自分がいやで治したいって思うんだけど、なかなかできないから悩むんだね。

でも会話にとけこめない無口な自分、苦手なひとや嫌いな人〜これぜんぶ自分のこころが勝手につくった、実体のない幻(まぼろし)だって気づいてた?

あなたの性格は○○だっていったい誰が決めたの。○○のどこがいけないの。だれに迷惑をかけるっていうの。

いつも強引な口調で自分を主張する人がいるとする、たしかにそんな強引さに気分を悪くする人もいると思う。

でもそのひとはプロジェクトをすすめるのに誰かが引っ張っていかなきゃ前にいかない、じぶんは嫌われ者になってもいいからって気持ちで強引に主張しているのかも知れないんだ。

ひとの一面を見ただけでは○○だって決めつけられないってこと。じぶんでも同じこと、じぶんの一面だけで○○と決めるのは、まぼろしがまぼろしを作るようなものなんだ

まぼろしよ飛んでゆけ!

「人とうまく接することができない」は「うまく接するようになりたい」の裏返し。

「苦手なひとや嫌いな人がいる」は「苦手や嫌いを作りたくない」の裏返し。

「つい一人になりがちだ」は「一人になりたくない』の裏返し。

○○になりたいって気持ちがつよすぎると、かえって失敗したり、じぶんを小さくしてしまう結果になりやすいんだ。

たとえば口べたなひとが旨くしゃべろうという意識がつよすぎると、旨くしゃべれなかったどうしょうっていうプレッシャーが、かえって縮こませてしまうかもしれない。

旨くしゃべろうと思うからいけないんだ。口べたのどこが悪いの、口べたで結構じゃないか。口べたで成功した人はいっぱいいるよ。

なぜって、そういうひとは旨くしゃべろうなんてちっとも思わないんだ。

はなし方は下手でも借りものじゃない自分のことばで信念を持ってしゃべるから、相手のこころに響いてつたわるんだよ。

ありのままの自分をさらけ出すから信頼されるんだ。こうきけば「口べた」っていうまぼろしがどっかへ飛んでいった気がしないかい。

話し上手〜でもほんとはひとり

コミュニケーション能力がたかく人間関係をうまくつくっているひとがいるとします。話しもうまく人気もあり友だちも多いようです。

あるときそのひとが仕事のことで悩みました。親友の一人に相談して悩みをうちあけました。

でも親友のアドバイスは参考にはしたけれど最終的にはじぶんひとりでいく道を決めて悩みをのりきることが出来たんです。

ここで大事なのが「じぶんひとりで決めた」ってことなんだ。もし仮に親友のアドバイスどおりに行動して失敗したら、親友をうらんで友だちを失っていたかもしれないからね。

友だちや相談できる仲間がいるってことは、気がらくになり精神的にはものすごく助けになる

でもこんなに社交的で友だちがたくさんいるひとでも、決断する時は自分たった一人(孤独)だってことなんだ。

口べたでも、話し上手でも、気が小さいひとでも、社交的でも、最後はみな同じようにたった一人(孤独)できめるってこと。

もうひとついっておきたいのは○○だっていうまぼろしに捕われないで、○○のままで結構なんだ。

あるがままの自分でじぶんのことばで話し、自分で決めて行動すれば、いつかそれに同調するなかまが必ず現れるよ。

まとめ

いままでいろんな角度から人間関係をはなしてきたんだけど、ここらでまとめてみよう。

◆薬の効果を過信するな〜一時的なノウハウは危険をはらむ。

◆一面だけでひとを判断するな〜かならず他の一面があるはずだ。

◆こころにまぼろしを作らない〜自分を勝手に○○だと決めつけるな。

◆むりに自分を変えようとするな〜あるがままの自分でいなさい。

◆人のこころをつきつめれば最後は必ずひとりの自分〜決断は必ずじぶんでしよう。

以上のことは、あくまで漢方薬なんだ。あなたがもともと持っている治癒力に作用して、悩みを解決する助けになるとおもうんだ。

あるがままの自分に自信をもつこと。豊かな人生を送れることをを願っておわりにしたいと思います。さいごまで読んでくれてありがとう!

コミュ障の男性に向いているおすすめの仕事はこれだった!

コミュ障の男性に向いている仕事は少なくありません。中にはおすすめの仕事もあるでしょう。

仕事をするにはそれでいいのかもしれませんが、職場というのは仕事だけではなく、多少なりとも対人関係も重視されます。反対に一人だけで仕事をすることは不可能と考えていいでしょう。

コミュ障の人でもどこかで歩み寄りをして対人関係を構築していかなければいけないのです。そういった人に向いている仕事をここでいくつか紹介します。

コミュ障の男性にやっていける仕事はあるの?

コミュニケーション障害、いわゆるコミュ障の人のことですが、これって病気なんでしょうか。

人によれば一種の精神疾患ということで病気と定義している人もしますし、単にコミュニケーションが苦手な人のことをコミュ障と呼んでいます。

多くの人は後者ではないでしょうか。あまりにもコミュ障の人を重い病気でとっつきにくいというように思う風潮のほうをどうにかしなくてはいけないですよね。

ということで、とかくコミュ障の人は仕事ができないとされているのですが、実際にコミュ障の人に向いている仕事ってどんなものなのでしょうか。

コミュ障の男性だと仕事ができないの?

よく言われますね、コミュ障だと仕事ができない。特に報連相ができないのが致命的なんだそうです。

これって、コミュ障じゃなくても社会的常識のない人ができないというだけだと思いませんか?コミュ障の人は人との関わりが苦手なだけであって、決められた仕事はきちんとこなす人が多いですよね。

イメージを払拭しなくてはいけない

コミュ障の人はどこか損をしている部分もあります。人との関わりが苦手なだけであって仕事ができる人は多いんですよ。

もちろんコミュ障の人も人に歩み寄る姿勢を見せたほうがいいのは間違いないのですが、周囲の人も変な偏見を持つのを止めたほうがいいですね。

ここは両者が歩み寄るのが理想的と言えるんです。

とはいっても、周囲の人はコミュ障の人は扱いにくいと思っていますし、コミュ障の人はできれば人と会話したくないと思っているので、極端に言えば水と油みたいなものかもしれません。

それでも、コミュ障の人が仕事ができないということではないんですよ。ここだけははっきりとしておかなければいけませんよね。

内職が向いている?

自宅でできる仕事だったら、人との会話も最低限で済みますし、コミュ障の人にはうってつけの仕事のように思えます。

実際のところはどうなんでしょうね。

ライターという仕事はどう?

インターネットを利用して情報を収集するというのは今では当たり前のこととなっています。スマホも普及してその傾向はますます強くなっているといってもいいでしょう。

そのような中で、情報提供サイトは数多くあります。個人でもブログを利用してさらにはTwitterやFacebookなどもありますから、情報提供のサイトはますます増えて行く傾向にあるんです。

そのような情報提供の一翼を担っているのがライターですね。ライターを生業にしている人はすごく増えています

自分でできる仕事ですし、在宅が基本です。そうなると人との関わりもメールだけで済むので、コミュ障の人には最適と言えるかもしれません。

ライターで食べていける?

これは記事単価にもよりますし、食べていくにはかなりの仕事量をこなさなくてはいけません。

名前を売ってさらに単価アップの交渉をすることができるようになれば、雑誌ライターということにもなればかなりの高収入が期待できそうですよ。

しかし、しごとあってのものですから、そこにもコミュ能力というのが必要になります。また、文章作成能力がある程度必要になること、コツコツできるタイプの人でなければ向いてないですけどね。

自分だけできる仕事ってけっこうあるみたい

探せば必要最小限の会話で済ますことのできる仕事はたくさんありますよ。ただし、工場勤めに代表される単調な仕事が多いのが玉に瑕です。

コミュ障だから仕事の能力が低いというわけではないので、そのような仕事はもったいないという気持ちもありますよね。

新聞配達に警備員など…

新聞配達は、新聞を配るだけです。朝早いのと雨の日や冬の日が辛いですけどそれを乗り越えれば、新聞の束を受け取って新聞を配るだけで、給料日は銀行振込でお金が入ります。

契約者の若干の増減に対応するくらいのコミュ力で仕事ができるメリットはかなり大きいですよね。他にもビルの警備員というのも捨てがたいです。

知的な仕事ももちろんありますよ

プログラマーなどはどうでしょうか。コミュ力はかなり必要ですが、我慢できる程度で自分の世界に没頭できます。

好きな人でしたら、自信にもなりますし、自信のある仕事でしたら、説明することも苦にならないかもしれません。

プログラムを組む能力がある人でしたら是非ともチャレンジしてもらいたい仕事ですよ。

まとめ

コミュ障の男性だからといって仕事の能力が人よりも劣っているというわけではありません。むしろ製材能力は普通の人よりも優れているかもしれないのです。

それが、コミュ力がないというだけで単調な仕事を甘んじて続けている人も多いのが悔しいところですよね。コミュ障の人もそういった部分の殻を打ち破って外に打って出るような、気持ちをもってもらいたいと思います。

ちょっとした勇気で簡単にできると思いますけどね。

コミュ障の人は就活そのものが無理って偏見を打ち破ろう!

コミュ障の人は総じて人見知りですね。コミュニケーションが苦手で、人前にはできたら出たくないという人ですから盗電です。そうはいってもコミュ障でも働かなくてはいけません。

そうなると就活をしなくてはいけないということなのですが、「わたしには無理」とあきらめている人も少なくないでしょう。始めからあきらめていては人生を切り開くことはできません。

無理ではなく、コミュ障でもやるんだという意気込みが大切なのです。

コミュ障をカミングアウトするべき?

企業が就活生に求めている能力の第一位はこの10年で連続して「コミュニケーション能力」となっています。

これは誰でも思うことですが、一人で悩んでストレスを抱え込む人も多いとされている社会人生活の中で、コミュニケーション能力が高いと、そんなときでも立ち直る能力が高いと思うからですね。

企業が就活生にコミュニケーション能力を求めているということで、コミュ障の人は自分が「コミュ障である」とカミングアウトする必要があるでしょうか。これって難しい問題ですね。

結論として就活の際に、コミュ障であるということは伏せるようにしましょう

企業が求めているコミュニケーション能力って何だろう

企業が求めているのは、理解力と伝える力です。これって社会人の基本中の基本ですよね。

意外と求めているコミュニケーション能力のハードルが低いと感じませんか?実際のところはこんなものなんですよね。

それでも、これができないからコミュ障と言われる所以なのですが、ハードルが低くて普通の人には簡単に見えることだからこそ、コミュ障を就活のときにカミングアウトしてはいけないのです。

だから、就活の際は無理とは思わずに普通の学生と同じように頑張らなくてはいけないのです

面接のときだけ頑張る!

コミュ症をカミングアウトしない…それって詐欺では?

別に聞かれていないことをこちらから積極的に言う必要はありませんし、コミュニケーション能力があるかないかというのも概念的なものですから、自分で「コミュニケーション能力はある!」と信じるんですよ。これってけっこう大切です。

面接時間てせいぜい10分くらいですからね。そこだけ頑張ってコミュ障でないかのようにふるまいましょうね。

社会人と学生の違いを理解する

社会に出てみると改めて思うのが学生ってまだまだ幼いな、というものです。これって就活の際の面接でもかなり痛感すると思います。

就活の時はそれまでの学生生活では感じなかった別世界を感じることになるのですから当然ですよね。ですから、学生気分でいたら就活って乗りきれないんですよ。

これは、おそらく大学でも講習なんかがあって教え込まれると思いますし、専門学校でしたら就職率が全てですから、学生に徹底的に面接対策なんかの講習があるんです。

コミュ障でも克服できる!

コミュ障だから、就活は無理って思っている人って多いんですよ。でも、働かなくちゃいけないですよね。

新卒の時に就職のタイミングを逃してしまうと、後で社会復帰するのって大変なんですよ。それと企業に入っての新入社員研修というのはそのときだけ、つまりは人生の中で一度きりです。

それだけでも、って言うのは言いすぎですけど、新入社員研修というのは社会で生きていくためのものですから、これだけでも受けておくことは人生のプラスになるんですよ

就活対策としてOBに話を聞いてみる

大学でもOBが学生の募集に訪れることも多いでしょう。OBの話を聞くのはとても大切ですよ。

自分の志望する企業でしたら、尚更ですよね。面接の雰囲気や自分のときはこうだったといった逸話などを聞いておくと、実際の面接のときに大きなプラスになるんです。

面接練習を繰り返す

初対面の人と話すのが苦手というのは誰でもそうだと思うのですが、コミュ障の人は致命的に苦手ですよね。それは面接のときにはさらに緊張度がアップして、逃げ出したい人もいるでしょう。

実際に直前に席を立ったという人もいるくらいです。そのようなコミュ障の人はどう対策をとったらいいのかというと、ぶっつけ本番を迎えるよりは、面接練習を繰り返したほうがいいのは当然のことですよね。

緊張するからうまく言葉が出ない

聞かれたことにうまく答えられないのは面接でもよくあることです。しかし、致命的なのは言葉が出ないことなんですよ。

一人に与えられた面接の時間というのはせいぜい10分くらいです。沈黙の時間は短いといいますけど、面接担当者は、言葉を開いてくれるまで我慢強く待ってくれますが、そういったときの時間というのはあっという間ですよ。

何も話さないまま面接が終わってしまったら、よほどの学力や内申が良くなければ落ちてしまうでしょう。ですから、あらかじめ、面接練習を繰り返しておくことが大切です。

自分には無理だと思わない

働いて食べていかなくてはいけません。働く前から無理だとあきらめないようにしましょうね。

面接の練習は無駄だという人もいます。しかし、コミュ障の人には練習は大切ですよ。

まとめ

面接に限らないのですけど、就活は人前に出ることが多いです。人前に出ることが苦手なコミュ障の人には苦行が続きます。

それとコミュ障であることはカミングアウトしなくても、なんとか就職して社会人になってからでも克服することはできます。たかだか10分の面接時間でそれをカミングアウトする必要はありません

それよりもその10分に全精力を傾けてそのときだけでもコミュ力を上げる努力をしてくださいね。

コミュ障でも高学歴だと就活は有利になるの?それとも不利?

高学歴だとそれなりの企業に就職できるでしょう。それは、企業側が専門知識が豊富な学生を求めているといった事情もあります。

しかし、問題なのが高学歴でもコミュ障の学生の就活です。高学歴の学生を求めている企業も、高学歴であってもコミュ障の学生だったら採用に二の足を踏むかもしれません。

高学歴とコミュ障という組み合わせがマイナスの相乗効果を出しているのも否めないからです。どうしてそうなのか、何か対策があるのか、考えてみました。

高学歴でもコミュ障が就活の障害になることも

高学歴だと、知識も語学もあり、それを仕事に活かせるので就活に有利に働くことが多いでしょう。企業もそんな人材を求めていることは間違いありません。

就活戦線の中でもそんな高学歴の学生は勝ち組となるのは間違いないのです。一方でそれに「コミュ障」という言葉が付いたらどうでしょうか。

これってかなり気になるワードですよね。

コミュ障だとアピール力に欠けてしまうかも

せっかくの高学歴なのですが、自分の能力を就活の場でうまくアピールできないのがコミュ障学生のウィークポイントといってもいいでしょう。

これだからこそコミュ障というものなのですけど、就活となるとやはりデメリットとなってしまうんですよね。

アピールするもしないもそんなのは、履歴書を見たらわかるのでは?多くのコミュ障の人は思うでしょう。しかし、そうではなくて、面接の際は自分の言葉でアピールしてもらいたいということなんですよね。

その場で自分で高学歴をアピールできるかどうかってかなり重要なことなんですよ。

高学歴をアピールするのってどうしたらいいの?

大学でこんな勉強をしていました…そういったこともいいでしょう。でも、何か足りないとは思いませんか。

大学でできることと企業でできることって違うんですけど、それでも就活生は大学での勉強しかアピールすることはりませんから、もっと詳細にこの部分に明るいとか、知識ではだれにも負けないと言い切れたらすごいですよね。

それがコミュ障だとなかなかうまく言えないんですよ。

コミュ障の場合高学歴が邪魔をする?

コミュ障だからこそ先々のことを考えて、高学歴を取得したと考えたいのに、それが就活では不利に働くということがあるのでしょうか。

これは、コミュ障だからこその問題ですね。高学歴は就活の邪魔にはなりません

むしろメリットと考えないと高学歴になった意味がないのです。大事なのは如何に高学歴なのか、どういったことをしてきたのかを説明できる会話力なんです。

高学歴だというプライドが邪魔をする場合もある!?

高学歴であるというプライドはあったほうがいいでしょう。それが糧になるからです。

しかし、コミュ障の場合はそのプライドが変なふうに邪魔をしてしまうんですよね。プライドが高くて自分を表現するのが不得手ですから、人からの印象が悪くなってしまうんです

そのプライドの高さが就活のときの面接の場で出てしまったら、うまくいかないときがあるんですよね。

高学歴だから大企業への就活しか考えていない

これはある意味正解です。高学歴で知識の高さや専門性を活かせるのは大企業が一番です。そこで克服したいのがコミュ障ですよね。

コミュニケーションの能力が圧倒的に低いのがコミュ障ですから、せっかくの高学歴がコミュ障ということでせっかくの知識が宝の持ち腐れになってしまうケースもあるのです。

反対にコミュ症の克服よりも、知識を活用してくれる企業を探すための就活をしたほうがいいかもしれませんよね

高学歴にありがちな気をつけたいこと

変なプライドなら持たないほうがいいです。高学歴の人はそういった面が多々あります。

また、コミュ障の人でしたら、自己表現ができないのにプライドが高いので、さらに悪い評価を受けがちとなるのです。その点には十分に気を付けるようにしましょう。

コミュ障だからと言って自分の殻に閉じこもっていては、何の解決にもならないのです

周りを見下してしまう

高学歴の人がしやすいのが人を見下してしまうことです。知識をひけらかす自慢にもつながります。

特にコミュ障だと、会話ができないのに、自分の優位なところはここで挽回しようと饒舌になりがちなのです。

対人関係でも気をつけたいのですが、就活の面接のときにそういった面が顕著で多弁になってしまうと面接する人も引いてしまうので気を付けるようにしてくださいね。

面接する側の心理は?

コミュ障だとわかると、採用しても扱いにくいだろうなという意識になってしまいます。専門性を買われて採用される場合もあるかもしれませんが、極端なコミュ障だとマイナス面ばかりを指摘されることも多いでしょう。

できるだけ就活の際には、コミュ障と悟られないようにしたいものですね

まとめ

コミュ障だからダメだと思わないことが大切です。まずは自信を持つようにしなくてはいけません

高学歴の場合、自信が変なプライドを持ってしまって、人を見下してしまうこともあります。そういったことがないようにしたいものですね。

それと、コミュ障だからだめだと思わないことが大切なんですけど、企業が求めているのはコミュニケーション能力だということもしっかりと意識しておかないと成功する就活も失敗しかねないので気をつけてくださいね。

コミュニケーションが苦手な人の原因と克服法は?

人とのコミュニケーションが苦手…という人の共通点は人と会話をすることが苦手な人が多いということです。それではどうして苦手なのでしょうか。原因は様々なことが考えられます。

会話をすることが苦手というのは、自分に自信のない人が多いのも特徴といえます。そのあたりが原因ならそこを克服していくことでコミュニケーション力を上げていくことができそうです。

まずは原因を探りそこから克服法を見つけていきます。

気が小さいというのは性格によるもの?

気が小さいのは性格だから、コミュニケーション不足を克服するのは難しい…と考える人も多いでしょう。

しかし、テレビに出ているタレントやお笑い芸人の中にはコミュニケーションがうまくとれない、気が小さいという人でも人気が出たり、話しがおもしろかったりしてお茶の間の人気者になっているケースが少なくないのです。

ですから、気が小さいというのは克服できますし、実際に生きた教材がたくさんあるのです。

気が小さいということは克服できる

気が小さいから何をするにも積極的になれない…というのは自信がないの一点に尽きます。それは何かがきっかけとなって簡単に克服することができるのです。

そのきっかけは様々なものですが、それを呼び込むためにも人前に出ることを止めてはいけません。人前に出るだけでも気の小さい人には勇気が必要です。

だからこそ、人の前に出続けることでいつのまにか自信が芽生えてくるのです。

経験値が不足している

これも自信のなさと関係しているのですが、気が小さいというのは、圧倒的に経験値が不足している場合が多いです

ある意味世間を知らないと言ってもいいかもしれません。

会話が続かない、話題が少ないというのは、視野や見聞が少ないということになるのです。まずは見聞を広めることで、新聞を読むなどをしてもいいでしょう。

話しのうまい人というのは、人を惹きつける話しのできる人です。そういった人はあらゆることに精通している人、すなわち経験値の高い人と言えるのです。

プライベートな話しができない

プライベートな話しができない人は、仕事の話しかできないということです。いわゆる仕事一筋の人で他に趣味がないといった人物像が浮かんできます。

他に趣味がないというわけではなく、仕事の話ししか興味がないという人もいるでしょう。人と会話が続かないと言う人は、仕事以外の話しができないからです。

仕事上での話しでも、息抜きに仕事以外の話しにもなるでしょう。しかし、仕事の話しかできない人はすぐに仕事の話しに切り替えるので、相手も苦手意識をもってしまうのです。

事務的な話ししかできないときは

プライベートな話しが苦手で事務的な話しかできない人…これはある意味間違いで、できないのではなくて「しない」と考えていいでしょう。

仕事の話しはできるのですから、コミュニケーション能力がないわけではないのです。

この場合は仕事以外の話しができればOKということですから、それほど難しいことではありません。

仕事以外の話しをしてみる

当たり前のことですが、仕事以外の話をしてみましょう。たいていの人は仕事以外では何を話していいのかわからないという人です。

それなら、昨日見たテレビの話でもいいでしょう。スポーツの話でもいいです。なんでもいいから話すのです。

相手の趣味趣向が分からないという場合でも、何かを話すことでそれが次の会話の呼び水となるのです。

過去の失敗体験が邪魔をしている

コミュニケーションが苦手という人は、過去の失敗体験が邪魔をしていることがあります。人前で失敗することは恥ずかしいことです。

それが、大きな失敗体験としてひどい場合は対人恐怖症となることもあるのです。コミュニケーションが苦手という人は人前に出るのも苦手ということが多いのです。

失敗が積み重なることで人を遠ざけてしまう

失敗が重なってしまうと、人を遠ざけてしまう、さらには人を避けるようになってしまうのです。誰とも喋りたくない、といった心理状態になってしまいます。

これを克服するには、逆療法で人前に出るしかないのですが、これまでの失敗体験が邪魔をしてしまうのです。

この場合はかなり難しいケースになりますが、何もしないでいるとトラウマとなって克服がさらに難しくなってしまいます。

医師のカウンセリングを受けるなど…

精神療法になるのですが、医師のカウンセリングを受けることがもっとも効果的な克服法になります。自己啓発セミナーなども納得できるなら積極的に参加してみるのもいいでしょう。

まとめ

コミュニケーションが苦手な原因がわかっていてもそれを克服するのは難しいケースが多いです。まずは人と会話をすることが必要なのですが、人前に出ると体調が悪くなるといったケースもあります。

ひどい場合は医師のカウンセリングを受けることが大切です。まずは一人にならないこと、引きこもらないことが大切です。

コミュニケーションが苦手な場合の克服方法は人それぞれですが、原因から克服方法を見つけるようにしましょう

コミュニケーションが苦手な人でもリーダーになれる処世術!コミュ障でも大丈夫!

コミュニケーションが苦手だから人に会うのが怖い…それでも年齢が上がるとともに人の上に立たなければならないときがやってきます。

そうしたときが来たときに内気だから何もできない、過度のストレスで体調不良、あげくにはうつ病の発症など様々なことが襲いかかってくるかもしれません。

そうならないためにもコミュニケーション力を付けることを考えましょう。そうすることで誰でもリーダーになることができるのです。

コミュニケーションが苦手でも無理に性格を変えようとは思わない

コミュニケーション力を高めようと無理にでも人前に出て会話をしなくては…そう思う人も少なくないと思います。特に勤続年数が長くなれば自ずと人の上に立つリーダーにも抜擢されることでしょう。

そうなるとコミュニケーション力がないというのはリーダー失格の烙印を押されかねません。そうならないためにはなんとかこの性格を変えてしまわないといけないと思うのです。

しかし、そこに落とし穴があるということを知らなければいけません。

性格を変えることはできない

持って生まれた性格というのはなかなか変えることはできません。仮にできたとしてもそれは作った性格と言えるでしょう。

無理に性格を変えてしまうことで、大きなストレスを感じてしまうことになります。部下ができるとなおさら下からの突き上げもあって様々なジレンマを感じてしまうことになるのです。

性格を変えるよりもリーダーになるとしなくてはいけないことが他にあるのです。

自信を付けることが大切

能力のない人をリーダーに抜擢することはありません。ですから、会社が何らかの可能性を信じてリーダーに推したのですから、性格を変えることを考えるよりも仕事に対して自身を持つことが大切です

コミュニケーション力のない人は、自分に自信を持てないので対人関係が苦手となるのです。無理に人前に出て立ち振る舞えるようにするよりも、まずは仕事に対して自信を持つことが大切となるのです。

そうすることで自ずとコミュニケーション力がついてくることでしょう。

リーダーになるために部下を鼓舞しなくてはいけない

部下を鼓舞する…モチベーションを上げるためには必要なことです。しかし、それがコミュニケーション力のない人には苦痛となることでしょう。

しかし、リーダーたるものそういったことも必要になるのです。それではどうしたらいいのでしょうか。

いきなり鼓舞しなくてはいけないと思ってもなかなかできないものです。

まずは聞き上手になることから始める

コミュニケーション力がない人は内向的と言われます。そして内向的な人は口べたな人が多いのです。

口べたな人に部下を鼓舞しろといってもなかなか難しいでしょう。それでもリーダーとして部下と信頼関係を結ばなければいけません。

それでは、コミュニケーション力がないと部下と信頼関係が築けない…リーダー失格になるのでしょうか。そんなことはなく、まずは、部下の話をしっかりと聞くことから始めましょう。

そうすることで信頼関係が生まれますし、そこがスタートとなって自らのコミュニケーション力を上げていけばいいのです。

指示ができなければ相談してみよう

コミュニケーション力が足りていないと、部下に指示を出すこともできません。それでも的確に指示を出さないと仕事がいつまでたっても終わらないのです。

リーダーとしての資質はあり、何をどうすれば仕事が片付くのかわかるのですから、まずはこれからすることについて部下に相談してみましょう。

的を得ているものであれば、部下もすぐに行動してくれるはずですし、それが自信となってコミュニケーション力も上がっていくのです。

リーダーは謙虚であったほうがいい

リーダーはぐいぐいとみんなを引っ張っていくタイプが求められるわけではありません。謙虚であり部下から支持される人がリーダーとしての資質がありとされるのです

そこには積極的なコミュニケーションが必要になってきます。内向的な人でしたらこれが一番の苦手となることでしょう。

部下から意見を聞くことも大切

コミュニケーションが苦手なリーダーは明確な考えがあってもそれを指示することができない傾向にあります。そういったときは部下から広く意見を聞いて自分に近い考えの意見を採用するのです。

自分の考えに近いのですから、問題ないでしょう。部下も自分の意見が採用されたことでモチベーションもあがります。

謙虚であっても支持されなければいけない

リーダーの言うことを部下は聞かなければいけません。謙虚ばかりでは部下に舐められてしまうこともあるでしょう。

自分の考えをしっかりと部下に伝えて部下から支持されるリーダーでなければいけません。

まとめ

コミュニケーション力が不足していても、リーダーに抜擢されたという意味をしっかりと理解することが大切です。

そして、リーダーとしての自信を持つようにしましょう。自信を持つとそれと的確に指示できるようになります。

自信がないと論破されるのでは…と思ってついつい内向的になってしまうのです。

リーダーに必要なのは確固たる自信です。自信さえあればコミュニケーション力も後から必ずついてくるものなのです。

致命的な弱点があった!?目の前に集中出来ない人の特徴とは?

真面目過ぎる人が集中出来ない傾向にある?

目の前に集中出来ない人の特徴として、真面目過ぎるというものがありました。なぜ、真面目過ぎる人が集中出来ないんでしょうか?

イメージ的には逆に集中しすぎるように思えますよね。でも、それって真面目さゆえの致命的な弱点があったんです。

他人と競争が出来ない

真面目な人は、基本的に争いを好みません。喧嘩はもちろんですが、会社の成績でさえも他人と争おうとはしないのです。

他の人と成績を競争することは、ある意味で集中力を養うことにも繋がります。競争をしないということは、集中力が養われず、目の前のことにも集中出来なくなってしまうことに繋がるのです。

コミュニケーション能力がない

真面目な人全員に当てはまるわけではありませんが、コミュニケーション能力がない人がいます。真面目さゆえに人との付き合い方が分からない人もいるのです。

その結果、周囲との合わせ方が分からず、目の前のことに集中出来ない状態になります。会社勤めをする人にとって、最低限のコミュニケーションスキルは必須ということなのでしょうね。

周囲の人が信用出来ない

真面目過ぎる人の中には、周囲を馬鹿にしてみる傾向の人もいます。今まで何でも一人で解決してきたために周囲に頼らず、周囲を信用せず生きてきた人です。

こういう人の場合は集中力は高そうに見えますが、やや神経質な人が多いため、逆に集中が長く続かないのです。

迷惑はかけるものなので気にしない

目の前に集中出来ない人の中には、周囲に迷惑をかけるかもしれないという思いが強くて、そのような状況になっている人もいます。

しかし、生きていく中で誰にも迷惑をかけずに生きていく人はいません。むしろ、迷惑はかけるもの、と軽く考えておいた方がいいでしょう。

しかし、軽く考えておくとしても迷惑をかけてしまうのは事実なので、あまり当たり前のような態度を取ると不信感を抱かれてしまいます。

仕事面では助け合いが当然です

目の前のことに集中するためには、同じ職場の仲間たちを頼りましょう。仕事は助けて助けられてが当たり前です。

そのため、ひとりで黙々作業されるよりも、進捗状態を交換しながらやっていくのが一番なのです。

孤立して仕事をしていると、どれだけ終わっているのか、手伝いが必要なのか分からない場合も多いので、逆に周囲が気になって集中出来なくなる可能性があります。

集中出来ない人は周囲を気にしすぎている?

周りを気にしすぎることで、集中力が途切れる人が多い傾向にあります。実際に、仕事に集中していても自分が興味のある話を同僚が話していると混ざってしまうという人もいるのではないでしょうか。

周囲の声が聞こえるのであれば、完全な集中には至っていません。いつでも反応出来るように耳は別の方向を向いていると考えても間違いないでしょう。

苦手なものも積極的に取り組んでいく

集中出来ない人の中には、苦手なものを後回しにする人もいます。その結果、後回しにしている部分が気になって上手く集中出来ないようになっているのです。

先にしろとまでは言いませんが、後からのことが気になるほどでしたら、先にしておくべきでしょう。

目の前に集中出来ない人はどうすればいいのか

目の前に集中出来ない人はどうすればいいのでしょうか。集中力を高めるための書籍などはありますが、集中出来ない人に対する書籍はなかなかありません

あくまでも書籍は最低限の集中が出来ている人向けに作られているからです。

分からないことは聞く

分からないことをしておくと、そのことが気になって仕事になりません。そのため、分からないところがあれば素早く周囲の誰かに聞くようにしましょう。

悩みを解決することで、本来の業務に集中することが出来ます。そのためにも、普段から周囲とのコミュニケーションは大切なので積極的に行っていきましょう。

頼ることを覚える

集中出来ない人は誰かに頼れない人が多い傾向にあります。ちょっと手伝ってほしい、という一言も言えずにひとりで抱え込んでしまうのです。

その結果、仕事が遅れて多くの人に迷惑がかかることもあります。仕事をしている以上、自分のミスは自分だけに影響するものではないのだと覚えておいた方がいいですよ。

何でもひとりで背負わない

致命的な弱点のひとつが、何でも自分だけでやろうとしてしまうことです。

ひとりでやるより、ふたり、三人の方が効率もいいので、今まで誰にも頼っていない人は周囲に頼ることも覚えましょう。

まとめ

真面目な人が集中出来ないことについて分かったでしょうか?もしかしたら、当てはまる人もいるかもしれませんね。

仕事で大きな失敗に繋がる前に、周囲に頼って円滑なコミュニケーションを築きましょう

実際に話してみれば、そこまで話しにくい人ではなかった、という意見も多くあります。

コミュ障の学生が就活で営業職について聞かれたらどうしたらいい?

大企業に入ると、本人の適性や希望に関係なく苦手な部署に配属されることもあるでしょう。中にはコミュ障なのに営業部門に配属ということもあるのです。

それでは、就活のときに「営業はできないので他の部署でよろしく」なんて言ったら、その会社の採用試験にも落ちてしまいそうですよね。

就活のときに、自分はコミュ障なのに「営業でもなんでもやります!」と面接のときに言ってしまって後で後悔することもあるのです。

コミュ障学生に営業職は死刑宣告に等しいのか!

文系学生となると、一般的には営業部門に配属されるケースが多いでしょう。しかし、文系学生の中にコミュ障の学生がいたらどうでしょうか。

ただでさえ、コミュニケーション力が劣るとされているコミュ障学生が営業になるというのはまさに企業による死刑宣告と言っていいかもしれません。しかし、営業といっても新規開拓をする飛び込み営業ばかりではないのですよ

営業というとそのイメージが強くてどうしてもできないと思いがちですが、営業と言っても幅広いですし、製造の現場と事務職以外はすべて営業と考えていいでしょう。

実際に中小企業でしたら全員営業をスローガンにしているところもすくなくありません。

コミュ障は営業が苦手

アポなしの飛び込み営業でしたら、コミュ障でなくても苦手でしょう。営業の場合は冷たい対応にも耐えなくてはいけませんし、クレーム対応もあります。

コミュニケーション力が問われる場面はたくさんあるので、コミュ障の人には無理な場面も多々あるでしょう。

世に出ている営業本は一部の人向け

営業マンのための本といったものがたくさん出ていますが、成功体験に基づいているのですべての営業マンが活用できるものではありません。頑張るきっかけを与えてくれるくらいに考えたほうがいいでしょう。

頑張る姿勢も大切ですけど、無理に頑張る必要はないという気持ちも大切です

就活で営業が苦手と言ってみる??

これは難しいですね。「コミュ障だから営業は苦手です」黙っているよりもカミングアウトしたほうがいいという人もいるでしょう。

しかし、ちょっと待ってください。会社に入ってもコミュ障は克服できますせっかくの入社のチャンスですから門戸を自分から閉めないようにしましょう

営業が苦手でもできると言ってみる

就活の面接の際に「営業はどうですか?」とストレートに聞かれることもあるでしょう。どんな営業の仕事なのか漠然とし過ぎている質問を投げかけてくることもあるのです。

これはある意味、「試し」でもあるのですが、答えとしては「コミュニケーション力には自信があるので、適切に対処したい」というのが模範解答でしょう。

奇をてらうよりも間正直に答えるのも一般常識があると判断されるので高材料となるんですよね。

コミュ障ですから、自信があるというのも方便です。「自信はないですけど、頑張ります」というよりも前向きな姿勢が評価されるんですよね。

就活の面接はどこを見ているの?

これって気になりますよね。就活時の面接って、会話力を見ているのですけど、これって普通の会話ができるのかを見ていることが多いんですよね。

友達感覚だと困りものですけど、きちんと丁寧な言葉が言えて、敬語も使えて…そんなところを見てるんですよ。

就活は細かな部分にエントリーすることはありません

文系だから営業しかできないということはありません。また事務職に回ることもあるでしょう。

大きな企業の場合は入社してから適材適所によって配属先が決まりますし、配属先の頑張り具合によってはさらに異動ということもあります。

営業が全てではないんです

就活では、文系だから営業職という決めつけはしなくてもいいでしょう。

「営業はどうですか?」と聞かれることもあるかもしれませんが、「無理です」と答えるのと「がんばります」と答えるのとではどちらが好印象でしょうか。

そのくらいの意識でもいいと思いますよ。

コミュ障だからできないと思わないほうがいい

コミュ障だから何もできないと思わないほうがいいです。それが企業側に伝わると就活もその時点で終わってしまいます。

大事なのは前向きな姿勢をアピールすることですからね。それとくれぐれも言っておきますけど、自分をコミュ障と面接のときにカミングアウトはしないようにしましょう

おそらく自分にとってメリットになることは一つもないですからね。

まとめ

文系だから必ず営業職に就くんだというふうに考えなくてもいいと思います。適材適所に企業のほうも考えてくれますし、営業は負のイメージが付きまとう人もいますが、それほど大変でもありません。

コミュ障の人は、面接時にネガティブになりすぎずに、まずは明るく就活に取り組むようにしたほうがいいですよ。特に最初から「営業は無理です」なんて言わないように気をつけてくださいね。

明るく自信を持っていきましょう。

群れない男性の魅力とは?孤独を愛して人に愛される?

群れない男性の魅力とは?

群れない男性は女性にとって、とても魅力的に見えます。

友人同士で仲良くしている人も楽しそうですが、自分の道を突き進む男性こそ、男らしくて頼りになると考えて惹かれる人も少なくありません

一匹狼のようなクールさが良い

群れない男性の魅力として、一匹狼のようなクールさがあります。話しかけるな、と言わんばかりのオーラが漂っているので同性からは近寄りがたく、異性からは恋愛対象に見られることも少なくありません。

周囲に馴染まない姿を見て、女性は「自分が変えてあげたい」と考えてしまうのかもしれませんね。誰も寄せ付けない男性だからこそ、自分が特別な存在になりたいという考えが出てくるのかもしれません。

男らしさがある

学生であればともかく、一人でいられる男性は男らしさを感じます。何か大変なことがあっても、頼りになると考えてしまうのです。

すべての女性が同じとは言えませんが、女性は男性に男らしさ、逞しさを求める傾向があるので群れない男性に惹かれていくのでしょう。

自分ですべて決められる

群れない男性に優柔不断な人は少ないと言われています。プライベートも仕事も、迅速に決断出来るのです。

群れない男性は仕事が早いと言われていますが、自分ですべて決められるから無駄がないのです。

曖昧なことを好まない人が多いので決断が早く、それが余計に男らしさを際立たせているのでしょう

群れない男性の特徴とは?

群れない男性の特徴はいくつかあります。その特徴のすべてが魅力的に見えるため、余計に女性を惹きつけるのでしょう。

では、群れない男性の特徴とはどんなものがあるのでしょうか?

周囲を気にしない

基本的に周囲を気にしないのが、群れない男性の特徴です。ある意味では極度のマイペースとも言えるため、他人からの評価を気にしない部分もあります。

集団の場合、周囲の評価や視線が気になる人もいますが、群れない男性はそういったことも気にならないため100%自分の思うままに出来るのです

冷静沈着で何事にも動じない

群れない男性の魅力として、冷静沈着で何事にも動じないというものがあります。単独行動が多いため、どのような状況になってもどうすれば最善の状態になるかを常に考えられるのです。

逆に集団行動が多い人は、トラブルになると考えることを放棄して周囲に意見を求めるようになってしまいます。

最大の魅力はストイックさ!

自分を厳しく律するというストイックさも、群れない男性の魅力のひとつです。

自分に甘い人ほど、周囲に頼りがちですが群れない男性は自分にも他人にも厳しい一面があるため、どんなに困っても周囲を頼らないという場合があります。

これはある意味長所でもありますが、短所でもあると言われていますね。

群れない男性は飽きっぽい?

群れない男性の魅力として、飽きっぽいというものがあります。それは悪い意味ではなく、どんなことがあっても水に流せる強さを持っているということです。

根に持たない性格のため「飽きっぽい」と評価される部分があるようです。

群れない男性の魅力は妬まないところ

群れない男性の魅力として、妬まないところも長所と考えられています。自分に甘い人ほど他人の成功を妬む傾向があります。

楽をして成功をしたいという願望があるため、群れない男性の良い部分しか見ないのです。

努力をしているのだということを忘れている人が多いのですが、群れない男性は良い部分も努力している部分も見ているので、基本的に妬むことがありません。

群れない男性こそパートナーに最適?

群れないタイプを「おひとりさまタイプ」と呼びます。女性にとって結婚相手は群れない男性が良いと言われています。必要以上の付き合いをしないため、浮気などの心配がないからです。

浮気をする男性は承認欲求が強いため、誰かに認めてもらいたくて浮気をするという場合もあります。基本的に群れない男性は承認欲求も強くないので、そういったことで浮気をする心配はないのです。

そのため、女性は結婚相手に群れない男性を求める人も少なくないようです。

群れないのとぼっちは違う?

群れない男性と聞くと、自分から人を遠ざけるイメージがあります。では、コミュニケーション能力が低くて集団に入れない「ぼっちタイプ」はどうでしょうか。

今まで紹介したことは、自分で人を遠ざけるタイプの人なので、基本的にぼっちタイプは当てはまりません。

しかし、ある意味では強い精神力を持っているので、自分から一歩踏み出すことで自分を変えることが出来る可能性を秘めています

まとめ

群れない男性の魅力はさまざまですが、無理に自分を良く見せないのが最大の魅力かもしれません。他人に関わらない分、自分のラインも超えさせないという強敵とも言えるのが群れない男性です。

こういった男性は特定の女性を決めることで、その人しか見えなくなる傾向があります。恋人や結婚相手を探すのであれば、群れない男性がオススメかもしれません

コミュニケーションが苦手な人の改善策はこれだ!

コミュニケーションが苦手な人は周囲にたくさんいることでしょう。観察していると共通点が多いことに気がつくのです。

自分から話しかけない、会話のキャッチボールができない、人の輪に入っていかないなどです。

それとは反対の行動を取れば簡単にコミュニケーション力も上がっていくのに…そう考えるには乗り越えなくてはいけない問題も多そうですね。

ここではコミュニケーション力を上げる改善策を考えてみました。

コミュニケーションが苦手という意識を変えることが大切

コミュニケーションが苦手な人は総じて会話が苦手ということです。これを改善するにはどうしたらいいのでしょうか。

一つの答えとして、まずは苦手意識を持たないことです。こういってしまえば、「それができたら苦労はしない」と誰もが思うことでしょう。

しかし、会話が苦手といっても何が苦手なのかわかっていない人が多いのです。言葉が出てこないというのでしたら、まずは人のいうことをよく聞くようにしましょう。

そこから得ることも多いですし、相づちを打ちながら話していくようにすると自然と改善していくものなのです。

苦手意識をなくすことから始める

たとえばコミュニケーションが苦手という人は、周りからどう思われているでしょうか。えてして自分が思っているほど周りは気にしていないということが多いのです。

それは、コミュニケーションが苦手ということにもあてはまります。「コミュニケーションとるのが苦手だから…」と思い切って言ってみましょう。

多くの人は「そんなことないよ。普通に話せてるよ」と言ってくれることでしょう。中には元気づけて言ってくれる人もいるかもしれませんが、そういった人は理解のある人ですから、安心です。

いずれにしても、実はそんなことはないんだ…と思うことができたら、コミュニケーションが苦手ということを改善できることも簡単かもしれません

会話を楽しむようにする

気心の知れた友人と話しをするのは楽しいことでしょう。友人とはコミュニケーションがとれるのなら、コミュニケーションが苦手ということは当てはまりません。

単なる内向的な性格ということになります。そういった人は自分に自信を持つようになれば誰とでも会話を楽しむことができるようになりますよ。

自分の中で意識を変えることが大切

コミュニケーションが苦手というのは何をもって苦手なのか考えたことがあるでしょうか。

対人関係がうまくいかないことをコミュケーション不足というのでしたら、単に相手のことが嫌いであるとか苦手というだけかもしれません。

会話に失敗ということはありません。失言があったとしたらそれは謝ればいいことです

会話について取り返しのつかない失敗というのはそうそうするものではないのです。

うまく話せなくても大丈夫

意識を変えること、それはうまく話せなくても大丈夫と思うことです。人はそれほど人の話しのうまい下手ということを考えて聞いてはいません。

論理立てて話すことも大切ですが、まずは、意識を変えることを考えましょう。うまく話せなくてもいいから気楽にいこう、と考えるだけでも随分と違うものです。

人の話を聞いているだけでもいい

会話が苦手というのでしたら、まずは人の話をとことん聞きましょう。聞いているだけでも自然と相づちをうつことでしょう。

あれ?と思ったことは聞き返してもいいです。そうすることで自然と会話のキャッチボールが完成します。

そうなると、会話が苦手と思っていても自然とそれが改善していくものなのです。

会話を楽しむという発想

できれば会話のときに、ニコニコと笑顔を絶やさないようにしてみましょう。コミュニケーションが苦手という人は笑顔が出ていないことが多いです。

反対にこわばっているかもしれません。そういったときはできるだけというよりも無理矢理笑顔を作るのです。

そうするだけでもコミュニケーション力がアップすることでしょう。

気心の知れた友人と話す

友人ですから、話すのも気が楽だと思います。これだけ会話が弾むのは、相手がこちらを理解していること、そしてこちらも相手を理解しているからです。

会話の練習には友人と話すのが一番です。

時間がかかっても必ず克服できる

コミュニケーションが苦手というのは持って生まれたものではありません。性格とは違うのですから、必ず克服できるのです。

そのためには、人の輪に入る、会話の中に入ることが大切です。コミュニケーション力を磨くにはそれが最善の改善策なのです。

まとめ

コミュニケーションが苦手という人は、人と会話ができないと口を揃えて言います。

しかし、それなら原因がわかっているのですから、人と会話をすることでしか、それを改善することはできないのです。

そのため、コミュニケーションが苦手な場合の克服は自分に自信を持つこと、そして会話の最中は笑顔であることです。自信を持つことで会話が弾むことは間違いありません。笑顔を作ることで相手も安心します。

そうなると会話が弾むということですね。