クリスマスや正月の過ごし方はこれで決まり!

クリスマスや正月の過ごし方は人それぞれです。一人で過ごす人もいれば、恋人と過ごす人もいるでしょう。家庭があれば家族団らんのクリスマスやお正月になると思います。

それぞれの状況で思い出深いものにしたいものです。その中でも一人で過ごすクリスマスは正月は寂しいという人もいるかもしれません。

しかし、一人で過ごす時間というのも貴重ですし、いつも大勢に囲まれて過ごしている人から見るとうらやましい存在でもあるんですよね。

一人のときの過ごし方はどうしたらいいの?

想定外といっていいのか…クリスマスや正月を一人で過ごさなければいけなくなった…という場合もあるでしょう。そういったときはどうしたらいいのでしょうか。

クリスマスは特に一人で外出したくはないものですね。しかし、多くの人は平日だったら仕事ですよね。

クリスマスと言っても祝日ではないので、普通に仕事して普通に帰るという人が多いんですよ。ですから、一人だからといったもたいしたことはありません。

クリスマスだからこそ予約が取れることも!

クリスマス前はごったがえす普段は予約が取れないようなエステもクリスマスはガラガラなんてこともあります。ですから、そういった日に予約を入れてみるのはどうでしょうか。

これってかなり穴場ですよ。人気店で普通の日は予約で一杯でもクリスマスの日は空いている…この日に予約を入れるとお店にも喜んでもらえますからね。

クリスマスなら、一人ならではのお店を探すのもいいですよね。

正月のぼっちはどうしたらいい?

クリスマスよりは一人でいることに寂しさを感じなくてもいいのがお正月です。これはどんな過ごし方でも大丈夫ですよ。

おせち料理を自分で作るかできるだけたくさん注文しておいて。お正月は新しく用意することなくおせち料理を食べ尽くすんです。

初詣に行くのも初売りに行くのも自分のペースでいいでしょう。家にいたくなかったら一人旅に出るのもいいですよね

お正月を一人で過ごすのはどんなことでもできるのでおすすめです。一人で寂しいなんて思うこともなく充実したぼっちの正月をエンジョイしてくださいね。

恋人とのクリスマスとお正月の過ごし方

一人だと適当に過ごしてしまいがちなクリスマスとお正月ですが、これが恋人と二人で過ごすということでしたら、俄然力が入ってくることでしょう。

特にクリスマスは、事前にレストランの予約とか二人で過ごすホテルを予約するとか、お金はかかりそうですけど、充実した時間を過ごすことができそうですよね。

クリスマスは二人で過ごしたい!

クリスマスは二人で過ごしましょう。つきあっているのに会わないのは反対に不自然ですよね。

食事はやはりレストランで決まりです。ちょっとした高級レストランでしたら、事前の予約が必要ですから、早めに押さえておきたいものですね。

もっと一緒にいたいというのでしたら、ホテルの予約も早めにしておいたほうがいいですよ。クリスマスのホテルの予約状況はものすごいものがありますからね。

お正月は旅行がいいかも

恋人同士でしたら、お正月は旅行に出かけましょう。お正月の宿の予約は大変ですが、できるだけ早めに予定を組むといいでしょう。

コツとしては、泊まりたい温泉宿を決めておいて、観光は後から考えるということですね。大きな温泉宿でしたらそこだけでゆっくりくつろぐことができますよ。

恋人同士でしたら、連泊できるお正月休みというのはかなり貴重ですよね。

家族で過ごすクリスマスとお正月は?

家族でのクリスマスとお正月の過ごし方ですが、これは親がすべて決めなくてはいけないので大変です。子供さんが大きければ希望も聞かなければいけません。

反対に子供さんが小さければ親がすべて決めることができるので楽ですね。いずれにしてもクリスマスプレゼントは必須ですから、早めに用意しておいたほうがいいでしょう。

クリスマスケーキとクリスマスプレゼントというのは子供はとても楽しみにしています。また、お正月はお年玉ですから、親にとっては出費のかさむ試練の時かもしれませんけどね。

クリスマスは自宅でクリスマスパーティ

クリスマスプレゼントの渡し方がいつも気になってしまいますが、今では寝床にこっそり置いておくよりも手渡しのほうが主流のようですよ

手渡しのほうが子供さんの笑顔を直接見ることができるので、親としても嬉しいですよね。

お正月はどう過ごす?

子供がいる家庭では寝正月はできないでしょう。初詣に初売りなどのイベントは是非ともこなしたいものです。思い出づくりにもなりますし、子供が家でじっとしていたくはないですからね。

リッチにお正月旅行もいいですし、実家に帰省してのんびりすごすのもいいですね。

まとめ

ひとりぼっちでも恋人同士でも、さらに家族でもクリスマスとお正月の過ごし方は三者三様です。ひとりぼっちだと何かと寂しいと思いがちですが、反対にうらやましがられることもあるでしょう。

今は個人が尊重される時代ですから、一頃と比べても一人でいることに寂しさを感じる必要はありません。恋人同士はより親密に、家族だとより楽しく過ごすことができます。

それぞれの立場でクリスマスとお正月をエンジョイしてくださいね。

クリスマス〜英語の挨拶〜フレーズ集 これだけ覚えたら外国人と簡単なクリスマスの会話ができる10選を集めたよ‼︎

12月に入りクリスマスの時期がやってくるとそれだけでなんだかそわそわして落ち着かなくなりますよね。

今年はどんなクリスマスを過ごそうかな?そんなことを考えて計画するだけでもクリスマスは楽しめます。

一人で過ごす人もいれば家族と過ごす人・恋人と過ごす人などその人によってクリスマスの楽しみ方は違うものです。

ですが街の中がイルミネーションで彩られると、とてもキレイで幸せなシーズンでもありますね。

そんなクリスマスにはおしゃれでセンスのいい英語のフレーズでその思いを伝えてみませんか。

クリスマス〜英語の挨拶で役に立つ定番のものから、ちょっとひねったものまであなたが「これだ!」と思えるフレーズを探してみてくださいね。

クリスマスについておさらい

クリスマスといえば日本だけでなく世界的にも12月24日・25日ですよね。

もともとクリスマスの正式な考え方として24日の夜からはじまり、25日の夜に終わるもので、これはユダヤ歴の太陽が落ちてからはじまること、次の太陽が落ちるまでを1日とする考え方から来ています。

イエス・キリストの生誕祭を祝う行事であり実際にはその生誕日がいつになるのかはわかっていません。

そのため、ヨーロッパ各地で行われていた太陽の新生を祝う冬至祭を取り入れたことからこの日程がキリストの誕生日となっています。

もともとは宗教的な意味合いが強いクリスマスですが、日本では宗教などに関係なく、冬のイベントの一つとして位置づけられています。

プレゼントを渡したり、恋人たちが一緒に過ごす聖なる夜になっています。

こんな間違えに注意!クリスマスに間違えやすい英語

クリスマスに慣れない英語を使い良かれと思って伝えた英語のフレーズが実は間違えていた!?なんてこともあります。

なんとなくクリスマスって言葉を使ってみようかな?と意味を考えずに使っている人も珍しくはないでしょう。

クリスマスの時期になれば嫌って言うほど、たくさんのフレーズを目にするはずです。

多少のスペル違いぐらいであれば誰でも経験はあるかもしれませんが、使い間違いや重要なところで間違えがないように気を付けたいものですね。

(1) クリスマスの「Merry」の意味を理解しよう

よくHappy Marry Christmasと表現する言葉を見かけますが、実はこのフレーズはおかしい組み合わせです

もともとこのmarryには陽気なとか楽しいという意味があります。

そのため、Happyを付けるのであればmarryは必要ありません。

同じ意味合いの言葉を2回繰り返していることになってしまい、本場の人達からするとしらないんだなと思われてしまいます。

通常はMarry Christmasと伝えるようにすれば失敗はありません

(2) Christmasが正解!

クリスマスを表現する時に、Xmasと記入する人もいます。

XmasのXはギリシャ語でキリストを表す言葉になりますが、実はこの意味を考えるとクリスマスには適していないことがわかるはずです。

もちろんXmasでも使い方としては間違えていないのですが、上司や目上の人にメッセージを送る時はChristmasにしたほうが丁寧で好印象になりますので、使い分けるか、Christmasで統一するようにしておきましょう。

日本ではこのXmasは頻繁に見かけるのでなんだか意外ですよね。

クリスマスにおすすめ英語のフレーズ10選

手紙やメールでちょっとした時に使える英語のフレーズです。

クリスマスのお祝いだけでなく、伝える相手をちょっと敬えるようなセリフが入っているだけで上級者に見えます。

困った時はぜひ参考にしてみてくださいね。また日本はあまり宗教的なこだわりはありませんが、海外ではクリスマスといえば大切な宗教行事の一つです。

言葉の伝え方一つで失礼になってしまいますのでくれぐれも注意して伝えるようにしましょう

(1)May you have a warm,joyful Christmas this year

あたたかく喜びに溢れたクリスマスになりますように。

(2)Wishing your family peace and love at Christmas and always

あなたと家族が平和で幸せなクリスマスになることを願っています。

(3)May the holiday season bring happiness and joy to you and your loved ones.

クリスマスがあなたとあなたの愛する人にとって喜びの日となりますように。

(4)Merry Christmas! I hope you’re having wonderful holidays

メリークリスマス!最高の休暇をお過ごしください

(5)May peace, joy and happiness be yours this Christmas season

クリスマスシーズンの間ずっと、喜びと安らぎのある幸せがあなたと共にあることを。

(6)A Very Merry Christmas!

とびきりのクリスマスをお過ごしください

(7)May your Christmas sparkle with moments of love and laughter.

あなたのクリスマスが愛と笑顔できらめいたものになりますように

(8)May this Christmas bring you all the love and luck in the world!

世界中の愛と幸運をあなたにクリスマスがもたらしてくれるでしょう

(9)Merry Christmas with lots of love.

たくさんの愛を込めて、メリークリスマス!

(10)Have your best Christmas ever!

最高のクリスマスをお過ごしください。

近頃はメリークリスマスっていわないの!?

近頃、クリスマスの時に「メリークリスマス」ではなく「ハッピーホリデーズ」というのが一般的に増えつつあります

その理由としてメリークリスマスだとどうしてもキリスト教のイメージが有るため、宗教色が強くなってしまうので明らかに宗教が違う人や、

宗教がわからない人には「ハッピーホリデーズ」と使う場合が増えています。

特に海外ではクリスマスから冬期休暇に入る人たちが多いので、クリスマスと新年のあいさつを同時にしてしまうのだといいます。

例えば

With best wishes for Christmas and a Happy New Year.

はすてきなクリスマスと新年をお過ごしくださいという意味です。

伝える相手によって英語のフレーズも使い分けができるようになるといいですよね。

日本では宗教についてあまり意識がないので難しいかもしれませんが、他の宗教の人に「メリークリスマス」と言ってしまうことがないように気を付けてくださいね

まとめ

クリスマスに使える英語フレーズ10選や、間違えやすい注意ポイントなど意外と知らないクリスマスの豆知識について説明しました。

クリスマスを知らない人はいないと思いますが、こういったお祝いのマナー的なことは自分から学ばないと知らない人も多いはす、

特にクリスマスのようにお祝いするのが当たり前になっているイベントに関しては、相手によって伝える言葉を変えたり、大人だからこそのマナーに気を付けましょう

クリスマスの時期がやってくるとそれぞれ思い思いにクリスマスを満喫しますよね。あなたにとってすてきで思い出深いクリスマスになりますように。