考えと行動の違い!成功をつかみたい人が知るべき凡人と成功者との相違点を学ぶ!

はい、こんにちは。今回は成功者の考え方と行動について、お話させていただきたいと思います。

成功者と凡人の違い

1x1-trans_-2222101

まずは、成功者と凡人ではどう考え方が違うのかということをみていきましょう。

長期的な視点

一言でいうと、成功者はつねに長期的な視点で考えているっていうことなんです。

どんな時でも物事を長期的な視点でとらえているのが成功者で、つねに短期的な欲を満たすために行動するのが凡人なんですね。

成功者の考え方

これどういうことかというと、成功者っていうのは例えば成功者っていうのは腹八分目だったりとか、キャバクラや風俗とかへいかないとか、投資をしたりするんですよね。

凡人の考え方

これが凡人になってくるとどうなってくるかというと、凡人だと腹がはちきれるくらいまで食べたりだとかするんですよね。とにかく短期的な欲求を満たしたいって考えてるのが凡人なんですよ。

長期的な視点で考えることによる効果

1x1-trans_-2222101

では、そんな考え方の違いによってどのような効果があるのか、結果に差が現れるのかについて、さらに詳しく書いていきます。

考え方の違い

成功者っていうのはつねにこれをしたら1年後5年後10年後はどうなるかなとか、そういったことを考えているんですね。

凡人っていうのはムラムラすると風俗に行ったりするんですけど、成功者っていうのは風俗へ行くとリターンよりデメリットの方が多いって考えるんですね。短期的な欲にとらわれない

ここで使うお金を自分の肉体に投資したらどうなるんだろうかとか、もっと女性にもてるんじゃないだろうかとか。

そういったつねに長期的な視点で考えるのが成功者なんですよね。

お金の使い方

あとは、お金の使い方でも成功者は将来を見越しています。

凡人っていうのはお金が入ると無駄遣いをして浪費をするんですよね。企業のマーケティングにのせられて、特に必要でもないものを感情で買ったりとかするんですよ。

その結果として貯金が全然貯まらなかったりだとか、資産を構築できなかったりだとかするんですよね。

一方で成功者っていうのは、今ここで1万円を使わないで投資をしたらどうなるのかっていうのを考えるんですよ。

投資したらどれくらいのリターンがかえってくるんだろうかとか、10年単位ではこう、20年単位ではこうって、つねに長期的な視野で見るんですよね。

だから普通の人が無駄遣いするお金を成功者は投資するんですよね。投資をするからこそどんどん資産が貯まっていって、成功者って言われるようになるんですよ。

大量行動で成功をつかむ

1x1-trans_-2222101

続いては、成功者に共通する、他人に文句を言わせないような大量行動について、話をしていきたいと思います。

行動で本気度は分かる

大量行動をしている人には何の文句も言えなくなります。なぜならほとんどの人は大量行動をしていないので、直感的にこの人にはかなわないと感じるからです。

逆に、いくら口先だけで本気ですと叫んでいたとしても、行動をしていない人は本気ではないということです。本気であるかどうかは、どのような行動をしているのかを見れば簡単にわかります

本気度を育てる

最初から本気にはなれなくても行動を続けていくことで本気度が育ってきます。まして大量行動をしている人が本気でないはずがないということです。

周りの人とかほかの人がやっていないことを始めていくと、かならず批判とか反対とか文句とかを言われますが、文句が言えないくらいの大量行動ができればなんの問題もありません。

反対とか批判とか文句が気になってしまう人は、行動量が足りないのです。

周囲にとらわれない

誰が何をするにしても文句を言われることはかならずあるのです。文句を言う人をコントロールすることはできません。なので、コントロールができないことに時間を使うということは無駄なんです。

それよりは行動に時間を使った方が、生産的な歩みができます。結果を出すために大量行動は必須ですから。

大量行動のために必要なこと

時間がないのであれば時間を確保する工夫をしたり、知識がないのであれば知識を得る工夫をすることが求められます。

誰もあなたに時間とか知識を与えてくれません。自分で確保して、自分で求めていく必要があるのです。

文句を言う人に責任があるのではなくて、文句を言わせる人に責任があるということです。そこまでやるかという大量行動をしている人に、文句を言えば言うほどむなしくなっていき、それを言う人は減っていきます。

自分はまだまだ努力が足りないという考え方を持ち続けるということが大切です。

大量行動の効果

行動量が多い人は、実際に自信が感じられます。自信があるふりをする必要もありません。

自信を感じることでさらに行動量が増えていき、さらに自信が強化されていくというよい循環ができるのです。

まとめ

今回は、成功者には長期的な視点が欠かせないということ、そして文句を言わせないくらいの大量行動が結果に結びつくというお話をさせていただきました。

皆さんも、長期的な視野を持ち大量行動をすることで成功をつかんでいただければと思います

成功者のおかねの考え方や使い方というのは普通の人とはひと味違うんです!

成功者は一般的に普通の人とはものの価値観が違うと言われています。これは端的にいうとおかねに対する考え方や使い方といったものが違うと考えていいでしょう。

成功したければ成功者の真似をすればいいと考えがちですが、ものの価値観そのものを真似するのは、持って生まれた性格もあるので難しい面もあるでしょう。

それでも、成功者のおかねに対する価値観というものはどういったものなのかを知るだけでも、成功者に一歩近づけるような気がしますよね。

成功者のおかねの使い方

まず、おかねの使い方の種類を見てみましょう。おかねの使い方は大きく「消費」「貯金」「浪費」「投資」の4つに分けられます

それぞれについての説明は必要ないでしょう。「浪費」についてですが、必要以上の「消費」と位置づけています。これは人によって考え方がまちまちですから、一般的に使いすぎた消費と考えるようにしましょう。

一般の人でしたら、消費が全体の半分以上、貯金が4分の1、8分の1程度が浪費となり、残りのわずか5%以下が投資ということになります。これが成功者の人のおかねの使い方となるとどういったことになるのでしょうか。

成功者のおかねの使い方の割合

成功者のおかねの使い方をみてみましょう。消費の割合は半分以下となり、それに貯金と浪費を入れてやっと半分を超えるくらいです。残りの半分弱が投資となるのです。

成功者となると、投資の割合がグンと増えた形となりました。消費もある程度生きていくうえで必要なものです。

そして特筆すべきは投資がグンと増えただけに割合で圧迫されたのが貯金と浪費です。浪費が少ないのは無駄使いをしないということでわかります。

他の貯金と投資についてはどうなのでしょうか。

成功者のおかねの使い方

世間一般的には、貯金は良いこととされていますし、するべきことでもあり、貯金の金額は大きいほど良いという考え方となるでしょう。これは、何か起こったときの蓄えとして誰もがしている防御策と考えていいでしょう。

確かに正論なのですが、成功者の考え方は違っているのです。というのも、おかねは経済を活性化させる血液のようなものです。成功者の多くは、お金は本来流通させるべきものと考えているのです。

ですから、お金は使うものであって、貯金するものではないということですね。それでも、蓄えはある程度必要ですから、成功者の場合は必要最低限あるいは普通の人と比べるとほとんど貯金をしていないというレベルのものかもしれません。

そして、投資ですが…一般的名イメージは、投資は勝つか負けるかのギャンブルに例えることが多いです。しかし、成功者の場合は株などの投資もあるのですが、ほとんどの場合は自己投資なのです。

自己投資におかねをかけるのは?

それでは、成功者はどうして自己投資におかねをかけるのでしょうか。それは、本や人脈作り、新しい体験やセミナーなど自己啓発に関するすべてのことに対して投資をしているということですね。

自分のための投資ですから、それに触発されて成功する確率も自ずと上がってくるということなのです。

高い投資効果を求める

自分への投資は裏切りません。これは言い換えると「努力は人を裏切らない」と同じ意味にとってもいいでしょう。

自分自身への投資は、これ以上の投資効果の高いものはないと考えるのです。勉強すれば勉強するほど成長して価値が上がります。

その部分にお金をかける…すなわち投資をしているということなのです。

投資した以上のおかねが戻ってくる

ブーメラン現象ではありませんが、投資すれば投資した以上のものが戻ってくるのです。これは誰でもそうというわけではありません。

しかし、成功者の場合は十中八九投資したお金は、確実に回収できていることでしょう

成功者のおかねの考え方

成功者の多くは長財布を使うとされています。これはお札を折りたくない…大切に扱いたい…という考え方からです。

一般的に長財布を使っている人のほうが多そうですから、それだったらすべての人が成功者になることになるのですが、もちろんそれだけでは成功者にはなりません。基本的にお金を大切に扱いたいという心構えですね。

無駄使いをしない

前述していますが、成功者は普通の人とは極端に浪費の額が少ないのです。これは明らかに意識して無駄使いをしないようにしているのです。

これがあるからこそ、成功者の元にはお金があるという図式になるのですね。

使うときは惜しまずに使う

無駄使いをしないからケチというわけではありません。浪費をしない代わりにつかうときにはドンと惜しまずに使ってしまうのです。それは自己啓発のためでもあるでしょう。ドンと使う場合にもきちんとした意味があるのです。

まとめ

成功者は投資をします。成功者の頭の中は常におかねの使い方を考えているといってもいいでしょう。

消費や浪費については単にお金がなくなるだけです。貯金についてはそのままということになりますね。

しかし、投資となるとどうでしょうか。自己投資ですから、普通にお金を使っているのでは?と考えがちですが、投資ということで自己投資には失敗がありません。

いつかは自分のもとに投資した分のおかねが戻ってくるのです。

どん底から這い上がった方法とは?気持ちの切り替えでどうとでもなる!?

借金苦から這い上がる方法とは

どん底と聞けば「借金」と考える人も多いんじゃないでしょうか? 銀行系カードローンが比較的簡単に通ったりと、若い人でも借金苦で悩んでいる人は少なくないんです。

借金に関するどん底から這い上がるためには、どんなことをすればいいんでしょうか。

自分の借金金額を知る

まず、一番大切なのは自分の借金を把握することです。借金でどん底を味わっている人は、今自分がどれだけ借りているかもしっかり把握していない人がいるんです。

把握していなければ、返済計画も立てられないので、自分がどこからどれだけ借りているかを把握しましょう

何が悪かったのかを考える

どん底から這い上がるためには、何が悪かったのかを自分で考えてください。

借金は良くないこと、と極論する人もいますが家族の病院代、リストラによる生活費など借金のすべてが娯楽に飛んでいるばかりの人ではないのです。娯楽で借金を増やした人は、何が悪かったかを考えましょう。

ほとんどはギャンブルによるものが多いのですが、ギャンブルで借金が増えた場合はギャンブル断ちをするなど、悪かった原因から遠ざかることが大切ですよ。

専門知識を持つ人に相談する

どうにもならなくなった場合、弁護士など専門の知識を持つ人に相談しましょう。近年は過払い金制度もあるため、借金を相殺しただけではなく手元にお金が戻ってくる場合もあるんです。

ひとりで考え込むより、専門知識を持つ人に相談した方がどん底から這い上がるチャンスになりますよ。

格差から這い上がる方法とは

格差社会で打ちのめされてどん底を味わう人も少なくありません。ただ、格差社会でどん底にいる人は自分自身が変わらないとどうしようもないのも事実です。

では、格差社会で打ちのめされた人はどうすればいいのでしょうか。

学生時代の友人との差に落ち込んでしまう

学生時代は同じラインに立っていた人が、数年後会ってみたらエリートになっていたという場合もあります。その場合、友人と自分を比べてみじめになってしまう人もいるようです。

しかし、人は人、自分は自分と考えましょう。友人も努力の甲斐があって、現在の地位にいるんです。楽をして今の地位にいると妬むのはやめましょう

人に八つ当たりをしない

どうせ自分なんて、と考えるクセがついている人は八つ当たりをする傾向があります。八つ当たりをしても、現在の状況は変わりません。

八つ当たりをする前に、どうすれば自分の地位を高められるかを考えましょう

どうすればいいかを考える

格差社会に飲みこまれないためには、相応のスキルが必要です。そのため、どうすればいいか悩んだ時はスキルアップをしましょう。特に資格を取得しておけば役立つこともあります。

介護系などは人員不足の傾向があるため、資格取得をしておけば将来役に立つ可能性が高いですよ。

恋愛問題から這い上がる方法とは

借金と同じくらい、恋愛に関するどん底もあります。借金とは別の意味で泥沼になることもあるので気をつけましょう。

では、恋愛に関するどん底はどんなことがあるんでしょうか?

浮気がバレた時はどうする!?

浮気がバレた時、浮気相手と恋人・妻・夫と泥沼になることがあります。離婚に発展した場合は慰謝料などもあるため、無一文になる場合もあるようです。

浮気がバレた時はすぐに謝罪をして、金銭面などで被害が広がらないようにしましょう

不倫相手から結婚を迫られている!?

不倫相手から結婚を求められる場合も、どん底を味わうことになります。結果として家族を失う人も少なくありません。

遊びのつもりでも、相手はそう思わない場合もあるからです。特に30代女性など、結婚を焦っている人に手を出してしまうと結婚を迫られることもあります。

もちろん、30代女性すべてが同じだとは言いませんけどね。

遊びには本気にならないように!

恋愛関係の泥沼では、ホステルやホストに本気になってしまう人もいるようです。ホステスやホストはお客さんに夢を与える仕事なので、疑似恋愛を楽しむためのパフォーマンスが上手い人もいます。

そのパフォーマンスを本気にしないように気をつけましょう。ホステスやホストは日頃の疲れを癒す程度に抑えてください。

中には結婚をちらつかせて、どんどんボトルを入れさせるあくどいやり方をする人もいるようです。

まとめ

どん底と言っても、まったく解決方法がないわけではありません。追い詰められて冷静に考えられず、自分で選択範囲を狭めている人が多いのです。

どん底だと感じたら、まずは自分の状況と解決するために必要なことを考えましょう。人間はどん底を味わいたくないと感じるものですが、どん底を味わったからこそ強くなれた、頑張れたという人もいます。

マイナスにばかり考えず、プラスに考えて気分を変えることで這い上がれるチャンスになるんです

成功者のお金の考え方〜使い方

今回は、お金の使い方がわからない方のために、成功者、資産家のお金の使い方について話していきます。

成功者の特徴

1x1-trans_-4391497まずは、成功者がどんなお金の使い方をしているのかをみてみましょう。

現金を持たない

成功者は現金を持ちたがらないんですよね。何でかというと、お金はインフレの影響で価値が下がり続けるから。

政府がどんどん紙幣を発行していくので、お金の価値は年々下がる。つまり、現金で持ち続けると自分の資産がどんどん減っていくんですよ。

お金を使う

なので、成功者は値段が上がるもの、または価値が維持できるものにすぐにお金を変えたがる傾向が強いんです。

なので、とにかく現金が入ってきたら、それを使うんですよね。

資産を買う

そして、成功者はお金を使って資産を買います。

資産は私のポケットにお金を入れてくれるもの、負債は私のポケットからお金をとっていくものです。

例えば住宅ローンというのは負債なんですよ。逆に、ポケットにお金を入れてくれるものといえば株とか不動産ですね。

簡単な方法

ポケットにお金を入れるとかよくわからないという方は、まず物を持たない方がいい。それだけで大きく変わります。

コストを減らす

物を持つとコストがかかるんですよ。修理費だったりとか維持費だったりとか、何かしらコストがかかってきます。

維持費とかがいらないような置物でも、場所というコストがあるんですよね。

物を持たない生活

だから最近、ミニマリストといって全然物を持たない生活が流行っているんですけど、あれは本当に賢い生活なんじゃないかなと思います。

お金を生み出してくれる資産に

できる限り見えないものにお金を使う方がいいです。見えないものの方が、多くの場合お金を生み出してくれる資産になるようなことが多いんですよね。

成功者がお金を使う3つのもの

では、ここからは成功者が何にお金を使うのかをみていきたいと思います。

資産

成功者がお金を使うもの、まず1つ目なんですけど、それは先ほども言った通り資産です。

例えば金とか株式とか不動産とか骨とう品とか、あとはビジネスですよね。とにかく、現金とは違って今後価値が上がっていくもの

最近はアンティークコイン投資というものも流行っていますが、これも時間がたつほど値段が上がるものですね。

知識

2つ目は知識です。本や教材を買いセミナーの参加料を払う。お金そのものより、「お金を稼ぐための知識」を求めるんですよね。

例えば1億円の現金よりも、1億円を稼ぐためのノウハウを求める人が成功者なんです。なぜかというと、知識があればまた0から稼げるんですよね。

例えば、これはぼくの話になってしまうんですけど、最初はアフィリエイトの情報紹介とかネットビジネスやマーケティングの本を買いあさっていました。

でも、結局そういった本は、もし仮に今すべてを失ったとしても3か月くらいあれば稼いだ収入で買いなおすことができる。

とにかくお金を求めるんじゃなくて、お金を稼ぐための知識を求めてほしいんですよね。

極端な話ですが、例えば金正恩みたいな独裁者が現れてお金を根こそぎ取られても、お金を稼ぐための知識は絶対に取られません。

人間関係

成功者がお金を使うものの3つ目なんですけど、これは人間関係です。誰かに会うこととか、人間関係を構築するためにお金を使います

なんでかというと、利害関係抜きで助け合える関係を作るためなんですね。

お得な情報とか、いい人間関係を構築することで得ることができるものはとても多い。だから人間関係を構築するためにお金を使うのが成功者なんですよね。

使い方の順番

お金の使い方のオススメなんですけど、収入が少ないうちは知識とか人間関係に投資した方がいいと思うんですよね。

もっと収入を増やしたいと思っている人が大半だと思うので、まずはお金を稼ぐためのノウハウの知識に投資をしてほしい

それでお金を稼げるようになったら、株とか不動産なりの、資産になるものを購入すればいいんですよ。

多くの人というのは、例えばサラリーマンとか、20万とか30万の月収で株を買おうとするんですよね。

そういうことをするよりは収入を増やすための知識に使って、まずは実際に稼いでほしい。

それから、優良な株や資産ブログなどをどんどん買ったり構築したりしてほしいんですね。

まとめ

ここまで、成功者のお金の使い方について書いてきました。

ここで書いたことを参考にして、自分も成功者になれるようなお金の使い方を始めていただければなと思います。