お正月の挨拶の時に手土産は必要?何を持っていくべき?

義理の実家に行く時

義実家に行く時は、誰であっても緊張しますよね。嫁姑関係が良くても、ちょっとしたことで嫌われるのではないかと心配になるのは当然です。

そこで、こちらでは義実家に行く時の手土産について紹介します。

日持ちする物が良い

新年の挨拶で手土産に持っていくものは、食べ物がほとんどです。しかし、高級肉など日持ちしないものの場合は使いきれない可能性もあるので、乾物など日持ちがするものの方がオススメです。

逆に日持ちがしないものは、あまり歓迎されません。その理由として、お正月にはおせちが作られていて、既に食べるものがあるからです。

日持ちがしないものだと、おせちと一緒に食べなければなりません。義実家にとっても迷惑になりかねないので、持っていくものは日持ちするものを心がけましょう。

王道路線で問題ない

中には手土産の品に変わったものを持っていく人がいますが、王道路線で問題ありません。むしろ、変わったものを持っていく方がNGになる場合もあるので、無難なものにしておきましょう。

奇抜なものは義実家の家族から歓迎されない可能性が高いですよ。

渡すタイミングは玄関ではなく部屋に入ってから

挨拶の品は、相手と会った時……つまり、玄関で渡してしまいがちですが義実家の場合は玄関で渡すのはNGとされています。

その理由として「早く帰りたい」「よそよそしい」というイメージがあるため、距離を置かれているように感じてしまうからです。

結婚によって繋がった縁なのですから、自分から遠ざけるようなことは止めましょう。

仕事の上司に挨拶に行く時

旦那さんの上司に挨拶に行く場合はどのようなものがいいのでしょうか。挨拶の品でも旦那さんに対する評価が変わりそうで、ちょっとドキドキしてしまいますよね

そこで、上司に持っていく挨拶の品はどんなものがいいのかを紹介します。

上司の好みに合わせたもの

やはり持っていくものは。上司の好みに合わせたものですね。お酒でも食べ物でも、上司が好むものを持っていくのが一番です。

手土産にかける費用は、上司ということも考えて1万円前後が一般的のようです。

前もってリサーチしておく

上司への手土産に好みのものを買えるよう、さり気なくリサーチしておくことをオススメします。

あからさまに聞いてしまうと、上司に気を遣わせてしまうため、さり気なく日常会話から好きなお酒の銘柄などを聞き出しておくことをオススメします。

上司の家族に向けたものも持っていく

上司宅に挨拶に行く時、上司への品物を持っていくのは当たり前ですが、その他に家族に向けた無難なお菓子の詰め合わせなどを持っていくことをオススメします。

人は自分だけではなく家族にも配慮してくれる人を好む傾向があるので、上司に対して良い印象を与えることが出来るからです。

友人宅へ挨拶に行く時

意外と悩むのが友人宅へ挨拶に行く時です。普段から親しい人だからこそ、何が好まれるか複数思いついて悩むという人もいます。

そこで、こちらでは友人宅に持っていく手土産について紹介しますね。

友人の好みに合わせたものでいい

基本的には友人の好みに合わせたもので構いません。ただ、家族内で食べられるものがいいでしょう。お酒など飲む人が限定されるものでは、他の家族に対しても気兼ねしてしまう場合があります。

そのため、友人も好きなお菓子の詰め合わせギフトなどがオススメですね。お正月になると、さまざまな店舗でお歳暮やお年賀用のお菓子のギフトを用意しているので、そういった中から選びましょう。

手土産にかける費用は、高すぎず低すぎずが理想です。

気をてらったものは良くない

中にはウケを狙って、気をてらったものを用意する人もいますが、あまり良い印象は与えません。新年の挨拶に持っていくものなので、きちんとしたものを選びましょう。

ウケを狙ったものは、友人にはウケたとしても友人の家族にはウケない可能性があるだけではなく、1年の始まりの挨拶さえまともに出来ない人というレッテルを貼られかねないので気をつけましょう。

親しき仲にも礼儀あり

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、どれだけ仲の良い相手だとしても1年の始まりの挨拶はきちんとしておきましょう。意外と1年の始まりの挨拶の仕方などを注目する人も珍しくありません。

礼儀知らずな人と思われないように、1年の最初の挨拶はしっかりして、その後で普段のように親しく接するようにしましょう

まとめ

お正月の挨拶に手土産が必要な理由として「今年もよろしく」という意味も込められています。手ぶらで行くのは失礼になるので、必ず何らかの品物を持って挨拶に伺うようにしましょう。

最近は新年の挨拶に訪れるのは義実家くらいという人もいますね。しかし、家族がお世話になっている会社の上司や普段仲良くしている人くらいには、きちんと新年の挨拶をしておくことをオススメします。

お正月に持っていく手土産は何がいい?食べ物以外で選ぶとすれば何を持っていく?

お正月に食べ物を持っていくのは迷惑になる?

1x1-trans_-8995771

お正月に持っていく手土産と言えば、やはり食べ物を考えるのがほとんどです。王道的なお菓子やちょっとしたおつまみなど、食べ物の方が無難ではずれもないと言われているからです。

しかし、お正月に食べ物を持っていくのは迷惑になるという考えもあります

お正月に食べるものは既に用意されている

お正月にはおせちやお雑煮など、既に食べるものが多く用意されています。そのため、新しい食べ物を持っていくことは歓迎されないようです。

確かに食べなければいけないものが増えるので、よく考えたら確かに嬉しいとは思えないかもしれませんね。

日持ちがしないものほど喜ばれない

食べ物全般を喜ばない人もいる中、その中でも日持ちがしないものは特に喜ばれません

日持ちがしない=早めに消費しないといけないということで、お正月に食べるものの予定が少し狂ってしまうからです。

食べ物は似たようなものになりがち

食べ物が喜ばれない理由として、他の人から貰ったものと被ってしまうというころもあります。お正月など、多くの人から貰う家庭にとっては、比較的似たような食材が多く集まってしまいます。

渡す方はいいのですが、受け取る方としては同じような食材やお菓子があることで消費に困ってしまうという家庭もあるようです。

食べ物以外で喜ばれる手土産とは?①

1x1-trans_-8995771

食べ物以外で喜ばれる手土産があることは知っていますか?

お正月の手土産=食べ物という認識が強いのですが、その他にも喜んでもらえるものは多くあるので、他のものにも視野を広げてみましょう。

パジャマ

食べ物以外で多く用意されているのがパジャマです。パジャマは消耗品なので、多少被っていても使ってもらえる可能性が高いものです。

他にも、新年なので新しいものに身を包むという家庭もあるため、渡しても使ってもらえる可能性が高いものです。

靴も好みが出てしまうものですが、ちょっと使うためのサンダルなどはよほど派手なものではない限り、使ってもらえる可能性が高いものです。

本格的な靴にしてしまうと、趣味が合わないという理由で使ってもらえない可能性もありますが、サンダル系であれば、あまり趣味関係なく使ってもらえるのでオススメです。

食器

お正月の手土産として用意されているものの中で、食器もあります。食器と言っても、本格的なものではなく例えば義母と義父が使える夫婦湯呑などふたりが使えるものが購入されています。

ペアの箸などもあるため、ちょっとした挨拶に食器を持っていくことが流行っているようです。

食べ物以外で喜ばれる手土産とは?②

1x1-trans_-8995771

お正月の手土産として持っていかれるものは、意外と多くあるんですね。

こちらではちょっと変わったお正月の手土産品を紹介します。

衣類

普段着になりそうな衣類を手土産として持っていく人もいます。

ただし、これはよほど相手の趣味を分かっていないと気に入ってもらえない可能性があるので「絶対にこれは気に入る!」という確証がない限り、衣類は避けた方がいいかもしれませんね。

ただ素材にこだわっている衣類などもあるので、デザインより素材を楽しんでほしい人には贈ってみてもいいかもしれません。

料理器具

最近は便利な調理器具が販売されています。圧縮鍋、ノンフライヤーなど、手軽に使えるものをお正月の手土産として持っていく人も増えているようです。

食べ切れないものや使わないものを持っていくよりかは、比較的使える調理器具の方がいいという考えの人もいるようです。確かに、調理器具であれば義母の調理なども楽になるかもしれませんね。

ただし、昔気質の考えの人は機械に頼りたくないという気持ちの方が強い場合があるので、そんな人には調理器具は喜ばれない可能性もあります。

健康セット

いつまでも健康的でいて欲しいという願いから、健康セットを持っていく人もいるようです。最近はお茶など、さまざまな健康セットが展開されています。

健康食品と聞くと、昔は味に問題があるものがほとんどでしたが、最近のものは健康に気を遣いながら美味しく飲めるものがほとんどなので、あまり人を選びません。

そういう点では、健康セットが一番万能プレゼントかもしれませんね。手土産に悩んだ時は、さまざまな健康グッズが楽しめる健康セットがいいかもしれません。

まとめ

いつもお正月の手土産に食べ物ばかりで、たまには別なものを……と考えている人は、ぜひ紹介したものの中から選んでみてはいかがでしょうか?

ちょっと変わり種のものもあるため、他の人とは被らないようなアイテムも満載です。ただ、被らないことばかりを気にして選ぶのではなく、渡す相手のためになるかどうかもしっかり考えてから選ぶようにしましょう

そして、食べ物が喜ばれない場合もあると書きましたが、逆にアイテムの方が好まれない場合もあるということを覚えておきましょう。

ぼっちの正月の過ごし方は??できるだけ楽しくね!

お正月をひとりぼっちで過ごすという人も少なくないでしょう。

とかくひとりぼっちは孤独で寂しいという先入観を持つことが多いですが、実は誰にも干渉されずに過ごすことができる、絶好の時間でもあるのです。

ここでは、寂しくないお正月のひとりぼっちの過ごし方を紹介します。

お正月はどうやって過ごしたらいいのかな…と思う人も多いと思いますが、自分に合った過ごし方があるので、ここで紹介した過ごし方が何かのきっかけになったらいいですね。

ひとりぼっちのお正月の楽しい過ごし方

1x1-trans_-7442286

一昔前といっても、気がつけばお正月は元日からあちこちのお店が開いていますし、コンビニはいつでもお店が開いています。

テレビもお正月番組だけではなく、ネットでストリーミング放送でいつでも映画を見ることができますし、オンデマンド放送も充実しています。

お正月といっても、特に不便なく過ごせるということですよね。パソコンがなくてもスマホがあればネットで遊び放題ですし、誰とでもつながることができます。

お正月は忙しい人とそうでない人の差が激しいので暇な人は何か焦燥感を感じるものですけど、特に気にせずリラックスしてお正月を過ごしたらいいですよね

寝正月ではないけれど…

大晦日までにとりあえず正月三が日は過ごせるだけの食料を確保しておくんです。または、大晦日に届くおせち料理を頼んでおくというのもいいですよね。

1万円出さなくても一人が正月三が日を過ごすくらいの量はありますから、食事の準備をせずに十分に過ごせると思います。

不安だったら、コンビニで何かいろいろ買い足しておいたらいいですから安心ですよね。

テレビのお正月特番を垂れ流し

テレビのお正月特番というのは、ほんとお正月を感じさせてくれるんですよ。スマホで映画を見るのもいいですけど、基本はずっとテレビをつけっぱなしにしておくといいですよね。

生放送が多いですから、リアルタイムにお正月を実感できるのがいいんですよ。

お正月のリア充の人たちの過ごし方を見ているとこっちが寂しくなることもありますけど、納得して家にいるのですから、そういうのは受け流して見るようにしましょうね。

初詣に行ってみよう

寝正月もいいのですが、やはり一年の計は元旦にありということで、初詣に行くのはどうでしょうか。

定番の中の定番ですが、一人で過ごすからといって初詣をしないという選択はしないというのももったいないです。

一人だからこそ有り余った時間を初詣に使うのもいいと思いますよ。有名な神社でしたら人混みで疲れてしまいます。近くの小さな神社でもいいでしょう。

そう考えたら日本にはあちこちに神社があるなって思いますよね。

近所の神社だと知り合いに会ってしまうかも…

家の近くにある近所だと、地元の人しか来ないような小さな神社ということもあるでしょう。そうなると、帰省した学生時代の友人と久しぶりに会うといったこともあるかもしれません。

ひとりぼっちの正月の過ごし方なんですけど、思わぬ形で古い友人と会って親交を温めるというのもお正月の醍醐味と言えるでしょう。

反対に昔の友人と会いたくないという人もいますよね。

それも、ひとそれぞれですから、友人に会う会わないというのも自分で考えていいと思いますよ。

初詣にはおみくじがつきもの

せっかく初詣に行ったのですから、おみくじを引いてみましょう。悪いことが書いてあったら、これからよくなるというように前向きに考えましょうね。

良いことが書いてあったら、これから起こることに浮き浮きになることでしょう。おみくじ一つで大盛り上がりできるのですから、絶対に引いてくださいね

初売りに出かけよう!

家で寝正月もいいのですけど、元日は寝正月で鋭気を養って、2日は初売りに出かけてみませんか?

元日からやっているお店も多いと思いますが、このご時世でもデパートは元日は休んでいますよね。

ですから、勝負は2日です。人混みを覚悟しなくてはいけませんが、ここはがんばって参戦してみましょう。

疲れるから…なんて言わないで次の日が休みだったらまたゆっくりしたらいいんですよ。

お金の許す限り買ってみる?

たくさん買うのもいいのですけど、福袋だったら持って帰るの大変です。

選択に迷うのですが、福袋をどきどきしながら買うのか、初売りで安くなった欲しかったものの一点買いか…。迷ったらお金の許す限りたくさん買ってみましょう。

お正月は年に一度…そのくらいいいと思いますよ。

福袋は外れもあるけど

福袋で外れの商品があったら、人にあげて恩を売るか、ネットオークションに出品するかといったところですね。

人にあげるといつか戻ってくるでしょうし、オークションだとお金が入りますから、福袋も考えたら損をしないんですよ。

まとめ

お正月はひとりぼっちでどうやって過ごそうか…。そんな人も少なくないでしょう。寝正月と初詣に初売りと定番のパターンでしたが、一人旅というのもありますよ。

前もっての予約が必要で、かなり前から正月はひとりぼっち決定という予定も寂しいですが、のんびり一人旅もいいですよね。自宅で一人静かに過ごすのも意外と楽しいものですし、人恋しさで街に出るのもいいでしょう

誰にも束縛されずに自由にできるひとりぼっちの正月は最高ですよね。

クリスマスや正月の過ごし方はこれで決まり!

クリスマスや正月の過ごし方は人それぞれです。一人で過ごす人もいれば、恋人と過ごす人もいるでしょう。家庭があれば家族団らんのクリスマスやお正月になると思います。

それぞれの状況で思い出深いものにしたいものです。その中でも一人で過ごすクリスマスは正月は寂しいという人もいるかもしれません。

しかし、一人で過ごす時間というのも貴重ですし、いつも大勢に囲まれて過ごしている人から見るとうらやましい存在でもあるんですよね。

一人のときの過ごし方はどうしたらいいの?

想定外といっていいのか…クリスマスや正月を一人で過ごさなければいけなくなった…という場合もあるでしょう。そういったときはどうしたらいいのでしょうか。

クリスマスは特に一人で外出したくはないものですね。しかし、多くの人は平日だったら仕事ですよね。

クリスマスと言っても祝日ではないので、普通に仕事して普通に帰るという人が多いんですよ。ですから、一人だからといったもたいしたことはありません。

クリスマスだからこそ予約が取れることも!

クリスマス前はごったがえす普段は予約が取れないようなエステもクリスマスはガラガラなんてこともあります。ですから、そういった日に予約を入れてみるのはどうでしょうか。

これってかなり穴場ですよ。人気店で普通の日は予約で一杯でもクリスマスの日は空いている…この日に予約を入れるとお店にも喜んでもらえますからね。

クリスマスなら、一人ならではのお店を探すのもいいですよね。

正月のぼっちはどうしたらいい?

クリスマスよりは一人でいることに寂しさを感じなくてもいいのがお正月です。これはどんな過ごし方でも大丈夫ですよ。

おせち料理を自分で作るかできるだけたくさん注文しておいて。お正月は新しく用意することなくおせち料理を食べ尽くすんです。

初詣に行くのも初売りに行くのも自分のペースでいいでしょう。家にいたくなかったら一人旅に出るのもいいですよね

お正月を一人で過ごすのはどんなことでもできるのでおすすめです。一人で寂しいなんて思うこともなく充実したぼっちの正月をエンジョイしてくださいね。

恋人とのクリスマスとお正月の過ごし方

一人だと適当に過ごしてしまいがちなクリスマスとお正月ですが、これが恋人と二人で過ごすということでしたら、俄然力が入ってくることでしょう。

特にクリスマスは、事前にレストランの予約とか二人で過ごすホテルを予約するとか、お金はかかりそうですけど、充実した時間を過ごすことができそうですよね。

クリスマスは二人で過ごしたい!

クリスマスは二人で過ごしましょう。つきあっているのに会わないのは反対に不自然ですよね。

食事はやはりレストランで決まりです。ちょっとした高級レストランでしたら、事前の予約が必要ですから、早めに押さえておきたいものですね。

もっと一緒にいたいというのでしたら、ホテルの予約も早めにしておいたほうがいいですよ。クリスマスのホテルの予約状況はものすごいものがありますからね。

お正月は旅行がいいかも

恋人同士でしたら、お正月は旅行に出かけましょう。お正月の宿の予約は大変ですが、できるだけ早めに予定を組むといいでしょう。

コツとしては、泊まりたい温泉宿を決めておいて、観光は後から考えるということですね。大きな温泉宿でしたらそこだけでゆっくりくつろぐことができますよ。

恋人同士でしたら、連泊できるお正月休みというのはかなり貴重ですよね。

家族で過ごすクリスマスとお正月は?

家族でのクリスマスとお正月の過ごし方ですが、これは親がすべて決めなくてはいけないので大変です。子供さんが大きければ希望も聞かなければいけません。

反対に子供さんが小さければ親がすべて決めることができるので楽ですね。いずれにしてもクリスマスプレゼントは必須ですから、早めに用意しておいたほうがいいでしょう。

クリスマスケーキとクリスマスプレゼントというのは子供はとても楽しみにしています。また、お正月はお年玉ですから、親にとっては出費のかさむ試練の時かもしれませんけどね。

クリスマスは自宅でクリスマスパーティ

クリスマスプレゼントの渡し方がいつも気になってしまいますが、今では寝床にこっそり置いておくよりも手渡しのほうが主流のようですよ

手渡しのほうが子供さんの笑顔を直接見ることができるので、親としても嬉しいですよね。

お正月はどう過ごす?

子供がいる家庭では寝正月はできないでしょう。初詣に初売りなどのイベントは是非ともこなしたいものです。思い出づくりにもなりますし、子供が家でじっとしていたくはないですからね。

リッチにお正月旅行もいいですし、実家に帰省してのんびりすごすのもいいですね。

まとめ

ひとりぼっちでも恋人同士でも、さらに家族でもクリスマスとお正月の過ごし方は三者三様です。ひとりぼっちだと何かと寂しいと思いがちですが、反対にうらやましがられることもあるでしょう。

今は個人が尊重される時代ですから、一頃と比べても一人でいることに寂しさを感じる必要はありません。恋人同士はより親密に、家族だとより楽しく過ごすことができます。

それぞれの立場でクリスマスとお正月をエンジョイしてくださいね。

正月の過ごし方?子供を退屈させないように!

正月といっても、大人にとっては長期休みで骨休めをしたい…そう思っている人は多いと思います。

しかし、子供がいる家庭はそうも言ってはいられません。

帰省をしなくてはいけない家庭もあるでしょう。子供がいるとどうしても子供中心のお正月になってしまうのです。

そんな子供のいる家庭のお正月の過ごし方はどうしたらいいか、ここでドンと紹介します。一年のスタートですから、家族で楽しい正月を過ごしてください。

子供と正月はどう過ごす?

年末は何かと忙しく、とにかく大晦日までに掃除を済ませて、正月は家でのんびりと過ごしたい…。それが大人の考えなのですけど、子供はそうではないですね。

子供はじっとしていることが苦手です。じっとしているのはテレビゲームをしているか、宿題くらいでしょうか。

正月は特にお年玉という臨時収入も入るので、お年玉をもらった子供はじっとしてはいられないですよね。

子供のお年玉の使い道は?

子供のお年玉の使い道はどうなっているでしょうか。

子供にすべてまかす家庭もあれば、親がお年玉をすべて預かって貯金という家庭もあるでしょう。折半して半分を貯金するという家庭もあるでしょうね。

それにしても、子供にとっては小遣い以外の臨時収入というとのは貴重です。小遣い以外に現金の入るあてがないのですから、当然ですよね。

そうなると、お年玉の使い道は普段買えないものを買いに初売りへ、ということになるのです。

初売りに出かけよう!

正月は元日からショッピングモールは開いています。子供と連れていくのでしたら、なんでもあるショッピングモールが一番でしょう。

初売りですから値段もリーズナブルですし、福袋もあればいろいろ買って家族で分けるということもできます。

親にとっては子供が無駄遣いしないか気が気ではないと思いますけど、決まった金額だけ渡して、あとは子供にまかせるくらいのほうが気楽ですよね

子供のほうも、以前から欲しいものを決めているはずですから、それほど迷わないで買い物をしてくれることでしょう。せっかく出かけたのですから、帰りはどこかで食事でも…というのがいいですよね。

正月らしく過ごそう!

お正月といえば、おせち料理に初詣ではないでしょうか。そしてお年玉です

親にとっては何かと出費がかさみますが、お年玉はしっかりと渡したいものです。

それとお正月ならでは、というのがおせち料理に初詣ですが、これはやはりお正月行事の定番ですから、しっかり行いましょう。

おせち料理は大晦日から作り始めなくてはいけないので親にとっては大変ですけど、子供にも手伝ってもらうなりして、お正月の行事というのをしっかりと教えなくてはいけません。

それと同じで初詣にも連れていってあげましょうね。

おせち料理は純和風…

おせち料理というのは純和風でハンバーグ好きの子供には、普段食べないようなものばかりが並んでいると思います。しかし、伝統のおせち料理ですから、しっかりと食べてもらってください。

おせち料理のなんたるかを知っておくのは子供の教育やこれからの人生にも欠かせないものですからね。

普段使わない食材もあったりするので、その食材の名前を教えながらおせち料理と家族で食べる団らんというのは貴重ですよ。

初詣に行こう

近くに歩いて行ける距離に神社があるのは幸運です。車で渋滞の中有名な神社に行くよりも楽ですし、なによりも歩いて行けるというのが初詣らしくていいですよね。

子供は普段の遊びの中で神社に行くこともあるかもしれません。しかし、きちんとお参りするといった作法のようなものは教えないとできません。

初詣くらいしかそういった作法を教える機会はないので、ここはしっかりと子供に神社のお参りの仕方などを初詣を良い機会にしっかりと教えてあげてください

旅行に出かけるのもいいかも

子供は旅行好きです。「正月はどこにいく?」と言われている親も多いのではないでしょうか。

お正月はそれでなくてもお正月価格で高くなりますから、親としてもかなりの出費は覚悟しなくてはいけません。一泊では疲れるだけになってしまいますから、できれば2泊はしたいところですよね。

また、年末から旅行に出かけて年越しそばも宿泊先で、というのも楽しいですよ

近場の温泉に行ってみる

近場の温泉に宿泊するのも立派な旅行です。遠出をしても渋滞にはまってしまっては、せっかくの旅行の楽しみが半減してしまいかねません。

近場の温泉旅館でも十分に旅行気分を満喫することができるでしょう。

自分自身も疲れを癒やせる

お正月の過ごし方として子供を旅行に連れていくのはナイスチョイスです。それを口実にして親のほうもしっかりとリフレッシュできるのですから、一石二鳥ですよね

まとめ

年末からお正月にかけて長期の休みになるので、子供と対峙する絶好の機会です。正月はお年玉をあげなくてはいけませんし、旅行にも行きたいということになるとかなりの出費を覚悟しなくてはいけません。

家にいてもおせち料理などにお金がかかってしまいますから、家族で旅行というのもお正月の正しい過ごし方と言えるでしょう。いずれにしても、家族で一緒に過ごすのは楽しいものです。

一緒に過ごすだけでも楽しいのですから、普段と違うお正月はもっと楽しいものにしたいですよね

正月の過ごし方!家ではどう過ごしたらいい?

正月を家で過ごす…傍から見ると寂しいお正月なのでは?と思われがちですが、意外にも家にいても楽しいことがてんこ盛りなのです。

ぼっちで過ごすのもいいですし、家の中で家族団らんというのもいいでしょう

お正月ともなれば帰省というのが通り相場ですが、事情によって帰省できない年もあります。正月を退屈しない過ごし方というのはどういったものがあるのでしょうか。

普通に過ごしても時間は過ぎていくので正月ならではの過ごし方をエンジョイしてくださいね。

お正月の家での過ごし方は?

お正月は特に予定がないから家で過ごそう…そういった人も少なくないですよ。

年末には海外脱出といった人のニュースをよく見ますが、うらやましいと思う反面、出国にも帰国にも手続きに時間がかかってぐったり…なんてこともあります。

それを考えると年末年始は家でのんびりと過ごしたいという人も多いですよね。

年末は大晦日まで掃除とか片付けなどで忙しくすることが多いですから、反対にお正月は家でのんびり過ごそうという目的があれば、年末の忙しさもなんとか乗り切れると思います。

テレビはつけっぱなしh3
お正月を家で過ごそうと思ったら、けっこう時間があるので、去年録りためておいた録画を見るとか、映画を見るとかいろいろしたいと思います。確かにその通りなのですが、お正月の雰囲気を味わったほうが良いので、お正月特番などの生放送のお正月番組を垂れ流しておくのがいいですよ。

お正月気分をあじわうのはテレビが一番だと思いませんか?

ひたすらだらだらするのも醍醐味

特に何をするでもなく、ソファやベッドの上でごろごろしておくのもいいでしょう。正月休みが明けたら忙しい日常が待っているのですから、それまでゆっくりしておくのもお正月の醍醐味ですよね。

ひたすらだらだらしたいという欲求は誰もが持っているのに、なかなかできない人が多いです。休みはやっぱり何かしたいと思うんですよね。

ですから、お正月休みにだらだらできる人ってある意味才能がある人なのかもしれません。ですから、お正月休みはだらだら寝正月というのも自慢してもいいのでしっかりとエンジョイしてくださいね

家で過ごすならおせち料理は豪華にしたい!

お正月を家で過ごすと決めたら、何をしようかなと考えるものです。一人でも家族でも正月の家での過ごし方となると、却ってお正月は何も料理の準備をしたくないと思うものです。

家にいるということは出かけなくていいので、お金をそれほど使わなくていいはずです。

そうなると食べるものにお金を回すことができるので、そのぶんおせち料理にお金をかけることができますよね。

おせち料理を注文しておく

メインとなるおせち料理を注文しておくのもいい方法ですよ。出かけないのでお金が余っているというのでしたら、おせち料理を注文して、お正月はおせち料理を食べ尽くすというのもいいと思います。

お正月に料理を何もしなくてもいいのはなんとも言えず贅沢ですよね。

おせち料理を自前で用意する

お正月に家にいるからお金が余るというのではなく、お金を節約したいからお正月は出歩かない、という人もいることでしょう。そういうときはおせち料理をすべて自分で用意しましょう

おせち料理って意外と簡単にできたりしますし、食材を揃えるだけでOKみたいなものもあります。

ご飯もできるだけたくさん炊いておけば、お正月はひたすら食べるだけという食い道楽が実現できますよ。

食べてテレビを見る以外にお正月を家で楽しむ方法は?

家を出てしまうのですが、近所の神社に初詣にいきましょう。日本全国、どこに住んでいても大なり小なり近くに神社ってあるものですよね。

家にいたいといっても近くに神社があるのでしたら、是非とも初詣にいきましょう

やはり気分転換は必要ですし、初詣に行っただけでも何かお正月の行事の中でも達成感があるから不思議ですよね。

一年の計は元旦にありますから、是非とも初詣には行ってくださいね。

初詣に行くと人に出会うのも嬉しいかも

歩いて初詣に行くと、人にも出会うことでしょう。そうなると新年の挨拶もしますよね。

それがいいんですよ。時候の挨拶というのは必要です。

それがあるだけでもお正月だなということが実感できます。近場の初詣もバカにできませんよね。

初詣に行ったらおみくじを引いてみましょう

初詣といったらおみくじですよ。吉と出るか凶と出るか…仮に凶が出たとしてもこれから良くなるんだからと開き直ってください。

大吉ではなく、吉も微妙ですが、普通が一番と考えるとまた考え方も変わってきますよね。

まとめ

家で過ごすお正月ってどうかな…なんて思っていても意外と充実しているものですよね。ポイントとなるのはお正月ならではのおせち料理を食べることです。

これだけでもかなり気分的に違うんですよ。一人暮らしでどこにもいかないからって、コンビニ弁当だと寂しいというかお正月分に浸れないと思うんです。

一人だから何もしないというのもいいですけど、せっかくのお正月ですから、どっぷりとお正月気分に浸ってくださいね

お正月に帰省しない人ってどれくらいいる?何をして過ごしているの?

お正月に帰省しない人の割合とは

親と離れて暮らす人は、お正月に帰省するのが当たり前というのは昔のことです。今は、帰省する人も多いのですが、帰省しない人が増えているのも事実です。

地方から都会に行って、帰省や戻ることもないまま過疎化が進んでいく地域もあるでしょう。では、どの程度帰省しない人がいるのでしょうか?

4人に1人が帰省しない人

お正月に帰省しない人の割合は、およそ4人に1人と言われています。結構な数の人が帰省していないってことになりますよね。

帰省しない理由はそれぞれによって異なります。親との不仲、仕事の都合がつかない、単に面倒など、納得出来るものから「え?」と思うようなものまであります。

若い人ほど帰省しない傾向がある

すべての人に当てはまるわけではないですけど、若い人ほど帰省しない傾向があるようです。特に地方から上京してきた大学生などは、都会での暮らしを楽しみ、それが当たり前になって帰省しない人もいます。

遊びを覚えた若い人ほどなかなか帰省を考えないのでしょうね。親がその気持ちをしったらちょっと寂しい気もします。

お正月に関わらず帰省しない人も少なくない

実は帰省しない人って、お正月だけに限らないんです。お盆やゴールデンウイークなど、一般的に帰省がある時期にも帰省しない人が増えています。

何かあるまで帰省しないというスタンスの人が多くなってきたのでしょうね

特別なことは何もしていない

帰省しないからと言って、電話や手紙で連絡を取り合っている人がいるのでしょうか? 色々調べてみた結果、そういった特別なことをしている人も少ないようです。

今と昔では、帰省に関することや親の心配などをする感情が少し希薄になっている人もいるのかもしれませんね。

呼ばれたら帰省する

お正月に帰省しない人が多いからと言って、まったく帰省しないわけではありません。自主的に帰省しない人が多いだけで、親から「帰省しなさい」と言われると帰省する人がほとんどです。

つまり、言われると帰省はするけれど、自分から帰省しようという人が多くなったということです。

帰省自体を深く考えていない

帰省しなくても電話や手紙を送らないということは、帰省自体を深く考えていない可能性が高いです。現在の大学生の親世代も帰省をしない人が多い世代と言えます。

親世代の場合は嫁姑問題でもあったのか、帰省出来るのにしなかった人が多い傾向にあるのですが、今の若い世代は違います。

親が帰省していないところを見ているため、帰省するということを知らない世代になります。子供は親を写す鏡と言いますが、そういった部分も受け継いでいるのかもしれませんね。

帰省の意味を見いだせない

帰省しないということは、帰省をする意味が分からない人が多くなっているということです。もちろん、理由があって帰省出来ない人は省きます。

それだけ帰省出来るのにしない人が増えているのです。

親と会うのが面倒

帰省の意味を見いだせない理由のひとつとして、親に会うのが面倒という人がいます。離れて暮らすのですから、親としては子供の状況を詳しく知りたいため、あれもこれもと聞く人がいます。

そういったことが煩わしくて帰省したくないという人もいるようです。特に若い世代であれば、帰省よりも友達と遊んでいたいという考えの方が強いのかもしれませんね。

帰省しても小言を言われるだけ

帰省して、あれもダメこれもダメと小言を言う人がいます。しかし、そういった小言が子供の帰省する意欲を削いでいる場合もあるのです。

子供が積極的に帰省しない場合、親が小言を言いすぎている部分もあるかもしれません。帰省しない人を責めるのではなく、帰省したくない理由があるのかもしれないと考えましょう。

予想が出来ない場合は、本人に帰省したくない理由を聞いてもいいかもしれませんね。

帰省する意味を与えよう

学生であれば「話を聞きたい」、家庭を持っていれば「お嫁さんや孫に会いたい」など、相手が帰省しやすいように理由を作ってあげることで帰省する人も増えるのではないでしょうか。

何も理由がないまま帰省白と言われても、逆に帰省しづらい人もいます。

特に大学生など、家を出て1年目の人などは、帰省の話をするタイミングも掴みにくい人がいるのでサポートしてあげましょう。

まとめ

お正月に帰省しない人は、比較的多いようです。しかも、年々増加の傾向にあるため、親としては悲しい状況が続くかもしれませんね。

毎年とは言わなくても、せめて2、3年に1度くらいはお正月に帰省してあげましょう。特に子供がいる家庭であれば、孫に会いたい気持ちもあるはずです。

孫を理由にするわけではありませんが、遠方で簡単に会える距離ではない場合、特に帰省して孫の顔を見せてあげてください。ただそれだけで祖父母は元気になれる場合もあるのです。

お正月に義実家を訪問する時の手土産は何がいい?費用はいくらのものがいいの?

義実家には何を持っていくべき?

旦那さんの実家を訪問する場合、手土産はいくらくらいのものを持っていくべきなのでしょうか。印象を良くしたいからと言って、高価すぎるものは逆に下品に思われてしまうのでNGです。

手土産は高すぎず安過ぎずが基本なのでこれをしっかり守りましょう。

遠方の場合は珍しいお菓子が喜ばれる?

義実家が遠方の場合、珍しいお菓子があればそういったものを選ぶようにしましょう。義実家だけに限らず、渡す相手があまり食べられないようなものは基本的に喜ばれやすいです。

例えば東京から九州に出向く場合、東京で人気のお菓子などを持っていくと喜ばれますよ。

悩んだ時は地元特産品!

手土産に悩んだ時は、地元特産品にしましょう。地元特産品は他の地域では買えないものなので、渡す相手にとっては珍しいものです。

相手にとって、滅多に手に入らない希少価値のあるものは手土産に最適です。

年配の人には梅干しが喜ばれる?

手土産を渡す相手が高齢者の場合、手土産の中に梅干しも候補に入れておくことをオススメします。梅干はお茶づけやおにぎりなど使い道が多く、日持ちもするので実は人気なんです。

手土産で持っていく場合、ちょっと高級な梅干しを渡すと相手にもかなり喜ばれるのではないでしょうか。

他にも高齢者は同じ甘いものでもケーキよりようかんなど和菓子を好む傾向があるので、そういったものも候補に入れておくといいでしょう。

お正月の手土産はいつまでに持っていくべき?

お正月の手土産はいつまでに持っていくべきだと思いますか?

特に指定されていないように思われているかもしれませんが、実はちょっとしたルールとマナーがあるんです。

知らないとマナーも知らない人と思われかねないので注意しましょう。

お年賀の場合は三が日の間に持っていく

手土産をお年賀として持っていく場合、なるべく三が日の間に持っていきましょう。三が日に都合がつかない時は、元旦から7日までを松の内をしているので、その期間に訪問しておきましょう。

地域によっては松の内を15日まで数えるところもあるので、訪問先の松の内を調べておくといいかもしれませんね。

時間帯は午前10時~午後3時が良い

お年賀を持っていく場合、時間は午前10時~午後3時がいいと言われています。

お歳暮を渡した場合、お年賀を渡さない地域もありますが、両方渡すのがマナーとしている地域もあるので、義実家がどちらになるのかをしっかり調べておきましょう。

滞在時間は最大15分くらい?

お正月は来客も多い傾向にあるため、滞在時間を最大15分程度にするのがマナーと言われています。

訪れた家の人は「帰ってくれ」とは言いづらいので、訪れた方が気を利かせて早めに帰るのがマナーです。

ただ、義実家であれば15分以上居ても問題はないのでしょうが、他にも挨拶に来る人がいる可能性も高いので、なるべく早めに帰るようにした方がいいでしょう。

手土産の予算はどれくらいがいいの?

手土産の予算はどれくらいがいいのでしょうか。手土産に関わらず、贈り物は相場内の金額で渡すのがいいと言われています。それは渡す方も受け取る方も気にしないようにするためです。

相場を超えた金額のもの、極端に低いものは相手にあまり良い気持ちにはさせません。

人付き合いはそういった点も気をつけて渡すものを選ばなければいけないので大変なんですよね。

一般的な相場は3000円ほど

一般的な相場は3000円ほどと言われています

義実家など関わりが強いところはちょっと豪華にして5000円ほどと言われていますね。これを大きく超えてしまうと、相手に気を遣わせてしまうので気をつけましょう。

手軽に済ませるなら高価すぎなくていい

きっちりとしたお年賀を渡す場合はともかく、手軽な手土産で済ませる場合は高価すぎなくても構いません。

元々手土産はお年賀よりも若干グレードを落としたものを持っていくという風潮があるため、高価すぎると「手土産」の範疇を超えてしまうからです。

渡す相手のことを考えて最適なものを

相手に喜んでほしいということばかり考えずに、受け取った相手が気を遣わない程度のものを用意するのも大切です。

相手が喜ぶことばかり考えて、費用面やマナー面を無視して渡してしまうと、それはただの自己満足にしかならないからです。

せっかく新年に渡すのですから、お互いに良い気持ちで終わりたいものですね。

まとめ

お正月に手土産を持っていく場合、いくらのものがいいかというと3000円、高くても5000円程度のものがいいということが分かりました。

しかし、金額面だけではなく他にも守るべきことがあるので、そちらを重視した方がいいのではないでしょうか。マナーや金額面ばかりを書いていますが、一番は相手が喜んでくれるかどうかです。

形式ばったことにこだわりすぎず、大切なものを見逃さないようにしましょう

独身の人はお正月に帰省しない?そのことには理由があった!?

お正月に帰省したくない理由

独身の人がお正月に帰省したくない理由って、意外と多いんですね。単純に都合がつかなかっただけではなく、独身ならではの悩みがあったようです。

どんな時に「帰省したくない」と感じるのかを紹介しますね。

結婚を催促される

独身者の中で一番多い理由が「結婚や恋人のことを聞かれる」とのことでした。結婚したくて出来ない人、結婚に興味がない人、独身でいる理由はさまざまですが、帰省するたびに催促されると嫌になりますよね。

どうせ帰省しても結婚の話しかされない、と感じてしまうと帰省したくなくなるようです。

見合い話が用意されている

これは一部の人でしたが、帰省した時に見合い話が用意されていた人もいたようです。くつろぐために帰省したのに、いきなり見合い話が用意されていたら驚きますよね

そんなことがあれば「帰省したくない」と感じるのも無理はありません。

親が過保護すぎる

大学などで親元を離れた人に多い理由が「過保護」でした。食べ物や生活の仕方、友達や勉強など根掘り葉掘り聞かれては帰省したくなるというものです。

過保護な親の場合、友達付き合いまで口出しをしてくることもありますから、余計に嫌になるのでしょうね。

お正月に帰省出来ない理由

お正月に帰省しない人の中には、帰省したくても出来ない事情がある人もいます。

では、どんな時に帰省出来ないのでしょうか?

実家との距離が遠すぎる

実家との距離が遠すぎる場合、帰省出来ないこともあるようです。極端な話ですが、実家は沖縄で現在地が北海道の場合、端から端になるので帰省するだけでもかなりの疲労がたまります。

そのため、毎年帰省するのではなく、2年に1度や3年に1度にしている人もいるようです。

交通費がかかりすぎる

独身の場合、交通費も馬鹿に出来ませんよね。節約生活をしている人であれば、お正月だからと言ってお金をかけてわざわざ実家に帰るのはメリットがないと考える人もいるようです。

確かに、お金がかかりすぎると負担が大きくなるので控えたいという人もいるでしょうね。飛行機や電車代など、多少でも親が負担してくれる場合は帰省する人もいるようです。

しかし、あまり図々しいことは言えないですよね。

仕事の都合で帰省出来ない

帰省出来ない理由の中で比較的多かったのが「仕事の都合」でした。お正月だからと言って、日本全国休みなわけではなく、逆にお正月だからこそ稼ぎ時という店もあります。

そういったところに務めていれば、お正月に帰省出来ないのも無理はありませんね。

 

お正月は必ず帰省しなきゃダメ?

お正月には必ず帰省しなければいけないのか、と考える人もいるでしょう。結論から言えば、それは本人の自由ですね。

帰省したければ帰省してもいいですし、帰省したくなければ帰省しなくてもいい、それを選ぶのは他人ではなく本人です

家族仲が悪いから帰省したくない

家族仲が悪いから帰省したくないという人もいます。中には帰省する実家がない場合もありますね。

プライベートな部分になるため、あまり口出しはしない方がいいのかもしれませんが、多少の仲の悪さであれば帰省した方がいいかもしれませんね。

親はいつまでも元気なわけではありません。いつかは会いたくても会えなくなる時が来るのです。

帰省しないことが親孝行?

こちらも家庭事情によるものの理由で、帰省しないことが親孝行になる場合もあるようです。例えば実家の親と血が繋がっていないなど、簡単に「帰省した方がいいよ」とは言えない場合があります。

そういう事情を持っている人は、帰省したくない、の一言だけで終わらせる傾向があります。つまり、それ以上は踏み込んでほしくないということなので、なるべくそれ以上は踏み入れないようにしましょう。

両親が不在

単純に帰省しても両親が不在ということもありますね。例えば、会社の人と旅行などタイミングが悪い時はお正月に帰省しても誰もいない場合があります。

しかし、帰省する場合は前もって連絡は入れているはずなので、帰省したのはいいけど誰もいなかった、という状況にはならないでしょう。

両親には会えなくても、地元の友人と会うために帰省したという人もいるようです。新しい土地で友人は出来ても、子供の頃からの友人となるとやっぱり一緒にいて安心感が違いますからね。

まとめ

お正月に独身の人が帰省しない理由として、ダントツは「結婚」でしたね

親としても子供には幸せになって欲しいので気になるのは仕方ないことかもしれませんが、結婚は縁としかいいようがないのであまり過保護にならずに放っておくのが一番です。

逆にそのことをしつこく聞いているせいで、帰省してもらえないと親にとって寂しいことにしかなりません。

独身の人も、あまりしつこく言われるようなら「そんなこと言うなら帰省しないよ」と少し強く言ってみてもいいかもしれませんね。

 

お正月に帰省しない人は何をしているの?どんな過ごし方をしている?

帰省しない人の過ごし方①

お正月の休日は、比較的長めなので帰省しない人は結構な時間をもてあますことになります。

しかし、帰省しない人たちはどんなことをして、お正月を過ごしているのでしょうか?

寝正月

普段バリバリに働いている人ほど、寝正月になりがちのようです。休める時にしっかり休んで、休み明けから仕事を頑張ると言うことなのでしょう。

ただ、家庭を持っている場合は家族サービスなどもあるので、なかなか寝正月を実行出来ない人も多いのかもしれません。

自宅の模様替え

新年が始まったからこそ、自宅の模様替えをする人もいるようです。新しい年を新しい部屋で過ごすというのはなかなかいいアイデアですよね。

ただ、新年早々疲れてしまうというデメリットもありますが1日で終わらせず、数日かけてゆっくりやる人が多いようです。

大掛かりな模様替えをする場合は、12月後半から取りかかる人もいるみたいですね。

逆に新年を新しい部屋で過ごそうと、新年までに模様替えを終わらせて、新しい年を模様替えした部屋でゆっくりする人もいます。

テレビゲーム

ゲームが好きな人は、普段は仕事が忙しくてゲームをする暇もない人がほとんどです。そのため、長期休暇時にじっくりと好きなゲームをやる人が多いみたいですね。

ただし、子供がいる家庭では子供に「何時間もゲームをやってはいけない」と教えていると、上手く出来ないかもしれませんね。

他にも、テレビゲームなどを通じて子供とコミュニケーションを取る親もいるようです

子供としても好きなゲームを親と一緒に出来れば楽しいですし、嬉しいですもんね。子供とのコミュニケーションのために、帰省しないという選択をする親もいます。

帰省しない人の過ごし方②

帰省しない人の過ごし方って、細かくするとかなり多くあるんですね。わざわざ新年にしなくても、ということから新年ならではのことまで沢山あります。

お正月に帰省しない人は、お正月の過ごし方として参考にしてみてはいかがでしょうか。

DVD鑑賞

比較的多いのがDVD鑑賞です。年末年始になると、レンタルビデオ店も多くのお客さんで賑わいますし、新年からレンタルリリースされるものもあります。

そういったものを纏めてレンタルして、お正月休みで一気に見てしまうのも、お正月の過ごし方のひとつです。

自分のスキルアップ

新年だからこそ、自分のスキルアップのためにお正月の時間を使う人もいるようです。

最近は通信教育などで資格を取得出来るようになったため、まとめて時間が取れるお正月休みに一気に勉強して資格を取得しようとする人もいます

新しい年だからこそ、新しいことにチャレンジして自分の心を奮わせようとしているのかもしれませんね。資格で手に職が就くこともありますし、やることがない場合は勉強をしてみてはいかがでしょうか。

福袋を買う

女性に多い傾向がありますが、お正月の過ごし方としてさまざまな店の福袋を買いに行くというものがあります。

有名店であれば、かなり良い品物も入っていますし、福袋のために1年間貯金をしている人もいます。

買い物はストレスを発散させてくれますし、普段仕事や家庭で表に出せないもやもやを福袋購入で発散しているのかもしれませんね。

帰省しない人の過ごし方③

帰省しないことが悪いことではありません。自分の人生ですから、自分の好きなように過ごしてもいいと思います。ただ、実家に戻ることで親孝行が出来る場合もあるので頭の片隅にでも帰省の言葉を刻んでおいた方がいいかもしれません。

初詣

新年と言えば、やはり初詣ですよね。特におみくじは1年を占ってくれるものなので、出来るだけ有名な神社に行こうとする人もいます。

神社と人間には相性があるため、相性が良い神社ほど良い結果が出ると言われています。初詣と一緒に、パワースポット巡りをして幸先の良い1年にしようとする人もいるようです。

近場の温泉施設に行く

特にすることはないという人は、近場の温泉施設にでも行ってみてはいかがでしょうか。温泉は自宅のお風呂と違って疲れを落としてくれますし、じっくりとお湯に浸かることで健康的にもなれます。

普段から疲れがちの人は、温泉施設でゆっくりしてみてはいかがでしょう。

新しいことを始める

帰省しない人のお正月の過ごし方として、新しいことを始める人がいます。

スキルアップだけではなく、健康のためにジムに通い始める人、英語の勉強を始める人、今までまったく違う分野だったものに挑戦する人がいるのです。

新年がその人の気持ちを奮い立たせてくれるのかもしれませんね

まとめ

お正月に帰省しない人の過ごし方はさまざまです。ここで紹介しなかったものもあるので、自分なりの過ごし方を探してみてもいいのではないでしょうか。

だらけるもよし、学ぶも良し、自分なりの過ごし方を探しましょう。