暑中見舞いの返事書き方を0から解説するよ!知らないと恥を書くポイントまとめ

暑中見舞いは年賀状ほど一般的ではないですが、それだけに、普段会うことがない人にはこういったハガキで時候の挨拶をするのはとても風情があっていいものですよね。

そして、お世話になっている人から暑中見舞いを頂くと返事をしなくてはいけません。

失礼のないような暑中見舞いの返事の書き方はどういったものにしたらいいのでしょうか。

面倒だと思いながら人づきあいが多くなってくると暑中見舞いのやりとりも増えてくるのでしっかりとマスターしたいものですね。

暑中見舞いの返事の書き方を教えて?

暑中見舞いの書き方はなんとなくわかっても、暑中見舞いの返事はなんて書いたらいいのかわからないということはよくありますよね。

実際にこういったものは経験しないとわからないものですが、わからないなりに適当に書いて返事をするのはよくありません。

暑中見舞いの返事にもきちんとした書き方があり、古い風習ですから、そこにもマナーがあるのです

お世話になっている人から暑中見舞いが届いたら

目上の人から暑中見舞いが届いたら返事をしなくてはいけないでしょう。暑中見舞いをもらうのが初めてだったら、どのように返事をしたらいいのか迷うことだと思います。

特に目上の人からの暑中見舞いだったら、緊張しますよね。非礼のないように暑中見舞いの返事をするようにしたいものです。

返事の書き方がわからないからと迷っているうちに、どんどん日にちが経ってしまうこともあります。

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなる

暑中見舞いはたいてい8月初旬に届きます。暑中見舞いは立秋までに相手に届くように送ることがマナーだからです。

立秋は変動しますが、たいていは8月7日前後となります。

それ以降に出すのは、残暑見舞いとなりますし、気をつけたいのは先方に届いた日なのですが、たいてい暑中見舞いの返事は残暑見舞いと考えていいでしょう。

稀に暑中見舞いが早く届いて、こちらの返事も立秋までに先方に届きそうだというときは、暑中見舞いでもかまいません。
ここでは、残暑見舞いとしての返事の書き方を説明します。

暑中見舞いの返事の書き方について

暑中見舞いの返事はたいてい残暑見舞いとなります。このとき、暑中見舞いをいただいたお礼をするのかしないのか気になる人もいるでしょう。

これは、お礼を言うという考えとしなくてもいいという考えがあります。しかし、自然な感情として暑中見舞いのお礼を書いても問題ありません。

出だしは定型文得問題なし

残暑見舞いの出だしは「残暑お見舞い申し上げます」という出だしになります。

これは定型文というか常套句となりますが、決まり切った文章ですから、アレンジする必要もなくこのままで大丈夫です

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は

残暑見舞いの挨拶の後に続ける言葉は、時候の挨拶となります。

「まだまだ厳しい暑さが続いていますが…」という書き出しでもいいですし、「幾分暑さもやわらいできた頃でしょうか…」という書き方でもいいと思います。

暑中見舞いのお礼と近況報告も忘れずに

時候の挨拶の後に続く言葉として、暑中見舞いのお礼を書きましょう。それから、こちらの近況報告となります。

書き方に決まりといったものはないのですが、こういった古くからの風習というのは決まり文句や書き方の手順を踏襲したほうがいいです。

特に目上の人に残暑見舞いを出す場合は、自由に書くよりも手順に沿った書き方のほうが無難です。やはり書き方のマナーに沿った方がいいということですよね。

暑中見舞いのお礼を書く

残暑見舞いでの返事の書き方は、時候の挨拶の後に、暑中見舞いのお礼を書くようにします。お礼は必要ないという考えもあるのですが、目上の人から頂いた場合はお礼を書いても非礼にはなりません。

「暑中お見舞いのお葉書ありがとうございました。本来ならこちらから暑中お見舞いの葉書を出さなくてはいけないところを大変ご無礼いたしました。」といった感じでいいと思います。

さらに「厳しい暑さの中、お体のほうは大丈夫でしょうか」や「お変わりありませんか?」といった体調を気遣う言葉につなげていきましょう

後半はこちらの近況報告と締めの言葉を書きます

お礼と体調を気遣う言葉のあとは、こちらの近況報告となります。

「~で元気にやっています」「今後ともよろしくお願いします」といった形で締めくくるといいでしょう。

「ご指導ご鞭撻を」という書き方で締めくくるのもいいですが、かなり固いイメージになってしまうので、相手を見ながらということですね。

まとめ

暑中見舞いをいただくと、先方が目上の人でしたら、返事に気を遣ってしまいます。

書き方にもマナーがあるのですが、それほど形式張ったものにしなくてもいいようですが、それでもお世話になった人への返事の書き方には気を遣ってしまいますよね。

内容としては非礼にならないように、マナーを守った書き方でしたら、内容はおまかせともなるのですが無難にまとめるのが得策です。

砕けた感じよりはしっかりと敬語をしっかり使いながら固すぎないような内容にするのがポイントですね

お正月の手土産って何を持っていけばいい?子供がいる家といない家では違う?

お正月の手土産って何を持っていけばいい?

お正月の手土産って意外と悩んでしまいますよね。高価すぎるのも気を遣わせてしまいますし、逆に安すぎると不快な思いをさせるのではないか、と考えてしまいます。

そこで、どんな手土産が喜ばれるのか調べてみました。

お菓子

王道と言えば、やはりお菓子ですね。お菓子と言っても、生菓子ではなく焼き菓子など日持ちがするものが良いと言われています

お正月っておせちとか食べるものが多くあるので、日持ちがしないものはあまり喜ばれないんですよね。

デパ地下など、さまざまなお菓子メーカーの店舗があるので、そういったところを見にいてみてもいいかもしれません。

焼き菓子系が苦手な人には、日持ちがするタイプのゼリーなどもあるのでそういったものも見てみましょう。逆にケーキなどはすぐに食べなければいけないので避けましょう。

日本酒

男性が多い家では日本酒も喜ばれるみたいです。お正月前などには、新年に向けた限定日本酒などもあるので、そういたものを持っていくとかなり喜ばれるのではないでしょうか。

買う側がお酒に詳しくない場合は、店員さんと相談をしながら買いましょう。日本酒と言っても、種類によって味が変わってくるため、適当に買ってしまうと好みの味ではないと思われることもあるからです。

酒屋の店員であれば、ある程度飲んでいる銘柄から好きそうな味のものを見つけてくれるので、相談をしてみることをオススメします。

地元の特産品

遠方から訪れるのであれば、地元の特産品を手土産に持っていくという方法もありますね。

地元の特産品はその地域以外の人からは珍しいので、気に入ってもらえる可能性も高いです。

手土産の予算の相場は?

手土産を持っていく時に、心がけなければいけないのが金額です。高価すぎると相手に対して嫌味になってしまいますし、低すぎるとそれはそれで問題があります

つまり、低すぎず高すぎずという難しいので、手土産を選ぶ時は結構悩む人も多いのです。

実家の場合は5000円ほど

義実家に行く場合は、大体5000円ほどがいいと言われています。

5000円ほどのものであれば、それなりに良い品物が買えるので義実家などは他のところよりも少し高級品を渡すようにした方がいいでしょう。

親戚の家は2000円ほど

義実家と同じく身内とはいえ、あまり付き合いがない場合もあります。高価すぎることで相手の負担にもなりかねないので、大体2000円ほどと言われていますね。

2000円ほどであれば、お菓子の詰め合わせなども十分なものが買えるのでオススメです。

相手の負担にならない金額を選ぶ

手土産を渡した本人が良かれと思っていても、相手にとっては高価すぎて負担になっている場合があります。良い品物を贈りたいという気持ちはわかりますが、そのことで相手の負担になっては本末転倒です。

選んだ品物が相手の負担にならないかも、手土産を選ぶ時に考えておくようにしましょう

子供がいる家といない家では何か違う?

手土産を持っていく時、子供がいる家といない家では何か変わるのでしょうか?

深く考えていない人も少なくないのですが、子供の有無で手土産の予算なども大きく変わってくるみたいです。

子供のいない家に行く場合は手土産を奮発しよう

子供のいない家に行く場合は、手土産の品物を少し奮発するのが一般的のようですね

例えば子供のいる家には2000円のものだったところを、3000円~3500円にするなどです。

その理由は、子供のいる家には「お年玉」を持っていくからです。お年玉で負担が少ない分、手土産のランクを少しアップするのが一般的です。

お年玉を手土産にしてもいい?

手土産として、お年玉だけを持っていく人もいますがこれは失礼になります。あくまでも手土産はお世話になっている「大人」に対して渡すものです。

お年玉だけを持っていった場合、その大人たちをないがしろにしていると思われても仕方ないので気をつけましょう。

もちろん、お年玉だけを持っていった人に悪気がないのは分かっていますが、それでもあまり気分が良くないので避けるようにしましょう。

お年玉の相場は?

お年玉の相場は子供の年齢によっても異なってきます。子供の年齢ごとに相場があるので、そちらを参考にしましょう。

基本的には、渡す側が多すぎず少なすぎずと感じる金額であれば問題はないと言われています。

極端な話、小学1年生に1万円は多い方であり、高校生に1000円は少ない方です。このように極端な金額差がない限りは難しく考える必要もないと言われています。

まとめ

お正月に子供のいる家に手土産を持っていく場合、お年玉の関係もあって悩む人は多いんですよね。

しかし、難しく考えすぎている場合が多いので、一度考えをリセットしてみましょう。

そして、自分が貰う側としてっ考えて気を遣ってしまうようなものを除外していくことをオススメします。

成人式に出ないのは後悔先に立たずになるかも??

成人式にそれほどの思い入れがなく、当日の朝も「面倒だな…」なんて思う人は結局は成人式に出ないのでしょうね。

それでも、そのときはそれで良かったにしても、後で振り返ったときに後悔しないのでしょうか。

あのとき出ておけばよかったな…」なんて思っても時代は逆戻りできませんからね。後で後悔しないためにもそのときを精いっぱい生きるという姿勢は大切なんじゃないかなって思います。

成人式に出ないと後悔する?

「めんどくさいな」「成人式に行っても友達いないし…」「この地域の成人式って荒れるからね…」「友達と成人式出ないで遊びに行く約束してるし…」成人式に出ない理由も様々ですね。

成人式に行かない人は全体で44%だそうです

男性のほうが出ない率は高いんですよ。意外と多いって印象ですよね。

成人式に出ない理由も様々なのですけど、何らかの事情で出ないという人が大半なのですけど、傍からみると成人式よりも大切なもの?といった印象の理由が多いんですよ。

ですから、成人式自体がそれほど成人にとっては重要ではないということにもなるんですよね。

行きたくても行けない人もいる?

成人式というのは日曜日に開催されるのですが、日曜日に仕事が入っている人は行きたくてもいけないですよね。

実際にそういった人も少なくないようですから、仕事でいけない…という人も多いのかもしれません。

もっとも、多くの事業所では、仕事よりも成人式を優先してくれるところがほとんどのようです。中には事業所内で成人式をしてくれるところもあるようですからね。

もっとも、今の時代は半分以上は学生ですから、時間なんていうのはなんとでもなりそうですけど…。

行きたいとは思わない人が多いのかも

行きたくても行けないのではなく、行きたいとは思わない…という人が成人式に出ない理由の中でも多いんですよ。成人式自体に魅力がないのもわかるんですけどね。

市長挨拶や来賓祝辞に祝電披露ばかりでは聞いているほうも疲れてしまいますから。

成人式に出ても友達がいない

成人式に出ても友達がいないというのも、成人式に出ない大きな理由になっているようです。確かに友達がいなかったら成人式に出てもポツンと座っているだけですから楽しくもなんともないですよね。

こういうケースは多いようなんです。特に学生でしたら、地元で成人式をするのか大学のある地域の成人式なのかも大きく影響しますからね。

住民票がどこにあるかが問題になることも多いようなのですが、こういったことは今後の改善点にでもしてほしいところです。

帰省できない

成人の日は1月で、日曜日に設定されることが多くなりました。それ以前は1月15日が成人の日だったのですが、その祝日の1日のために帰省するということができない人が多かったんですよ。

地方によってはみんなが集まりやすい盆休みに成人式を行うといった自治体も少なくありません。その傾向は今でも続いているのが実情なんです。

帰省できる成人もいれば帰省できない成人もいるし、友達関係もありますし、成人にしても出たいのに成人式に出れないジレンマもあるのかもしれません。

今は地元の成人式にでることもできる

住民票を移しているから地元の成人式には出れない…と思っている人もいます。住民票を置いている地域の成人式に出るという思い込みですよね。

今はそんなことはないのですが、早めに問い合せをしておかないと招待状が届かないことがあるんです。

成人式に少しでも出たいという気持ちがあれば、出身地の自治体に問い合せてみるのもいいと思いますよ。

成人式に出ないと後で後悔するかも

そのときは出ても出なくてもいいかって思うのが成人式なのかもしれません。若い時ってなんとなくそういった格式張った式というのが苦手だったりするんです。

しかし、後になってあのとき出ておけばよかったなというのが成人式なんですよ。入学式や卒業式、入社式と違って強制的ではないから、出なくてもいいかってことになるんですよね。

それでも、しっかり税金も使われていますし、記念品も出るのですから、成人式は出たほうがいいかなって思います

思い出が語れない

年齢を重ねていくと、昔を懐かしむことが多くなるんですよ。そのときに成人式のことが語れないのはなんとなく寂しいものです。

決まって、あのときなんで出なかったのかな?なんて思ってもさしたる理由が思い浮かばないのです。きっと出ない理由もたいしたことはなかったんですよ。

そう思ったらやっぱり後悔してしまうんですよね。

成人式に出なかったことで後悔していない

成人式に出なかった人の中には、これまで後悔したことはないと断言する人もいます。成人式にさしたる意味を持たなかったということですよね。

それも選択ですから問題ありません。実際に成人式には出なかったけども友達と遊んだという人も多いので成人式に出なかっただけで成人の日の交流は楽しんだという人が多いということですね。

まとめ

成人式に出ないということで後悔する人は少なくないと思います。

特に後になって成人式に出席した人から、成人式の集合写真を見せられとうらやましいのと、ちょっとした後悔の念になるのではないでしょうか。

思い出というのは後でふつふつとわきあがってくるんです。自分の中にぽっかりと空いてしまった思い出というのは後で埋めようがないですからね。

そういったことはそのときには思いもよらないので、出席か欠席かという判断をするときは出るという選択をしたいですよね。

お中元は手渡しで手紙を添えるのがマナーです!

お中元の渡し方は手渡しがいいのか郵送がいいのかどちらでしょうか。「普通にお中元は配送してるけど…」このような声が多いはずです。

「お中元は手渡しのほうが良いような気がするけど遠方の人もいるし…」確かにそうですよね。お中元を渡す人が近くにいるのか遠方なのかによっても渡し方は変わってきて当然なのです。

それでも、お中元をは直接会って手渡しをし、さらに手紙を渡すのがマナーということらしいですよ。

お中元は手渡しがいい?それとも配送でもいいの?

お中元商戦はどのデパートもショッピングモールも大賑わいとなります。昔ほど人との関わりが薄れてきているのでお中元を渡さないとか会社で禁止しているといったところもあるようです。

それでもお世話になった人にお中元を渡すのは古来からの日本の風習ですよね。遠方の人にはデパートでそのまま配送しているといった人も多いのではないでしょうか。

手渡ししたいのはやまやまだけども遠方だから仕方がない…これは当然のことですよね。それでもお中元の基本は違うようなんです。

お中元は手渡しが基本です

お中元は手渡しが基本のマナーのようです。これはそれほど浸透しているわけではなく、普通にお中元を配送している人も多いでしょうから、いまさら?という人も少なくないと思います。

もちろん本来はそうなんだけど…ということで聞き流しても大丈夫ですよ。昔からの風習ですから、昔はとくに近くの人にお中元を手渡しで渡していたからこそのものでしょうからね。

手渡しと配送はどちらを選ぶ?

それでは、近くに住んでいる人にお中元を渡したいときはどうしたらいいのでしょうか。遠方では間違いなくお中元は配送でいいしょう。

それでは近場の人ではどうでしょうか。近場の人でもわざわざ手渡ししない、という人もいるでしょう。

変に気を遣わせるといったこともあるでしょうし、渡すだけなのに長話になるのも疲れるから…という人もいるでしょう。それでも近場だったら、自宅にうかがって手渡しをしたほうがいいでしょうね。

基本的に手渡しと配送とどちらが正しいというものではありません。手渡しできるくらいの近くでしたら、できるだけ手渡しをということですね

お中元の手渡しと配送のそれぞれのマナーを考える

お中元を手渡しする場合、そして配送する場合の注意点やマナーといったものがあります。基本マナーを大事にして相手に対して失礼のないようにしたいですね。

そこで、手渡しの際、さらには配送する際のそれぞれ気をつけたいマナーを紹介します。

お中元を配送するときのマナー

お中元を配送する際のマナーですが、「のし紙は内のしにする」ことに気をつけましょう。これは、配送のときの基本的なマナーです。

内のし、外のしというのはのし紙の基本的なマナーですからしっかりと覚えておきましょう。

そして宛名ですが、個人宅でしたら、相手の名前を書くので問題ありません。宛先が企業名でしたら、さらに渡したい人の名前も直接書くようにしましょう。

「会社」に送りたい場合でも、代表取締役社長名で送るのが基本です。そして、配送する際の送り状が大切です。

送り状というのは、相手への感謝の気持ち、さらにはお中元を確かに送付したということを伝える役目があります

何の連絡もなくお中元だけが届くというのは非礼にあたりますから、送り状の存在というのはかなり重要ですよ。

お中元を手渡しする際のマナー

お中元を直接手渡しする場合は、のし紙を外のしにして渡します。そして、お中元のくるみかたですが、風呂敷あるいは紙袋に入れた状態で自宅を訪問します。

渡し方の手順としては、時候の挨拶と日頃の感謝、そして風呂敷あるいは紙袋からお中元を取り出して、のし紙の表書きが相手に見えるようにして両手で持って手渡します。

お中元を手渡しするときの注意点

お中元を手渡しするときの注意点ですが、時効の挨拶など手渡しするときの言葉など、どうしたらいいのかわからないということもあります。

また手紙の内容をどうするかなんてことも考えなくてはいけませんよね。

お中元を手渡しするときの言葉

お中元は7月から8月にかけて渡すものですから、時効の挨拶は「暑いですがお体に気をつけてください…」「つまらないものですが…」とありきたりですが、シンプルな言葉のほうがいいですよ。

凝った言葉で長い挨拶にならないようにしましょう。一言感謝の言葉も添えるようにしてください。

お中元に手紙を添えたい

手渡しの場合はお中元に手紙を添えるのもマナーです。手紙を添えないという考え方もあります。

渡す渡さないが非礼に当ることはないので、これは気持ちです。ケースバイケースになるのですが、お中元を渡してすぐに退散するような場合は、あらかじめ手紙を用意しておきましょう。

内容は日頃の感謝の気持ちを便せん一枚程度でいいです。何も書いていない便せんも一枚足してくださいね。

まとめ

なんとなく渡している、あるいは配送しているお中元です。年々少なくなる傾向にあるというお中元ですが、手渡しにしても配送にしても最低限のマナーをしっかりと守って非礼のないようにしたいものですね。

特に手渡しの場合は直接の挨拶や感謝の言葉は照れくさいものですが、その気持ちを是非とも手紙に書いてお中元に添えて渡したいものです。

本来は手紙も基本的なものなのですが、いつのまにか手紙を添えることもなくなりました。この機会に大切な人へのお中元には手紙を書くのもいいかもしれませんね