地球温暖化はどうしておきるの?原因を子どもにも分かりやすく説明するよ

地球温暖化(ちきゅう おんだんか)をカンタンにいうと地球が温かくなるってことなんだ。

いま世界中で話題になっていることなんだけど、それじゃあどうして温暖化がおきるんだろう?その原因をこれから説明していくよ。

地球の歴史

そのまえに地球の歴史をひもといてみよう。

地球は約10万年のサイクルで寒くなったり(氷期)、暖かくなったり(間氷期)を何度もくり返しているんだ。

昼間は太陽が出て暑くなるけど、夜になるとぐっと冷えて寒くなるよね。

また夏は陽の光が強いから、夜になっても昼のねつが残ってなかなか気温が下がらない。

ぎゃくに冬は日差しがよわいから、昼でも気温が上がらず雪が降ったり、夜になるとさらに寒くなって氷がはったりする。

地球もおなじで太陽の光の大小で、温度のバランスをとっているんだよ。

まわるコマの軸(じく)

地球は南極と北極を軸(じく)にしてまわって(自転)いるのは知ってるよね。それで昼と夜ができるんだ。

学校の理科でならったとおもうけど、その軸が太陽にたいして垂直(まっすぐ90°)じゃなく、ちょっと傾いているんだ。

それで夏と冬があるんだけど、地球そのものにも10万年という周期(しゅうき)で夏と冬があるんだ。

ちょうど回っているコマの軸がびみょうにブレるように、地球の軸もじつは微妙にブレているんだ。

そのブレが地球が太陽から受けるエネルギーを少しずつ変化させ、約10万年という長いじかんをかけて氷期をつくりだすんだ。

氷期(ひょうき)とは

氷期とは地球上の陸地のおおくが雪や氷でおおわれ、冬のように寒い次期がながくつづく時代のこと。

マンモスなどの寒さに強いものだけが生き残れる、生物にとっては非常にきびしい環境(かんきょう)なんだ。

その氷期が一番さいごに終ったのが約1万年前っていわれているんだ。次の氷期がくるのは、よほどのことがない限りは9万年後。

でも昔には巨大な隕石(いんせき)の衝突で、その煙や雲が地球を何年もおおって冷えきって恐竜が絶滅したって話しもあるんだ。

でもまあ、いまのところ心配はないってこと。

氷期と氷河期はおなじ?氷河時代は?

ここでよくまちがえたり、混同(こんどう)しやすいのが「氷河期(ひょうがき)」と「氷河時代(ひょうがじだい)」。

氷期と氷河期はおなじ意味で、地球上のほとんどが氷や雪でものすごく寒い時期のこと。

「氷河時代」とは氷期と暖かい間氷期とがくり返される時代全体を表すことばなんだ。

氷河時代と氷河期を混同(こんどう)しやすいので、さいきんでは氷河期を氷期ということが多いんだよ。

間氷期(かんひょうき)とは

それじゃ今はどんな時代かっていうと、最後の氷期から次の氷期までのあいだ、間氷期なんだ。

地球がひかくてき暖かく、生物にとっては過ごしやすい良い環境の時代。

でも間氷期のあいだも数10年〜数100年のサイクルで、氷期ほどではないけれど寒くなったり暑くなったりをくり返しているんだって。

いちばん温暖化したのは5千年くらいまえ、日本では縄文時代(じょうもんじだい)。

気温はかなり高くなり、南極や北極の氷もとけて海面が4〜10mあがって、今の東京はほとんどが海だったんだ。

それがいったん冷えておちつき、南極や北極の氷もふっかつして元に戻ってるのが今なんだ。

暖かくなるスピード

いままでの地球の歴史からすると、約1万年で4~7℃気温があがっていたんだ。

ところが最近の気温の上昇のスピードはその何倍もあり、ちょっと異常だっていうんだ。

これはいままでの太陽の光の変化だけじゃ説明がつかない。ほかに原因があるはずだっていうのが、いま世界中で問題になっている地球温暖化なんだ。

地球は特殊(とくしゅ)な天体(星)

月では昼は太陽の熱で温度はなんと110℃、夜は冷えてマイナス170℃にもなるんだ。

火星でも同じように昼と夜では温度差が100℃くらいあって、とても人間が住める環境じゃない。

つまり熱くなりやすく冷めやすいので天体(星)じたいに熱はこもらない。

ところが地球は反対に熱くなりにくく、冷めにくいんだ。つまり宇宙の中で地球はとっても特殊な天体(星)なんだ。

そのわけは水(海)と空気があるから。

とくに空気が地球のまわりを膜(まく)のように囲んでいて、太陽の熱をやわらかくするから昼でも月のようには熱くならないんだ。

また夜にも海にたまった熱や、空気が毛布のように地球を包んで冷めるのをふせいでいるんだよ。

地球を温めるもの

ところが空気の中にCO2(炭酸ガス)がふえると、温室効果(おんしつこうか)って現象(げんしょう)をおこす。

温室はガラスやビニールでまわりをかこって、夜でも冬でも中はあったかいよね。

この温室効果で地球の中に熱がこもり温暖化になる。つまりCO2(炭酸ガス)が地球温暖化のおもな原因だっていうんだ。

CO2(炭酸ガス)って?

人や動物の呼吸するときに、はきだすのがCO2(炭酸ガス)なんだ。

そのほかにCO2を出すのは、ものが燃えるとき、とくに石炭やガソリン、石油が燃えるときにいっぱい出るんだ。

文明の発達とともに、自動車や火力発電所(かりょくはつでんしょ)、工場が世界中にたくさんできて、どんどんCO2がふえてきてしまったんだ。

このままじゃ将来(しょうらい)地球温暖化がすすんで、大変なことになる。

だから今のうちに、CO2をできるだけ増やさない努力を世界中で協力してやろうとしているんだ。

エコ(ECO)〜クリーンエネルギー

最近よくきくエコカー、ガソリンはいっぱいCO2をだすので電気や水素で走るようにしようってのがエコカーだ。

でも電気をつくるにもエネルギーが必要。

石油をもやす火力発電をへらし、水力や風力、太陽電池での発電を増やそう。また省エネの電化製品もおおくなってきたよね。

このようにエコとかクリーンエネルギーってのは、すべて地球温暖化のおもな原因のCO2(炭酸ガス)をへらす対策(たいさく)なんだよ。

まとめ

ここまで地球温暖化の原因はおもにCO2(炭酸ガス)だってはなしをしてきました。

でも原因は他にもあるって学者もたくさんいるんだ。

ニュートンが重力を発見したのが、リンゴが木から落ちるのをみておもいついたように、

常識(じょうしき)と思われていたことに疑問をもつことから科学の大発見がうまれるんだ。

みんなももういちど常識をみなおして地球温暖化の原因を発見してみてはどうかな

地球温暖化の影響(えいきょう)や現状を子どもにも分かりやすく解説するよ

ここ100年のあいだに地球の平均気温(へいきんきおん)は約0.74℃あがったんだって。

それじゃあ平均気温があがると、いったいどんなことがおきるんだろう。

また日本の現状(げんじょう)や対策なんかも詳しく話してみようとおもうんだ。

地球の気温変化

地球の歴史をしらべてみると、陸地のほとんどが雪や氷でおおわれ、毎日が冬のように寒い氷期(ひょうき=氷河期)と、

ひかく的あたたかい間氷期(かんひょうき)を約10万年のサイクルで何度もくり返しているんだ。

地球の歴史で、いま現在は間氷期の時代。

また間氷期のあいだでも数10年〜数100年のサイクルで、氷期ほどではないけれど寒くなったり暑くなったりをくり返しているんだって。

いちばん温暖化したのは5千年くらいまえ、日本では縄文時代(じょうもんじだい)。

気温はかなり高くなり、南極や北極の氷もとけて海面が4〜10mあがって、今の東京はほとんどが海だったんだよ。

地球の気温があがるスピード

地球の気温があがるばあい過去のデータでは約1万年で4~7℃。つまり0.5℃あがるのに715年〜1250年かかっている。

ところがここ100年のあいだに0.74℃もあがっている、

これは自然現象(しぜんげんしょう)じゃ考えられない異常なスピードだっていうんだ。

これがいま世界中で問題になっている地球温暖化。

おもな原因は文明の発達で、森林や緑がへり、自動車や火力発電所(かりょくはつでんしょ)、工場が世界中にたくさんできた。

そして石炭やガソリン、石油が燃えるときにでる二酸化炭素(にさんかたんそ=CO2)がふえてきた。

それが温室効果(おんしつこうか)って現象(げんしょう)をおこして、地球をあたためるスピードをあげているんだ。

国連IPPCの報告

IPPCとは国連が世界中の専門家をあつめ地球温暖化をかんがえる組織(そしき)。

そのIPCCの発表によると、いまのペースで二酸化炭素(CO2)がふえつづけると、

80年後の2100年には地球の平均気温は2℃〜4.8℃も上昇するって予測してるんだ。

そうなると世界各地の環境(かんきょう)に悪い、大きな影響がでてしまう。

そうならないよう、いまのうちに世界中で力を合わせて二酸化炭素(CO2)をへらそうとしているんだ。

地球温暖化の影響

2℃〜4.8℃なんて大したことなさそうに感じるけど、そうじゃないんだ。

これはあくまで地球の平均で各地の気温をならしたもの、場所によってはかなりちがうんだ。

赤道ふきんではあまり変わらないっていわれているけど、

平均気温がマイナスの北極や南極では、平均がプラスになるような何十度のへんかもありうるんだ。

それじゃあそうなったどんな影響がでるのかをこれから解説するよ。

海面の変化

氷は0℃以上になると溶けるのはしってるよね。

もし北極や南極の気温がプラスになれば氷が溶ける、高い山につもった雪や氷河もとけだして、それが海に流れ出して海の水がふえる。

またそれだけじゃなく温度が上がると物質は膨張(ぼうちょう)する、海水もおなじでふくらんでしまうんだ。

膨張はほんの少しかも知れないけど、海水の量は陸地の何倍もあるんだよ。

想像してごらん、それがいっぺんに膨らんだらどうなるかを。

地球の温度が4℃あがると海面の高さが50cmあがるってデータがあるんだ。

そうなると東京の下町のような海抜ゼロメートル地帯や東南アジアの多くの島は海に沈んでしまうんだ。

気候への影響

海の温度が上がると、水蒸気がふえて台風がたくさんでき、またその勢力がつよくなるんだ。

さいきんゲリラ豪雨がふえたのもそれが原因だっていわれているんだ。

こんなふうに世界各地に異常気象(いじょうきしょう)や大災害をひきおこす。

陸地でも湖がひあがったり、草原だったところが砂漠(さばく)になったりと、地球温暖化が深刻(しんこく)な影響をもたらすって予測されているんだ。

食べものへの影響

さいきん日本では魚がとれなくなったって騒がれている。

とくにイワシやイカの不漁(ふりょう)、いままでの10%以下になったさかなもあるんだ。

乱獲(らんかく=多くとりすぎること)が原因というひともいるけど、どうやら海水温の上昇で海流が変ってしまったのが一番の原因らしい。

このまま温暖化がつづくと、寒い海がすきなカニやサーモンは北の方へ行ってしまい、日本じゃとれなくなってしまうかもしれないんだ。

また農業でも干ばつや大雨の影響で作物の収穫(しゅうかく)がへって世界的に食料不足になるかもしれないっていうんだ。

パリ協定(きょうてい)

これほど気候や環境に影響をあたえる地球温暖化をなんとかしなきゃって世界中から集まって会議をしたのがパリ協定。

そこで温暖化の原因の二酸化炭素(CO2)をへらして、世界の平均気温の上昇を産業革命前の 2℃未満におさえようと決めたんだ。

せかい192カ国が参加し、もちろん日本も賛同している。

アメリカのトランプ大統領が抜けるって言って世界中から非難されているのが、このパリ協定なんだよ。

クリーンエネルギー

いまクローズアップされているのがクリーンエネルギー。

二酸化炭素(CO2)をいっぱいだす石炭や石油を使うのをへらして、クリーンエネルギーに変えていこうとしているんだ。

電気も石油を燃やす火力発電をへらし、水力、風力、太陽電池の発電にかえていこう、

自動車もガソリン車をへらし電気や水素で走らせようとしているんだ。

省エネといって電気をできるだけ使わないタイプの家電もふえている。

つまりエコ(ECO)とかクリーンエネルギーはすべて地球温暖化をおさえるためなんだよ。

まとめ

地球温暖化の影響について、怖いはなしばかりしてきたけど、いますぐそうなるわけじゃないんだ。

いまは影響がちょっと出だしているってのがほんとのところ。

でもみんなも将来大人になって、子どもを作る、その時代にひどい環境になっていたらイヤだろう。

だから手遅れにならないよう、今考えなきゃいけない問題なんだよ

地球温暖化は嘘ってホント?武田教授の論って?初学者にもわかりやすく解説するよ

地球温暖化や地下資源(石油や天然ガスなど)の枯渇(こかつ)がさわがれはじめて数十年。

そこで2015年に世界192カ国の代表がパリに集まり、国際的に協力して温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)をへらそう、

地球の平均気温の上昇を産業革命以前より2℃未満にしようと取り決めたのが「パリ協定」なんだ。

ところがアメリカのトランプ大統領がこの「バリ協定」離脱を発表したことで、

いままでなりをひそめていた地球温暖化を疑問視する議論が再燃しているんだ。

地球の歴史

氷期(氷河期)とはみんなが知ってるように、地球のほとんどが雪や氷に閉ざされた時代のこと。

地球の歴史では、氷期は約10万年の周期でなんどもくり返している。そして次の氷期がくるまでのあいだを間氷期(かんひょうき)という。

現在は最後の氷期が終ってから約1万年位たって、北極と南極、グリーンランドに氷が残っているくらいに暖かい間氷期の時代なんだ。

また間氷期のあいだでも数10年〜数100年の周期で氷つくほどではないけれ寒くなったり暑くなったりしている。

今がそのどちらに向かっているのかは意見のわかれるところなんだ。

温暖化を肯定する言い分

地球の歴史からすると、約1万年で4~7℃気温があがっていたんだ。

ところが最近の気温の上昇のスピードはその何倍もあり、ちょっと異常だっていうんだ。

それは19世紀の産業革命以降、文明の発達により世界の森林をばっさいして緑をへらした。

また石炭や石油などの化石燃料を消費し、空気中の二酸化炭素(CO2)をふやしてしまったため地球を温暖化に向かわせているんだ。

またそれは将来の人類におおきな危機をもたらす。

現にゲリラ豪雨などの異常気象が世界中でおきているじゃないか、温暖化の影響じゃなきゃ説明がつかない、

というのが肯定するひとたちの言い分なんだ。

温暖化を疑問視する言い分

たしかに二酸化炭素(CO2)は温室効果で気温を上げるのは事実だ。

2100年には平均気温が2℃〜4.8℃もあがり、世界的に異常気象で人類にたいへんな危機がくるかも知れないと騒いでいるけど、

どんな科学的根拠があるんだい?ちみつな計算のもとにはじき出された予想とおもわされているだけ。

気候の変動は気温の上昇などのたんじゅんなメカニズムで変るものじゃない。よそく不可能な複雑なメカニズムなんだ。

かりに温暖化しても人類の危機のような気候変動がおきるなんていえない。

ひょっとして寒冷化にむかう一時的な現象かも知れない、寒冷化の方がよっぽど怖いってのが疑問視派の言い分なんだ。

政治的、人為的なおもわく

英国のマーガレット・サッチャー元首相は地球温暖化に政治的スポットを当てた最初のひと。

最初は肯定派だったんだけど、あるときから懐疑(かいぎ)派にかわったんだ。

「地球寒冷化の方が温暖化よりもはるかに害が大きい」

そんな科学がゆがめられ、政治的な道具に利用されるのは人類の進歩のさまたげになると考えるようになったんだ。

また「原子力より怖いものをつくれば、原子力はできる」とも言っている。

つまり、みんなが「地球温暖化が怖い、怖い!」と騒げばさわぐほど、

二酸化炭素(CO2)をいっぱいだす火力発電は怖い、まだ原子力発電の方がマシってことになり、

原発をすすめる人たちの作戦、おもわくにハマっちゃうってことなんだ。

武田教授の異論

武田邦彦教授はテレビやメディアにもときどき顔をだす、中部大学の特任教授で日本の工学者。

歯にころもを着せない口調でビシバシと発言することで有名で、敵もけっこう多いんだ。

その教授が地球温暖化について異論をとなえているんだ。

二酸化炭素(CO2)は生物のエネルギー

地球ができて間もない頃の二酸化炭素(CO2)の濃度は95%、生命が生まれたのはこのCO2のおかげ。

地球上にはじめて誕生した生物は、みんなもよく知っている「光合成」ができる植物。

空気中のCO2を原料にして、太陽の光で炭素を体内にとりこみ、いらない酸素を空気中にはきだす。

また炭素が体と生きていくエネルギーをつくっている。

ところがつぎに誕生したのが「光合成」ができない動物。

植物はじぶんでエネルギーを作れるけど、動物はほかの生物の命をうばって食べなければ生きていけない生物なんだ。

その動物(人間もふくむ)は空気中の酸素をすってCO2をはきだす。

この生物(動物と植物)のバランスによってCO2の濃度はなんとか保たれている。

もしかりにパリ協定などを強力に押し進めて、生物のエネルギーのCO2が減ってくれば温室効果がうすれ寒冷化に向かって植物が育たなくなる。

それを食べている動物も絶滅の危機になる。つまり寒冷化の方が温暖化よりずっと怖い、と科学的根拠をもとに反論しているんだ。

英国のサッチャー元首相とおなじようにいっているね(サッチャー女史も工学の学位をもっている)。

化石燃料(石油・天然ガス)はなくならない!

1980年のオイルショックのころ化石燃料(石油・天然ガス)は、あと40年で枯渇するっていわれていた。

それなのに40年経ったいまも、また40年で無くなってしまうっていってる、こんなバカな話しはないじゃないか。

日本の尖閣列島(せんかくれっとう)の下には中東に匹敵する石油があるってはなしもある。

まだまだ発見されていない油田は世界各地にあるはず。

二酸化炭素(CO2)の排出をおさえようとする地球温暖化肯定派のうまい口実に「資源枯渇」が利用されている?

または産油国が石油が膨大にあるってことになれば、原油価格がさがってしまう、利益を確保するためにデマをながした?・・・・。

化石燃料というのは生物の死骸(しがい)、生物の作った還元炭素が埋没したものだから、

いまの人類の消費スピードで計算すると少なくとも10万年はまちがいなく無くならないんだって。

武田教授の持論

武田教授が学生に「何で地球が温暖化すると思ってる?石油がなくなると思ってる?」ってきくと、

よくわからない、報道やメディアがそういっているから、みんながそう言っているからって答える人が多いんだそうだ。

これは自分で考えずに周りがいうことをう吞みにしているからだ。

この地球温暖化とか資源枯渇という問題は、人間が思考力を発揮していないことにより生じた幻想である。というのが教授の持論なんだ。

まとめ

国連のIPCCが、南極の氷は温暖化の影響でとけて失われ、海面が上昇していると発表したんだ。

しかし、NASAが衛星を使って南極を観測して分析したら、

西部では氷が減少していたけど、東部では増加して、南極全体では氷は増えていたというんだ。

でもこれが温暖化は嘘だって証拠にはならない。

いまのところ地球温暖化が嘘なのか、ホントなのか決定的な証拠は何もないってのが現状なんだ。

政治的・人為的な何かがそのかげでうごめいているのかも知れない。

とにかく大げさにさわいでパニックにならないよう、冷静に見つめることが必要なんじゃないのかな