一匹狼な男の特徴〜群れない男〜依存マインドがない男が成功する

あなたは、働きバチの法則って聞いた事はありますか?ハチの巣の中に100匹は蜂がいたら20匹しかまともに働かないんですよね。

この話は面白い話で、例えば、この20匹を排除して80匹になると、その中で16匹は必死に働きはじめるんです。

これは、人間にも言えて例えば、100人集めたら頭がいい人が約20人、そうでない人が80人、

顔が普通〜イケメンor端正な顔立ちの人が20人、うーん笑、、、な人が80人(笑)のイメージです。

少し前置きが長くなりました。この少数派=言い換えると他者から見る成功している人の共通点があるんですよね。

成功者の特徴は一匹狼

1x1-trans_-1625690

それは、一匹狼気質な奴が多いんですね。群れないで自分を磨く、こんなイメージです。

今回は、塾講師時代に見ていた一匹狼的な奴でない結果が出ない人の、パターン=共通点がわかったんでそれを解説します。

あなたがいわゆる8割の多数派が犯すミスを踏まない様にしていただきたい。

疑問を自ら解決しない人は成長しない

1x1-trans_-1625690

8割の群れる人の特徴はとにかくお互いに依存しあいます。

ぼくが塾の講師をしていた頃、生徒たちの行動を見ていて感じていたことがあります。

それは同じ学習内容なのに、どうしても伸びていく生徒とそうでない生徒が必ずでてしまうということです。

伸びていかない生徒の特徴として多いのは、分からないことがあるとすぐに人に聞いてしまうタイプです。

どうして人に聞いてしまう生徒は伸びていかないのか、そのことについてぼくの経験から感じた話をしていきましょう。

集団の中で人間が成長する割合

1x1-trans_-1625690

人間というのは誰にも個人差というものを持っていて、全く同じ学習内容を受けたとしても、その習熟度には歴然とした差がでてきます。

講師であるぼくの話を理解してくれて、そこから成長して伸びていくのは全体の二割程度です。

この二割程度の人は中の上くらいまでは伸びていってくれます。

そしてこの二割の内の更に二割くらいが急成長してくれます。

伸びていかない人とは

ぼくが見る限り、全体の八割の人は教える前の状態と同じというか、現状維持で成長していないように見えてしまいます。

この成長しない人の中には「どうしても伸びていってくれない」と他人事のように言う人もいます。

しかし成長するかしないかは他人からの力でどうかなるものではなく、やはり本人の心がけ次第ではないかとぼくは考えています。

教えを受けているのに伸びない人に勉強を教わる意味があるのかと問われた場合、分からないとしか答えられません。

でも現状維持でそこから悪くなっていかないのなら、将来的には伸びていくチャンスをその人は持っているとは思いませんか?

ぼくは希望を捨てるのは早いと思いますね。

どれだけ教えても伸びない人の特徴

人間というのは気持ちが優先される生き物だと実感するときがあります。

それはぼくがどれだけ一生懸命に教えたとしても、あるいは本人もそれなりに勉強を行っていたとしても、どうしても勉強したことが身につかない人がいるんですね。

ぼくが見るところ、学んだことを吸収して自分の知識として活用していけるのは全体の二割程度でしょう。

それだけ勉強した知識を自分のものにして、それをうまく使っていくというのは難しい作業なのです。

勉強をして結果を得られる人の特徴

1x1-trans_-1625690講師として生徒に向き合っている経験を積み重ねていくと、その人の勉強に対する取り組み方が見えてくるようになってきます。

勉強をしていて分からないことがあったとしましょう。

そのときにその人の質問のやり方、質問を行うときの言葉の使い方とその内容、聞いてくる態度を見ていれば、その人の学習レベルが分かるんです。

勉強した結果が出せる人というのは自分が分からない問題に直面したとしても、すぐに分かる人に聞こうとはしないで、まずは自分だけの力で何とかしようと考えてみます

この自分だけで何とかしようという気持ちがとても大事で、伸びない人の多くが分からなければ誰かに聞けばいいとすぐに思ってしまうのです。

他人に頼ることのデメリットとは

分からないことを人に尋ねるという行為は悪いというわけではないのですが、自分で全く考えもせずに他人に頼ってばかりいると、それは他人に依存していることになりませんか

この他人への依存心の良くないところは、本人がその自覚というものをあまり持っていないということです。

ぼくは人に教えるという仕事をしているのだから、質問を受ければ答えます。

塾での勉強で分からなければ講師に尋ねるのは当然だと言われたらそれまでです。

でも少し自分で考えたら答えが見つかるような問題であったり、テキストを見返せば簡単に分かるようなことでも聞いてくるというのはどうなんでしょう。

努力してみたけど分からなかったから聞くというのと、分からなければ分かる人に聞けばいいという安易な考えを持っている人とでは、その意味合いは全く違ってきます。

ぼくの講師としての経験から言わせてもらうと、努力をせずに簡単に答えを得ようとする人は、いくら勉強してもそれに見合う学力はついていかないでしょう。

学力が伸びるタイプの人の質問内容とは

試験に受かる人の質問内容というのは、自分でどうにかして答えを導き出そうとした、でも答えには辿り着けなかった、どの部分が間違っていたのかという言い方をしてきます。

自分で考えることを放棄してしまった人はこの考える過程を省いてしまい、「分からないんだから教えてよ」という明らかに人にすがりたいという気持ちを持っています。

ぼくに対して毎日のように質問してくる人がいますが、自分で少しも考えずに質問を繰り返してきても、それを勉強熱心だとは思いません

このような人は残念ながら、いい結果というのを得られないでしょうね。

理解することの重要性

1x1-trans_-1625690

勉強を理解しようとするには、分からないことを必死で考えてみるという行動をしてみなければいけません。

勉強というのは知識として漠然と持っているだけでは意味がなく、勉強して得た知識を理解して完全に自分のものにしなければ役に立ってくれないのです。

理解して自分のものにしてしまえば不安な気持ちというのも無くなりますし、それによって他人に依存することもしなくなります。

自分で考えないですぐに人に聞いてくるという行動には、そういった不安な気持ちを誰かに打ち消して欲しいという心の声の裏返しに過ぎないのです。

自分の心の声に耳を傾けない人は進歩しません。

自分のしていることは間違っていないと自分の行動を常に正当化してしまっては、理解するという重要な部分に気付かないまま、残念な結果を繰り返していくだけです。

現在の自分が将来に繋がっている

人生というのは他人のために存在しているのではなく、その人が自由な意思で使っていける権利を持っています。

自分が将来はどうしたいかというのは個人の自由ですし、それを他人がとやかく言えるものではありません。

誰でも自分の将来を他人が勝手に決めたら反発するでしょう。

でもですね、困ったことになればすぐに他人に頼ってばかりいると、自分の将来についても他人任せになってしまいませんか?

ぼくだって万能ではないのだから、疑問を生じれば誰かに聞いて解決したいと思いますよ。

しかしそれでは自分のためにならないとして、できる限りは人に聞こうとせずに自分で何とかしようとしています。

他人への依存を減らしていく

明らかに他の人より質問の回数が多いという人は、現在の時点で自分が通常行っている質問回数を半分程度まで減らす努力をして下さい。

今までしていた質問を半減するのですから、減らした部分を補うには自分で行わなければいけなくなります。

この自分で行うというのが自立心となり、自然に自分だけの力でどうにかしようと考えるようになっていきます

また質問回数を減らしたのだから、その質問する内容にしても一度で多くを知ろうと意味のないところは無くしていくので、的確な中心となるところを選択していけるようになるでしょう。

まとめ

先に言ったように、分からないことを質問するという行為そのものをぼくは否定するのではありません。

質問してもいいけど、その質問内容をよく考えてから行って欲しいのです。

この質問内容を変えるだけでも、その人の学習センスというのは飛躍的に向上していきます

他人に依存した学習方法は自分のものとして吸収できないので、そのようなやり方を捨てて自立心を持って取り組んでいって下さい。

そうすると今までとは違った学習効率を習得できるでしょう。

報われる努力と無駄になる努力の違いについて話したい

努力は必ず報われるのかというと、そうとは限りません。努力の中には報われるものと、報われないものとがあるとぼくは思います。

一生懸命努力をするからには報われたいですよね。そこで今回は報われる努力と無駄になる努力の違いについてネットビジネスの視点から書いていこうと思います。

報われる努力と報われない努力の違い

報われる努力というのは始める段階で「目標までのルートが定まっていること」これが絶対条件です。

しっかりとした目標に向かって一本の線を描いていくようなイメージですね。逆に報われない努力というのは「やった気になって満足してしまうだけ」の努力だとおもいます。

その場その場で、思いついた事をやってみて満足する。例えるなら目標の周りにポツポツと点を打つようなイメージです。これでは目標になかなか辿りつけなさそうですね。

ネットビジネスをする上での努力の難しさ

1x1-trans_-8546043

ネットビジネスをする上では努力する内容も掛ける時間も、全て自分で考えなければいけません。これって、とっても大変ですよね。

だから、だいたいの人たちは何となく自分に満足感が得られるような努力を、その時の気分でサッとやって終わらせてしまうのです。

ここでぼくは「目標までのルートを定める」ということを心がける様になってからみるみる努力が報われるようになっていったんです。

報われる努力のやりかた

1x1-trans_-8546043

じゃあ具体的にどうすれば良いんだよ。という事ですが、まずは自分がこれからやる事を工程ごとに細かく見ていく事が大事ですね。

やるべき事を細かく見る

例えばネットビジネスの基本は集客、そして販売ですが、集客から販売に至るまでの工程でやることを細かく見ていくということです。

・集客をどのぐらいで、どれだけの期間でやるのか

・じゃあそれに対して販売はどれぐらいやるか

・その期間内で目標達成するために、今日はどのぐらいやるのか

こんな感じで各工程を細かく見て行くことが大事です。これがつまり、報われる努力の絶対条件「目標までのルートを定める」ということなんです。

報われない努力になりがちなパターン

やった気になって満足してしまうだけの努力って、例えばどんな感じでしょうか。

今はいろんな人のブログや動画が簡単に見れますし、ほしい情報というのは簡単に見つかるのですが、そのせいで要らないことまでやってしまう人が多いんですよね。

自己満足の努力

自分に満足感が得られる努力のテンプレートを自分で探して、それをやって、よし努力したぞーと満足してしまう形です。

簡単に例えるなら、ダイエットをしようとして痩せると言われる食べ物を言われるままに食べ過ぎて逆に太ってしまう。

ネットに書いてあった、自分にはとてもこなせない運動スケジュールにチャレンジしてみたものの体を壊して結局寝てばかり・・・と言った状態です。

こんな結果になってしまっては本末転倒ですよね。

ここで大事になってくるのが、その努力が本当に必要なのか不要なのかを見抜く力「知識」です。

報われる努力に必要な知識とは

報われる努力の絶対条件「目標までのルートが定まっていること」に話が戻ります。

ルート。つまり道ですが、目標までどのような道筋を通って行けば良いのかどうかを知っている事が大切なのです

例えば、小学生に「将来医者になるという目標を立てて今から努力しなさい。」と言ったとします。

そこで、その小学生がぼくの言ったように医者になるまでの工程を細かく見て、ルートを定めて・・・って、きっとそんなこと出来ないと思うんですよね。

知識がないと努力の仕方が分からない

それはどうしてかと言うと、知識がないからなのです。

この小学生の例で言う知識というのは、医者になるには医師免許が必要である事だったり、医師免許を取るためには大学に通わなければならない事だったりなんですけど

そういった知識がなければ、医者になる為のルートって定められませんよね。これはネットビジネスに対しても同じことが言えると思うんですよ。

努力にはまず知識が必要

ネットビジネスをやりたいけど、具体的にどうやって稼げば良いのかわからない。

これでは、ネットビジネスで稼ぐという目標に向かうルートは定まりません。

どうしたら良いか分からないけど、とりあえずやってみる。そして無意味なトライアル&エラーを繰り返してしまう

これでは時間を無駄にしてしまいますし、いい結果もだせませんよね。

基本をおさえよう

例えばネットビジネスで稼ぐためには、何はともあれまずは人を集めなければいけませんね。

その為には当然アフィリエイトの知識が必要になります。そして稼ぐ為には、お金を使って貰わないといけません。

その為に販売に関する知識ですね。

このように、自分の目標にたどり着く為に必要な知識をまず得ることが大切です。努力はその知識ありきのものなのです。

まとめ

今回は報われる努力と無駄になる努力について、ネットビジネスの視点から書いてみました。

報われる努力とは、目標に向かうルートが定まっている事が条件。そして、ルートを定める為には何よりも知識が必要だということですね。

努力の第一歩は、まずは知識を身につけるところから初めてみましょう。そして、しっかりと目標までのルートを定めてチャレンジしてみて下さいね。

マーケティングで重要なこと!ビジネスを考えている方へそれに参入するべきか否かの判断材料を公開!

マーケットで儲けるためには、3つの条件があると思うんですよね、

今回はその3つの条件について話していきます。

固定のファンがいること

まずひとつめは、「顧客が熱心な情熱を持つ商品やサービスを取り扱う」ということです。

たとえば、秋葉原のメイドカフェやアニメがこの条件に当てはまります。
メイドカフェやアニメは、のめりこむ人はとてものめり込むので、より多くのサービスやグッズを求めて、惜しみなくお金を使ってくれます。

ターゲットとなる顧客層にかたよりがあったとしても、その層が情熱を持ってくれていることで、利益が見込めるのです。

繰り返しのリピート性があること

2つめの条件は、「商品やサービスにリピート性がある」ということです。

リピート性のあるマーケットで代表的なのが、飲食店です。
食事は生きるうえで必ず必要とされるものなので、顧客がリピーターになってくれる可能性が高いのです。

ペットフードなどもそう

また、少し変化球ですが、ペットフードなども、リピート性がありますよね。
動物は食事に飽きがないので、同じペットフードを何度も買い続ける顧客が多いためです。

このように、リピート性の高い商品やサービスを取りあつかうことで固定客ができれば、定期的な収入が見込めます。

お金がある層を相手にすること

そして、3つめは「見込み客がお金を持っている」ということです。

いくら顧客に情熱があってリピート性があったとしても、払うお金をもっていなければ意味がありません。利益に繋げることができないのです。

全てのマーケティングは上記を考慮せよ

しかし、一見して世の中には、お金をもっていなさそうな人をターゲットにしたマーケットもありますよね。

それは、就活生をサポートするための就活支援ビジネスです。就活支援ビジネスの企業は、サービスを提供する相手である就活生からは料金を取りません。
無料で実施しています。

もちろん、その理由は「就活生にお金の余裕がないから」です。

では、どうしてそれでビジネスとして成り立っているのか。
それは、就活支援ビジネスの企業が、人員を求めている企業に就活生を紹介することで、その企業から紹介料を得ている為ですね。

つまり、「本来の見込み客はお金をもっている」ということが言えるんですよ。

全てのターゲットを明確に計画せよ

このように、成功しているマーケットは必ず、きちんと「お金を支払える顧客」を見込んだビジネス計画を立てています。

まとめ

以上の、3つが、儲かるマーケットの絶対条件です。

もし、いま考案しているビジネスがあれば、そのビジネスがこの3条件にあてはまるかどうかを考えてみてください。
条件にあてはまる場合は、参入をおススメします。
しかし、どれかひとつでもあてはまらない条件があれば、そのビジネスは撤退すべきでしょう。

嫌われることを気にするな!他人からの批判が気になる人に贈る批判された時の心の持ち方!

今回はですね嫌われることが一流になった証なんだということをお話したい

ビジネスをしているとですね、とにかく成功していくほど、自分が成長発展していくほど、結果を出せば出すほど周りが批判してきます。

嫌われるのは嫉妬されるから

1x1-trans_-8273108

どんなに正しいことをやっていても批判してきます。それはそうなんですよ。要は嫉妬なんですよね。

自分はうまくいってない。なのに自分はうまくいってる。なんなんだあいつ。あいつ何かおかしいことやっているんじゃないか。

もう本当に自分はやらないのに人の批判はして、自分のポジションを確立するというか。

批判者は成功しない

1x1-trans_-8273108

人のことは批判して自分の方が正しいんだみたいなことを言いたいがための小さい人間というか、絶対に成功しない人なんです。

そもそも批判なんかしてる暇なんかないじゃないですか、ビジネスやってると。やることはいっぱいあるわけです。
これやったら次はこれといっぱいあるわけですよね。そういう時に批判なんかしてる暇ないです。

批判を待ち受けるな

だから批判を少しでもしている人は絶対にやってないんですよ。人間としても終わってるっていう感じなんで、そういった人の批判を真に受けたりしないでください。

真に受けて自分のモチベーションを下げてしまったりだとか、勿体ないですよ。

最近、直接言ってくることがないというのが厄介で、例えばネットなんかで書き込む人がいっぱいいるわけじゃないですか。

snsにも湧く

1x1-trans_-8273108

例えばTwitterでも批判してくるあほがいます。Twitterで批判してくる人もいるし、YouTubeでは嫌な書き込みをしてくる人もいます。

中にはメッセージを送ってくる人もいますからね。でも、そういったことを一切気にしないということです。

そういった批判は一切気にしないでください。

そういった批判がくるってことは、そういったくず野郎でも気にして見てるわけですよ。
ということはかなり知名度が上がってるというふうに思った方がいいですね。
これはリアルでもネットでもいっしょですね。批判を恐れない。

むしろ意外な人から批判が来たりしたらこの人にもメッセージが伝わってるんだ、わたしの言っていることが伝わっているんだ、こんな人に知ってもらえているんだというふうに思った方がいいです。

なので逆にいいことなんだとというふうに思っていただきたいと思います。

批判者の数は賛同者と同じ数いる

1x1-trans_-8273108

面白いことに批判する人が増えてくれば増えてくるほどファンも増えてくるんですよ。

つまりどういうことかというと自分の出すメッセージ・広告も含めて情報発信もいれてね、メッセージが強力なわけです。
だから強烈になればなるほど、賛否両論っていうじゃないですか。わかれるわけですね。

だから賛否両論になった状態が一番ベストなんです。

まとめ

上にも書きましたが

批判を恐れないで下さい

だから本当にいいお客さんを捕まえたい、ファンを捕まえたい。批判が来るのは大前提です。なので批判がくることを恐れないでください。批判がきたら一流になった証拠だ、または成功しかけてるそういう予兆なんだと。

考えと行動の違い!成功をつかみたい人が知るべき凡人と成功者との相違点を学ぶ!

はい、こんにちは。今回は成功者の考え方と行動について、お話させていただきたいと思います。

成功者と凡人の違い

1x1-trans_-2222101

まずは、成功者と凡人ではどう考え方が違うのかということをみていきましょう。

長期的な視点

一言でいうと、成功者はつねに長期的な視点で考えているっていうことなんです。

どんな時でも物事を長期的な視点でとらえているのが成功者で、つねに短期的な欲を満たすために行動するのが凡人なんですね。

成功者の考え方

これどういうことかというと、成功者っていうのは例えば成功者っていうのは腹八分目だったりとか、キャバクラや風俗とかへいかないとか、投資をしたりするんですよね。

凡人の考え方

これが凡人になってくるとどうなってくるかというと、凡人だと腹がはちきれるくらいまで食べたりだとかするんですよね。とにかく短期的な欲求を満たしたいって考えてるのが凡人なんですよ。

長期的な視点で考えることによる効果

1x1-trans_-2222101

では、そんな考え方の違いによってどのような効果があるのか、結果に差が現れるのかについて、さらに詳しく書いていきます。

考え方の違い

成功者っていうのはつねにこれをしたら1年後5年後10年後はどうなるかなとか、そういったことを考えているんですね。

凡人っていうのはムラムラすると風俗に行ったりするんですけど、成功者っていうのは風俗へ行くとリターンよりデメリットの方が多いって考えるんですね。短期的な欲にとらわれない

ここで使うお金を自分の肉体に投資したらどうなるんだろうかとか、もっと女性にもてるんじゃないだろうかとか。

そういったつねに長期的な視点で考えるのが成功者なんですよね。

お金の使い方

あとは、お金の使い方でも成功者は将来を見越しています。

凡人っていうのはお金が入ると無駄遣いをして浪費をするんですよね。企業のマーケティングにのせられて、特に必要でもないものを感情で買ったりとかするんですよ。

その結果として貯金が全然貯まらなかったりだとか、資産を構築できなかったりだとかするんですよね。

一方で成功者っていうのは、今ここで1万円を使わないで投資をしたらどうなるのかっていうのを考えるんですよ。

投資したらどれくらいのリターンがかえってくるんだろうかとか、10年単位ではこう、20年単位ではこうって、つねに長期的な視野で見るんですよね。

だから普通の人が無駄遣いするお金を成功者は投資するんですよね。投資をするからこそどんどん資産が貯まっていって、成功者って言われるようになるんですよ。

大量行動で成功をつかむ

1x1-trans_-2222101

続いては、成功者に共通する、他人に文句を言わせないような大量行動について、話をしていきたいと思います。

行動で本気度は分かる

大量行動をしている人には何の文句も言えなくなります。なぜならほとんどの人は大量行動をしていないので、直感的にこの人にはかなわないと感じるからです。

逆に、いくら口先だけで本気ですと叫んでいたとしても、行動をしていない人は本気ではないということです。本気であるかどうかは、どのような行動をしているのかを見れば簡単にわかります

本気度を育てる

最初から本気にはなれなくても行動を続けていくことで本気度が育ってきます。まして大量行動をしている人が本気でないはずがないということです。

周りの人とかほかの人がやっていないことを始めていくと、かならず批判とか反対とか文句とかを言われますが、文句が言えないくらいの大量行動ができればなんの問題もありません。

反対とか批判とか文句が気になってしまう人は、行動量が足りないのです。

周囲にとらわれない

誰が何をするにしても文句を言われることはかならずあるのです。文句を言う人をコントロールすることはできません。なので、コントロールができないことに時間を使うということは無駄なんです。

それよりは行動に時間を使った方が、生産的な歩みができます。結果を出すために大量行動は必須ですから。

大量行動のために必要なこと

時間がないのであれば時間を確保する工夫をしたり、知識がないのであれば知識を得る工夫をすることが求められます。

誰もあなたに時間とか知識を与えてくれません。自分で確保して、自分で求めていく必要があるのです。

文句を言う人に責任があるのではなくて、文句を言わせる人に責任があるということです。そこまでやるかという大量行動をしている人に、文句を言えば言うほどむなしくなっていき、それを言う人は減っていきます。

自分はまだまだ努力が足りないという考え方を持ち続けるということが大切です。

大量行動の効果

行動量が多い人は、実際に自信が感じられます。自信があるふりをする必要もありません。

自信を感じることでさらに行動量が増えていき、さらに自信が強化されていくというよい循環ができるのです。

まとめ

今回は、成功者には長期的な視点が欠かせないということ、そして文句を言わせないくらいの大量行動が結果に結びつくというお話をさせていただきました。

皆さんも、長期的な視野を持ち大量行動をすることで成功をつかんでいただければと思います

スキルを身につけたいならドMになろう

こんにちは、今日はブログ運営者のぼくが、「スキルを身に付けたいならドMになろうということで少し奇抜なタイトルなんですけれども、ドMがいかに最強かって事を話したい。

スキルを身につけたいなら意識してドMになろう。

1x1-trans_-8125369僕が思うにドMって、ネットビジネスで最強なんですよ。「は?」って感じだと思うんですが、
ネットビジネスをやる上で、あくまで最初前提となってくるのが「知らないことだらけ」なんです。

知らないことだらけで、例えばサーバーがドメインがワードプレスの立ち上げ方とか、僕も全く意味不明な状態だったんで、その時にまあ「どうしよう?」と。

それでですね、ひたすら作業を大きくすることになるんですね、最初は。 最初は作業が必要ですから。そうなった時にですね、辛い訳です。まあ意味不明だと。となった時にこれを楽しめたら強いですよね。

「辛いことを楽しむ力」っていうのが必要だと思うんです。
で、それをまさしくドMな人、ドMであれば、その辛いことを楽しめると僕は思ってます。

なので、ドMであることって、非常にネットビジネスに強いんですね。

周りの大半は勝手に脱落していく

1x1-trans_-8125369あるいは「記事を書く」とか「動画を作る」ってなった時も、たくさんやっているうちに、疲れが出てきたりとか。疲れる、辛くなるっていう時が出てくると思うんですけど、そういう時に楽しめるかどうかっていうことなんですよね。

大半の人はここが我慢できなくなり脱落していきます。

結果が出ない時はひたすら辛いですから
ここの部分は僕はMの部分、ドMの部分があればあるほど強いと思ってるんです。

一般的に「ドMよりもSのほうが良い」みたいな傾向ないですか?「SのほうがなんかMより良い」みたいな。でなんか、「ドMです」って言ったら「キモーい」みたいな。そういう風潮はたぶんあると思うんですよ。

でもネットビジネスでドMなところがあれば凄い強いんですね。

で、記事をひたすら辛くても書き続けられる。もちろん根性論だけでも駄目なんですが、あくまで最低限の作業量が担保された状態でないといけませんから。

辛くても、記事を書き続けられるっていう。辛くてもっていう状況になった、これって良いんですよね、どう考えても。

スキルを身につけるにはいかに結果が出ない時期の感情をコントロールするかにかかってる

1x1-trans_-8125369こう「辛いことを楽しむ力」っていうのはまさにドMの力だと思うんですね。「辛い=快感」な訳ですよ、ドMの人たちの発想としては。

その、「自分を追い込んでる感」が楽しいし、気持ちがいい。みたいな。っていう感覚なんですけれども、この感覚を是非持っていてほしい。

「ドMになれ」って言ってる訳じゃないんですけど、「辛い」とか「自分を追い込んでるのが楽しい」ってなったら、これはもうですね、いくらでもネットビジネス作業ができる様になります。

ドMは最強だよね

1x1-trans_-8125369作業が全てだとは言わないんですけれども、ある程度の質と量。その質と
量ってのはある意味かけ算なので質が担保されている状態ならある程度量をやればいいんです。

もちろんさっきから言ってますけど、質と量が担保されてる状態っていうのが前提ですってなったときに、未知の世界でわからないことだらけな時に、ドMで楽しくやって「楽しいよ!」ってやれる人は、非常に強いわけです。

だからそのドMっていうのはネットビジネスをする上では最強能力なんです。

ドMじゃないとやってられない

1x1-trans_-8125369実際に、特に「集客」、ネットビジネスで集客をする場合って、基本的にある程度「根性系」になってる場合が多いいんですよ。で、根性か金かけるか。この二択しかないんですけど、根性系になった時にドMじゃないとやってらんない時とか結構ありますからね。

例えば、
ひたすら記事を書きまくるとか、キーワード内でそんなに興味のない記事をたくさん書くとかあるんですけど、正直、楽しい!って気持ちにならない時もあります。

まとめ

なぜ、「成功したいならドMなろう」っていうことなのか、ネットビジネスではドMがいかに最強かっていうのをお話ししました。なので、まあ「ドMになりましょう」と。ドMにならなくても、それに近いマインドを持てるようになりましょう。

それが、スキルを身につける最短距離です。

初対面の女性からサイン?もしかしたらそれって脈ありかも!?

女性が出す脈ありサインとは?

1x1-trans_-6441942

合コンなどに行くと、可愛い女性がいたりしてテンションがあがる男性もいますよね。でも、消極的な男性だと気になる女性と上手く話せない人も珍しくありません。

そこで、今回は女性が出す脈ありサインを紹介します。

目が合うと笑顔を見せてくる

いくら合コンと言っても、初対面の人がほとんどです。そのため、女性は比較的目を合わさないようにして、打ち解けた後から目を合わせるようになります。

女性が目を合わせるのは、基本的に好意を持っている相手と言われています。自分への反応を見ながら距離を近づけるといいでしょう。

スキンシップ過剰

女性の中にはスキンシップ過剰な人もいます。普段からスキンシップ過剰な人もいますが、合コンの場では勘違いされる可能性もあるため控えている人がほとんどです。

そんな中、スキンシップ過剰な女性がいたら自分に好意を向けていると考えてもいいかもしれませんね。全員がそうとは限りませんが、高い確率で好意を抱いている可能性があります。

好きな女性のタイプを聞いてくる

これはもっとも分かりやすいと言われていますが、好きな女性のタイプを聞かれたらかなりの確率で好意を抱かれていると言ってもいいでしょう

男性も女性も、興味のない人の異性のタイプなんて聞きませんよね?それなのに聞いてくるということは、多少なりとも好意を抱かれているということです。

意外と女性も肉食!?

1x1-trans_-6441942

肉食男子なんて言葉が流行りましたけど、今は女性も肉食だったりするんですよね。

ぐいぐい来られるのが好きな男性にはいいですけど、自分がリードしたい男性にとっては、ちょっと避けたい相手と思われているのが肉食女子です。

では、肉食女子はどんなアピールをしてくるんでしょうか?

彼氏がいないアピールをしてくる

合コンでやたらと、自分には彼氏がいないアピールをする女性がいませんか? これって、明らかに好意を持った上で言っている言葉なんですよね。

彼氏がいないから、誘ってくれてもいいんだよ、という肉食でありながらも相手から言われるのを待っているというタイプの女性です。

距離が近い

やたらと距離の近い女性とかいませんか?あからさまな女性になると、胸を押し付けてくるなんて漫画的なことをする人もいます。

ある意味、そこまでされていたら「何が何でも逃がしたくない!」と思われている可能性が高いですね。しかし、男性的にはちょっと引いてしまうという意見が多いのが距離の近さです。

やはり、男性から見て女性は自分を大切にして欲しいと願っている人が多いからでしょうね。

身体の向きがこちらを向いている

他のメンバーがいるにもかかわらず、身体の向きが自分に向いていたら既に好意を向けられている証です

他の人には興味がない、というポーズであり、他の男性から声もかけられたくないという無意識の表れです。

逆にここまでされてしまうと、好意を向けられた人が他のメンバーに対して申し訳なくなってしまいますよね。

女性に脈ありサインを出された時の避け方とは?

1x1-trans_-6441942

女性から好意を向けられるのは嬉しいものですが、それでも相性というか遠慮したい場合もありますよね。しかしはっきり断ってしまうと女性が傷つくのではないか、と考える男性もいます。

そこで、こちらでは女性を傷つけない断り方について紹介しちゃいます。

さり気なく席を移動する

さり気なく席を移動するというのも有効です。露骨に移動すると不自然なので、一度電話か何かで外に出てから戻って来て別の場所に座るというものです。

もし、好意を向けている女性に呼びかけられたら、上手く誤魔化してしまいましょう。

自分は数合わせだからという

傷つけない方法として、自分が数合わせで来ていることをアピールするのもいいかもしれません。数合わせということは、彼女アリで来ていると思ってもらえるかもしれないからです。

本当は彼女アリで合コンに行くのは褒められたことではないのですけど、相手を傷つけないための優しい嘘ということでいいのではないでしょうか。

さり気なく他の女の子と話す

上手く誤魔化そうとしても、なかなか引いてくれない手ごわい女性もいます。そういう相手には、別の女性が気になっていることをさりげなくにおわせるのもいいかもしれません。

そうすることで、自分には向かない相手と割り切って他の男性にアピールを始めるかもしれませんね。

ただ、これは最終手段にしましょう。どちらにしても、女性を傷つけてしまうことには変わりないのですから

まとめ

初対面の女性が出す男性への脈ありサインはさまざまなものがあります。

中にはサインを送っているつもりはなく、実際のクセなどでそういった行動をしている人もいるので、絶対にサインを送っているというわけではありません

その辺を間違えて、逆に女性を傷つけないように気をつけましょう。

織田信長について 子供にもわかりやすく 話しをするよ!

織田信長(おだ・のぶなが)ってなまえは学校の歴史でならって知ってるとおもうんだ。

でも学校の歴史ってあんまり面白くないよね。どうしてってテストがあるからさ、テストのためにおぼえなきゃなんないからさ。

良い点数をとればほめられるけど、悪い点数だとおこられちゃう。

ここではテストがないから安心していいんだよ。

ちょっと面白いかもって思うとこだけ、あたまの中にちょっとだけレポート(セーブ)すればいいんだ。

それじゃ織田信長(おだ・のぶなが)について話しをはじめるよ。

戦国時代(せんごくじだい)

諏訪原寛幸

いまからざっと500年まえの日本は、全国をまとめるトップの将軍(しょうぐん)がいなくんっちゃったんだ。

そこでいまがチャンスと各地の大名や武将(ぶしょう)がトップの座を取ってやろうとそれぞれが戦いをはじめた、それを戦国時代っていうんだ。

つまり日本中のあちこちで戦争をしている、グチャグチャでハチャメチャな時代。

そんななかで尾張の国(いまの愛知県)から、まわりの敵をつぎつぎとたおして、あともう一歩で天下統一(トップの座)ってとこで、

家臣(かしん=じぶんの家来)の明智光秀(あけちみつひで)のうらぎりで命を落としたのが織田信長なんだ。

その戦いのつよさ、あっといわせる作戦、破天荒(はてんこう=今までだれもしなかったような事をする)な生き方やエピソードで、

ドラマになったり多くのひとを感動させる戦国時代の英雄(えいゆう)なんだよ。

信長(のぶなが)の子どもの時代

信長がおさないころ、庭であそんでいると小ちゃなヘビがでてきたんだ。

そこでそのヘビを捕まえて、そばにいた家来に「これって勇気あること?」って聞いたんだ。

家来が「小ちゃなヘビなんだから怖がることはないよ」ってこたえると、

ムカッと来た信長は「ヘビの毒は大小できまるんじゃない」〜たしかに小さくても毒をもったヘビはたくさんいる。

つづけて「小さいから怖がらないなら、もし主君が子どもなら、おまえたちはあなどる(=軽くみる)のか!」って言い返したんだ。

これは信長が子どもで小さいから軽くみるのかって怒ったようにもとれるけど、そうじゃないんだ。

この戦乱のよを生きてゆくには、敵の大小で力をはかっちゃダメ。敵の国が小さいとか、兵士の数が少ないからといってバカにしちゃいけない。

小さくても毒を持っていることがあるから気をつけなきゃダメなんだっていってるんだ。

やっぱり信長は子どものころから大物になる素質があったんだね。

若いころの信長

若いころの信長は、きものの袖(そで)を切ったユニークな服装で、仲間とつるんで、山や野を走りまわったり、

町の中をうろついていたずらしたり、とにかく君主のあととりには思えないメチャクチャな行動をしてたんだ。

そのため尾張の大うつけ(=悪ガキ・ガキ大将)ってよばれてバカにされていたんだ。

それは敵を油断させるためっていう人もいたけど、それだけじゃない信長なりのアイディアや考えがあったように思うんだ。

大うつけ(=悪ガキ)は準備運動

きものの袖って手首のところが広くてヒラヒラしてる、作業をするときにじゃまになるから腕まくりをする、

だったら最初っから無くしちまえばいいやってのが信長のアイデア。

忍者の服装を想像してごらん、そではみじかく腕のところにはフィットした下着をつけているよね。

すばやく動かなければならない忍者、信長のファッションも動きやすさのためなんだ。

行動性のアイデアだけど、ふつうじゃ思いつかないユニークな服装が、変わり者のイメージをつけちゃったんだ。

また「仲間とつるむ」ってこともワルがきのグループ・ガキ大将におもわれたんだ。

でも信長には戦いはひとりじゃできない、信頼できる部下や仲間がひつようだってことが分かっていたんだ。

また大将は先頭にたって、ともに戦わなきゃ仲間がついてこないこともしっていたんだ。

つまり「大うつけ(悪ガキ)」は大将になるための準備運動だったてわけさ。

信長の戦略・奇策

家督(=父のあとをついで君主になること)をついだ信長は、はやばやと尾張(愛知県)全部を治めるまでにのしあがったんだ。

まわりの敵国からは生意気なやつって思われたんだろうね。

そしてついに、となりの国の強敵、今川軍が調子にのってる信長を今のうちにつぶさなきゃって攻めてきたんだ。

これは信長にとって最大のピンチ、だって今川義元(いまがわよしもと)ひきいる軍勢は2万5千。

信長軍はどんなに兵をかきあつめてもたったの5千しかいない、どうみたって不利。そこで信長は考えたすえに

城を守って戦ったら絶対まける、外にでてむかえうつしか勝機はないって戦ったのが、

歴史の教科書にも出てくる有名な桶狭間(おけはざま)の戦いなんだ。

桶狭間(おけはざま)の戦いの勝因

それじゃあ最大のピンチの桶狭間の戦いにどうやって勝ったんだろう。

じっと情報をあつめ頃合いをうかがっていた信長は、

今川軍が5千の今川義元(総大将)の本隊と2万の兵が、別行動しているのを知ってシメタとおもったんだ。

そして本隊の居場所がわかったとき、これぞ絶好のチャンスと夜中にはねおきて、

いそいで兵をあつめ、たった2千の軍勢で今川義元の本隊5千に奇襲をかけたんだ。

このとき幸運にも大雨が降っていたんだ。まさか大雨の中を進軍するなんて誰もかんがえない。

これは今川にとってもおなじ、まさかこんな大雨の中を攻めてくるなんておもわなかったんだね。

だから大あわての今川軍は戦うどころじゃなくサンザンバラバラ。ついに今川義元(総大将)の首をはねて勝利したんだ。

信長のチャンスをのがさない、直感とすばやい行動と、天(雨)を味方につける強運はまさに天才だね。

もうひとつ「農民おもてなし作戦」ってのがあって、

信長のスパイが農民に変装して、今川の2万の別働隊に酒や餅(もち)をふるまって足止めしたってはなしがあるけど、どうもあやしいかなこれ。

情報作戦

じつは信長は少ない軍勢で大軍をたおすために情報をうまくつかっていたんだ。

現代ではサイバー攻撃とか、メディアやネットでフェイクニュースを流して相手を混乱させるって作戦は使われるんだけど、戦国時代にはそんなものないよね。

そこで信長は100人の兵で3千人を皆殺しにしたとか、2千の兵で3万4万の大軍をけちらしたとか、

戦果をすこし大げさにもったファイクニュース手紙にして、

とくに情報を敵にもらしやすい大名や武将にばらまいて、戦うまえに敵をびびらせたんだ。

びびった兵士ほどよわいものはないからね。この時代に心理戦、情報戦が勝ち負けにおおきくエイキョウするってかんがえたのはスゴイね。

こうしてどんどん勝ち進んで、天下のトップにあと一歩までになった戦国の奇才・名将が織田信長なんだ。

まとめ〜最期にひとこと

このほかにも信長は強いだけじゃなく女に優しい人だったとか、

奇想天外(きそうてんがい)なエピソードもたくさんあるけど、それはつぎの機会にまた。

ところでなんか面白いとこはあったかな?歴史ってちょっと深くほってみると、意外なことっていっぱいあるんだ。

でもその史実(=歴史の真実)も見かたによって、まるで真ぎゃくにもなることがあるんだよ。

だって何百年もまえの、ほんとのことをいったい誰がしっているっていうの?だから歴史に正解はないんだよ。

歴史のテストに答えはほんとはないんだ。君たち自身の歴史だけがほんとうの答えなんだよ!

コミュ障の男性に向いているおすすめの仕事はこれだった!

コミュ障の男性に向いている仕事は少なくありません。中にはおすすめの仕事もあるでしょう。

仕事をするにはそれでいいのかもしれませんが、職場というのは仕事だけではなく、多少なりとも対人関係も重視されます。反対に一人だけで仕事をすることは不可能と考えていいでしょう。

コミュ障の人でもどこかで歩み寄りをして対人関係を構築していかなければいけないのです。そういった人に向いている仕事をここでいくつか紹介します。

コミュ障の男性にやっていける仕事はあるの?

コミュニケーション障害、いわゆるコミュ障の人のことですが、これって病気なんでしょうか。

人によれば一種の精神疾患ということで病気と定義している人もしますし、単にコミュニケーションが苦手な人のことをコミュ障と呼んでいます。

多くの人は後者ではないでしょうか。あまりにもコミュ障の人を重い病気でとっつきにくいというように思う風潮のほうをどうにかしなくてはいけないですよね。

ということで、とかくコミュ障の人は仕事ができないとされているのですが、実際にコミュ障の人に向いている仕事ってどんなものなのでしょうか。

コミュ障の男性だと仕事ができないの?

よく言われますね、コミュ障だと仕事ができない。特に報連相ができないのが致命的なんだそうです。

これって、コミュ障じゃなくても社会的常識のない人ができないというだけだと思いませんか?コミュ障の人は人との関わりが苦手なだけであって、決められた仕事はきちんとこなす人が多いですよね。

イメージを払拭しなくてはいけない

コミュ障の人はどこか損をしている部分もあります。人との関わりが苦手なだけであって仕事ができる人は多いんですよ。

もちろんコミュ障の人も人に歩み寄る姿勢を見せたほうがいいのは間違いないのですが、周囲の人も変な偏見を持つのを止めたほうがいいですね。

ここは両者が歩み寄るのが理想的と言えるんです。

とはいっても、周囲の人はコミュ障の人は扱いにくいと思っていますし、コミュ障の人はできれば人と会話したくないと思っているので、極端に言えば水と油みたいなものかもしれません。

それでも、コミュ障の人が仕事ができないということではないんですよ。ここだけははっきりとしておかなければいけませんよね。

内職が向いている?

自宅でできる仕事だったら、人との会話も最低限で済みますし、コミュ障の人にはうってつけの仕事のように思えます。

実際のところはどうなんでしょうね。

ライターという仕事はどう?

インターネットを利用して情報を収集するというのは今では当たり前のこととなっています。スマホも普及してその傾向はますます強くなっているといってもいいでしょう。

そのような中で、情報提供サイトは数多くあります。個人でもブログを利用してさらにはTwitterやFacebookなどもありますから、情報提供のサイトはますます増えて行く傾向にあるんです。

そのような情報提供の一翼を担っているのがライターですね。ライターを生業にしている人はすごく増えています

自分でできる仕事ですし、在宅が基本です。そうなると人との関わりもメールだけで済むので、コミュ障の人には最適と言えるかもしれません。

ライターで食べていける?

これは記事単価にもよりますし、食べていくにはかなりの仕事量をこなさなくてはいけません。

名前を売ってさらに単価アップの交渉をすることができるようになれば、雑誌ライターということにもなればかなりの高収入が期待できそうですよ。

しかし、しごとあってのものですから、そこにもコミュ能力というのが必要になります。また、文章作成能力がある程度必要になること、コツコツできるタイプの人でなければ向いてないですけどね。

自分だけできる仕事ってけっこうあるみたい

探せば必要最小限の会話で済ますことのできる仕事はたくさんありますよ。ただし、工場勤めに代表される単調な仕事が多いのが玉に瑕です。

コミュ障だから仕事の能力が低いというわけではないので、そのような仕事はもったいないという気持ちもありますよね。

新聞配達に警備員など…

新聞配達は、新聞を配るだけです。朝早いのと雨の日や冬の日が辛いですけどそれを乗り越えれば、新聞の束を受け取って新聞を配るだけで、給料日は銀行振込でお金が入ります。

契約者の若干の増減に対応するくらいのコミュ力で仕事ができるメリットはかなり大きいですよね。他にもビルの警備員というのも捨てがたいです。

知的な仕事ももちろんありますよ

プログラマーなどはどうでしょうか。コミュ力はかなり必要ですが、我慢できる程度で自分の世界に没頭できます。

好きな人でしたら、自信にもなりますし、自信のある仕事でしたら、説明することも苦にならないかもしれません。

プログラムを組む能力がある人でしたら是非ともチャレンジしてもらいたい仕事ですよ。

まとめ

コミュ障の男性だからといって仕事の能力が人よりも劣っているというわけではありません。むしろ製材能力は普通の人よりも優れているかもしれないのです。

それが、コミュ力がないというだけで単調な仕事を甘んじて続けている人も多いのが悔しいところですよね。コミュ障の人もそういった部分の殻を打ち破って外に打って出るような、気持ちをもってもらいたいと思います。

ちょっとした勇気で簡単にできると思いますけどね。

あなたのビジネスにスピードはあるか?スピードの重要性と2つの守るべき事

今日はビジネスではスピードを上げて上げて、上げていこうって話をします。

ビジネス上ではスピードの速さは非常に重要

たとえば記事を書くにしても 動画を撮るにしてもなにかコンテンツを作っていくにしても スピードが遅いとその分成果が出るのも遅くなりますよね。

これを明確に言うと、スピードが違うだけで経験値が全く変わる訳ですね。

経験を2倍のスピードで積めば当然、
成功するまでの時間は、短縮されます。

成功している人は、仕事のスピードが速い

成功したいなら大前提としてスピードを上げるということが大事にと言う話をしていますが、

では、具体的にはどのようにスピードを上げていくのかを説明していきたい。

スピードを上げる為に必要な2つの事

スピードを上げる方法は 単純に
行動自体のスピードを上げること

行動から行動間のスピードを上げることの2種類に分類されます

行動自体のスピードを上げるというのは たとえば今まで20分で書いていた記事を10分で書いたり、60分かかっていた記事を30分で作成するというということです。

具体的には、記事を打つさいのタイピングを早くしたり、集中力が途切れないようにタイマーで制限時間を決める、速いテンポの音楽を掛けるなどの努力が必要です。

次に、行動間のスピードを上げるというのがどういうことかというと
無駄を徹底して省く方向性になります。

たとえば 今までは朝起きてから記事を書きだすまでに20分の間があいていたとします。
その間を10分にすることができたら、いつもより10分早く仕事が始められます。
結果、いつもよりも10分早く仕事が終わるのです。

朝起きたあとや休憩のあとにダラダラしてしまう無駄な時間を意識的になくすことで、仕事のスピードアップにつなげることができます。

チリも積もれば山となると言いますが
この行動間のスピードを上げるというのは 仕事のスピードを上げるうえで非常に重要になってきますよね、!

スピードの重要性

1x1-trans_-3198564繰り返しますが、
仕事をする上では、とにかくスピードのはやさが大事になります。

たとえば記事を作成する仕事では、数時間の働きで他の人の一日分の働きができるわけですよね。
この場合ですと他の人の数日分の仕事もこなせます。

まとめ

このように、スピードが上がると効率も上がります。
作業効率というのはコンテンツ量を増やし経験値が上がるに従い、上がってくる訳ですから。

仕事自体のスピードを上げていくことは、効率自体も上げることになるので、成功したいのであればとにかくスピードを上げて行きましょう、!