スキルを身につけるには型を身につけてひたすら試行錯誤しろよ!って話

「作業をしててつらくなったときこそがスキルを身につけるチャンスであるという話」をしたい。

最初は型を覚えよう。

自己満はダメ、というより
過去の偉人にまなびましょう、!
あなたが、目標としている事を達成している人がいるならば、

頭を下げて学ぶ事を進めます。
やりかたがわからないままの間違った努力ほど意味ないモノはありませんからね。

“型”なき行動は無謀

知識なき行動は無謀」であるということです。実際に基準値を壊すには量と質が必要とは、他記事でも述べていますが、

例えば、ネットビジネスでどう稼ぐかがわからない人がただやみくもに記事を書くとか、

記事の書きかたを知らない人がただ記事を書いていっても文章がうまくならないわけです。
そんなことをやっても無意味ですよね。これは自己満足になります。

知識なき行動なのでこの行動はしちゃダメってことです。これはまず念頭において下さい。

自分で情報を集めて、全体像を把握する
もしくは、大人しくお金を支払い
成功者に学びましょう。

スキルを身につける為に練習量を増やして基準値を上げよう

スキル=”型”なんですよね。

スキルを身につける為に継続、反復するんですね。そうなったときこそ歯を食いしばってやらなきゃいけないのです。

そこで「つらいからやめよう」「つらくなったから休むか」ってやめちゃうとそこで自分の基準値が上がりません。

自分が限界だと思っている地点から一歩踏み出すって大変なんですよね。

だからこそ大事なのはきつくなってから踏ん張る事だし、
これが当たり前なんだよってことなんです。

ここはきつくなって当然であると、観念しましょう。

最初、知識や型などを覚えて新しいことに挑戦する段階では、
とにかく量をこなしまくりましょうよ!って話です。

ここで、ようやく練習量の話になりました。知識が入っているわけですから自己満でない練習が出来るはずです。

こういうときはたぶんつらいと思うんですよね。成功体験がないわけですから。

でもそこで怖いといってビビってしまったら成長しないわけですよ。だからそのときにやらなければダメっていうことです。

量を増やすのは型を作る為

上にも書きましたが、大事な事なんでもう一度繰り返します。それで、「あとはやるだけの状態」っていうのは、知識もわかったと、やりかたももうわかって慣れているわけです。

例えば、毎日1記事2記事書けるようになった人はもうわかるわけですよね。
そうなったらもうどんどん3記事4記事書き出していくべきなんです。

手を動かしてのみ、スキルが身につきます、!

ネットビジネスならば仕組みを作って、集客販売の流れを作って、あとは作業するだけにしていきましょう。

自己満足と追い込む事は決定的に違う

再々度の復習です笑 この二つの差は型がはっきりしているかどうかですね。

自己満と追い込むことは紙一重なんですよね。正しいやりかたでやってなかったらそれは自己満になるし、正しい知識でやってたら追い込むことになるわけです。

なので、自己満と追い込むことは紙一重です。その境目はなにかっていうと知識があるかどうかです。ここが大事になるので非常に覚えておいてください。

まとめ

取りあえず作業していてきつくなったときこそが基準値をぶっこわすチャンスという話をしました。それでは、どんどん練習量を増やして基準値を上げていくようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です