恋愛で思う事

35億なーんてギャグが流行った昨年。

男は星の数ほどいるなんていうくだり。まぁ当たり前っちゃあ当たり前だが。あのルックスで言うなってツッコミを入れながらも笑っているなんともギャグセンスの低い人たち・・

間違いなく言えることは、ブルゾンちえみを見て笑っている人の大抵は女性だということ。

彼女のネタ動画youtubeのコメント欄などを見れば、他の女性タレントに比べて女性からの好感度が高いことがわかる。そして、あのネタを意味もわからず真似する子どもたち・・

女性のギャグを、女性が笑って、女性が経済を回しているなんて場面、例えテレビでも・・そういえば、どこかの首長も女性だっけか・・

ありえん。ありえん。ありえん。もう1度言う、ありえん。情けねーぜ男子。いや、男たち・・男たちに問う。

自分がなぜモテないかを考えたことがあるか?

出会いがありませんと嘆いているお前。草食系男子ですからと開き直るお前。

お前たちいいか、耳の穴をかっぽじってよく聞け。ゴールは1つしかねーんだよ。誰が1番最初に入れるか。誰が最終的に確保するか。

つまりは、奪い合いなんだよ。かつて「二極化」という言葉が盛んに使われた10年前の時代を覚えているだろうか?

勝ち組、負け組が明確になっている

簡単に言うと「負け組・勝ち組」のこと。言葉くらいは聞いたことはあるかもしれない。

当時の首相である小泉純一郎が「郵政民営化は反対か、賛成か」なんて二元論的な考え方を国民に投げかけた時代のことである。

その頃から、お前の負け組ストーリー、モテない男としての宿命は始まっているといっても過言ではない。

いや、もう、言葉を選ばずにはっきりと言おう。お前のモテなさは、お前の両親、さらには先祖代々から伝わっていると言っても過言ではないのだ。残念ながら・・・

生存競争の中、女性は優秀な遺伝子を持つ男に生理的に惹かれていく。母性本能とは、わがままな子供を見てはたらくのではなく、かわいい仔猫を見てはたらくのではなく、実は優秀な遺伝子を残したいという潜在的な思いでもって強くはたらくのだ。いつの時代だってそうだ。

では、優秀な遺伝子とは一体なんだろうか。それは、力を持つもの。

ここでいう力とは、ベンチプレスを150kg挙げられるとかそういうことではない。

「人よりも顔がいい」

「人よりも面白い」

「人よりもオシャレ」

「人よりもスポーツ万能」

「人よりも頭がいい」とかである。

これらを言い換えると、 「女を得る為に他者に勝つ力を持つもの」「女の視線を集めることができるもの」

(後の重要フレーズとなる)

そんな人が優秀な遺伝子を持つ。つまり、戦闘能力の高い人こそモテる男であるといえるであろう。

モテる男のジャンルについてそれぞれの戦闘能力を比較してみる

10点中10点を満点評価とする。

イケメン男子・・・戦闘能力8 なんだかんだ顔、という女性は非常に多い。人は見た目が9割とも言われるくらい顔は重要な要素である。イケメンの強みは、黙っていても絵になること。少女漫画を見てみればわかる。女はいつだってイケメン様に憧れるのだ。

金持ち男子・・・戦闘能力8.5 ぶっちゃけ金で買えないものはない。ありとあらゆること、女性ですら金で買えてしまうのはまぎれもない事実である。金持ちの強みは自分の負の部分を金でカバーできること。不細工であれば、最新の医療を頼って整形すればいい。イケメンよりも戦闘能力が高いのは、無論そういうことである。

一番強いのは笑いを取れる男

お笑い男子・・・戦闘能力9 上記2つよりも、実はお笑いに強い男子がめちゃくちゃモテるのはご存知だろうか。

理由は3つある。

①一緒にいると楽しくて気を使わないから。 実はこれ、モテる為にはシンプルでいて、かつ重要な要素なのだ。

②体の仕組み的にツッコまれるものだから。 女性は基本Mなので、「おい!」とか「お前ちゃんとしろよ!」などのSっ気たっぷりに弱いのだ。

③笑っているとキレイになれるから。笑いは表情を豊かにし、ほうれい線対策もバッチリ。なによりニコニコしてる女性はかわいいだろ?

ここまでで、もう負け戦さはしないと諦めたお前。もういいよ。一生、一人で慰めてろ。

ヒントを探してるならば行動を

まずは、モテる人は遺伝子レベルで違うんだということを理解していただいたかと思う。

さらに、これらはデータによっても明らかとなっている。むずかしい文献はここでは割愛するが、よく見るテレビ番組に出てくる専門の先生方が番組内で遺伝に纏わる要素についてを優しく簡単に述べていたのでお伝えしたい。

例えば、教育評論家の尾木先生は、知能60%、性格の30〜40%は遺伝的な要素になるという衝撃的な事実を述べている。

また、遺伝学評論家の小林先生は、運動能力についてオリンピックレベルの選手については遺伝的な要素はかなり大きいと述べている。

これは、逆を返せば、知能でいうとわずかながらの後天的な自分磨きと、運動能力でいうと地方大会レベルまでは練習や努力によって結果を出せるようになるということである。

いいか、モテない男共。 女性とは何かをきちんと学べ。まずはそこから

これを読んでいるお前は、きっとイケメンでもないし、金持ちでもないし、面白くもないんだろう。 しかしだ、前述した三大男子の高い戦闘能力に立ち向かう為には、お前はお前を見つけることからはじめたほうがいいだろう。

まとめ

女性を学んだ後自分を作れ 演じろ!お前は俳優だ。

ヒントは昆虫や動物の世界にある。派手な色をした虫は、オスとメスどっちだ?変な鳴き声をする動物は、オスとメスどっちだ?

答えはお前が見つけろ、知るか。いま、悲しい目をしたお前。お前が答えを出せ!終わり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です