男らしさ、女らしさは必要?その定義とは何かと”いい男”の条件って二ヶ所だけ見たら判断できるって話をしたい

「男らしさや、女らしさって何?」とか
「あいつはいい男だ」、なんてのは
たまーに聞く話だ笑

「ふるくさいなぁ」っておもう事はあるし、そんな「ホントかよ」って思われるだろうが、そんな話をしたい。

これは、昔ぼくが地元にいるときに
とある業界のバイト先の店長から聞いた話だ。

男らしさと女らしさの正体は

男らしさの正体は「決断力があること」
女らしさの正体は「協調性があること」だと思う。

男らしさの決断力とは「決められた時間の中で物事を決める能力。
言い換えたら「何をするのか」、言い換えたら「”何をしないか”」を明確にすることなんだと思う。

女らしさとは、「協調性がある」事だと思う。
言い換えたら「他人の話」を聞く事。

ここら辺に関して言及すると
男と女なら、基本的に男らしさがある方が頭がキレる人は多いだろうね。

ただ、バランスが大事。
男らしさ100%だとヤ◯ザになる笑
女らしさ100%だと、バカだと思う。

男らしさや、女らしさって必要だろうね、!その性格「キャラクター」が人間らしさを作ってる訳だしね。

どちらがいい悪いはないだろね、!

どこかで聞いたのは、本当に優秀な人は男らしさ、女らしさを兼ね備えてるとか。ぼくも、そうなりたいものです。

いい男かどうかを見抜く2つの基準


上では、男女別に話したが、
ぼくは男なので男性側で掘り下げたい

さて、ではいい男を見分ける2つの基準を挙げてみよう。
結論から言うと1つ目に「目力」
2つ目は「声質」だ。
順を追って話そう。

目力は生き様を表す

目は口ほどに物を言うなんていうが、
これは合っているのだろう。
目を見たら、「その人の過去がわかる」なんて言葉もある。

例えば、繁華街で目力が強い人と目が合ったら、心中穏やかでなくなった経験がある人も少なくないはずだ。

つぎに声質は?

声質から見抜くならば、いかに「低い、お腹からくる声か」だろう。
ぼくたちが話す時は、喉から声が、出るが、そこからではなく

例えるならお腹から低い声がでてくる
イメージ。

この二つには順番がある、
最初に目から、目力後に声が兼ね備わる

この二つを兼ね揃えてるならば、
間違いなくすごい男だと思う。

いい男の正体とは

ぼくが思ういい男の正体って、いかに
「修羅場」を潜ってきたかなんだと思う

その修羅場を潜ってきた回数で、その人のオーラが出てくる。

一番上に書いたバイト先の人から教えてもらったのは「チンピラと本職の見分け方だ」

プロフィールにもある様に福岡という土地柄切り離せない事柄の一つである。

彼らを褒める訳ではないが、
確かに、その”類”の人を見かけた時、
「確かに、上に書いてあった2つを兼ね備えているんだな」とは見ていて 思っていた。

まとめ

ここでは少し、ぶっ飛んだ話をしたが
このオーラは、自分次第で出せるだろう

僕自身、勉強やスポーツで結果を出してからは目力は褒められる事が多くなった。

話す方は早口だが笑
ここは精進がまだ足りないのだろう
30代辺りまでには両方兼ね備えたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です