自衛隊教本〜行動と攻守基本守破離 基本と原則に反するは破綻

目的〜行動イメージを最初に明確にしているか

1番大事な事は前進→3倍の行動でスピード主導権

素早く、大量に!

行動前、何時までに何分で「明確な」ゴールと明確なやり方はあるか

ここも把握を下記のアメリカ軍戦術みたく基本と原則を守らねば

必ず破綻する、と命じておくこと

勝ち方の明確なイメージをもっていたか

信長であれナポレオンであれ

明確な勝つイメージを

はっきりともつこと

意志を強要したかどうか

集中力を保つ〜敵が強いならば分断して各個撃破を心掛けたか

敵が多いならば、まず分断して

ハードルを下げて、

各個撃破を目指すべし、

まずは理論派の成功者メンターを雇い戦略を早く立て力を集中、集中すべき

理論派であること、裏表をしる

ベテラン成功者であることが

大事、相談役には対価を払う、

意味がない行動に分散させてないか

意味なき行動を省くことが、何より大事

だから、戦略が大事なのだ

戦略を知らず、魔法があると思い込む人が多すぎ、

行動について

正しい行動をとる手順

相手に先んじて情報を取る→準備はしたか

相手より先制し早く行動すること

相談役がいないだから、明確な行動イメージがない3

大事な箇所なので2回書いておく、

これは、経験上やはり必要

本などはあくまで併用

√3の法則行動は「素早く」「大量行動」したか

√3の法則

例えばナポレオンは1日20kmが普通の所を40km行動している

相手の「強みを分断」「弱みを突いた」ていない

相手をよく見ること、

相手を、よくしること

相手をまず分析すること

柔軟さは成功体験がないから

仕方がないことではある

だからメンターを雇う必要がある

柔軟な堂子の首

胴を叩けば尾と頭が

尾を叩けば頭

頭を叩けば尾

攻撃

√3の法則の本質は素早く、一点だけに取り組む

このイメージで

成功体験がない場合勝ち方の明確なイメージがない

成功体験がない場合は

勝ち方の明確なイメージがない

のが問題

アメリカ軍の目標ゴールは6つを徹底分析→タイムラインの流れ

met「アメリカ陸軍」の目標→敵〜地形環境分析→自分分析→タイムライン設定

情報は先んじて取ったか←なしでは意味なき努力

これが一番ムダ

弱い箇所から見つけ取り組んでいない

突破口はどこか→突破口を作り→拡大→一つづつ取り組み各個撃破を心がける

有利な位置取りをする

守り

守りについて

相手からの攻撃を分散し遅らせたか

時間を稼ぎ

相手から攻められるなら

力を分散して弱める

将来的に

サイエンスの統制理論と

アートの指揮が備わればok

失敗

失敗との向き合い方について

失敗は構わない!だが失敗の箇所メモ→分析→改善は必ず行う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です