秩父川瀬祭り花火大会の屋台はどんな感じなの?穴場は?駐車場は?まとめたよ

秩父市は都心から特急で約80分。荒川支流の清流と秩父盆地を中心とした山々に囲まれた自然豊かな地域です。花々やハイキング、川遊び、キャンプ等及び夏は川瀬祭りで楽しめます。

秩父とは

秩父市(ちちぶし)は、埼玉県の北西部の秩父地方にある人口約6.2万人の市。面積は、埼玉県内では最も広い市町村です。

秩父市の歴史は古く、お金の開祖の和同開珎が作られたとされる遺跡が発見されています。

秩父市には大きなお祭りが3つあります。平安時代に由来があるといわれている、秩父川瀬祭りをご紹介します。

秩父川瀬祭とは

秩父川瀬祭(ちちぶかわせまつり)は、毎年7月19日と7月20日に開催される埼玉県秩父市の祭りです。

由来は、 平安時代に各地で流行した祇園祭が前身とされています。350年前の歴史書に祭りの記録がある、由緒ある祭りです。

その大昔、当時のお雛様は、橋を渡らないとされたことから節句前に行われ、その際に「橋はずしのお日待ち」と呼ばれる儀式が、川瀬祭りの始まりとされています。

現在は、「子供が主役の祭り」とされています。山車の最前部に乗るのは小中学生の男女である。曳き手は老若男女の混合で練り歩き、大通り沿いは模擬店やイベントなどで賑わいます。

祭りの日程

7月19日(宵宮)は、13時頃から山車が市内を巡行し、夜になると8台全てが秩父神社に宮入りします。

境内の建物のひとつである「平成殿」の正面入口に高さ6mほどの柱を立ててスサノオを迎え、「天王柱立神事」が行われます。その後、秩父川瀬祭花火大会が始まります

深夜になると若者が荒川の水を汲みに行き、それを町内に撒いて清めを行なう「お水取り神事」が行われます。

7月20日は、10時頃から山車が市内を巡行し、14時頃に中村町の広場に集合し、巡行が開始します。

同時に、13時頃から神幸行列が秩父神社を出発し、荒川の武之鼻橋(秩父公園橋下)袂の河川敷に15時頃到着します。

40人ほどの若者が神輿(みこし)を担いで荒川の清流の中を威勢良く進み、最後に川の水を神輿にかけて洗う「神輿洗い」の儀式が行なわれます。

その後、山車の巡業が夜まで続いて祭りは終了となる。

前夜の7月19日、20時から約1時間に渡って行なわれる花火大会の会場は、道の駅ちちぶ付近の空き地であり、宵宮で秩父神社に集まった山車の上空に華やかに打ち上げられます。

花火大会

秩父神社の夏季例大祭である「秩父川瀬祭」に華を添える花火大会。秩父の四季を色で表現したスターマインや尺玉など約1000発の花火が秩父の夏の夜空を彩る。

秩父川瀬祭は、12月3日の秩父夜祭と対比する夏のお祭りで、子どものお祭りでもある。囃子手や曳き子も子どもが務め、屋台4台と笠鉾4台が花笠を付けたかわいらしい曳き子によって曳き廻される。

 

屋台はどんな感じなの

こちらは花火大会会場にもなっていて花火をきれいに見られるスポットになります。また、それほど混雑もしないため18時頃から場所取りを行っても十分に良い場所が確保できそうです。

心配な方は少し早めに場所取りをするようにしましょう。屋台の出店もありお祭り気分を味わえるスポットです。屋台は、道の駅ちちぶの前の荷車屋特設テントです。

秩父川瀬祭花火大会見どころポイント
・花火の見所は6基のスターマイン
・秩父の四季を色で表現したスターマインや尺玉など約1300発の花火

・秩父川瀬祭は、子どものお祭りでもあり囃子手や曳き子も子どもが務める
・全国各地に広まった祇園祭の流れを汲んだお祭のひとつ

・絢爛豪華な8基の笠鉾・屋台が秩父屋台囃子のリズムに乗って曳き回され
・道の駅には特設テントが設置され、ビールやもつ煮などの販売もあり

アクセス

<電車>
◆秩父鉄道「秩父」駅下車、徒歩約5分
◆西武鉄道「西武秩父」駅下車、徒歩約15分
<車>
◆関越道「花園IC」より国道140号経由、約50分
※当日は会場周辺で交通規制あり

穴場は

秩父川瀬祭花火大会の見どころは、ちちぶ道の駅です。秩父川瀬祭花火大会は、1000発と小規模の花火大会ですが秩父の四季を花火で表現しています。

秩父川瀬祭花火大会の魅力は、スターマインや尺玉などの花火を間近で楽しむことができ、毎年趣向を凝らした花火が打ち上げられています。

花火大会当日は、市内の秩父川瀬祭では、市内を笠鉾4基、屋台4基を子供たちが元気よく曳き回すのが、街全体がお祭りムード一色に盛り上がってます。

都内の花火大会に比べて混雑も比較的少なく、慌てて場所取りの必要はありません。ですが、打ち上げの近くで見たい場合は、少し早めに出向かれるようにお勧めします。

 

駐車場

300台(無料)臨時、秩父市宮地グラウンド:お問合せ:0494-25-5209(秩父市産業観光部観光課)・当日の問い合わせは、04-2932-0033です。

収容台数は300台ほどで、13:00~22:00の間利用できます。混雑がそれほど見込まれないお祭りではありますが、収容台数には限りがありますので車の方は早めに到着しておいた方が安心です。

秩父川瀬祭花火大会2018の交通規制:交通規制は御花畑駅や秩父神社周辺などで12:00~22:00の間に行われます。
大きな道路も含まれますので祭りの日は広範囲にわたって渋滞します。

まとめ

秩父市は、南隣の東京都と北隣の群馬県の両方に接しています。秩父川瀬祭は、人口7万の中堅都市で、歴史ある伝統のを祭りです。は貴重な日本文化の遺産です。

秩父川瀬祭の特徴は、子ども中心にした祭りで、未来に夢を託した、日本文化の貴重な遺産です。将来を見据え、途絶えることにないお祭り、ぜひ、お祭りに参加しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です