酒田祭り 駐車場無料の場所から交通規制予想、トイレの場所まで、全てまとめたよ

酒田は、山形県内の日本海に面し、最上川河口に位置している、人口11万人の庄内北部の都市です。

「酒田祭り」とは

酒田は、山形県内の日本海に面し、最上川河口に位置し、人口11万人、庄内北部の都市で、県内人口第3位。庄内空港と山形県唯一の重要港湾酒田港があります。

酒田には、江戸が始まった頃、1609年から一度も休む来なく続いた祭り、「酒田祭り」があります。昔は「山王祭」と称されています。

「酒田祭り」の改称は、1979年の酒田大火災復興を記念し、発祥の由来から409年続く歴史です。一回も休まず開催された事は酒田市民の誇りです。

「酒田祭り」の由来は、山王信仰に基づいた、比叡山麓の日吉大社より勧請を受けた、日枝神社の神事にあります。大獅子、仔獅子、傘鉾、山鉾など約50台の山車行列があります。

「酒田祭り」の催し

初夏の兆しの5月下旬の3日間が「酒田祭り」で、全市が盛り上ります。例年5月19日から21日で、宵まつり、本祭り、2裏祭りで、屋台は、この3日間の賑わいます。

会場は、市中心部の中町周辺の国道112号⇒市役所前⇒大通り⇒寺町通りを練り歩きます。明治末までは非常に背の高い山車の練り歩きが有名であったそうです。

例年、宵祭り・本祭りは土曜・日曜日、本祭りは午前10時開始で、シンボルにもなっている巨大な獅子頭と山車が、市内中心部を練り歩きます。

「酒田祭り」日程とは

・15日(火) 神宿開き
<上神宿> 秋葉神社(上本町1−7)

<下神宿> 最上屋旅館(中町2−2−16)

・19日(土) 宵祭り
※今年の宵祭りは市役所交差点から
佐藤伝兵エ薬局を会場に行います

時間 17:20〜20:30
場所 市役所交差点〜佐藤伝兵エ薬局

・「立て山鉾ゾーン」   市役所交差点〜清水屋前
・「パフォーマンスゾーン」  三日月軒前
・「獅子パックンゾーン」  カナヤ〜伝兵エ薬局前

・20日(日) 本祭り(雨天決行)
※今年は朝から山車行列!
※式台の儀は旧鐙屋前で行います

          ≪山車行列出発≫
時間  10:00〜
・市庁舎前出発
・仔獅子や子供山車中心
・立て山鉾巡業

          ≪式台の儀≫
時間  正午から
場所:旧鐙屋前

          ≪山車行列出発≫
時間  13:00〜

・産業会館前〜  渡御行列
・市庁舎前〜
時代風山車/土崎港曳山山車

          ≪酒田花魁道中≫
時間  13:30〜
・伝兵エ薬局からスタートし
・産業会館前でパフォーマンス

時間  14:20〜
・マリーン5清水屋前にて写真撮影会

≪黒森歌舞伎≫
時間  13:30〜
・産業会館前

・21日(月) 裏祭り

数々の同時イベントとは

・同時開催として、県内5会場で県産酒が楽しめます。いわれは、IWC「SAKE部門」が山形で開催されることを記念しての行事です。

・酒田まつりのしつらい展が5月15日(火曜)から21日(月曜)に、場所は、旧鐙屋(中町1-14-20)で無料です。

・献花展が期間/5月19日(土曜)から21日(月曜)で場所は旧鐙屋(中町1-14-20)で無料です。

・「匠の会」木工作品展・即売会が5月19日(土曜)正午から午後5時、20日(日曜)午前9時から午後5時、21日(月曜)午前9時から午後4時まで開かれます。

・早朝清掃ボランティアが5月22日(火曜)午前6時から7時に実施されます。集合場所は、マリーン5清水屋前(中町2-5-1)で全会場周辺のごみ拾いです。

交通アクセス

・車:山形自動車道酒田中央インターチェンジから約10分
・JR:酒田駅から徒歩約15分またはバスで約7分  ※酒田まつり期間中は交通規制がありますので、来場は電車がおすすめです。

 

交通規制

酒田まつり期間中は、市中心部(中町周辺) で交通規制が実施されます。祭り当日は、車ではなく公共交通機関の利用をおすすめします。
酒田まつりのメイン会場となっている場所までJR酒田駅から徒歩で15分ほどでアクセスすることができます。車でのアクセスだと約5分ほどになるのですが、酒田まつりは毎年大変な混雑となります。

パーキングとトイレの案内

祭りの期間中は、イベント会場周囲は進入禁止と同時に駐車場も限定されます。限定的駐車場は、希望ホール、旧商業高等学校グラウンド、市体育館、有料駐車場等をご利用できます。

トイレには、会場の各要所ごとに臨時の仮設トイレが置かれています。ですが、例年、相当な混雑状態になり、あらかじめトイレ場所の確認をしましょう。

当日は、交通整理係も多数おられ、指示を遵守し、まつりを楽しみましょう。

見どころのワンポイントとは!

酒田祭りの見どころのいくつかをご紹介します。手前勝手な部分があるかもしれませんが、酒田まつりの5月20日を「ふるさと休日」の取り組みをされています。

・大獅子が4体、平成10年・11年には仔獅子も合わせて4体誕生し、計8体の大獅子ファミリーとなって毎年まつりを盛り上げています。

・可愛らしいあかちゃん獅子8体が誕生しています。子孫繁栄、子宝祈願、安産祈願、お子さんの健やかな成長祈願に、あかちゃん獅子をなでてあげてください!

・獅子パックンは、子どもさんは怖がりますが、全く、痛くはありません。無病息災の願いを込め、毎年山車行列では親が子どもを大獅子の口の中に入れ、噛んでもらう催しです。

まとめ

「酒田祭り」は、酒田大火災の困難を酒田の皆さん、周辺地域の全員で克服し、一回も休まず開催されいます。不幸な体験でしたでしょう。

でも、その地域の絆なは、計ることができない深いものです。その証が「酒田祭り」の3日間に込められているように感じられます。

子供を中心に、家族を大切に、地域をきれいに清掃する、ある意味、日本が大切にしていくお祭りの形が「酒田祭り」の中にあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です