佐沼夏祭り 駐車場「前夜祭~花火大会」トイレの場所までまとめたよ

宮城県登米市は、広大な平野に田園地帯が広がり、東部は北上山地があり、森林セラピー基地に認定されています。

 

佐沼とは

2005年4月1日に、登米市として近隣周辺の地域と併合されています。地域の中心商業地で、「佐沼」とも呼ばれ親しまれています。

佐沼は、人口1万人弱の郷土愛にあふれた街です。街には、迫川と佐沼城(鹿ヶ城址)が「佐沼夏祭り」のシンボルになっています。

鹿ヶ城址の由来は、その昔、平泉藤原秀衡家臣・照井太郎高直によって築かれ、鎮魂の「鹿の兜踊り」伝承されいます。

佐沼夏祭りとは

そのような面々と約400年の歴史の継承がる、地域では、最大の夏祭りとして定着しています。夏祭りで2日間の開催です。

1日目は、前夜祭で、商工会青年部による様々なイベントが行われ、2日目が本祭です。「ちびっこ神輿パレード」、郷土芸能佐沼鹿踊や登米市神輿祭り町中が湧きたちます。

「佐沼夏まつり」最大の盛り上がりは、数々の神輿の練り歩きと、最後の夜を彩る3000発の豪勢な「花火大会」です。

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。

アクセス

・電車:JR東北本線「瀬峰駅」から「佐沼行」の宮城交通バス約30分「佐沼営業所」下車。

・車:東北自動車道「若柳金成IC」から車約30分、または三陸自動車道「登米IC」から車約20分

・場所/登米市迫町佐沼地区・迫川畔
( 前夜祭/中江中央公園、 本祭/一市八日町通り、中江中央公園他

・交通規制/交通規制あり。詳しい交通規制は、HP等でご確認下さい。
また、祭り当日は係員の指示に従って通行して下さい。

・お問い合わせ/佐沼夏祭り奉賛会(登米中央商工会)

交通規制

祭りの2日間は、かなりの交通規制が行われます。祭りの参加の方がに迷惑にならないように注意し合いましょう。交通整理の指示にマナーをもって従いましょう。

駐車場

臨時無料駐車所1650台が各要所ごとに設けられ例ます。マナーを守って利用しましょう。

トイレ

仮設トイレの設置場所の案内です。事前に確認しお祭り見物や屋台を楽しみましょう。

見どころ

・ 街を貫通している「七福通り」 という津島神社と羽黒神社をむすぶ400mほどの直線道の練り歩きの賑わいです。

・歩行者天国のメイン会場にもなっていて、パレードや特設舞台があり、ステージイベントが行われます。

パレードでは踊り、山車のお囃子、神輿渡御などが行われたなか、豪華な「七福どん燈」 の物静かに運行します。

・さらに、大人気の「よさこいフェスティバル」に続き、夏祭りの雰囲気いっぱいのまま夜の花火大会を迎えます。

普段はけっして賑やかな地域でなく、物静かな落ち着いた街並みです。祭日は会場に人出で、すごく賑わいます。

特に夜の花火大会が近づくにつれてどんどん人が増え、「七福通り」 や屋台がならぶ津島神社境内はごった返します。

前夜祭

前夜祭は、夕方まで盛大ないイベントが繰り広げられます。ポスターにあるイベントは多彩な催しで、市を挙げて祭りを盛り上げる趣向に彩られます。

登米市ライダー選手権や”トメシメシ&インパクトメシグランプリ2017”、ステージイベントなどの企画イベントを中心に開催されいます。

・高校生バンドフェスティバル、 登米春嵐太鼓による太鼓演奏、

・佐沼保育園による歌とお遊戯など多くのイベント披露されます。

・移動動物園 「登米市復興軽トラ市」( 一社)登米市観光物産協会主催

本祭り

昼間には、神輿などが練り歩くパレード、ちびっこみこしパレードなど、多くのフェスティバルなどさまざまなイベントが繰り広げられます。

練り歩きは、 街を貫通している「七福通り」 という津島神社と羽黒神社をむすぶ400mほどの直線道が歩行者天国のメイン会場となっていて、パレードが行われます。

「ちびっこみこし大行進」や「郷土芸能佐沼鹿踊」、『ブックカフェFestival』、「青春サマーライブ」、「おいとこロックコンテスト東北大会」などです。

他に、佐沼中央商店会主催の「よさこいフェスティバル」や「津島神社神輿渡御」・「登米市神輿祭」なども祭りを盛り上げるそうです

フィナーレを飾る花火大会では約3000発の花火が夏の夜空を彩ります。

 

花火大会

宮城県登米市 佐沼地区、迫川河畔祭りのフィナーレを飾る花火大会が迫川河畔で開催されます。約3000発の花火が夏の夜空を彩り、観客を魅了します。迫川では大流燈会も行われます。

◆開催日/例年第3日曜日
◆時間/本祭19:50~21:00
◆場所/登米市迫町佐沼地区・迫川畔

まとめ

宮城県登米地方の最大の「佐沼夏祭り 駐車場「前夜祭~花火大会」トイレの場所までまとめたよ」いかがでしたでしょうか、みちのくの旅に、ぜひ、尋ねましょう!

有名な豪華絢爛たるお祭りのように派手さはないかもしれませんが、郷土愛にあふれた佐沼の皆さんが結集した手造りのお祭りです。

普段は、遠くは大昔の平泉ゆかりある伝説の「鹿ケ城址」の面影を舞踊る、心に響くお祭りです。ゆくゆくまでも大切に継承をお祈りします。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です