二本松提灯祭りの屋台ってどんなのがあるの?駐車場やアクセスまでまとめたよ

 

例年10月4日・5日・6日の3日間行われる『二本松提灯祭り』は日本三大提灯祭りの一つであり、福島県重要無形民俗文化財にも指定されている。

その歴史は350年以上あり、伝統的な祭りです。7町内の太鼓台が市内の中心部に集合、二本松神社の御神火で一斉に提灯に火がともします。

1台に300余の提灯をつけ7台の太鼓台が情緒豊かな祭り囃子の調べに合わせ練り歩くさまは壮観です。最大の見せ場、4日の夜の闇に浮かぶ無数の提灯は幻想的です。

太鼓台を勇敢な男たちが威勢のいい掛け声は荒々しい。そんな勇敢な男たちの祭りにかける熱き想い、そして脈々と受け継がれる伝統を守り二本松の様子を描きます。

二本松提灯祭りの屋台ってどんなの?

二本松提灯祭りの屋台は、豪快な祭りと同じような多くの出店です。出店場所は、いくつもの場所と通りに賑やかにたくさん並んでいます。メインの通りを紹介いたします。

・1つ目は「若宮・松岡通り」
・2つ目は「二本松駅前通り」
・3つ目は「根崎・武田通り」

最も出店の数が多いのは、「若宮・松岡通り」です。お祭り気分で出店を練り歩き、お好みを探し、美味しく食べてお祭り気分にひたるのは楽しいものです。

年々屋台の出店数も増えて、種類も豊富に揃ってい来ており、新しいで物を発見するのもの屋台めぐり楽しさを倍以上に楽しめます。

定番の屋台から珍しい進化した屋台までいろいろありますので、二本松提灯祭りの屋台出店情報を詳しくご紹介します。

食べ物類は:あんず飴・アユの塩焼き・揚げ餅・あめ細工・イタリアンスパボー・今川焼・イカ焼き・お好み焼き・たこ焼き・綿あめ・かき氷・唐揚げ・カチワリ・電球ジュース

・海鮮串焼き・カリカリチーズ・きゅうり一本漬け・キャンドルボーイ・牛串ステーキ・やきとり・クレープ・ベビーカステラ・リンゴ飴・七味唐辛子・さつまスティック・

じゃがバター・ラーメン・mチヂミ・とうもろこし・ソースせんべい・タピオカジュース・玉こんにゃく・チョコバナナ・チュロス・どんどん焼き・おにぎり・ケバブ・

トルコアイス・トルネードポテト・焼きそば・フランクフルト・フライドポテト・ホルモン焼き・らくがきせんべい・ジュース各種・ビール・お酒各種

子供さん向けのおもちゃ:お面・金魚すくい・射的・スーパーボールすくい・スマートボール・数字合わせ・千本引き・
ヨーヨー釣り・光物・宝石つかみ取り・輪投げ。

この他にも目当たらしい屋台がたくさんの出店が出そろっています。

アクセス

・電車を利用する:二本松神社はJR東北本線・二本松駅から徒歩約3分の近距離にあります。

二本松駅までJR:
東京駅から約1時間50分・・・東北新幹線・郡山駅で東北本線に乗り換え
仙台駅から約1時間・・・東北・北海道新幹線・福島駅で東北本線に乗り換え

山形駅から約1時間45分・・・山形新幹線・福島駅で東北本線に乗り換え
新潟駅から約5時間・・・新潟駅⇒JR信越本線・新津駅⇒JR磐越西線・郡山駅⇒JR東北本線・二本松駅

・車を利用する場合
東京から約3時間・・・東北自動車道・浦和IC⇒二本松IC
仙台から約1時間・・・東北自動車道・仙台南IC⇒二本松IC

山形から約1時間40分・・・山形自動車道・山形蔵王IC⇒村田JCTで東北自動車道と合流⇒二本松IC
新潟から約2時間・・・磐越自動車道・新潟中央IC⇒郡山JCTで東北自動車道と合流⇒二本松IC

駐車場

祭礼時の臨時駐車場は、下記のとおりとなりますので、ご利用ください。※路上駐車は、太鼓台運行や歩行者通行の妨げとなりますので、絶対にしないようにしてください。

・二本松市役所
・県立霞ヶ城公園
※10月6日の第一駐車場の駐車については、3町合同引き回し出発式のため、ご遠慮くださいますようお願いいたします。

・二本松市文化センター(二本松市民会館)二本松市立二本松南小学校グラウンド
※雨の影響でグラウンドがひどくぬかるむ場合は駐車場を閉鎖する場合があります。

・市民交流センター有料駐車場(1時間100円)※施設の開館時間(9時~21時)内に入場した車両に限り、最初の1時間は無料

無料駐車場

二本松提灯祭りでは臨時駐車場が用意されます。雨の影響でグランドがひどくぬかるむと閉鎖されることもあります。

有料駐車場

・二本松市市民交流センター1時間100円 施設の開館時間内(9:00~21:00)に入場した場合に限り、1時間まで無料。

トイレ

例年、トイレは臨時増設されます、祭り見物前には、あらかじめ確認しておきましょう。

イベント

宵祭りの10月4日は、例年、灯りが入った300個の提灯が7つ太鼓台が飾られ一同に会します。豪勢な3日間の祭りの初日がスタートします。

太鼓台は威勢のいい若連のかけ声とお囃子を奏しながら、市内を勇壮に練り歩き、夜空を赤々と焦がしながら移動する3千もの提灯は見物客まで熱くします。

例大祭の最も重要な行事である「神輿渡御」が行われる日です。7町合同引き廻しも2日目を迎え、午前8時半頃、駅前を出発し、午後3時頃まで行われます。

その後、神社では神輿の宮入が行われ、夜は各町内に戻った太鼓台が再び提灯を点けて、各町内を練り歩きます。

6日は、祭りの最終日は、昼にそれぞれの町内を引き廻し、夜は4町と3町のふたつに分かれ、合同引き廻しが行われます。夜が更けるまで満天の空に鳴り響きます。

まとめ

「二本松提灯祭りの屋台ってどんなのがあるの?駐車場やアクセスまでまとめたよ」はいかがでしたでしょうか。福島県の北の方に位置する誇り高い祭りです。

代々受け継がれたた神輿渡御のいわれは、神様がお神輿に乗って氏子町内に出向いて見回ると伝えられている由来があります。勇壮な日本の大いなる誇れ文化です。

外国からの日本の伝統あるお祭りの文化には驚嘆されています。主催される方々のご苦労もあろうかと思われますが、誇れる文化を益々の発展が期待されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です