マルクスの資本論を0から学ぶ!初学者向けにわかりやすく要約したよ!

はじめに

マルクスの「資本論」は、最近のあるニュースとの深い関係あります。それは「格差社会」・「長時間労働」・「ブラック企業」等々です。

「資本論」は、150年前に発刊されたのですが、今、静かによみがえり、多くの人に読まれています。

それは、ニュースになっている「格差社会」・「長時間労働」・「ブラック企業」等の原因を想定し、告知してる事にあります。

「資本論」は「資本主義」を何十年もの間研究し、その究極の結果、現在、発生している「困っている事」予想され、当たっているのです。

ここに、「資本論」を簡単し、やさしく解説しますね。

「資本論」が世に出て有名になったいきさつとは

物を作り、売って、買って、生活しているサイクルを経済といいます。この経済のしくみを最初に深く研究された本が「資本論」です。

 

研究された時代は、不景気の時代で、働いている多くの方が、仕事がなく、貧困であえいでいる状況が切っ掛けになってといわれています。

どうしてそのような状態が起こるの?どうして、何回もひんぱんに不景気が発生する?なぜ、その度に働いている人が生活に困るの?が動機です。

その原因を、なぜなぜ追求し、分析し、研究され解消できる考え方を本にまとめ、出版されたのです。

不景気の世の中の後押しもあり、誰もが理想社会、「ユートピア」では、と賛同され、爆発的に受け入れられたのです。

有名な「資本論」著作者「マルクス」とは

「資本論」作者の名は、カール・マルクスといわれる方で4つ肩書で紹介されいます。「ドイツの経済学者,哲学者,革命指導者,科学的社会主義の創始者。

ボン大学,ベルリン大学で法律,哲学を学び,1841年イェナ大学で博士号を取得。」(https://kotobank.jp/word/マルクス-137532辞典)

誕生は、マルクスは、1818年5月5日にドイツ北部やポーランド北部のあたりにあった王国、プロイセンに生まれです。

学校には通わず、弁護士のお父さんの教育を受けたられたのです。小さい頃から非常に賢く、聡明であったとの事です。

研究された、「資本論」の簡単、説明!

「資本論」は、これから、世の中に出て行く若者は勿論、経済の仕事を目指していない方も含め、全世界中の多く方の教科書として読まれています。

「資本論」は、単に、経済の本ではなく、世の中の「しくみはどうなっている」とか「どのようなしくみであるべきか」を50数年と続けられた内容です。

その研究成果に詰め込まれた内容は、万民が教そわされる多くの事の内容にあります。

「資本論」は、世界遺産に指定さ、全世界の学校の教科書に取り上げられています。また、多く国で翻訳され、様々に解説されいます。

「資本論」の要旨を簡単まとめ

「資本論」のマルクスが最初に考えた事は、「なぜ、どうして、こんな状態になった?どうしてこうなってしまう?」にあります。

その理由は、「資本主義経済では、物の生産と売れる事が低下することで、多くの人の働く場所がなくなる。

これは、世の中の資本主義経済のサイクルの廻り方に問題があるためだ!」と結果が出されたのです。

さらに、最終的に「資本主義経済は、崩壊し、労働者の世の中になる」と結論をだし。

「問題の多い資本主義社会はいずれ崩壊し、必然的に社会主義へと転化する。」と、提唱し、研究した理論をマルクスが本で発信したのです。

「資本論」の「資本主義経済」について、4つにまとめられます。

・お金を持っている階層は、労働者を雇い、物を作り、売りさばいて、儲けようとする。

・その階層は、いかなる方法で働かせれば自分が儲かるを考え出し、労働者を働かせ儲けようとする。

・労働者は、労働の辛さが高まるに対し、得られるお金の少なさに、不満がたまる。

・不満の究極は、いつの日か爆発し、必然的にしくみを変える革命となり、資本主義経済は滅亡する。警告し、予告したのです。

「資本論」と今のしくみとの関りとは?

世界のしくみを冷静に見た場合、大なり小なりさまざまです。ですが、大枠的には、2つに分けられます。自由主義と独裁主義です。

「資本論」では、資本主義経済の大金持ちの「資産家」は崩壊し、「労働者」に代わるとなっています。

現在、「労働者」のしくみに変わった独裁主義の国の「労働者」の生活は潤ったのでしょうか?

日本は、自由主義です。どうでしょう。問題はかかえていますが、独裁主義のような異常な報道は入っていません。

独裁主義では、「言論の自由がない」「権利が以上に強く、権利に盲目的に服従しがわいけない」といわれいます。

国が定めた範囲の仕事に従わねばならず、提案や改善の努力は、報われないしくみになっているためです。

「資本論」理想のしくみの事といわれいます。なぜなら、「資本論」は「物」に徹底的にこだわったしくみで、「自由」な発想が否定されているからではないでしょうか。

「資本主義を壊した後の矛盾」

マルクスが、予言した「資本論」の資本主義経済崩壊の予言に賛同した国は革命が起りるのが答えになりました。

現在もその国は北朝鮮や中国などあります。ですが、人の生活は、物質のみでは満たされませんよね?

理由は、彼らには言論の自由がないからです

心に「自由」がなければ「砂漠」のようにさくばくとした世の中になります、、

人は「心にゆとり」と「自由な発想」が不可欠です。彼らにはそれがない、、

マルクスが理想とした革命はうまくいっていないんですね、!

まとめ

マルクス「資本論」の解説、如何でしたでしょうか。「資本論」の片端の一隅ですが、現在との関りが密接です。

自由主義社会での資本家は、「お金」を持った上層部で構成されいます。庶民=労働者は、「資本論」の予言が当たり、「格差問題」や「ブラック企業」等がり、共有できる部分があります。

「資本論」の予言を信じ、革命を起こした国は、「自由」を求めて崩壊しています。そうでない国には「言論の自由」が無く、「権利」おびえた暮しです。

「資本論」を読むことによって、世の中の見方や矛盾について冷静に考えられます。自分の立ち位置が客観的に見る事ができるのではないでしょうか。

 

画像引用

http://www12.plala.or.jp/rekisi/sihonnronn.html

https://kotobank.jp/word/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%B9-137532

https://oisr-org.ws.hosei.ac.jp/public/exhibition/rare/marx27/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です