入学式のときの友達の作り方!小学校だとどうしたらいいの?

小学校の入学式で大事なのは友達の作り方ですよね。幼稚園からの持ち上がり組があっても、ほとんどが初対面です。

子供って放っておいても仲良くなる印象があるのですけど、小学校となると自我も出てくる時期だから難しい面もあるかもしれません。

そこで、小学校の入学式初日から友達の作り方にはこんな方法もあるよってところを紹介しますね。

これから長い小学校生活が始まりますし、たくさん友達作って有意義な小学校生活を送ってください。

小学校で友達ができるか不安

うちの子供は人見知りだから…小学校に入学する子を持つ親にとって、子供が小学校でうまくやっていくことができるかどうかというのはすごく気になることだと思います。

その中で、もっとも気になるのは子供に友達ができるかどうかということですよね。

それも、単に友達ができるだけじゃなくて、その友達がどんな子なのか、家の人は何をしている人?なんていろいろ気になってしまうのです。

小学校の入学式ですから、いずれ友達ができるだろうと思うのですけど、それで心配ですよね。

ここでは、ささやかながら小学校の入学式からの友達の作り方をいろいろ紹介してみます。

自己紹介がちゃんと言えるかな?

自己紹介が言えるかどうかというのはとても大切です。もちろん自分の名前はきちんと言えるでしょう。

それでも、親としては心配ですから、家であらかじめ練習しておくといいかもしれません。自己紹介の時は名前とか生年月日とか、血液型とかいろいろなことを言えるようにしておくと、親としても安心ですね。

名前を覚えてもらうのが大切

まずは、入学式の日から名前を覚えてもらうことです。自己紹介があると思うのですが、持ち物にもしっかりと名前を書いておきましょう。

この子どんな名前だったかな?なんて子でも持ち物に名前がかいてあったらすぐにわかりますからね。まあ、焦らず追々と…と考える親は多いのですけど、友達の作り方の基本は先手必勝です。

入学式初日からがんかん友達作りに励んでもらいたいですね。

自分から話しかける積極性

これは本人次第なのですが、人なつこい子供だったらなにかしら周囲の子に話しかけるものです。話しかけられたら子供というのは本来が話したい性格ですから、すぐに話に花が咲きますよ。

小学校によっては顔見知りがほとんどいないというケースも考えられます。子供の性格にもよるのですが、人見知りが激しいとクラスの中でも孤立しかねません

積極的にからんでくれる子がいたらいいのですけど、それも他力本願になるので自分で事態をとっぱできるような子であってほしいですよね。

こっちから話しかけてみる

積極的な子であったら、自分から話しかけるものです。また好奇心旺盛な子であったら、「これどこで買ったの?」なんて聞きまくるものでしょう。

積極性があるかないかで、子どもの方向性が大きく変わるのですから、親にとっても小学校に上がって初めて子どもの性格がわかってくることもあるのです。

積極的に話しかける子どもを見ていると頼もしくなりますよね。

なかなか話しかけられないときは

誰もが緊張する小学校の入学式です。そんな緊張した中で友達の作り方もないのですが、特に人見知りが激しい子は話しかけることができないでしょう。

そういった子に積極的に話しかけて、といっても無理があるので、やはり持久戦ですね。小学校に入ったばかりの子どもですから、いくらでも友達はできます

きっかけは何でもあるのですが、席が隣通しとか、実は家が近かったとか、いろいろなことがきっかけで友達ができるようになりますよ。

小学校の入学式以降の友達の作り方は?

入学式はなんとか終わったけど、すぐに友達はできなかった…。だからといって落ち込む必要はありませんし、6年間の小学校生活は始まったばかりです。

入学式の日に友達ができなかったといっても、それから集団生活が始まるのですから、すぐに友達ができなかったからといって嘆く必要はありません

自分から挨拶してみる

小学校では挨拶を励行するはずです。コミュニケーションの第一歩ですからね。

ですから、挨拶はしっかり行うようにしましょう。「おはよー」の一言が言える子どもは強いですよ。

挨拶をすると挨拶が返ってきます。そこから言葉のキャッチボールが始まって「昨日の●●のテレビ見た?」「宿題やってきた?」なんて会話が始まるんです。

友達になって!

「友達になろう!」これって最後の奥の手ですけど、効果抜群ですよ。何故なら誰もが友達をほしがっているからです。

「僕もわたしも!」なんていってクラス中が手を挙げてくるかもしれませんよね。

まとめ

子どもって、小学校入学式当日から友達ができるのですから見ていてうらやましいものです。そして、中には入学式当日から友達ができなかったなんて嘆く子どももいるかもしれません。

しかし、そんな子どもでも必ず友達はできますから、親としてもしっかりとサポートしてあげなくてはいけません。

友達ができるのは子ども次第なんですけど、親が子どものことを友達ができるまでしっかりと見守ってあげることも大切なんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です