お正月の挨拶の時に手土産は必要?何を持っていくべき?

義理の実家に行く時

義実家に行く時は、誰であっても緊張しますよね。嫁姑関係が良くても、ちょっとしたことで嫌われるのではないかと心配になるのは当然です。

そこで、こちらでは義実家に行く時の手土産について紹介します。

日持ちする物が良い

新年の挨拶で手土産に持っていくものは、食べ物がほとんどです。しかし、高級肉など日持ちしないものの場合は使いきれない可能性もあるので、乾物など日持ちがするものの方がオススメです。

逆に日持ちがしないものは、あまり歓迎されません。その理由として、お正月にはおせちが作られていて、既に食べるものがあるからです。

日持ちがしないものだと、おせちと一緒に食べなければなりません。義実家にとっても迷惑になりかねないので、持っていくものは日持ちするものを心がけましょう。

王道路線で問題ない

中には手土産の品に変わったものを持っていく人がいますが、王道路線で問題ありません。むしろ、変わったものを持っていく方がNGになる場合もあるので、無難なものにしておきましょう。

奇抜なものは義実家の家族から歓迎されない可能性が高いですよ。

渡すタイミングは玄関ではなく部屋に入ってから

挨拶の品は、相手と会った時……つまり、玄関で渡してしまいがちですが義実家の場合は玄関で渡すのはNGとされています。

その理由として「早く帰りたい」「よそよそしい」というイメージがあるため、距離を置かれているように感じてしまうからです。

結婚によって繋がった縁なのですから、自分から遠ざけるようなことは止めましょう。

仕事の上司に挨拶に行く時

旦那さんの上司に挨拶に行く場合はどのようなものがいいのでしょうか。挨拶の品でも旦那さんに対する評価が変わりそうで、ちょっとドキドキしてしまいますよね

そこで、上司に持っていく挨拶の品はどんなものがいいのかを紹介します。

上司の好みに合わせたもの

やはり持っていくものは。上司の好みに合わせたものですね。お酒でも食べ物でも、上司が好むものを持っていくのが一番です。

手土産にかける費用は、上司ということも考えて1万円前後が一般的のようです。

前もってリサーチしておく

上司への手土産に好みのものを買えるよう、さり気なくリサーチしておくことをオススメします。

あからさまに聞いてしまうと、上司に気を遣わせてしまうため、さり気なく日常会話から好きなお酒の銘柄などを聞き出しておくことをオススメします。

上司の家族に向けたものも持っていく

上司宅に挨拶に行く時、上司への品物を持っていくのは当たり前ですが、その他に家族に向けた無難なお菓子の詰め合わせなどを持っていくことをオススメします。

人は自分だけではなく家族にも配慮してくれる人を好む傾向があるので、上司に対して良い印象を与えることが出来るからです。

友人宅へ挨拶に行く時

意外と悩むのが友人宅へ挨拶に行く時です。普段から親しい人だからこそ、何が好まれるか複数思いついて悩むという人もいます。

そこで、こちらでは友人宅に持っていく手土産について紹介しますね。

友人の好みに合わせたものでいい

基本的には友人の好みに合わせたもので構いません。ただ、家族内で食べられるものがいいでしょう。お酒など飲む人が限定されるものでは、他の家族に対しても気兼ねしてしまう場合があります。

そのため、友人も好きなお菓子の詰め合わせギフトなどがオススメですね。お正月になると、さまざまな店舗でお歳暮やお年賀用のお菓子のギフトを用意しているので、そういった中から選びましょう。

手土産にかける費用は、高すぎず低すぎずが理想です。

気をてらったものは良くない

中にはウケを狙って、気をてらったものを用意する人もいますが、あまり良い印象は与えません。新年の挨拶に持っていくものなので、きちんとしたものを選びましょう。

ウケを狙ったものは、友人にはウケたとしても友人の家族にはウケない可能性があるだけではなく、1年の始まりの挨拶さえまともに出来ない人というレッテルを貼られかねないので気をつけましょう。

親しき仲にも礼儀あり

親しき中にも礼儀ありという言葉があるように、どれだけ仲の良い相手だとしても1年の始まりの挨拶はきちんとしておきましょう。意外と1年の始まりの挨拶の仕方などを注目する人も珍しくありません。

礼儀知らずな人と思われないように、1年の最初の挨拶はしっかりして、その後で普段のように親しく接するようにしましょう

まとめ

お正月の挨拶に手土産が必要な理由として「今年もよろしく」という意味も込められています。手ぶらで行くのは失礼になるので、必ず何らかの品物を持って挨拶に伺うようにしましょう。

最近は新年の挨拶に訪れるのは義実家くらいという人もいますね。しかし、家族がお世話になっている会社の上司や普段仲良くしている人くらいには、きちんと新年の挨拶をしておくことをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です