お正月に義実家を訪問する時の手土産は何がいい?費用はいくらのものがいいの?

義実家には何を持っていくべき?

旦那さんの実家を訪問する場合、手土産はいくらくらいのものを持っていくべきなのでしょうか。印象を良くしたいからと言って、高価すぎるものは逆に下品に思われてしまうのでNGです。

手土産は高すぎず安過ぎずが基本なのでこれをしっかり守りましょう。

遠方の場合は珍しいお菓子が喜ばれる?

義実家が遠方の場合、珍しいお菓子があればそういったものを選ぶようにしましょう。義実家だけに限らず、渡す相手があまり食べられないようなものは基本的に喜ばれやすいです。

例えば東京から九州に出向く場合、東京で人気のお菓子などを持っていくと喜ばれますよ。

悩んだ時は地元特産品!

手土産に悩んだ時は、地元特産品にしましょう。地元特産品は他の地域では買えないものなので、渡す相手にとっては珍しいものです。

相手にとって、滅多に手に入らない希少価値のあるものは手土産に最適です。

年配の人には梅干しが喜ばれる?

手土産を渡す相手が高齢者の場合、手土産の中に梅干しも候補に入れておくことをオススメします。梅干はお茶づけやおにぎりなど使い道が多く、日持ちもするので実は人気なんです。

手土産で持っていく場合、ちょっと高級な梅干しを渡すと相手にもかなり喜ばれるのではないでしょうか。

他にも高齢者は同じ甘いものでもケーキよりようかんなど和菓子を好む傾向があるので、そういったものも候補に入れておくといいでしょう。

お正月の手土産はいつまでに持っていくべき?

お正月の手土産はいつまでに持っていくべきだと思いますか?

特に指定されていないように思われているかもしれませんが、実はちょっとしたルールとマナーがあるんです。

知らないとマナーも知らない人と思われかねないので注意しましょう。

お年賀の場合は三が日の間に持っていく

手土産をお年賀として持っていく場合、なるべく三が日の間に持っていきましょう。三が日に都合がつかない時は、元旦から7日までを松の内をしているので、その期間に訪問しておきましょう。

地域によっては松の内を15日まで数えるところもあるので、訪問先の松の内を調べておくといいかもしれませんね。

時間帯は午前10時~午後3時が良い

お年賀を持っていく場合、時間は午前10時~午後3時がいいと言われています。

お歳暮を渡した場合、お年賀を渡さない地域もありますが、両方渡すのがマナーとしている地域もあるので、義実家がどちらになるのかをしっかり調べておきましょう。

滞在時間は最大15分くらい?

お正月は来客も多い傾向にあるため、滞在時間を最大15分程度にするのがマナーと言われています。

訪れた家の人は「帰ってくれ」とは言いづらいので、訪れた方が気を利かせて早めに帰るのがマナーです。

ただ、義実家であれば15分以上居ても問題はないのでしょうが、他にも挨拶に来る人がいる可能性も高いので、なるべく早めに帰るようにした方がいいでしょう。

手土産の予算はどれくらいがいいの?

手土産の予算はどれくらいがいいのでしょうか。手土産に関わらず、贈り物は相場内の金額で渡すのがいいと言われています。それは渡す方も受け取る方も気にしないようにするためです。

相場を超えた金額のもの、極端に低いものは相手にあまり良い気持ちにはさせません。

人付き合いはそういった点も気をつけて渡すものを選ばなければいけないので大変なんですよね。

一般的な相場は3000円ほど

一般的な相場は3000円ほどと言われています

義実家など関わりが強いところはちょっと豪華にして5000円ほどと言われていますね。これを大きく超えてしまうと、相手に気を遣わせてしまうので気をつけましょう。

手軽に済ませるなら高価すぎなくていい

きっちりとしたお年賀を渡す場合はともかく、手軽な手土産で済ませる場合は高価すぎなくても構いません。

元々手土産はお年賀よりも若干グレードを落としたものを持っていくという風潮があるため、高価すぎると「手土産」の範疇を超えてしまうからです。

渡す相手のことを考えて最適なものを

相手に喜んでほしいということばかり考えずに、受け取った相手が気を遣わない程度のものを用意するのも大切です。

相手が喜ぶことばかり考えて、費用面やマナー面を無視して渡してしまうと、それはただの自己満足にしかならないからです。

せっかく新年に渡すのですから、お互いに良い気持ちで終わりたいものですね。

まとめ

お正月に手土産を持っていく場合、いくらのものがいいかというと3000円、高くても5000円程度のものがいいということが分かりました。

しかし、金額面だけではなく他にも守るべきことがあるので、そちらを重視した方がいいのではないでしょうか。マナーや金額面ばかりを書いていますが、一番は相手が喜んでくれるかどうかです。

形式ばったことにこだわりすぎず、大切なものを見逃さないようにしましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です