男性は女性のどこを見る?初対面の時に気をつけることとは?

出会うシーンによって見る場所が異なる

男性は初対面の女性に対して、どこを見ると思いますか? さまざまな部分がありますが、出会うシーンによって男性が意識する場所は異なってくるんです。

そこで、こちらではシーン別に男性が重視するポイントについて紹介しますね。

出会いの場の時

合コンなど、男女の出会いの場の時に、男性が初対面の女性を見るところは、顔やスタイルが多いようです。女性側も男性の顔や服のセンスなどを重視する人がいるのではないでしょうか?

やはり見た目が大事という人が多いので顔やスタイルを見てしまうようですね。ただ、そういう男性ばかりではないので安心してください。

ビジネス面の時

ビジネス面で女性と初対面の時、雰囲気を見る人が多いようです。仕事をする上で、どのような態度を取るのか、話し方などを重視するみたいですね。

仕事のパートナーや取引相手などになった場合、その人の仕事ぶりで自分の評価も変わってくるからでしょう。

学校関係の時

学校関係の場合、教師と親で見る場面は変わってきます。教師の場合は、預かっている子供の生活環境を見るために言葉や態度を見るようです。

親側としても、子供にどんな接し方をしているか把握するために、教師の一挙一動に注目します。

男性が見るチェックポイントとは?

男性が女性に対して、どんなチェックポイントを持っていると思いますか?

これはどのシーンでも共通なので、自分が当てはまらない場合はちょっと気を付けた方がいいかもしれませんね。

服装

服装を見る男性は多いです。その場の雰囲気に合っているか、過剰に肌を露出していないかなどを見るようです。

若い世代ほど肌を露出する服を着ている人がいますが、やはり男性としては、気になる女性ほど肌を露出した姿を見せたくない、ということなのかもしれません。

清潔感

これは重視する理由が分かるのではないでしょうか。不潔な人は、あまりお近づきになりたくないですし、清潔感があるというだけでその人への好感度もあがりますよね

清潔感のない人は男性からではなく、同じ女性からも遠ざけられてしまう可能性があるので注意しましょう。

これは出会いを目的にしている人に多いのですが、顔を重視する人はいます。

顔を重視すると聞くと、むっとしてしまいますが、女性もイケメン男性を見ると「あ、いいな」と思うのではないでしょうか。

それを同じ程度だと考えておきましょう。

女性が気をつけることはある?

男性からのチェックポイントを踏まえた上で、他にも気をつけることってあるんです。

人との付き合いは結構気をつけなければいけないことばかりなので、どういうことを注意するべきか覚えておきましょう。

年上には敬語を使おう

当たり前のことですが、年上には敬語を使いましょう。相手から敬語抜きでと言われた場合のみ、話し方を変えるといいですよ。最初からため口などをすると「なれなれしい」という印象を与えてしまうので注意です

これは男性に対してだけではなく、女性に対しても同じですよ。

年上の男性にばかり敬語を使って、年上の女性にはなれなれしい話し方をすると、余計にイメージを下げてしまうので気をつけましょう。

誰だって男性にばかり良い顔をする女性は好まれませんもんね。

肌を露出しない服装を心がける

若い人にありがちなのですが、肌を露出した服は控えましょう。確かに可愛い服が多いのですが、ほとんどの男性は肌を露出した服装を好みません。

好む人は下心がある可能性があるので気をつけてください。肌を露出したからと言って、イメージがあがることはありません。

逆に控えめな服装の方が男性の心をグッと掴むことも多いのです

下品な言葉を使わない

下品な言葉を使う人もあまり好まれませんね。男性からのイメージも下がってしまうので気をつけてください。女性が下ネタを言うのもあまり好まれないので気をつけましょう。

だからと言って固い話し方をしないといけないというわけではありません。その辺は自分と相手の距離感を掴みながら、砕けていくといいかもしれません。

ただ、初対面の場合は敬語を使った方が印象は良くなりますよ

初対面で下げてしまった印象は、あまり戻りにくいので最初が肝心です。特に乱暴な言葉を言う人も、男性からは遠ざけられがちなので気をつけましょう。

かしこまりすぎず、下品になりすぎないよう、適度な口調で相手と接することをオススメします。

まとめ

結局、女性に対して男性が見ることといえば当たり前のことがほとんどですね。話し方、態度、服装、清潔感などを重視する人が多いようです。

逆にスタイルや顔を重視する人はまったくいないわけではありませんが、少なめの傾向があります。やはり外見よりも中身の良い女性を求めているということなのでしょう。

私は可愛くないから、と悲観するのではなくどうすれば好まれるのかを勉強してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です