目の前に集中することが大事な理由は?今を生きるために必要だった?

目の前に集中することの意味は?

よく「目の前のことに集中しろ」って言葉を聞きますよね。でも、目の前のことに集中してどんなメリットがあるんでしょうか?

実際に集中してるよって人もいると思いますけど、実はちゃんとした集中の仕方が出来ている人って少ないんです。

集中力を養える

目の前のことに集中することで、集中力を養えるようになります。集中力って最初から持っているわけではなく、集中の積み重ねで会得出来るものなんです。

普段から集中するクセをつけて、集中力を養っているんでしょうね。

今出来ることを探す能力が身に着く

目の前に集中することで「今、自分が何を出来るのか」という能力が身につきます。自分に出来ることを即座に判断して取りかかれるようになるのです。

これって、社会人になってからかなり重宝する能力なので、目の前のことに集中して、ぜひ身につけてはいかがでしょうか。

マイナスにもプラスにもならない

集中している時って、ポジティブなこともネガティブなことも考えないと言われています。

完全に「無」となれるので、気分が落ち着かない時などは何科に集中することで心の落ちつきを取り戻せると言われています。

マインドフルネスとは?

マインドフルネスというものを知っていますか? 世界を代表するトップアスリートや著名人が注目するもので、日本でもメディアが取り上げる機会が多くなりました。

簡単に言えば、心のエクササイズがマインドフルネスです。

今の瞬間に判断や批判を加えず、意図的に注意を払うことと定義している博士がいます。今を生きる瞬間に集中するということですね。

感情のコントロール力を高める

マインドフルネスを行うことで、自分のことでも第三者的な立場から判断を出来るようになります。仕事面なども第三者の視点から見ることで見えてくるものもありますよね。

感情のコントロールが上手くいかなければ、相手に同情したり、色眼鏡で見てしまったりなど、自分の感情を基本にしてしまいます。マインドフルネスを行うことで、そういったものを取り払う効果があるのです。

集中力を高める

トップアスリートたちから注目されている理由として、その集中力の精度の高さがあります。アスリートにとって集中力は欠かせないものであり、さまざまな方法で集中力を高めることでしょう。

しかし、先述した感情のコントロールを行うことで、自然と集中力も高められるのです。

共感性が芽生える

マインドフルネスは相手の立場になって考えられることが出来るため、共感性や思いやりの心を持てるようになります。

自分だけの考えではなく、周囲の考えに同化することで今まで感じられなかったものも感じられるようになってくるのです。

目の前に集中するだけで幸せを感じられる?

目の前に集中するだけで、幸せを感じられる人もいます。その理由は「今」という瞬間を何事もなく過ごせているからでしょう

平凡な日常は当たり前のように思われがちですが、実際は当たり前ではないのです。

当たり前の日常など事故などで簡単に奪われてしまいます。そういったことを考えて、普通に過ごせる今に幸せを感じられるようになるのです。

毎日5分でも集中する時間を作ろう

集中力がない人にとって、最初からマインドフルネスは敷居が高く感じますよね。そこで、毎日5分でもいいので何かに集中する時間を作りましょう

その5分が苦痛ではなくなったら10分、15分と少しずつ時間を増やして集中する時間を長めに取っていくのです。

集中するクセをつけることで時間を大切に出来る?

集中するクセをつけることで、時間を大切に出来るようになります。人間は慌ただしい生き物ですから、時間を無駄には出来ません。

集中するくせをつけることで、ちょっとした合間でも出来ることが見つかるようになるので、時間の使い方も上手になっていくのです。

今を生きることに幸せを感じたい人は目の前に集中しよう

集中は簡単に出来ると侮られがちなものです。しかし、いざ慣れない人が集中してみると数分も持たないことが多いって知ってますか?

5分以下の集中が持たない人は、普段から集中するクセをつけた方がいいかもしれませんね。

当たり前の日常を当たり前と感じないよう、今を過ごせる幸せを感じられるように、目の前のことに集中してみましょう

まとめ

目の前に集中することで、今を生きるなんて大げさに感じていた人もいるのではないでしょうか。でも、それって当たり前の日常を当たり前と思えるほど幸せな生き方をしてきた証拠でもあります。

だからこそ、その幸せを長く続けられるように集中力を高めてみましょう。学生、社会人、集中力は何歳になっても本人にメリットを与えてくれるものです。

特に仕事面では集中力は必須となるので、今からでも修得出来るように頑張ってみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です