病院の経理と介護保険の関係は?点数入力って何?

病院の経理とは

病院の経理は、一般の経理と違いレセプト計算が必要になります。レセプトは医療費の請求書のことを指し、健康保険などの報酬を公的請求するための明細書です。

大きな病院であれば、医療事務が行う作業ですが、個人病院や事務スタッフが少ないと経理が兼業として行っていることもあります。

病院の経理の仕事

基本的に病院の経理の仕事は一般経理と変わりません。しかし、レセプト計算が任される病院であれば、少々話は違ってきます。

レセプト計算がしっかりできないと、患者への請求漏れなどが起こってしまいます

もちろんレセコンですぐに分かるため、残額が合わなかった原因を突き止めることが可能です。

ですが、いくら原因を突き止められるからと言って頻繁に請求ミスがあれば病院の信用問題にかかわります。

そのため、病院で経理として働く場合は医療業界の用語や仕組みなども必須としているところがあります。

病院経理の注意点

病院経理は、とにかく仕事内容が多いので忙しいのが特徴です。製薬会社や医療器具、医療器具のレンタル業者、患者などさまざまな人が出入りをします。

取引先の相手と患者、誰が来院したのかを正確に記帳しておかないと後々のトラブルになった時に大変です。

他にも慣れないうちは請求書の紛失などもしてしまう人がいます。大きな病院になれば、他の診療科との連携も大切になってきます。

病院の経理で一番注意しなければいけないのは管理を徹底することです。大きな病院であればあるほど、毎日取引先が多く来院します。迅速に医師に取り次ぐなど臨機応変に対応出来る能力が必要です。

点数入力について

点数入力のことを、レセプト業務と言います。病院に通うと、10割負担になることはほとんどありません。初めての病院で保険証を忘れた、という場合は10割負担になりますが後日申請することで差額分は戻ってきます。

医療事務や病院会計は診療行為に応じて点数をつけることを義務付けられています。そのため、患者に請求する金額は金額ではなく「点数×1点あたりの単価」で出た金額を請求します。

点数については、2年ごとに改定されるので、医療事務や病院経理はそのたびに学ばなければいけません

介護保険とは

介護保険は、介護を必要とする人が適切なサービスを受けられるように社会で支える制度です。

ある意味、高齢者に支払われる年金と似たようなものですが、介護保険は高齢者に直接お金が支払われるのではなく、介護制度を使用した時に限度額以内であれば費用負担が最低限ですむというものです。

介護保険の対象者

介護保険は40歳になった月からすべての人が加入するもので、支払い義務が生じます。40歳~64歳は「第2号被保険者」であり、65歳以上は「第1号被保険者」と呼ばれます。

ちなみに介護保険を利用出来るのは40歳からであり、39歳で介護状態になっても介護保険は活用出来ません。

要介護認定

介護が必要になったからといって、介護保険を無尽蔵に使えるわけではありません。要介護申請をして、認定された等級によって限度額が異なってきます。

その限度額は5万円弱~36万円まで幅広くあり、障害が酷ければ酷いほど認定等級も高くなり、使用出来る介護保険の限度額も上がるようになっています。

介護保険は自分で申請しなければいけない

年金などは支給が近くなれば、ハガキなどで案内が届きますが介護保険は自分で申請しなければいけません。病院で経理をしていれば、介護保険に関することも聞かれることがあります。

特に脳神経外科などの障害が出やすい病気を扱う病院は申請の方法などを患者から聞かれることも珍しくありません。

介護保険で受けられるサービス

介護保険で受けられるサービスにはさまざまなものがあります。

障害を持った人だけではなく、介護をする人の負担も軽減出来るようになっているのです。

居宅サービス

居宅サービスは介護者の自宅を訪問して、日常生活の介助をしてくれます

例えば、入浴や食事、排泄などが上手く出来ない人は手伝いに来てもらえるのです。

施設サービス

施設サービスは介護老人保健施設や特別養護老人ホームなどです。基本的に自宅ではなく、入居施設で暮らして介護ケアを受けられるものです。

ただし、この費用すべてが介護保険から使えるわけではありません。雑費や家賃などは自腹負担になることがほとんどなので注意しましょう。

まとめ

病院の経理は、単に支払い関係のことばかりすればいいわけではありません。むしろ、それ以外の仕事の方が多いので覚えることが沢山あります。

しかし、大変な分病院によっては給料が高いところもあります。

レセプト計算などが出来る経理や事務員は病院にとっても不足気味なので、そういった特技があれば結婚退職などをしても、すぐに仕事復帰出来るので人気の職業と言っても過言ではありません。

医療事務の資格もあるので、取得してみるのもいいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です