やるべきことをやる方法は前倒し!先延ばしにして後手に回らないことが大切!

やるべきことを先延ばしにするとデメリットばかり?

やるべきことを先延ばしにすると、デメリットばかりだってことは知っていますか?先に休憩をして後から仕事をするというタイプの人もいるでしょうが、実はあまりオススメ出来ないんです。

では、なぜオススメ出来ないのかを紹介します。

緊急時に対応出来なくなる

例えば、仕事の締切寸前で緊急事態になった場合、仕事に対処が出来なくなる可能性があります。病気やケガで仕事が出来なくなることも考えられるので、なるべく早めの着手が必要です。

対応出来なくなった場合、その仕事を他の人に回さなくてはいけません。その結果、周囲に迷惑をかけてしまうこともあり、仕事自体に悪影響が出てしまうことがあるからです。

焦りが出て仕事がはかどらない

これは個人差もありますが、締切前だと切迫感を感じられて焦りから仕事がはかどらない人もいます。そのため、余裕を持った着手の方がしっかりと仕事も出来るという人も少なくないのです。

ちょっとしたことに慌ててしまいがちな人は、この傾向があるため、余裕を持った仕事をしましょう。

休憩時間も仕事のことを考えてしまう

やるべきことを先延ばしにしてしまうと、休憩している間も仕事のことを考えてしまいがちです。その結果、休憩していてもきちんとした休憩にならず、中途半端の状態で仕事に取りかからなくてはいけません。

休憩をする場合は、しっかり仕事をOFFにして身体と心をしっかりリフレッシュしておきましょう。

先延ばしではなく前倒しを心がける

仕事や家事は先延ばしではなく、前倒しを心がけた方がいいでしょう。では、なぜ先延ばしではなく前倒しにした方がいいのでしょうか?

こちらでは、前倒しにするメリットについて紹介しますね。

前倒しにすることで心に余裕が出来る

前倒しで終わらせることで、当然ながら時間に余裕が出来ます。そのため、別のことに時間を割くことも出来ます。

仕事を早く終わらせてプライベートを充実させることも、前倒しにすることで得られるメリットです。

改善にも時間をかけられる

例えば、提出した書類に不備があった場合、修正や改善に時間をかけられるようになります。

先延ばしにしたことで、修正や改善にも時間がかかり、結果として最初の予定以上の時間がかかってしまうこともあるのです。

そうならないために、前倒しで終わらせておくことをオススメします

家事の場合は夕飯の仕込みを早めにしておくことで、自分の時間を多く持てるようにもなります。特に、子供がいる家庭は早めに家事を終わらせておくことで子供と触れ合う時間を作ることも出来ます。

前倒しって、周囲に迷惑をかけないだけではなく、家族と触れ合う時間を作るためにも必要なことなんですね。

ひとつのことに集中出来る

先延ばしで後手に回さないようにすることで、ひとつのことに集中出来ると考える人がいます。やるべきことをやる方法を見いだせず、先延ばしにした結果仕事などにも追われるようになってしまいます。

先延ばしがクセになっている人は、今の仕事を終わらせても別の仕事が控えているなどで落ち着きなく仕事をしないといけません

そうなるとAの仕事をしていても、Bの仕事を気にしたりするためAに集中が出来ないのです。

その結果、凡ミスを連発してしまうなどもありえるので気をつけましょう。

先延ばしも悪いことばかりではない

ここまで前倒しをおすすめすることばかり書いてきましたが、先延ばしが悪いわけではありません。詳細が分かっていないのに、前倒しで進めてしまい、やり方が変わって最初からやり直しということもあるからです。

前倒しと先延ばしは、臨機応変に行うことが大事ですね。

先延ばしにすることで得られるもの

先延ばしにして得られることといえば、仕事の時間です。当たりまえのことですが、しっかり時間を確保しておくことでその仕事に対して集中出来ます。

これは前倒しにしても得られるものです。人によっては前倒しをすることが合わない場合もあります。

どちらが自分に合っているのか、一度両方試してみることをオススメします

先延ばしをすることで工夫が出来る

先延ばしをすることで、勉強や仕事の対策を出来るのもメリットです。

余裕を持って取りかかれるのが最大のメリットかもしれませんね。

基本的にメリットは少ない

メリットがないとは言いませんが、基本的にデメリットの方が多いのが先延ばしです

出来る限り、前倒しで着手出来るようにした方がいいでしょう。

まとめ

先延ばしで得られるものもありますが、基本的に大抵は前倒しで終わらせてもらえることが求められています。楽観的に考えず、前倒しが合わない人だけ先延ばしはした方がいいかもしれませんね。

前倒しで仕事や家事が出来るということは頼れる人というイメージもつくからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です